一般的には何社まで借入審査を同時に受けられる?

一般的な話として教えて欲しいのですが、例えば借入審査の申し込みというのをしますよね。

借入審査の申し込みをした時に、同時に受けられるのは何社までくらいなのでしょうか。

申込み一括引越しサービスのようなものがあればわかりやすいのですが、借入にはないようです。

なので借入は一つ一つ申込みをしなければならないのですが、一体どのくらいの数なら同時に申込み出来るものなのでしょうか。

何社までという決まりがあって、申込みができなくなるということもあるのでしょうか?教えてください。

何社までとは決まっていないが3社目からはまず通らない

引っ越しや何かの買取サービスとかは確かに色々と一括見積のようなサービスをやっているところは多いですよね。

すごい便利で助かるという人も多いと思います。でもキャッシングなどの借入にはそういうものはないので使いにくいなと思ったことがある人もいるでしょう。

そもそも一つ一つわざわざその業者のホームページから行わないといけないというのは面倒ではありますが、そういうルールにしておかないと返済しない人に多く貸出をしてしまう可能性があるからです。

また審査のスピードなども業者ごとに違うので不都合が出てしまいます。

そこで一つ一つやっていくとしてもできるだけ2社までに抑えておいたほうがいいというのがあります。(こちらもご参考に→借入は3社以内なら大丈夫?

2社までというのはかなり少ないように思えるかもしれませんが、これ以上になると申し込みブラックになってしまいかねないからです。そして申込みが無駄になります。

この申し込みブラックというのはいわば申込みをし過ぎな人に対するブラックという称号です。

ブラックリストとは少し違うのですが、軽快した方がいい人というように業者側で思われるということです。

結果的にブラックになると消費者金融も銀行系カードローンも審査に通りません。

なので3社目からはこの申し込みブラックになる可能性が高いので、何社までとは決まっていないですけれども2社で止めておくのば無難なのです。

それ以上になると自分が損をしてしまいます。引っ越しの一括見積と同じような感覚でやっては失敗する、ということです。

今のところ銀行系カードローンでも消費者金融でもこの流れは同じとなっているので、一緒に申し込みをするのではなく一つ一つを申し込みしていくようにしましょう。

一つ申込みをしてダメなら次を申込み、それがダメなら最低でも半年は空けて申し込んだほうがいいです。

そうして借入をすれば、申し込みブラックにもならないので使い方を間違えないようにしましょう。

面倒だというのは確かにその通りですが、今のところ、そして将来的にもこの流れというのは変わらないと思います。一括申し込みなどは出来るようにはならないでしょう。

なので仕方ないのでこのような形で借入をすることに納得してやっていくしか無いと思います。

面倒だとは思えいますが、とりあえずお金を借りるときだけ、我慢してみてください。

【参考ページはこちら】
銀行借入に見られるメリットとは

金融機関の借入審査は何社まで受けて良いの?

現代の銀行や消費者金融では様々な形で融資が行われるようになっています。

特に銀行の融資業務はこれまでと比べると様々な方面に多角化をするようになっており、これまであったような住宅ローンや自動車ローンといったようなもののほかにも、特に目的を指定しない「消費目的融資」もされるようになりました。

この消費目的融資では「住宅」や「自動車」といった明確な目的が指定されていないため、「消費」という分野に利用するのであれば特に制限なく借りたお金を利用することができるのです。
(⇒みんなどんな目的で借入を利用してる?

そのため現代においては利用者の数もつねに増加傾向となっており、近年では消費者向け融資事業の業界内での競争が非常に激しくなってきています。

そうした状況において事業者が利益を獲得していくには、常に他社よりもすぐれたサービスを提供していくことが必要となりますから、結果として「消費者にとって便利な在り方」が追及されるようになっているのです。

さて、そうした消費者にとって便利な在り方が追及される業界となっている中では、消費者にとっては「なるべく条件の良い所からお金を借りたい」と考えるようになるのは当然です。

この場合、消費者の中には「複数の金融機関で借入審査をしたい」と考える人も出てくるわけですが、それではこの場合、何社まで受けることができるのでしょうか。

まずこの「審査を受ける」ということのみにおいて言えば、その数に制限が課せられているわけではありません。

こうしたことについては特に法律で規制などがあるわけではありませんから、1社だけしか受けないというようにすることも、10社受けてとにかく数多くの審査を受けるということも消費者の自由なのです。

ですがこれはあくまでも「法律において制限がない」ということでしかありません。

実際のところ、借入審査を受けるというような場合には、あまり数多くの業者から審査を受けてしまうとデメリットが出てきてしまうのです。

では借入審査を何件も受けるというようなことになると、どういったデメリットが出てきてしまうのかというと、ここで何よりも大きなデメリットとなるのが「審査に通過できなくなる」ということです。

通常、審査というものは事前に情報を集めて納得をした業者に対してのみ依頼をするものです。

それであるにも関わらず、何社も審査を申し込んでいるというようなことになってしまうと、これは「お金に困窮しているために審査を申し込んでいる」として判断をされることとなってしまうのです。

