家族に内緒でお金を借り入れる方法はありませんか?

家族に内緒でお金を借りたいのですが、どのようにしたらいいですか?

家族にばれないようにするのは、とても簡単だと思うわ

まずは、家族に銀行の通帳を見られない事よね。それから、家に郵便物や電話が入る事が無いように対策をすることね。その為に、まずはお金を借りる際の話からするわね。

まず第一に、自宅でネットで申し込みをすること。この方が必要なものなんかが分かっていいわよ。

最近はスマートフォンでも申し込みが出来る業者が増えているけどね。

とにかく、自宅に電話がないようにするならば、第一の連絡先に指定するのが、携帯電話の番号であることは確信を持って言えるわ。

あるいは、家の外で申し込みをするならば、電話でも構わないかもしれないけれどね。

インターネットであるならば、細かい注意点も読むことが出来るし、ある意味、申し込もうとする会社の口コミなんかも読めて百人力となると言えるわね。

そして、ここがポイントなんだけれども、カードを店頭で引き取れる会社に申し込む事よ。

これは、無人の契約機を設置してある所であれば、大体そのような形になっているわよ。カードが郵送で届くようならば、今までの「工作」は意味がないものになってしまうからね。

そして、店頭でカードを引き取ってくること。これでお金を借りる際のポイントは押さえたようなものよね。

それから、自宅に郵便物が届いても怪しまれないように、対策をすることが必要よね。

とは言っても、消費者金融の場合は、差出人として書かれている会社名は別物だったりするわ。

それから、家には電話が来ないようにする事。その為には、基本として延滞しない事よね。

返済日を守って、返済をする事で、借金があるという事は家族に知られなくて済むはずよ。お金を借りたからには、返済をしなきゃいけないから当たり前でしょうね。

それから、家族にばれずに、債務整理を行う事も出来るわ。借金の金額が140万未満であるならば、司法書士事務所に問い合わせてみなさいね。

それ以上ならば、弁護士に問い合わせるといいわ。任意整理であれば、裁判所を通さないで済むから、借金の額を圧縮させることが出来るわ。

しかも、司法書士や弁護士には守秘義務があるから、あなたへの連絡方法や細かい時間なんかも指定できるわ。ただ、任意整理が出来るのは、過払い金があればこそなのよね。

過払い金請求も、同じように「どうしても家族に知られたくない!」という意志を強く伝えることで、郵便物を局留めにしてもらったり、電話のかかってくる時間を指定出来たりもするわ。

【参考ページはこちら】
会社確認なしで借りられる業者はどこ?

家族に内緒で借入をするする方法を知りたい人へ

お金を借りていろいろなことに活用することは、特に何か悪いことではありません。

たとえば、借りたお金でスキルアップすれば、それによって収入アップが見込めることもあるでしょう。

このような場合には、借りることでよい方向へと向かうのですから、むしろ進んでするべきことだともいえるでしょう。

しかし、やはりお金を借りること事態に引け目を感じる人は多いです。特に、家族に知られたくないと考える人はたくさんいます。

では、家族に内緒で借入をすることは可能なのでしょうか。どの金融機関に申し込みをすれば内緒にしておくことができるのでしょうか。

これを知るためには、家族にばれてしまう状態がどのようなものなのかを知っておくと良いでしょう。

まず、資料請求をすればばれてしまう可能性があります。

申し込み書類を郵送で送ってもらった場合、家族がそれを見れば、借金をしようとしていることがばれてしまう可能性は高いと考えられます。

まずこの点に注意しなければなりません。郵送で手続きを行うとばれてしまう可能性は高いと考えておくのが良いです。

これを回避する一番の方法はネット上で申し込みをすることです。

ネット上で申し込みをすれば郵送されてこないケースが多いですから、これで少しはばれる可能性を低くすることもできます。ネット上で申し込みをしたほうが簡単ですから、この方法を取るのが良いでしょう。

最近ではインターネット上ですべての手続きが完結するサービスもあります。

郵送物は基本的にはなくて、連絡は電子メールを用いるという方法がとられますから、これを利用することによってばれる可能性は低くなります。

携帯電話やスマホから簡単に申し込みができますから、この方法で利用するのが良いと考えられます。

もちろんですが、携帯電話やスマホを家族に見られないようにすることも必要です。

どうしても郵送での手続きが必要になるケースはよくあるのですが、この場合でも怪しまれない方法はいくつかあります。

それは銀行やクレジットカード会社を利用することです。消費者金融から郵送物が届いた場合には、借入しようとしていることがすぐに知られてしまうでしょう。

しかし、銀行やクレジットカード会社から郵送物が届いても不自然ではありません。

最近では銀行もクレジットカード会社も、カードローンやキャッシングといったサービスを提供していますから、これらを利用するのは良い方法です。

すでに利用できないかどうか確認してみることも効果的です。

お金を借りるといえば消費者金融というイメージを持つ人もいるでしょうが、クレジットカードのキャッシングや銀行のカードローンでもお金を借りることができますから、消費者金融から借りる必要はありません。

