年収の3分の1以上借入出来るところを教えて下さい!

今、消費者金融をたくさん見ているんですけれどもどこもだいたい似たり寄ったりで、極度額も一緒のところが多いですね。

できれば年収の3分の1以上借入出来るところを探しているんです。

あまりにも総量規制で年収の3分の1以上借入出来るところが少ないように思うのですが、どこに言ったらたくさん借入ができるところがあるのでしょうか?

年収の3分の1以上借入出来るところは銀行系カードローン

質問者の方はちょっとご存じないのかもしれませんが、現在は総量規制というものがあり、これはすべての消費者金融に適用されているのです。

一部の消費者金融だけに適用されているようなものではありませんから、どの消費者金融を見たとしても年収の3分の1以上借り入れを出来ると行っている業者はありません。

あるとしたらそれはヤミ金でしかないでしょう。

ヤミ金以外でそれ以上のお金を借りることが出来ないのか?というとそれは違って、ヤミ金以外の金融機関でも借りることは出来ます。

それが銀行系カードローンと言われているところです。

銀行系カードローンは総量規制の対象外になっていますから、総量規制についてはできるだけ避けたい、たくさん借入をしたいという人は選択肢としてはこれが一番です。

また銀行のフリーローンを使うという方法もあります。銀行のフリーローンも総量規制の対象外になっているので、年収の3分の1以上の借入をすることができるでしょう。

年収の3分の1以上の借り入れができるのは何もフリーローンと銀行系カードローンだけではなく、住宅ローンと自動車ローンなどについても可能になっています。

これらもまた総量規制の対象外になっているのです。

重要な事は年収の3分の1以上借入出来るところと言うのはすべて総量規制の対象外になっているところなのです。

今のところ自由なお金として使えるところはこの2つくらいしか無いのですが、目的別ローンも合わせると意外に沢山のものが総量規制の対象外になっているのです。

逆に言えば、総量規制の対象になっているものというのは実は消費者金融くらいのものなのです。

ですからそれらを避けて使うようにしたらいいでしょう。どんなに複数借入をしたところで、消費者金融は原則総量規制を超えて貸してくれることはありません。

ですので3社4社と使えばなんとかなると思っていたらそれは間違いです。ただ単に多重債務の危険性が増してしまうだけですから、絶対にやらないようにしましょう。

総量規制はややこしいように思いますが、実際は利息を下げてくれたり危ない橋を渡らないようにしてくれるものなので、あまり後ろ向きに考え過ぎないほうがいいでしょう。

【参考ページはこちら】
年収アップすれば借入金額増額できる?

年収の3分の1以上借入出来るところについて

カードローンやキャッシングはお金が足りない時に便利なサービスです。

年収の3分の1以上借入出来るところについて知りたいという場合、インターネットで調べてみると良いでしょう。

現在では、改正貸金業法によって年収の3分の1以上の借入はできなくなりました。

しかし、この法律の施行前には、一律で3分の1以上の借入を禁止して良いのかという点が議論となりました。

また、3分の1以上の借入があったとしても、返済能力については人それぞれですし、しっかり返済できる人の借入まで規制されてしまうのは妥当なのかということだったのですが、当時は多重債務者を無くすという目的のため、どんな人でも年収の3分の1以上は借りられないようにした方が良いという考え方から法律が可決されたのです。

しかし、やはり返済能力があって融資を受けたいという人は、総量規制の影響を受けなくても良いと言えるのではないでしょうか。

実は総量規制を超えた場合でも融資を受ける方法というものがあります。

まず、総量規制というのは法律であり、年収の3分の1を超えた場合は通常の借入は難しくなってしまいます。

返済能力があって融資を受けたいと考えているならまず、銀行カードローンへ申し込みをしてみるという方法が挙げられます。

総量規制は貸金業者が受ける規制となっており、この貸金業者とは主に消費者金融や信販会社、クレジット会社などといったノンバンクを指しています。

ちなみに、銀行や信用金庫などはこれと別の法律があるため、貸金業法の規制は受けないようになっています。

つまり、銀行はノンバンクと同じ市場で同じ金利規制があるのにも関わらず、総量規制の適用も受けないということです。

銀行のカードローンは総量規制で融資を受けられなかった人も審査の対象としており、返済能力があると判断されればお金を借りることができます。

また、総量規制のせいで借りることのできなかった人へ広告を出している銀行などもありますし、融資残高を伸ばしたいと考えている銀行なら、積極的に審査をしてくれるところが多くなっています。

また、有利借り換えで申し込みをしてみるという方法もあるのですが、顧客に一方的に有利となる借り換えの場合は総量規制の例外として認められています。

一方的に有利となる理由としては、返済額が減少するということや、追加の担保や保証が無いことなどが挙げられます。

しかし、金利を引き下げて長期分割で返済するという場合、借り換え前よりも総返済額が多くなってしまうこともあるため、総量規制例外貸付として段階的に債務を減らす借り換えが加えられました。