また「別の業者の審査に落ちている」ということは、これから審査をする業者から見れば「別の業者が断るような理由があったのではないか」という疑問を持つ原因にもなります。

そのため、既に融資を断られているという事実があるというだけで審査が厳しいものになることがあるのです。

このように「申し込みの情報が原因になって審査を通過することができない」というような状況を「申し込みブラック」という状況になっています。

一見するとこうした情報については消費者が業者にさえ伝えなければ問題ないようにも見えますが、実際はそういったことにはなりません。

ではどうしてそういったことが判断できるのかと言うと、審査を申し込んだという事実は「信用情報」に記録されることとなっているからです。

信用情報にはそれぞれの消費者がこれまでどのように金融機関を利用してきたかということが記録されており、もし返済の滞納などの問題を起こしていたのであれば、その情報は信用情報に記録されることとなります。

そして「業者に審査を申し込んだ」ということは信用情報に記録されることとなっているのですから、金融機関は審査の際に「その消費者は今までどの業者に審査を申し込んだのか」ということを調査することが可能となっているのです。

この信用情報を管理する信用情報機関と呼ばれる機関はいくつかありますが、信用情報機関は互いに消費者の信用情報を共有しているため、どこかの金融機関で問題を起こしたのであれば、それは必ず伝わることとなっているのです。

さて、それではこの信用情報での審査の情報についてはどうすればよいのかと言うと、これは事前に「どれくらいの数だと問題があるのか」ということを把握しておくとよいでしょう。

もちろん最初に受けた業者の審査に通過して、すぐに融資を受けられるようにするというのであればそれに越したことはないのですが、現実には最初に受けた業者の審査を通過できるかどうかはわかりません。

場合によっては大丈夫だと思っていた審査を通過できないというようなこともあるわけですから、どれくらいの業者であれば審査を申し込んでも問題がないのかと言うことを知っておくにこしたことはないのです。

ではどれくらいの数だと問題はないのかと言うと、これは傾向として「3社以上の申し込みをすると審査が厳しくなる」ということができます。

もちろん審査基準はそれぞれの業者によって大きく異なるわけですから、一部には「3社以上申し込んでいても問題ない」として判断をする業者がいるのですが、ほとんどの場合は3社以上同時に申し込んでしまうと審査はかなり厳しくなります。

また全体的に審査基準が厳しいとして知られている銀行系業者などについては、自社よりも先に申し込まれている業者で審査に落ちているというような事実があるだけで融資を断ることもありますから、注意が必要です。

では「消費者は一生に3社しか申し込みをできないのか」と言われれば、これもやはりそういったことはありません。

信用情報に記録される情報に関しては「どれくらいの期間記録されるのか」ということが事前に決定されています。

ですからたとえ数社に申し込みをしていたとしても、その情報が消えるまで待ったり、もしくは「金銭に困窮している」と判断されないような時間をおいてから申し込みをするようにすれば、通常の消費者と同様に審査を受けることが可能となるのです。

ではまず「どのくらいの期間情報が記録されるのか」ということについてですが、これは「半年」が目安となっています。

金融事故などの情報は5年程度記録されることも多いのですが、申し込みの情報に関してはそれが何かの問題を引き起こしているというわけではないため、半年が経過すれば抹消されることが多いのです。

そのため、最後に借入審査の申込をした日から半年が経過したのであれば、審査においてはさほど問題はないと考えて良いでしょう。

次に「金銭に困窮している」と判断されない機関についてですが、これはそれぞれの金融機関によって判断の基準は変わってきます。

そのため一概に「これくらい待てば問題ない」と言うことは非常に難しいのですが、これは一ヶ月以上おいてから申し込みをするようにすれば問題ないとされることが多いでしょう。

また、ここまででは所謂「申し込みブラック」の状況について説明をしてきましたが、実際には「申込数」以外にも審査を通れない原因になることはあります。

では何が原因になり得るのかと言うと、最も注意したいのが「申し込み時点の契約数」です。

消費者向け融資事業はさまざまな事業者で行われるものとなりましたが、だからこそ「同時に複数の業者と契約している消費者」がもつリスクは非常に大きいものがあります。

それぞれの業者が10万円まで貸し付けることができるという状況で3社が契約をしているとなると、その消費者は一社から借りることができるお金は10万円ですが、総額としては30万円までを借り入れることができてしまいます。

契約する業者の数が多くなれば多くなるほど、このリスクは大きくなるわけですから、既に別の業者と契約しているというようなことになってしまうと審査が厳しくなることが多いのです。

どれくらいの件数の契約をしていると問題になるのかと言うことについてはそれぞれの業者の審査基準によって異なりますが、傾向的には消費者金融系の業者であれば3社、銀行系の業者であれば1社から2社が上限とされています。

ですから、既に契約している業者がいるというような場合にはその契約数がどれくらいになっているかということを事前にチェックしておくように心がけましょう。

▲ トップへ戻る
Copyright (C) 2020 《借入》今からでも間に合う!絶対安心のキャッシング選び! All Rights Reserved.