家族にばれないように借入れは現実的に可能なのか?

世の中、全部が全部家族に言えることばかりではありません。言えないこととしてはいくつかあると思いますが、借入もその一つでしょう。

家族にばれないように借入れしたいという気持ちは強いかと思いますが、家族にばれないように借入れすることがそもそも出来るのでしょうか。

実際に今でも借入を使っていて、家族にばれずに借りているよという人がいれば教えて欲しいです。

殆どの人は家族もわかった上で借りているのか、どういう風にしたらばれないようになるのかなど、具体的な事例を教えてもらいたいのです。

家族にばれずに借入れは昔から出来たが今のほうが楽

昔から家族にばれずに借入れというのはやろうと思えばできることだった、というように言えば言いすぎでしょうか。

言い過ぎではないと思いますが、実は家族にばれずに借入れというのは可能ですし、今のほうがやりやすくなっています。昔借りていた人も羨ましく思うでしょう。

そのくらいやりやすくなった背景には借入が出来る場所が増えたことが挙げられます。

その昔、コンビニというのはありませんでしたし、コンビニがあったとしてもそこにATMが設置されてきたのは近年で、更にキャッシングが使えるようになったのもここ最近の話です。

なのでコンビニでキャッシング出来るようになり、かつ銀行でのATMでも使えるようになったし、信用金庫や信用組合、地方銀行などのATMで使えるようになっています。

そうなると実際にキャッシングしているのかお金を引き出しているだけなのか、はたから見るとわかりません。

昔は借入をするところというのは明確に分かれていました。

今でも借入出来る中小の業者などは駅前の雑居ビルなどに入っているかと思いますが、そういうところに行かなければならなかったのです。

今は必ずしもそういう明らかに借入をする場所に出入りしなくてもいいようになりました。

この部分が大きいと言えます。ですからお金を借り入れするときにも借入か口座からの引き出しかがわからないというような時代なのです。

昔とはだいぶ変わったので、バレずに借り入れをすることなんて簡単です。それこそ家族だけではなく会社の人も友達にもばれないようにも出来ます。

更に最近ではインターネットを使うことで借入れすることも出来るようになりましたから、インターネットを家で使って借入をしていたら、一歩も外に出ないので怪しまれることもなくなりました。

そこからネットショッピングなどでお金を使うのであれば、さらに分からないでしょう。

いまどきの消費者金融も銀行系カードローンも、大手ならこういったことに対応してくれているところがほとんどです。

ですので、消費者金融も銀行系カードローンを使えば今は昔以上に家族に内緒でばれずに借入ができるような時代になっているというわけです。

昔はコソコソと使えば出来たかもしれませんが、今は堂々と使ったとしてもバレるような危険性というのは減っています。

できるだけ堂々としていたほうが、家族にもバレにくいと思いますよ。

【参考ページはこちら】
誰にも内緒で借入をする方法を教えて!

家族にばれないように借入れをする方法なんてあるの?

現代では様々な金融機関からお金を借りることができるようになっています。

それぞれの金融機関によって用意している融資のプランはさまざまですから、それぞれの人の必要に応じたプランを選べるような環境が出来上がってきました。

しかしながら、借金がかなり身近な物になってきたということは間違いのないことであっても、借金はなるべく知られたくないものであるということは変わりません。

そしてその借金を知られたくないという相手は数多くいますが、そうした中でも特に知られたくない相手となるのが「家族」です。

さて、それでは「家族にばれないように借入れをする」というような方法はあるのでしょうか。

まずこれを結論からいえば、家族にばれないように借入れをする方法はあるといって良いでしょう。

そもそも消費者向けの融資アンドをしている金融機関にとってもっとも重要なことの一つとなるのが、「なるべく多くの消費者に利用をしてもらう」ということです。

そうしたポイントが重要になる以上、消費者を相手として経営をする事業者は「消費者の意向に沿ったサービスの提供」を目標とするようになるのです。

その結果、現代の消費者金融や銀行などの金融機関は、消費者の秘密性をなるべく保った貸し付けをするようになっているのです。

さて、それでは家族にばれないように借入れをするにはどうすれば良いのかと言うと、まず最も有効な方法となるのが「店頭で申し込みをする」ということです。

家族に借金をしていることがばれるという原因はいくつかありますが、中でも特にありがちな原因となっているのが「自宅に手紙が届いた」というようなことです。

消費者金融にしろ銀行にしろ、消費者向け融資をしている業者からの手紙が自宅に届いてしまったのであれば、家族は「もしかしたら借金をしているのではないか」というように疑うということは自然なことです。

ですから、消費者金融にしろ銀行にしろ、ばれないように借入れをしたいという場合には「自宅に手紙が届かない」というような方法を重視して選べばよいのです。

この「自宅に届く手紙」にはいくつかの種類がありますが、まず最初の契約段階で注意をしたいのが「契約書」などです。

最近ではインターネットなどを利用して融資の申し込みをすることが可能になっていますが、完全にインターネットだけで申し込みを終わらせてしまうと、契約書の控えや、カードローンなどの場合にはキャッシングカードなどが自宅に郵送されてくることとなります。

