誰にもバレずに借入をするとしたらどういう方法がいいか

借金をするときの最大のテーマと言ってもいいんじゃないでしょうか、誰にもバレずに借入をするということですが、最近ではテクノロジーも進化していますし銀行系カードローンと消費者金融、クレジットカードなどなどいろいろな形で借り入れができるようになっています。

この状況であればみんなが待ち望んでいたという誰にもバレずに借入をするということができるのではないかと思います。

どうでしょうか、今の時代の借入のやり方でそういう方法は存在するのでしょうか?もしあれば参考にしたいのでぜひ教えて下さい。

借入をネットで完結させてしまうのが今の主流だ

借入をネットで完結させてしまいましょう、これが結論になるでしょうね。もちろんこれでも100%誰にもバレずに借り入れができるということではありません。

やり方によってはバレてしまうこともあるし、注意深い人が近くにいたら、それだけでバレることもあるでしょうが一般的にはバレにくい方法と言われています。
(⇒借入審査の時が一番バレやすい?

今までの借入では壁に耳あり障子に目ありで、店舗に入ったり無人契約機を使っているところを誰かに見られて、その噂がまわりまわって奥さんや会社の同僚などのところに行くということが多かったとされています。

つまり、誰かに使っているところを見られるということに危険性があったのです。

また、明細が郵送されてきたのを見られるという危険性も高かったと言われています。

あとは電話がかかってきた時が危険だったと言われ、この3つの項目が一番バレやすいものだったのです。

バレるのが嫌だというのであれば、基本的にはこの3つに対して対策をすればいいのです。

そうなるとウェブで借金をするという、いわゆるウェブ完結型の借入というのが一番向いているのではないかと考えられます。

例えばですが、無人契約機や消費者金融の店舗に入るということがありませんから、ネットを使っているように見せて借り入れをすることができます。これは大きな進展でしょう。

もう一つの郵送ですけれども、これもウェブ上で明細であるとか次の返済日、残高についてなどをチェックすれば大丈夫ですから、バレることもありません。

電話についてもメールやマイページで対応することができればバレることがないでしょう。これで完璧なように見えますが何にでも穴というのはあるものです。

もし仮に、この借入を使っているページを後ろから見られたりとか履歴で見られたりするというようなこともあります。そうなればバレることになるでしょう。ただここまでする人はまれだと思いますが。

女性でも男性でも今はこの方法が一番じゃないでしょうか。

【参考ページはこちら】
家族にバレずに借入するのは可能?

誰にもバレずに借入を行うことはできますか?

親や兄弟、あるいは知人からも、誰にもバレずに借入れを行うことはできないのでしょうか?

きっとこう思ってらっしゃる方もおられるはずです。

人に知られずにお金を借りるということは、一歩も外から出ないでお金を借りることを意味しますが、果たしてそのようなことはできるのでしょうか?

はっきりと結論からいえば、それはできます。

一歩も外から出ないで、誰にもバレずに借入れすることはできるのです。

なぜできるのかといえば、その方法があるからです。

どんな方法かといえば、一つはネット借入れの利用です。

時代はいつでも誰でもスマートフォンという感じですが、このスマートフォンなどを通じて借入れを行うことを、ネット借入れといいます。

そしてこのネット借入れなら、誰にも知られずにお金を借りることができます。

どんな方法でお金を借りるかといえば、まず、スマートフォンからインターネットの各金融業者のホームページにアクセスします。

そしてそのページから融資の申し込みを行います。

審査を受ける必要がありますが、審査を受けてそれに通過すれば、契約成立、早ければその日から融資を受けることができるのです。

まさにこの方法によって、一歩も自宅から外に出ることなく、しかも誰にもバレることなくお金を借りることができるのです。

このように、ネット借入れの利点は、プライバシーが守られることです。

親や兄弟だけではなく、他にもお金を借りていることを知られたくない人はいると思いますが、この方法を使えば本当に誰にも知られることはありません。

申込を行ってから、審査を経て、融資まで、全てがスマートフォンだけで完結、自宅からは本当に一歩も出る必要がありません。

このことは、対人恐怖症を抱える方にとってもメリットでしょう。

なぜなら、普通の借入れの場合は店頭まで足を運ぶ必要があり、しかも人と対面しなければならないこともあるからです。

対面するだけならまだしも、そこから話を交わす必要さえあるかもしれません。

しかし、ネット借入れならまったくそんな必要がないのです。

どこかに足を運ぶ必要がありませんし、人と会う必要がありませんし、人と話す必要さえないのです。

しかも、申込みができる時間にも注目しなければなりません。

スマートフォンから借入れを行う場合、申込み可能な時間は24時間365日、つまりいつでもOKということです。

この時間的なメリットも素晴らしいものですが、さらに素晴らしいのは、場所もどこからでもいいということです。

自宅からでも構いませんし、勤め先からでも、買い物途中の場所でも、フィットネスからでも、学校からでも、ネットに繋がる環境があるところなら、どこからでもいいのです。

もちろん、人と対面しないネットだけの申込だからこそ、いくつか注意しなければならないこともあります。

例えば、申込みの途中で何か分からないことがあったとき、ネットならその場で質問できる人がいないので、分からないところをそのままにしがちです。

これが小さな問題ならいいのですが、金利に関わることなど重大な問題である場合には、ちゃんと聞いておかなかったことが後で後悔させることもあります。

したがって、こうした点はよく注意しておくべきでしょう。

また、これも注意しておきたいことですが、スマートフォンを使って仮に申込が完了したとしても、その日の締め切り時間外に契約が成立した場合は、その日に融資を受けることはできません。

