学生のうちから借入を使うとブラックリストになるってマジ?

20歳の大学生です。最初は専門学校にしようかどうしようか考えたのですが、自分が専門で学びたい学校が近辺に無かった事もあり、大学進学となりました。

学部に関しては興味はそこそこという感じですが、せっかくなら在学中に興味のある分野を見つけ、そこから理想の仕事というのを探していきたいと思っています。

なので最近は色んなフィールドワークに参加したり、サークルに顔を出したりさらには資格取得などを試みています。

どれもなかなか有意義な時間だと思っていますが、同時にどれもお金がかかるという難点があります。

学生の身分でこうした出費が重なっていくというのはなかなか辛いものがあり、アルバイトをしていると言っても限度があります。

なのでカードローンも活用して学生生活を安心して過ごせるようにしたいと思います。最近は学生でも使えると聞きましたが、同時に心配になる事も耳にしました。

学生のうちから借入を使っていると、ブラックリストになると聞いたのです。ブラックリストって、確か融資での要注意人物ですよね?

それでお金が借りられなくなるみたいですが、学生の利用が将来にまで響くってマジなのでしょうか?事実に関してお詳しい方はお答えください。

きちんと利用していればまずそんな事はありません

最近の大学生だとどうしても目的の無い無気力な若者が悪目立ちしている感が否めないのですが、質問者さんは真面目に将来の事についても考えておられるようで、安心できました。

目標があればどれか一つに絞って打ち込むのが良いかもしれませんが、その目的を探そうとする意識は大切ですし、そうしていると意外なところから道が開けたりするものです。是非とも頑張って有意義な学生生活をお送りください。

ただ、そんなアクティブな学生生活だと確かにお金もかかりそうですね。

このお金に関する問題を解決するには確かにカードローンは便利なのですが、ブラックリストになる…なんて聞けば使う気も失せますよね。

でも、普通に使っているだけでブラックリストになるとしたら、実は意外と多くの学生がカードローンを利用している昨今、ブラックリストだらけになってしまう事と思われます。

ゆえに、普通に使っている分には学生とはいえ、ブラックリストにされてしまうという事はまず無いでしょう。

例え相手が学生と言えども、借りてもきちんと返済してくれるのなら大切なお客様です。そんなお客様に対しての仕打ちがブラックリスト登録というのは、さすがに納得ができない話だとは思いませんか?

だから、きちんと返済が出来ているのなら、全く問題がありません。むしろ、返済実績が出来て将来融資を受ける際にプラスになる事も良くあります。

さすがに返済が遅れれば学生と言えど容赦なくブラックリスト入りとなりますので、返済能力が低いうちは無理のない範囲で融資を利用していきましょう。

【参考ページはこちら】
借入したい学生のみなさんにおすすめ記事

アルバイト学生の借入はできるがブラックリストに載らないように

かつては高利貸しやサラ金などと呼ばれ、お金を借りれば高い利息を付けられ借金取りに追われるということで利用することが敬遠されがちだった消費者金融が、貸金業の改正によって安全で安心して借り入れができるようになりました。

利息制限法という法律で利息の上限が決められ、20%以上の利息を付けて違反をすると行政処分になったり、29.2%以上になると刑事罰の対象にもなったので、無名な消費者金融の中にはまだ20%を超える利息を付けているところがあったとしても29.2%を超える利息を付けるところはなくなったのです。

よくテレビコマーシャルをしたり、街中で看板を掲げているような大手の消費者金融では20%以上の利息を付けているところはないに等しいのです。

また総量規制という決まりがあって、キャッシングを申し込む人の年収の3分の1までの額しか借り入れができないことに決まっているので、申し込み者が多額のキャッシングを申し込んできても、貸付限度額はその人の年収の3分の1までの額となっています。

それらの法律があるために、借り入れる人も返済に困るようなことがないように守られ、貸し付けるほうもスムーズな返済を受けることができるようになっています。

だから消費者金融で借りたからといって、返済に困り、借金取りに追われるということがなくなり安心して借り入れを申し込むことができるようになったのです。

今は多くの人がキャッシングを利用している時代です。キャッシングは消費者金融だけでなく銀行でも利用できるのです。

「銀行カードローン」とテレビコマーシャルなどで見聞きしたことがあることでしょう。銀行カードローンも消費者金融と同じように個人的に借入を受けることができるのです。

消費者金融でも銀行カードローンでも申し込み方法や借入の条件、審査の方法などは同じです。

利息も銀行と大手の消費者金融ならなんら変わりがありません。だからどちらでキャッシングの申し込みをしても変わりはないのですが、違うところもあります。

それは借入限度額です。消費者金融は年収の3分の1までの額ですが、銀行は貸金業法ではないので総量規制という決まりの対象にならない野です。そのため年収の3分の1までの額が限度額という訳ではないのです。

限度額は各銀行によって個々に決められているのです。だから年収の3分の1以上の額を必要とするときには銀行カードローンで申し込むとよいのです。

とはいえ銀行カードローンでも多額の融資をして返済が困難になってしまうと銀行側も融資を受けた方も困ります。だから銀行でも審査でその人の年収に合わせた限度額を決めているのです。

また年収の3分の1までの額しか融資ができない消費者金融では収入がない専業主婦の人には貸すことができません。収入が0の場合は貸付限度額も0だからです。

しかし銀行のカードローンの場合は銀行によっては専業主婦専門の少額の融資が受けられることもあるので、専業主婦でもしキャッシングが必要な場合は専業主婦専門枠がある銀行に申し込んでみるとよいでしょう。
(⇒無職でも借入できる例外はある?

