いろんな借入を一本化することのメリットは何があるか

最近良く聞く借入の一本化という言葉ですが、この借入の一本化というのは一体どういう利点があるのでしょうか。

そもそもいくつも借入をしているわけではないので、私は借金を一本化しなくてもいいんですが、たくさん借りる人はそれなりにメリットがあるから借入をしていたんだと思います。

じゃあそれをあえて捨てて借入を一本化すると決めたというのは何が原因なのでしょうか。

メリットがそれだけ大きいということでしょうがいったいどういうメリットがあるのでしょうか?

一本化のきっかけは支払い回数が多いことがほとんど

今までは複数の消費者金融や銀行系カードローンから借りていたのに、一本化をすることになるというのはちゃんとそれなりに理由があるのです。

最初にたくさんの借入をしていたのはそのほうが借金がたくさんできるからです。

増額がなかなか難しいと言われている中、申込みで新規の借り入れだとすぐに湧くを貰えるところが多いのです。だから複数借入をする人が多いというわけです。

そこから複数借入をしていたのに一本化をしたくなるというのは、たいていの理由が支払いがきつくなるということが多いですね。

支払いを何度も繰り返さないといけないのが厳しくなるのです。例えば最低支払が1万円とすると、その1万円を複数社分毎月支払わないといけません。3社なら3回、4社なら4回分というような感じです。

だからこれを一本化することによって支払い回数を一回だけにするということができるということです。

一回だけにする事ができると、支払い回数を減らすこともできるし支払金額そのものも減らすこともできるのです。

かつ金利なども下げることができるということで、一本化をしようと考えている人が多いというわけです。

一本化をしようとしている人は消費者金融の総量規制もありますから、借入をしすぎていると消費者金融系の業者が使えなくなるという点は注意しないといけません。

総量規制を超えて一本化をすることができませんので、銀行系カードローンなどがひとつ混じっていると、総額を超えてしまう可能性がありますので注意してください。

やはり一本化もいろいろな業者がやってはいるんですけれども、消費者金融系もあって、消費者金融系のほうが借入をしやすいというのも一般的な借入と同じようなものです。

借入を一本化するときには審査もありますから、審査に通るのが苦手だとか信用が低いというのであれば、消費者金融系に通るように、総量規制以下の借入にしておくことをおすすめします。

【参考ページはこちら】
複数借入の一本化は具体的にどうすればいい?

借入を一本化することで多重債務を防げます

金融業者から借入を行っていると、人によってはついつい借入額が増えてくる人もいます。

月々の返済が滞りなく行われているのならば、申し込んだ際に設定された限度額の範囲内ならいくらでも借入は可能です。

しかし最近では消費者金融で借入を行う際には、賃金業法の法律に沿って総量規制が施行され、年収の3分の1までを限度額として利用出来るという制限がされています。

このように限度額の設定に制限があるのなら、借入額がついつい大きく膨れ上がることは起こりません。

金融業者側も利用者が大きな借金を抱えることのないように、借入可能な額をあるていどの金額に設定することで、利用者の返済の延滞なども防ぐ目的を持っています。

しかし銀行が提供する融資に関しては総量規制の対象にはならず、限度額を年収の3分の1以上に設定することも出来ます。

銀行に関しては賃金業法における賃金業者とはみなされないので、総量規制に関しては対象外となります。お金が必要である人の中には複数の金融業者から借入をしている人もいます。(こちらもご参考に→借入先を複数に分けるメリットはある?

複数の金融業者に借金があると言うことは多重債務となり、この状態は金融業者への借入れと返済を繰り返して自転車操業に陥りやすいリスクを持っています。

たとえが金融会社Aから借りたお金の返済を、あらたに別の金融会社Bから借りて返済するという風に、今度は金融会社Bへの返済は別の金融会社Cから借りるといった形で借入と返済が複数の金融業者にまたがる現象が起こります。

このような状態は多重債務化となり、いずれは破たんにもつながります。そこで借入を一本化することで借金の返済をスムーズにする方法があります。

借入の一本化というのは複数の金融業者から借金をまとめて一つの業者への債務にして返済を円滑にさせる方法です。

この方法によって月々の返済額は圧縮出来るので、支払いの負担は軽減されます。

また複数の業者から借入を行っていれば、借入先によって金利の額も違ってきます。元金にかかる金利は法定金利の範囲内で設定されても業者によって違うものです。

金利の額が違うのでしたら当然一番金利の低いところで借入を一本化することが一番効率が良いと言えます。

この方法を使うことでブラックリストに載ることも防げます。

借金の返済が難しくなり債務整理を行ったらブラックリストに記名され、その後の借入れの申し込みや利用が出来なくなるといった話はよくありますが、借入を一本化する時に選んだひとつの業者で借りたお金で、他の業者への全額返済を行うこととなり、他の金融業者にとっては債務放棄が行われずに済む形となります。