たとえば、クレジットカードの場合には、申し込みをした時点でお金を借りられるようになっていることはよくあります。

最近のクレジットカードには、たいていはキャッシング機能があります。

キャッシング機能が付加されていれば、すでに借りることはできるようになっているのです。

すでに借りられる状態であれば、提携している金融機関のATMで簡単に借りられますし、コンビニATMでも借りられることが多いです。

それを確かめる方法ですが、これは請求書を見ればすぐにわかります。クレジットカードを利用していれば、毎月請求書が送られてくるでしょう。

そこには、ショッピングの限度額が記載されていますが、それとともに「キャッシング枠」という表記があった場合、その横に金額がかかれていれば、その金額を上限として借りることができます。

返済はクレジットカードの引き落としと同時に行われるケースが多いですから、返済も簡単です。

キャッシング枠の金額は、何も申し込みをしなかった場合には10万円から30万円くらいに設定されていることが多いです。

これでは不十分だと思った場合には、その上限をあげることができる場合もあります。

詳しくはクレジットカード会社に電話で問い合わせてみるのが良いでしょう。電話だけで上限を高くできることもあります。審査が行われる場合には書類の提出は必要です。

銀行の場合にも、簡単に手続きができるケースもあります。たとえば、ネット銀行からオンライン上で手続きが完了することもあります。

この場合、ネット上で完結しますから、家族に知られてしまう可能性はきわめて低いと考えられます。

ネット銀行ではなくても、店舗を持っている銀行がオンラインバンキングのサービスを提供していれば、同じように手続きができます。

銀行に申し込むメリットは、やはり銀行の信用力の高さでしょう。

社会的な信用力は銀行は優れていますから、たとえば銀行から何らかの案内が届いたとしても不自然ではありません。カードローンの申し込みをすれば、書類が郵送されるケースもあります。

このような場合でも、銀行からの書類なら特に不自然ではないでしょうから、怪しまれる可能性を低くできるのです。

このような方法をうまく活用していけば、家族に内緒で借入することはできるのですが、その場合でもきちんと返済していかなければならないという点に注意しなければなりません。

もしも滞納した場合には、電話で督促が行われることもあります。頻繁に電話がかかってくれば、怪しまれるかもしれません。

少しの滞納くらいなら問題はありませんが、借りすぎて返済ができなくなってしまうといったことになれば、隠し通すのは難しいでしょう。

返済できなくなってしまうと、貸した側の金融機関もいろいろな方法で取り立てようとします。

取立てについては法律によって制限がありますから、昔のように真夜中に電話を頻繁にかけてくるといったことはありませんが、それでも督促が行われれば家族に知られてしまう可能性は否定できないのです。

ですから、家族に内緒にしたいのなら、借りたものはきちんと返済することを前提としなければなりません。

その返済計画をきちんと立てておかなければならないのです。そのためには、まず月々どれくらいなら返済していくことができるのかを知らなければなりません。

大まかに知るためには、月々の収入と月々の生活費を知ればよいです。

たとえば、収入が20万円あって、そして生活費に15万円かかるといった場合には、月々5万円なら返済していくことができるでしょう。

月々5万円の返済でどれくらい借りられるのかは金融機関によって異なりますが、その範囲を理解しておくことは必要です。

最近では返済シミュレーションのサービスがウェブサイト上で提供されていることが多いですから、どれくらいまで借りたのなら返済金額がどれくらいになるのかを瞬時に計算することができます。

これを利用することによって、返済できなくなるような事態を回避するように心がけるべきです。

もしも返済ができなくなって債務整理を行わなければならないといったときには、家族に隠し通すことは難しいでしょう。

たとえば、マイホームを手放さなければならないような事態に陥るかもしれません。

最終的に自己破産をしなければならないのなら、ほかの資産をすべて手放さなければなりませんから、その状態で借金をしていないと言い切っても、おそらく隠し通すことは不可能です。

このようなことまで視野に入れて考えておけば、どうすれば家族に内緒にできるのかはわかるはずです。

家族に知られずに借りたいという人は、実はたくさんいます。たくさんいるのですから、金融機関もそれに応じてサービスを提供しています。

つまり、家族に知られにくいように配慮してくれるわけです。金融機関に相談をすれば、割と簡単に借りることができるケースもあります。

どのような方法をとるにしても、借りたのであれば返済をしなければならないという点には、特に注意しておかなければなりません。

借りたのなら返済をしなければならないのですから、返済できるのかどうかをきちんと考えた上で借りるようにしましょう。

▲ トップへ戻る
Copyright (C) 2022 《借入》今からでも間に合う!絶対安心のキャッシング選び! All Rights Reserved.