銀行でも消費者金融でも基本的な借入条件は満20歳以上満60歳から70歳以下の成人で、毎月安定した収入がある人ということになっています。

銀行では無収入の専業主婦の枠があるところもあると先述しましたが、多くの消費者金融や銀行カードローンではパートやアルバイトの方なら少しでも安定した収入があるということで申し込むことができるとされています。

だからパートをしている主婦や満20歳以上のアルバイト学生でも借りることができるのです。

消費者金融で申し込む場合にはアルバイトの年収の3分の1までの額なら可能なのです。

学生専用の別枠を作っているところもあるので、そのような専用のところを選ぶとよいでしょう。

ただまだ若いアルバイト学生がキャッシングを頼りにするときは、授業料や学校の費用など余程切羽詰まっていてアルバイトではどうしても足りない時や、思い出作りの旅行などでどうしても足りないが、次のアルバイトの給料が出たら返済ができると確信しているときなどにしましょう。

一度借りた経験があって返済も滞りなくできたからといって、少しのことで借りる癖がつかないようにすることが今後の人生に於いても必要になってきます。

もしそのような癖がついてしまい、複数の金融会社からキャッシングをして一社でも返済ができなくなった場合はブラックリストに載ってしまうことになります。

ブラックリストに載れば一定の期間はどこからもキャッシングをすることができなくなり、クレジットカードも作ることができなくなるのです。

金融会社の情報は消費者金融や銀行、信販会社などすべての金融会社で共有することができるので審査の際にすぐに知られてしまうのです。

そのようなことになれば本当に生活が苦しくなったり急な病気やけがで入院、手術などをして治療費を支払う必要が出てきたときにもお金を借りることができなくなります。

だから学生のうちは特にキャッシングの利用は最小限にとどめ、頑張ってもっとアルバイトをしたり親に相談をするなどの工夫が必要です。

またキャッシングはインターネットから24時間いつでもどこからでも申し込身ができるというところが多いです。

そのため自宅にいながら深夜でも申し込むことはできるのです。そして初めての場合は年齢や住所、連絡先などのほかに勤務先や年収、他社での借り入れなども申告する必要があります。

そしてその申告内容が条件に合っていれば仮審査に通過する確率は高いのですが、仮審査に通過すると本審査に入り、本審査では仮審査での申告に虚偽がないか、きちんと返済をしてもらえる人であるのかどうかを確認するのですが、学生だということを偽ったり、年収を多めに申告したりすると本審査ではすぐに本当のことが知られてしまい、「虚偽の申告をした」ということで本審査に落ちることとなリます。そしてそれだけではなくそれもまたブラックリストに載ることになるのです。

だからキャッシングを申し込む際には本審査に通るように虚偽の申告をしてはいけないのです。真実を申告したうえで審査結果を待つことが大切です。

さらにアルバイトでは審査に通りにくい立場だと思って、同時に複数社にキャッシングを申し込んだとすると、それも審査に落ちる要因となってしまうのです。

金融会社同士で申し込み状況などの情報も共有しているのでお互いの会社がそれを知り、「よほどお金に困っているなら返済にも困るだろう」とみなされてしまうからです。

このようなことから審査に通ってお金を貸してもらいたいと思えば、真実の自己申告をし一社に決めて申し込むことです。

数ある中でどの金融会社でキャッシングをしたらよいかを迷う時には、事前にインターネットのホームページで各金融会社の借入条件や審査内容、特典などを調べて自分に見合い自分でも審査に通りそうな金融会社を選んでおくとよいでしょう。

急にお金が欲しいからと身近にあるATMに飛び込んだり、聞きなれた大手の銀行や消費者金融に申し込んでも自分の条件に合ったところでなければ審査に通りにくくなってしまいます。

たとえ審査に通ってキャッシングができても「他社よりも利息が高かった」ということもあります。

そこで申込んでから後悔することがないように日ごろからいろいろな金融会社の特徴を調べて「借りるならここ」と決めておくことも大切です。

ホームページには借り入れが可能かの診断や返済のシュミレーションができるところもあるので、そのようなものを活用して自分の条件に合っていて審査に通りそうなところを選んでおき、借りることができるようになれば返済に無理のないような額を申込むようにしましょう。

そしてまた、キャッシングを利用して借りたお金の返済のためにアルバイトを増やすことはよいとしても、学業を休んでまでアルバイトをするということは本末転倒です。

あくまでも学業が優先であることを見失わないようにすることも大切です。

▲ トップへ戻る
Copyright (C) 2020 《借入》今からでも間に合う!絶対安心のキャッシング選び! All Rights Reserved.