その日に融資が受けられる、いわゆる即日融資は、その日の締切時間内に契約が成立した場合となっています。

したがって、どうしても即日融資を受けたい場合は、その日の締切時間がいつであるかを前もってチェックしておかなければなりません。

ネットからであれば24時間申込を受け付けていますが、その業者でも締切時間というものがあり、その時間内に契約を成立させなければ、その日に融資を受けることはできない。

ネット借入れを利用するなら、ぜひこの点を覚えておいてください。

さらに、これもやはり注意点となりますが、ネット借入れではルーズな借入れをしてしまうことがないよう注意しましょう。

すでに述べたとおり、ネット借入れはとても利便性がいいものです。

申込は時間を問わずいつでも行えますし、ネットに繋がる環境さえあれば、申込を行う場所さえ問わないのです。

でも、このように利便性がよくて気軽に利用できるからこそ、次の点には注意しておかなければなりません。

それは、ついつい余分に借り過ぎてしまうことです。

最初から計画的に利用すれば借り過ぎることはないのですが、利便性の良さというのは、お金を借りているという意識を希薄にさせるものです。

その希薄さが緊張感を失わせ、そのために気持がルーズになってお金を余計に借り過ぎてしまうようになるのです。

自分に警戒していれば大丈夫ですが、少しでも気が緩むと正常な感覚を失ってしまいがちになります。

ですから、くれぐれも気を緩めることがないよう、また計画を立てたら必ずそれを守るように注意しておきましょう。

ところで、やっぱりお金を借りるなら安全な銀行がいいと考える人もいるかもしれません。

確かに、バックアップの安定性、またネームバリューからいっても、消費者金融や独立系消費者金融よりは、銀行のほうが信頼できるかもしれません。

しかしここで忘れてはならないのは、銀行でお金を借りれば、周囲にバレるということ、そして利便性は悪く、誰もが融資してもらえるわけじゃないということです。

例えば、申込から融資までのスピードについて考えてみてください。

消費者金融の場合は、審査基準が緩いため、審査スピードが速く、契約成立までもスピーディーですが、銀行はそうはいきません。

銀行は審査基準がとても厳しいので、審査完了に長く時間がかかり、結果として即日融資はできません。

即日融資ができないということは、借入れしたいときにすぐできないということですから、この点で、銀行は消費者金融より利便性の点で劣るといえます。

一方の消費者金融の場合は、即日融資が可能です。

そして、審査基準が厳しい銀行の場合は、誰もが申し込めば利用できるわけじゃありません。

その厳しい審査に通ったものだけが融資してもらえるのであり、それ以外の人は銀行でお金を借りることができません。

もちろん消費者金融にも審査があり、それに通過しなければ利用はできませんが、銀行に比べれば審査基準は甘く、消費者金融の場合は安定収入さえあれば基本的には誰でも利用できます。

でも銀行の場合は、安定収入があっても、それ以外の属性が低いなら審査に落とされてしまう可能性があります。

例えば、雇用形態は正社員でなければ圧倒的に不利になりますし、金融事故履歴があれば即アウトになります。

ただし、銀行にもメリットがあります。

それは、金利が低く設定されていること、そして総量規制の対象外であるということです。

消費者金融では逆に金利が高く設定されていますから、返済負担という点においては、消費者金融より銀行のほうが負担が軽くなります。

また総量規制の対象外になるということは、年収の3分の1までしか借入ができないという総量規制の制限を受けないということです。

つまり、高額な融資もできるということを意味しています。

消費者金融は総量規制の対象になるため、自分の年収の3分の1までしか借りることができず、そのため高額融資は諦めるしかありません。

でも、銀行なら借入制限を気にせずたくさん借りることができるのです。

ただし、周囲に借入がバレることを嫌がる人にとっては、銀行は利用しづらいでしょう。

逆に、自宅にいながら申込から契約まで行えるネット借入れが魅力的に映ると思います。

どちらを選択するにしても、計画的な借入れを行わなければ、返済不能になってしまい、それによって全てが周囲に知られてしまう可能性もあります。

その点にはくれぐれも注意しておきましょう。

▲ トップへ戻る
Copyright (C) 2022 《借入》今からでも間に合う!絶対安心のキャッシング選び! All Rights Reserved.