消費者金融からも借入ができない理由ってどんなの?

消費者金融からの借入って、私みたいな月収が10万くらいのアルバイトでも借りられる…そう聞きましたが、本当ですか?だとしたら、とても気になるというか是非とも使いたいのですが…。

私は今、アルバイトで働きながら正社員を目指しています。元々今の仕事は、正社員登用があるから始めた仕事です。

仕事内容も楽しいからと決めたのですが、やはり将来に繋がる仕事の方が良いと思いましたので…。

長い目で見れば間違っては居ないと思いますが、問題は今です。先ほどもお話しましたように、私の収入は毎月本当に10万そこらです。

家賃は実家暮らしだからかかりませんし、本当に最低限の生活費を渡すだけで何とか暮らしていけているのですが、他の出費には弱くて…。

おかげで今、急な出費があって困っています。しかし見過ごす事もできない出費という事で、何とか工面しなくては困ります。

そこで融資を受けようと思いましたが、銀行はどこも非正規に厳しいとの事で、消費者金融で借りようと思います。私みたいなバイトでも通ると聞いて、希望を持っています。

しかし、消費者金融からも借入が出来ない、そんな状況もあり得るという話も少し聞いて、不安が大きくなっています。

私もやっぱり借りる事は出来ませんか?消費者金融からも借りられない理由ってどんなのですか?大丈夫と自分に言い聞かせても不安なので、教えて下さい。

消費者金融とて審査をしていないわけでは無いのです

おそらく、質問者さんは重大な勘違いをされていると思います。

そしてその勘違いというのが、放置しておいては今後の融資利用に大変響くものだと思いますので、今ここでしっかりと誤解を解いておいて下さい。

まず、消費者金融でも審査に落ちる事は珍しくありません。何故なら、消費者金融はきちんと貸金業法、及び自社の独自基準に照らし合わせて審査をしているからなのです。

融資はそもそも返済出来る人に貸さないと、貸し倒れが起きて双方に問題が生じるのです。

したがって、消費者金融と言えど返済が出来ないと思わしき人には、審査において否決する事があります。

質問者さんの言う通りアルバイトで月収が10万程度でも、借りられないわけではありません。ただ、その条件だと些か不安はある、くらいのものでしょうか。

例えば、消費者金融では総量規制という事で、年収の三分の一までしか最大でも貸せません。

質問者さんの月収から年収を大雑把に計算すると120万、その三分の一ですから、最大でも40万までしか希望はできません。これはしっかりと覚えておいて下さい。

また、以前に何かの分割ローンで延滞をしていても、審査に落ちる可能性がとても高くなります。

分割ローンも元をたどれば融資なので、同じ融資の情報を共有している消費者金融は、それを確認すると審査で大きくマイナスを付けるでしょう。理由はどうあれ、返せない人に貸さないのは融資の基本です。

このように、消費者金融は基準に満たない人なら、あっさりと審査に落とします。消費者金融に落ちる事は珍しいわけでは無く、むしろ油断をすればあっさり落ちる事を理解しておいて下さい。

【参考ページはこちら】
銀行で借りられないから審査が甘いところ教えて!

キャッシングなどで借入ができない理由について

急な出費などで、どうしてもお金が必要になり、他人からも借りる当てがないときにキャッシングを利用するなどして、その場しのぎでお金の準備をすることがあるかと思います。

キャッシングなどでは、審査を通過した人だけがお金を借りることができるようになっているシステムです。

なので、審査に通らない場合、お金を借りることができないという状態になってしまうので、注意が必要です。

また、借入ができない理由として、様々なポイントがあります。

まず、過去に法的手続きをしたことがある人です。

自己破産だけでなく、個人再生、財務整理などがこれらに当てはまります。

自己破産などの法的手続きをした後は一定期間、クレジットカードの申し込みだけでなく、キャッシングなどでお金を借りようとしても審査が通らず、借りることができない場合があるので、注意が必要です。

法的手続きをした場合、個人再生や財務整理など、負債を一部免除して残りを支払うことを選択した場合、毎月遅れることなく、残りの負債額をしっかり返済をして、完済しきった後でも、5年はキャッシングなどのローンが組みにくくなってしまうことになるので、注意が必要となります。

それも、毎月遅れなく支払いをした場合であり、1ヶ月でも遅れがあったりした場合、その例外になってしまい、さらにローンを組みにくくなってしまったり、クレジットカードの契約審査などが通りにくくなることがあるので、特に注意が必要となります。

さらに、安定した仕事についていない人、というのも審査で通らない場合があるので、注意が必要です。

特に、無職の人である場合、返済のメドが建たないこととから借り入れができない場合があります。

アルバイトやパートなどでも、毎月一定額の収入が安定してある場合であれば、少額でも融資を受けることができるようになります。

ですが、やはり正社員と比べると1度に借りることができる額が少なくなってしまうなどのデメリットが存在しています。

少額でも問題ないというのであれば、審査に通りさえすれば借りることができるようになります。

そして、転職後や、新卒で仕事を初めて1年以内の人も審査に通りにくいといえます。
やはり、無職の人ほどではありませんが、収入が安定していないというのが大きな理由となります。