では借入を一本化はどのようにして行うのかというと、弁護士や行政書士に依頼をして債務をとりまとめてもらう方法や、おまとめローンと呼ばれる返済プランに変更するという方法があります。

弁護士や行政書士に債務整理の一環として一本化を行う方法の場合は茶祝金と債務の残高に応じて成果報酬を支払う必要がありますが、この方法では支払った報酬に見合った債務整理が実現出来ます。

おまとめローンの場合は銀行や消費者金融が取り扱っているローンのサービスのひとつで、融資限度額までの多重債務を一本化出来ます。

融資限度額やこの場合の金利についてはサービスを取り扱う金融業者によって違いますが、自分が抱えている債務の額に応じて融資を受けている業者の中からこのサービスを取り扱っているところを探すことになります。

この方法に変更するにしても審査は必要となり、条件によっては必ずサービスを受けられるとも限らない場合があります。

一本化のデメリットとして挙げられることは、借入れが限度額を超えてしまっていたら完全な一本化は難しいと言ったところで、消費者金融などでは総量規制によって年収の3分の1までが借入れ限度額として設定されていますが、複数の業者から借金をしていると借入総額は制限枠を飛び越えてしまっていることはあります。

このような多重債務状態で借金の一本化を行うと、すべての借金が一本化されずに制限枠を超えた分の借金は複数の借入れ残高として残ってしまい返済がスムーズに行えないこともあります。

さらに一本化することで返済期間はより長くなってしまうことになります。

たとえば毎月5つの金融業者に1万円ずつ返済していくのと、毎月1つの金融業者に1万円ずつ返済していくのでは、借入総額からすると完済が早いのは前者となります。しかし毎月の支払額はその分減ることになるので負担は軽くなります。

そうなると一本化した時に、自分が支払い可能な範囲で月々いくらずつ返済を行っていくかの計画を立てる必要があります。

支払額を少なくすれば、支払回数は増えてその分毎回加わる利息の支払いも増えてきます。

そうなると支払額は無理のない程度で返済の回数が出来る限り少なくなる用に設定することが重要です。

借入を一本化することの最大のメリットとしては、金利を低く抑えることが出来るというところで返済の総額としても抑えることが出来ます。

おまとめローンの場合でしたら金利は一般的な借り入れよりも低いか、現在借入れを行っている複数の業者の中で一番低いものと同じ金利で一本化できます。

おまとめローンのサービスの手続きに関しても審査が行われますが、状況によっては審査に通ることが出来ないこともあります。複数のローンをまとめることで審査も厳しくなってきます。

一本化の金利は一般の借入れよりは低めに設定されていることから、低い金利でローンを組むと言うことは審査も厳しくなってくるのです。

しかしこの審査にはポイントがあり、融資の申し込みをする際の手続きと同じく利用者の仕事や収入についても十分に見られますが、ここでさらに見られるのは現在の借入件数と直近の返済状況があります。この現在の借入件数は多ければ多いほど審査に通ることは難しくなります。

一般的な目安としては借入件数については5件以上が審査に通りにくくなると言われています。

もし現在の時点で借入件数が5件を超える債務状況であれば、一本化する先は金利が低くないところを選ぶことで、審査に通り返済が一カ所でまとめられることが出来るかも知れません。

審査で見られる直近の返済状況については、返済が滞っている、つまりどこかの金融業者への返済が遅れていたとすれば、一本化する先の業者も貸付を行いたいとは判断しません。

多重債務となっていても返済には滞りがない状況が無難であると言えるでしょう。

現在の状況は自分で把握しきれていないにしても金融機関においては審査を行う際に、金融機関同士で情報交換が出来ますので現在の支払状況を調べることが出来ます。

審査の厳しいところでしたら、金融業者から利用している借入れの支払返済の状況だけでなく、毎月の携帯電話の利用料金の支払い状況についても調べるところがあります。

このことから毎月支払いを行っているものに関しては毎月滞りなく返済を行い、金融機関からの信用を得るしかありません。

直近の支払状況の確認は審査を行う金融機関によって異なりますが、大体6ヶ月前後の情報を調べています。

借入を一本化することを検討するのでしたら、一本化を決める半年以上前の段階から返済はしっかり行っておきましょう。

おまとめローンでは一般の借入れよりも金利が低くなりますが、どこの金融会社も初めて利用するお客様に対しては最低の金利で融資を行うことはありません。

低い金利で融資を提供できる人とは借入の実績を作り、金融機関から借りたお金をしっかり返済してくれる人であるという信頼を得ることで、より低い金利で沢山お金を借りてもらうためのサービスを提供してきます。

おまとめローンの借入先を探す場合、自分が思っている金利で借入を受けられそうなところが見つからない場合、現在利用している金融会社の中で一番利用期間の長い所で借入を一本化を検討し相談をしてみるという方法が有力です。

▲ トップへ戻る
Copyright (C) 2020 《借入》今からでも間に合う!絶対安心のキャッシング選び! All Rights Reserved.