友人から学生は親の同意無く借入出来ないと聞きましたが

私の友人からの情報なのですが、学生は親の同意なく借入をすることが出来ないというのを聞きました。

学生と言ってももういい年齢ですし、親のことは気にしなくていいのにと思うのですが、彼が言うにはどうもまだ親の許可がないとダメだというのです。

これは大学生でもそうなのでしょうか、私はすでに大学生として生活をしているので、いらないような気もするのですが…

友人が言うには学生は親の同意なく借入をすることが出来ない、消費者金融を使えないといいますが、どうなのでしょうか。

実際に使えないことはないが業者は選ばれる

消費者金融や銀行系カードローンを使った時に、学生は親の同意なく借り入れができるのか?ということですが、これ自体はできます。たとえ未成年であろうとも20歳を超えていたとしてもできるのです。

これはあまり知られていないのですが、それもそのはずで業者を選ぶ必要があるからです。どれでも簡単に貸してくれるというわけではありません。

基本的に学生が借りるときには親のどういうが必要というのはその通りです。学生は働いている人がほぼいません。

アルバイトと言っても大した金額を稼いでいるわけではありませんから、そのお金だけでは返済などが心もとないのです。

そこで借金ができる銀行系カードローンの有名業者などは親からの同意というのを必要としているというわけです。

親の同意があればかなりの確率で借り入れができるようになりますが、借り入れできる金額は10万円程度と低くなります。

親が同意をしていたとしても返済するのは基本的に契約者である学生だからです。

そうなると返済できる金額である現実的なところに落とし所を持ってこようとします。そうなると10万円程度になりがちなのです。

しかしこれを学生ローンで使うことができればまた話は変わってきます。

学生ローンの場合は親の同意が必ずしも必要ないし、借入金額というのがそれなりに大きくすることが出来ます。

だいたい借り入れできる金額は10万円~50万円くらいまで大きくすることができるので、一般的な消費者金融と左程変わらないくらいにもできるでしょう。

もちろんバイトなどで収入があることが前提になっていますが。

学生ローンというのを知らない人が多いのも当然で、学生ローンというのはあまり注目されてきたことがない消費者金融の一つです。

今でもたくさんありますし、大学の近くには絶対にあると言っていいでしょう。

しかも何十年と行っているところもあるので、信用できる所も多いです。使うなら信用できる学生ローンを使ってみてください。

【参考ページはこちら】
消費者金融で借入して留学できる?

キャッシングやカードローンは学生親の同意無く借入できるの?

学生時代というのは、一生でいちばん楽しい時期といえます。

サークル活動や恋愛など、学校の勉強の他にも面白いことが目白押しです。

何かと出かける機会も多くなり、その分お金も必要になるものです。

しかし学生の身分であれば、いつでも必要なだけのお金を持ち合わせているとは限りません。

どちらかといえば、お金が足りなくて困る経験をすることが多いのではないでしょうか?

アルバイトをしていても、授業の都合などもあり毎月十分な収入を得られるとは限りません。

それなのにお金のかかるイベントは盛りだくさんというのが、学生といえます。

そんな場合にお金を調達する方法として、まず考えられるのがキャッシングといえます。

簡単な手続きで、比較的まとまったお金を借りられるからです。

さらにパソコンや携帯電話から気軽に手続きでき、忙しい学生でも迅速にお金が借りられるのも、大きな魅力といえるのです。

もちろん学生でも、社会人と同じようにキャッシングを利用することは可能です。

アルバイトなどにより定期的な収入があれば、契約してお金を借りることができます。

必要な書類としては運転免許証や健康保険証など身分証明書類で、会社によってはアルバイトなどの給与明細、または源泉徴収票も必要となることもあります。

審査が終了したら、キャッシング会社のATMでお金を引き出したり、事前に申し込んでおけば登録しておいた口座にそのお金を振り込んでくれます。

早ければ即日対応ですから、お金の心配もなく楽しい学生生活を満喫できるのです。
(⇒キャッシングで即現金を借りる方法

友達にお金を借りるなどして、迷惑をかけることもありません。

それでは学生がキャッシングでお金を借り入れる際の、年齢基準はどうなっているのでしょうか?

その回答としては、ほとんどのキャッシング会社で満20歳以上となっています。

この場合実際に借りる時ではなく申込み時の年齢ですから、そこは確認が必要です。

そしてもう一つの疑問としては、学生親の同意無く借入ができるのかという点があります。

その答えは満20歳以上であれば、それが可能です。

ほぼ全てのキャッシング会社において、20歳以上なら学生親の同意無く借入ができます。

しかし世の中には、満20歳に満たない学生の方もいます。

そういった方々は、どのようにすれば良いのでしょうか?

