お得な借入ってどんなものが該当するのですか?

ざっくりとした質問になってしまうのですが…お得な借入って、どんなものが該当しているのでしょうか?

私も質問通り、お金を借りようと考えている者です。

ちなみに趣味は買い物でお得なセールを見つける事ですので、今回の融資利用に関しても、やっぱりお得なものもあると聞いて気になっています。収入も多いわけではありませんから、お得に越した事は無いですし。

ただ、融資ってお金を借りて、そして利息を付けて返すだけ…ですよね?

そうなるとお得かどうかっていうのは、特に関係ないというか、何をもってしてお得なのかもさっぱり分かりません。

融資について詳しくないから、そのお得の定義もさっぱりというわけなのです。

自分で調べろと思われるかもしれませんが、融資の情報って偽物だったり古いものが多いらしいから、出来るだけ最初から正確な情報を仕入れたいのです。

その為には、やっぱり詳しい人に質問するのが最も手っ取り早いと判断しました。お手数をかけてしまいすみません。

というわけですので、お得な借入ってどんなものなのか、その概念について教えてくれませんか?

教えてもらったら、申し込み方法とか基礎的な事は自分でなんとかするようにします。どうかこの点だけ、教えて下さいませ。

主に金利関連についてですね

お得っていう響き、確かに魅力的ですよね。

お得っていう言葉に踊らされて散在してしまうという事例も山ほどあるものの、お得じゃないときとそうじゃないときで動くお金の額を考えたら、以下にお得な状況というのが大事なのかが分かると思います。

さて、今回は質問者さんも気にされている融資におけるお得の概念なのですが、融資のお得というと大抵が金利関係です。

金利というのは利息の発生額に影響していて、これが低いほど支払う額が小さくなる、つまりはお得という事になるのです。

以下にお得の事例についてまとめましたので、ご参照願います。複数ありますから、この中で魅力的なものだけチョイスすれば十分でしょう。

・低金利
元々の金利が低い金融業者は、それだけでお得です。主に該当するのは、銀行関係の融資ですね。

銀行にも地銀やネットバンクなど結構種類があるわけなのですが、銀行と名がつく金融機関なら大抵は金利が低めです。

低金利だとどんな使い方をしたとしても、別の金利が高い場所よりお得という結論になります。分かりやすい差なので、最優先で金利を見るようにしておきましょう。

・無利息
低金利はお得ですが、それよりもさらにお得なのが無利息です。

無利息というのは、お金を借りても一切利息を支払わなくて済むという事です。つまりはお金を10万借りたとしても、10万返せばそれで終わりというわけなのです。

しかし、常に無利息だと金融業は成り立ちません。

よって、この無利息というのは期間限定のキャンペーンとして開催されるのが主ですので、そのタイミングを逃さないように使いましょう。期間が終わって返済が残っていれば、利息は普通に発生します。(こちらもご参考に→利息に関するおすすめ情報

・ポイント
金利とは直接関係ないですが、最近のカードローンなどでは、利用に応じてポイントが付与される事があります。ポイント還元というのは買い物でも有名ですが、その融資バージョンですね。

ポイントがどのような恩恵を生み出すかはサービスによりけりですが、お金を借りるだけに比べると、何か返ってくるというだけでもかなり違うと言えます。必須ではないにせよ、あれば便利くらいには意識しておいて下さい。

以上がお得な借入の条件と言えるでしょう。魅力的なものがあれば幸いです。

【参考ページはこちら】
おすすめの借入情報はこちら

お得な借入はいろいろなあるけれど自分にあっているものが大切

キャッシングは気軽にできるようになってきている分、それが借金であり、利息が発生するということを忘れがちになっている場合もあります。

なるべく経済的に借り入れができるように、あせらずに考えて利用するところを選ぶことが大切です。

たとえば、お得な借入としてよくあるのが、銀行で融資をしてもらう、ということがあるのです。

消費者金融は金利がどこでも高めに設定されていることがありますが、銀行の金利は低いということです。

金利とは、簡単に言えば、お金を借りるために発生する料金、簡単にいうとDVDやCDを借りるときに支払うレンタル料です。利息というのも、金利のことを指しています。

お金を借りて返すときには、借りた金額+金利の合計の金額を返済することになるということです。金利は、パーセンテージで示されているので、よくキャッシングの広告などに数字とパーセント、ということが書いてありますが、それは金利だということです。

金利はほかにも、利率、年率などと書かれていることもあります。

つまり、金利というのはお金を1年間借りたときに支払うことになるレンタル料金の比率を指している、ということで、利息や利子というのは実際に支払うレンタル料金のことをいうのです。

キャッシングでは元金という言葉も出てきますが、元金というのは利子や利息を含まない借りたお金の金額、つまりDVDやCDのことだと考えるといいです。

利子の計算の仕方というのは、元金×金利÷365日×日数=利子という風になるということです。

たとえばですが、100万円を元金として金利15パーセントで30日間借りることになる場合の利息は、100万円×15パーセント÷365日×30日=11797円ということになります。

金利には法律で定められている金利の上限というものがあります。

現在の法律では、元金が10万円未満の場合は20パーセントまで、10万円以上100万円未満の場合は18パーセントまで、そして100万円以上の場合には15パーセントまでとなっています。最高金利でも18パーセントまでしかないということです。

もし金利25パーセントなどという無茶な設定をしているようなところがあれば、そこは違法業者です。絶対に利用するようなことがあってはいけないです。

金利の低い業者があれば、ついそちらを簡単に選んでしまうこともあるかもしれないですが、そのときには少し考えることです。(こちらもご参考に→借入先の会社を選ぶには?