もちろんこの郵送と言う場合においても業者の名前が直接明かされるということはありません。

特に消費者金融から手紙が届くというような場合には、間違いなく消費者金融自体の名前ではなく、提携している業者などの名前で郵送されてくることとなりますから、そうした手紙が送られてきたと言うだけで家族に借金がばれるということはほとんどありません。

ただいくら業者の名前が異なっていたとしても、その手紙の内容を読まれてしまったのであれば、借金をしていることやしようとしていることはばれることとなってしまいます。

ですから、そうした書類が届かないような手段で申し込みをすることが有効となるのです、その自宅に対して郵送物が届かない方法となるのが「店頭申し込み」です。

店頭で申し込みをしたのであれば契約書もキャッシングカードも、全てを店頭で直接受け取ることができるわけですから、わざわざ自宅に対して郵送物が送られてくるというようなことはほとんどありません。

ただ業者によっては店頭で審査などを行った後、その結果を郵送で知らせるというようなサービスで行っていることもありますので、そうした場合にだけは注意が必要です。

ですがそのような形でサービスを提供しているというような場合であっても、消費者が「自宅への郵送は控えてほしい」というように申し出をしたのであれば個別に対応をしてくれることがほとんどですから、必要に応じてそのように申し出をしてみるとよいでしょう。

また最近ではインターネットを利用した申込であっても、書類やカードなどに関してだけは店頭で受け取るというようなことが出来る業者も増えてきました。

そのためインターネットを利用して審査を申し込みたいというような場合には、書類に関してだけは店頭で受け取ることができる業者を選ぶようにしましょう。

さて、申し込みなどの借金をするまでの手続きにおいてはここまでに述べた方法によってばれることを回避できることを説明してきました。

しかし借金を行っていく中では常に注意をするべきポイントが数多くあります。

特に借金をしている中で問題を起こしてしまい、業者が消費者に対して連絡を取らなくてはならなくなってしまったというような場合なのであれば、どれだけしっかりとした形で契約をしていたとしても家族にばれることは避けられなくなってしまうでしょう。
(⇒借入が家族にばれたらどうしよう?

それでは家族にばれないように借入れをしていく中で注意していきたいのはどこになるのかというと、何よりも注意したいポイントとなるのが「契約違反をしない」ということです。

消費者金融や銀行など、消費者向け融資を事業として行っている業者は数多くありますが、どのような業者から借りる場合であっても必ず契約書を取り交わすこととなります。

その契約書の中には利率の算出方法や返済日の設定などが事細かに設定がされています。

そして契約書にサインがされたという時点で、それは消費者と債務者が互いに納得をした契約と言うことになりますから、契約書に書かれた内容と異なる形で返済をするということは認められなくなってしまうのです。

そして万が一、契約書とは異なる形での返済などが行われるようになってしまったのであれば、金融機関はその債務者に対して事情を確認しなくてはならなくなってしまいます。

その確認も、基本的には携帯電話などへの電話連絡が主として行われることとなります。

返済が予定日よりも遅れている場合や、振り込まれた金額に過不足があった場合などにはまず債務者の携帯電話に対して電話がかけられ、そこで状態の確認と、必要なのであれば返済日の再設定などが行われることとなるのです。

ここで再設定が問題なく行われ、しっかりと振込がされたのであれば、「次回からは気をつけるようにしてください」ということで完了がします。

ですが何度電話をかけてもつながらない、再設定した振込日になっても振り込みがされないというような形になってしまうと、金融機関はとたんにその債務者にたいして警戒の目を向けるようになります。

新たな借入を禁止するということはもちろんのこと、信用情報に「延滞」などの記録をすることで他の金融機関へ事実を通達し、そして場合によっては自宅の訪問などによって債務状況の告知と催告が行われることとなるのです。

こうした状況になるまでにはかなり時間がかかるのが一般的ではありますが、それでも毎年、こうした手段によって債務の返済が催告されている消費者は存在しているのです。

場合によってはそうした連絡もつかず、裁判所への出頭命令が出されることによって家族が借金を知るというようなケースも存在しています。

そうした状況になってしまったのであれば、家族はおろか、近所や職場などにも借金を滞納しているということが知られてしまうことがあり得るのです。

現代の社会における「借金」は、これまでよりも遥かに身近な物となりました。

消費者向け融資を行っている業者の数は毎年増加傾向になっており、利用者の数自体も同様に増加の一途をたどっています。

ただしかし、いくら消費者向け融資が身近な物になったからと言っても、そこに発生することになる責任が軽くなるというようなことは無いのです。

家族にばれないように借入れをしたいというような場合には、申し込みの段階から利用中、そして完済する瞬間まで常に注意を怠らないように心がけましょう。

▲ トップへ戻る
Copyright (C) 2022 《借入》今からでも間に合う!絶対安心のキャッシング選び! All Rights Reserved.