20歳未満の学生の方が借入をするには、第一条件として親の同意書が必要となります。

未成年の人にお金を貸すことは、特別な条件をクリアしていなければならないからです。

その一つが親の同意書があることであり、他の条件としては事業に必要なお金の融資であったり、結婚して仕事につき、収入を得ている未成年者に対する融資ということがあります。

これらのうちのどれか一つの条件をクリアしていなければ、法律違反となってしまうのです。

しかしほとんどのキャッシング会社では、自社基準として利用対象を満20歳以上としていますから、たとえ親の同意書があったとしても審査の対象にさえならないのが現実といえます。
(⇒キャッシングの年齢制限について

しかし、中堅や零細の金融会社で学生ローンと謳って未成年に融資を行っている会社があります。

こういった会社は未成年で親の同意書があれば、お金を借りることは可能です。

しかしこういった会社のサービス内容は本当にさまざまですので、

申し込む際には金利や返済方法などを詳細に確認することが大切です。

そしてこのような学生ローンでも、アルバイトなどによる収入がなければ
お金を借りることはできないので注意が必要です。
中には学生向けに低い金利でお金を借りられる会社もありますから、
慌てずにじっくりと利用会社を検討しましょう。

そして学生ローンであってもやはり同意書は必要であり、学生親の同意無く借入は
不可能といえます。
やはり法律に従って、親の同意を得ることは必須といえます。

そして学生ローンを利用した場合は大手とは違い、借り入れ方法や返済できる場所も
非常に限られてきます。
大手のキャッシング会社と比べれば、不便であるのは事実です。

例えばコンビニATMなどはほとんどの場合利用できないですし、
返済も銀行からキャッシング会社の口座へ直接振り込む形式が多くなっています。
ですから手続きできる時間も限られ、ある程度は手間もかかるのです。
そういった面からも検討してから、学生ローンを利用すべきといえます。

このように未成年のキャッシングに不可欠な親の同意書の提出ですが、
どのような書式やルールとなっているのでしょうか?
実は法律で決まっていたり、業界で指定されたルールは存在しないのです。

親の同意書が必要と謳っている場合でも実際は電話で同意を確認するだけと
いった場合もあるのです。
同意書も名前の筆跡まで確認することはほとんどありません。
もちろん会社独自の書式を用意して、きちんとした書類の提出が求められる会社もあります。

こういった事を知ると、未成年の学生が自分で同意書を用意しても
見破られることはないと思ってしまいがちです。

しかし、だからといって自作で偽物の同意書を作成したり、
親ではない人に電話の対応を依頼したりすればそれは犯罪と同じことです。
他人にそういった事を頼めば、頼まれた人も犯罪の手助けをすることになるのです。
もし発覚すれば、それ相応の懲罰を受けることになりお金が借りられたとしても結果的に損失は大きいのです。

ですから現実問題として、20歳以下の学生親の同意無く借入は難しいといえます。
ならばキャッシングや学生ローン以外に、20歳以下の学生の方がお金を借りる手段は
ないのでしょうか?

その答えとしては、あるといえます。
実際にお金を借りる訳ではないのですが、クレジットカードを作成する方法です。
いわゆるカードに付いているキャッシング枠を利用するのです。

各クレジット会社は、利用者拡大を目的として20歳以下でも作成できるカードを用意しています。
キャッシング枠は必ずしも金額が高いとはいえませんが、ほとんどの決済が可能ですので、
実質キャッシングでお金を借りるのと変わらない効果があるのです。

しかも年会費無料であるとか、ポイント制の実施など魅力的なサービスも実施しているので、
考えようによってはキャッシングを利用するよりもお得といえます。
しかしクレジットカードの作成においても、ほぼ全ての会社で20歳未満であれば
親の同意が必要であると定めています。

しかも審査はキャッシング会社よりも厳しいため、スピーディーにカードを発行してもらう
といった事は難しいといえます。

そして、クレジットカードのキャッシング枠とはいえお金を借りることに変わりありませんから、
後々の経済的な負担の見通しがなければ大変なことになってしまうのです。
ですから、未成年者の場合親の同意が必要であると規定している会社がほとんどなのです。

このように、どちらにしろ20歳以下の学生親の同意無く借入は困難であるといえます。
逆に20歳以上でありアルバイトなどで定期的な収入があれば、
世の中にあるさまざまなキャッシングやカードローンを自分の責任において自由に利用できるのです。
もちろん20歳以上であれば、親の同意書も必要ありません。

それでは、20歳未満でどうしてもお金が必要になった場合はどうすれば良いのでしょうか?
この答えとしては、月並みですが親に相談する方法がベストといえます。
そして、堂々と相談して良いのです。

なぜならば親にとって未成年の子どもは、保護、扶養すべき義務があるからなのです。
ですから、困ったことはまず相談が正しいのです。
自分の判断で好きなようにお金を借りるのは、判断力があるとみなされる20歳以降であることが
社会的な常識だからです。

とはいえキャッシングやカードローンは、計画的に利用すれば非常に便利であり、
楽しく充実した生活を応援してくれるアイテムともいえます。
利用基準をクリアした上で、正しい申告を行って必要なお金を必要な時に、
賢く借りましょう。

▲ トップへ戻る
Copyright (C) 2022 《借入》今からでも間に合う!絶対安心のキャッシング選び! All Rights Reserved.