正規の金融業者などでも確かに金利の低いところはあります。ですが、金利が低いということはイコール返済額の合計も安くなるということではないのです。

月々の返済額を最低返済額で支払うことにしているとします。

毎月支払う金額は少なくてすんでいるのですが、その分期間は長くなのです。

最低返済額というのは、最低返済額というのは、月々に決められている最低でも返さなくてはならない額のことです。

つまり、返済総額が高くなるのを承知で毎月の返済額を少なくするのか、結果として返済総額を低くするのかということです。

そういえば、大きな金額を借りた方が金利が安くなるというのは本当か、という人もいるときがありますが、それはそうとはいえないのです。確かにお得な借入になる、という場合もあります。

ですが、それは先に書いたように、100万円以上の融資額と100万円未満の融資額を境に利息の上限が18パーセントから15パーセントに下げられることの利息の差程度です。

なので、一般的にお得になるのか、というとそうとはいいきれないということになります。

また、はじめて融資をすることになるような人に銀行も消費者金融も高額な融資をするようなことはまずないということです。

貸金業法という法律に基づいて、消費者金融は年収の3分の1までしか上限で貸し出しすることは禁止されているのです。

また、最近はキャッシングをするときに無利息期間を設けている金融業者が増えてきています。

その無利息期間はその業者によって違いがありますが、数日間を無利息で、返済していれば何度でも繰り返して借りることができるというところや、約30日間ずっと無利息期間というところもあります。

無利息ということは利息がつかないので、元金をそのまま返金すればいい状態です。なので、上手に利用すればとてもお得な借入だといえます。

お給料日前、少しだけ足りない、という場合や、数日の間だけ足りない分を補っておきたい、という場合にはとても助かるサービスです。

審査が甘いところや金利が低い消費者金融、即日キャッシングサービスを紹介することが可能です、という風に書いてある広告やネットなどの宣伝でみることがありますが、それが本当に大丈夫なところかどうかを必ず調べることも大切です。

キャッシングについての検索をするためのキーワードランキングには、上位に審査の甘い業者や即日キャッシングという言葉が入っているといいます。
(⇒即日で借入をしたい方におすすめ記事

ですが、審査が甘いところというのはその分金利が高くなったりすることがあるということも多いのです。

また、審査が厳しいということはしっかりとしたところだという証明でもあるのです。

確かに審査が甘いところもありますが、審査がなく、即日キャッシングできるというようなところはヤミ金である可能性も高いです。

ヤミ金の見分け方として、いくつかあげてみると、金融業者は営業をするときには必ずお店のある都道府県、もしくは財務局の登録認可が最低限必要になってきます。

この登録がない業者は100パーセントの確率で違法業者、つまりヤミ金であることが多いです。

登録業者を調べるサイトなどもあるので、広告などに乗っている登録番号をきちんと調べることが大切です。

しっかりとした金融業者は店頭に必ず登録番号の証書を見える場所に掲示しておく、ということが義務づけられているので、そこでも確かめておくようにします。

ほかにも、業界の任意団体でJCFA、NIC、CLAというものがあります。優良企業の目安のひとつとなっているので、これもチェックしておくといいです。

任意団体は他店の紹介が必要になることが多いため、ヤミ金の加盟がほぼありえないということです。なので、加盟業者であればもっと安心できます。

加盟業者を調べるサイトもあるので、利用しておくといいです。

架空の団体や、加盟していないのにあたかも加盟しているかのようにみせるために他社のものや架空の番号を使用したりする場合もあります。

存在しない団体名を語り安心を装うところもあるので、不安に感じた場合は避けるようにしておくといいです。

キャッシングをするときには、その理由をきちんとしておくことが大切です。

なんとなく足りないから、ほしい物があるからとりあえず借りてみようなどという甘い考えで借りてしまうと返済できなくなってしまったり、思った額よりも高い金額を支払うことになってしまうこともあります。

キャッシングばかりしていると、借り癖がついてしまって安易に考えてしまい、結果として返済不能になったという人もいるといいます。

キャッシングをするときには、事前にどうやって返済していくのか、月にどれだけ返済することができるのか、という計画をきちんとたてておくことがとても重要なのです。

また、自分に合った業者を選ぶことも大切です。

銀行系のキャッシングやカードローン、消費者金融系キャッシング、クレジットカードのキャッシングなどがあるので、それぞれのメリットとデメリットを考えた上で利用するようにしておきます。

キャッシングの初回の申し込みの時には、必要な書類やものがあるので、それも用意しておくといいです。

すべての人に共通している必要書類は、本人確認書類です。現在住んでいる住所が明記されている運転免許証もしくはパスポート、健康保険証などを持っていくことが必要になります。

事前に仮審査がネットでできるようなところもあるということで、そこでお試ししてから書類を用意して借入をするという人もいます。

▲ トップへ戻る
Copyright (C) 2020 《借入》今からでも間に合う!絶対安心のキャッシング選び! All Rights Reserved.