キャッシングなどでお金を借りた場合、リボ払いというシステムで月々一定額を返済していくことになります。

借りた額にもよって変動しますが、毎月一定額を決められた日までにコンビニなどのATMから振り込むか、口座引き落としなどで返済をしていく方法を取るためです。

なので、安定して収入があることが大切なポイントとなってきます。

また、パートやアルバイトであっても、少額を借りて毎月しっかり期日までに支払をしたり、余裕があるときに少し多く返済を続けていくことにより、融資をしてもらえる額が増えたりすることもあります。

さらに、借り入れができない理由として挙げられるのが、年金受給者であること、または75歳以上の高齢者であることも挙げられます。

やはり、年金受給者である場合、必要最低限の生活をするための年金であること、さらにそれ以上の収入がないこと、年金の受給が2か月に1度であることなどが主な理由となって借り入れができない場合があります。

ですが、75歳以上でも元気に仕事をしている人も借り入れができない場合があります。
これは、支払方法に原因があります。

リボ払いというシステムを取って返済をしていくことになるので、毎月一定額の支払い義務が生じてきます。

申し込みをした時点で元気に仕事をしていたとしても、いつまでその状態が維持できるかはっきりと分からないということが主な理由となります。

なので、申し込みをした時点で問題なく仕事をしていたとしても、その後何年その状態を維持して生活ができるのか、というところから審査に通らない場合が出てきます。

なので、年金受給者や75歳以上の高齢者は元気で会ったとしても、断られてしまうケースが多く存在しています。

また、意外と身近な問題であり、知られていないのが携帯電話の支払い状況やクレジットカードの支払い状況における問題です。

これらが原因となり借入ができない理由となる場合があるので、注意することが大切になります。

キャッシングなどで審査を申し込んだ時、キャッシング会社はこれらの情報も調べることができます。

なので、毎月しっかりと携帯電話の利用料金やクレジットカードの支払いを済ませている人でないと、申し込み審査で落とされてしまう可能性があるということになります。

これら問題は意外と身近なポイントですが、知られていないことが多くあるので、注意が必要です。

携帯電話やクレジットカードの場合、口座から少しでもお金が足りないと引き落としがかかりません。

また、案内などもなく、そのまま翌月に引き落としがかかってしまう場合もあるので、自分では落ちているつもりであった、というケースが多くあります。

なので、支払ができていないという認識がないまま、翌月指定された口座から引き落としがかかっており、そのまま問題なく携帯電話やクレジットカードを使うことができるようになっています。

なので、そういったことが続いていてもなかなか気づきにくいということがあります。
なので、それらの支払い状況などもしっかりと自分で通帳記帳をするなどして確認をしていかなければなりません。

不安であれば、口座に引き落とし金gなく以上のお金を毎月入れておくことにより、回避されますが、ついうっかりで忘れてしまった場合でも、キャッシングなどでお金を借りようとした際に引っかかってしまう可能性があるので、注意が必要となってきます。

なので、以外と知られてはいませんが、携帯電話料金やクレジットカードの支払いが毎月遅れなくしっかりと引き落としがかかっているかどうかもキャッシングなどでお金を借りようとした場合、注目すべきポイントとなってきます。

なので、テレビCMなどで、簡単にお金を借りることができるというような広告を見たとしても、これらの条件に当てはまらない場合のみ、簡単にお金を借りることができる状態であり、どれか一つでも問題点がある場合、借入ができない理由となってくるので、注意することが大切になります。

やはり、普通に生活をしていれば特別問題なく借りることができますが、年齢的な問題であったり、仕事の問題などから簡単に借りれない場合もあります。

ですが、そういった条件なしにお金を貸してくれるところは、法律で定められた利息以上の支払いが必要であったり、催促が厳しくあったりするような場所になることがほとんどなので、そういったところからの借り入れはしない方がいいといえます。

また、専業主婦などであり、自分では仕事をしていないが、夫の収入で生活をしているという場合でも、普通のキャッシングの審査などが通りにくくなってしまうケースがあります。

ですが、そういった主婦向けのキャッシングローンなどがあり、そちらでは比較的借りやすく、月々の支払額も少額での設定になっていいるので、主婦などでお金が必要になった場合は、そういったローンを利用することにより、お金を借りることができるようになっています。

ですが、普通の仕事をしている人向けのキャッシングローンなどと比べると、借りれる額が少なく設定されているケースがほとんどなので、少額でも問題がないという人が多く利用しています。

また、主婦向けのキャッシングローンでは、返済も少額から行うことができるパターンが多いので、無理なく月々のお小遣いから返済ができるようになっています。

借入ができない理由としては、以上のような理由で断られてしまうケースが多く存在しているので、自分でも通帳記帳をするなどこまめにチェックをしていき、安定した仕事をしていれば特別問題はありません。

▲ トップへ戻る
Copyright (C) 2022 《借入》今からでも間に合う!絶対安心のキャッシング選び! All Rights Reserved.