顧客に一方的に有利となる借り換えというのは、総返済金額の問題により基準がかなり厳しくなっていますが、段階的に債務を減らす借り換えなら金利が借り換え前より多くなってしまうことがありません。

そして、段階的に債務を減らしていく返済方法あれば、総量規制の影響を受けることがないのです。

つまり、現在の借入先よりも金利が高くならず、返済専用であれば融資の可能性はあるということになるのですが、年率や総返済額がかなり下がる場合は借り換え分と追加分として融資も可能となっています。

1%でも金利が低い借り換えなら総量規制の対象外となり、10万以上であれば上限は18%、100万超であれば15%となっているため、総量規制オーバーだとしても例外貸付として融資が受けられるかどうかについては、審査の時に問い合わせてみると良いでしょう。

また、年収の3分の1以上でも借入する方法としては、おまとめローンで複数のローンを一本化してしまうという方法もあります。

おまとめローンも有利借り換えとなるので総量規制の例外貸付となるのですが、この商品は最近注目を集めています。

そもそもおまとめローンというのは銀行などで提供されている商品であり、例外融資なので年収の3分の1以上の借入.があったとしても貸付けは可能となります。
(⇒借入一本化のメリットとデメリット

そのため銀行ではおまとめローンを積極的にアピールしているのですが、やはり低金利で一本化できるということが大きなメリットです。

たとえば今の年収が400万円、4社からの借入残高が200万円であれば総量規制を超えてしまっている状態となります。

総量規制が導入されていなかった頃は、おまとめローンで一本化した後は借入することができないというデメリットがありました。

そこで返済が厳しい状態になってくると、2万円入金した後すぐに1万円追加借入をして他社に入金するという方法や、その1万円の現金を生活費として使うという方法など、限度額内での借入をしていた人もたくさんいました。

なぜ2万円支払うのかということですが、それは消費者金融会社によって最低支払い金額というものが決められていたためであり、50万円の残高なら最低支払い金額は1.5万~2万円だったのです。

そして、支払い金額が2万円と決まっていれば2万円未満の入金は契約違反となってしまいますし、限度額内での追加融資が止められてしまう場合もありました。

そのため最低支払い金額の2万円を入金し、追加利用可能金額をすぐに引き出した場合には、ほぼ利息のみの支払いになるということです。

そして、50万円の借入が4社で総額200万円の場合、1社2万円の支払い金額なら合計で8万円となるため、一本化することで同じ8万円の支払いでも低金利でまとめることができるのです。

元本をあまり減らさずに済むので一本化を希望する人が多くいたのですが、実は8万円支払いしたあと限度額内で利用しているため、一本化すると逆に支払い金額が増えてしまうことになります。

つまり、返済しやすくするためにまとめたのに、支払いが厳しくなってしまうということです。

さらに、一本化した後は返済のみなので借入できませんし、他社でまた借入することで借金がさらに多くなり、返済できなくなってしまうというパターンがかなり多くありました。

その原因は本当の支払い金額を理解していなかったということなのですが、これは総量規制が導入される前の話であり、今では年収の1/3以上の負債があれば、限度額内でも借入はできなくなるので注意しましょう。

しかし、年収の3分の1以上の融資を受けるためには、これ以外にも方法があります。

それは保証人を付けての借入であり、貸付の種類は個人向け貸付と個人向け保証、法人向け貸付、法人向け保証という4つの種類に分類することができます。

その中で総量規制の適用を受けるのは個人向け貸付のみとなっており、法人への貸付と個人でも保証人付きの貸付に関しては総量規制の影響を受けないため、既に年収の3分の1以上借入をしていても融資を受けることは可能なのです。

また、個人向け貸付でも個人向け事業者に対する貸付は総量規制の例外貸付として扱われるため、個人事業主が事業用として借入するのであれば問題ありません。

しかし、ほとんどの人は保証人を付けることが難しいでしょうし、会社員であれば事業者向け貸付を利用することもできないため、現実的に借入することを考えた時は銀行カードローンが最も利用しやすくなっています。

銀行カードローンというと、審査が厳しいというイメージを持っている人も多いでしょう。

確かに銀行審査は甘くはありませんし、過去に金融事故を起こしている場合や、延滞日数が長くなれば審査に通ることが難しくなります。

しかし、金融事故を起こしておらず延滞もしていない状態なら融資を受けられる可能性もあるため、総量規制によって他のところで借りることができなくて困っている場合は検討してみると良いでしょう。

ちなみに、なぜ銀行は規制に関係なく融資を行なっているのかということですが、消費者金融と保証業務提携しているところが多いためであり、融資を行った後に不良債権になったとしても、保証会社の消費者金融が保証履行することで銀行は貸金を回収できるためなのです。

▲ トップへ戻る
Copyright (C) 2020 《借入》今からでも間に合う!絶対安心のキャッシング選び! All Rights Reserved.