消費者金融では他人名義のカードを使うことってできるの?

消費者金融のカードローンを使っていますが、このカードを他人が使うことって、大丈夫なのでしょうか?悪用された場合など、保証してもらえるのかなど、心配です。

他人名義のカードを利用することは可能です

カードを利用することは、可能です。もちろん、他人名義のカードを不正利用することは犯罪ですので、倫理的には不可能といえます。しかし、カードを他人に不正利用されてしまった場合、金額が保証されないケースがたくさんあります。不正利用には様々なケースがありますが、場合によっては全く保証されることはなく、泣き寝入りを余儀なくされることもありますので、十分な注意が必要となります。

まず、トラブルとして多いパターンが、カードを落としたり、盗まれたりしてしまった場合です。この場合、カードを紛失したと気が付いた時点で、ただちにカード停止の申請をしましょう。カード情報を抜き取られて利用されてしまう場合や、カード会社を装い、暗証番号を聞き出そうとするなどといった手口があり、放置しておくのは危険です。また、カードにはきちんと署名をしておくことも重要です。

その他に多く見られるパターンに、家族や恋人といった身内から不正利用されてしまうというものもあります。消費者金融での申込みには様々な方法がありますが、申し込みの際の本人確認項目をクリアーできれば、契約することができてしまう可能性があります。免許証、パスポートなどの身分証明証、電話番号や住所といった連絡先などを本人の意思と関係なく利用されてしまう場合です。

こういったケースの場合、本人が契約していないことを立証しなければならないことや、身内との問題なので、保証の対象にならない可能性も非常に高くなってしまいます。また、身内だからといって、安易にカードを貸したり、暗証番号を教えたりは絶対に避けましょう。このような場合は、ほぼ確実に保証の対象外となってしまいます。

キャッシングに関しては、暗証番号の入力が必要となります。つまり、本人以外には知りえない情報という認識になります。なんらかの方法で暗証番号が他人に知られてしまい、不正にキャッシングを利用されてしまった場合は、保証されない、と判断されてしまうようです。

他人には、カードは貸さない、盗まれないように放置しない、暗証番号は教えない、紛失した場合は即停止の申し込みをするなど、トラブルが起きる前、後に関わらず、できうる対策はきちんととることが大切です。

消費者金融業者で他人名義のカードローンを作った時のデメリット

カードローンのカードを利用した場合の請求先
消費者金融などで作ったカードローンのカードを他人に使わせることは、例え相手が信用できる相手であっても、どれだけ困っていたとしてもやるべきではありません。いくら他人の使ったお金でも、その借金は自分の借金になるからです。カードローンの提供元はカードローンの名義人にお金を貸しているというのは紛れもない事実だからです。

カードローンを貸した場合ではなく借りた場合には?
では逆の立場で考えてみたときに、他人名義のカードローンを持つことでは何のデメリットがあるのでしょう?自分名義のカードを他人に使わせればそこには自分にとってのデメリットしかありません。しかし、逆に他人名義のカードローンを自分が使うとなると、実はそこにはメリットしかないのではないかと思ってしまいます。

盗難は問題外
ここでポイントとなるのは、そのカードが他人から盗んだり、拾ったりしたものではないということです。盗んだカードローンのカードを利用しても、拾ったカードでお金を借りても、それは利用者が犯罪に手を染めているということになります。この場合は紛れもなく自分が犯罪者にされ、メリットどころかデメリットしかありません。

お願いして作ってもらった場合には?
しかし、友人や知人に頼みこんで、その友人や知人名義のカードローンを作ってもらった場合にはどうでしょう?実はこの場合になると少し話が変わってきます。他人名義のカードローンを利用することで考えられるデメリットは、その友人や知人の信用を失うと言うだけでそれほど大きなデメリットはなくなるのです。

支払いを継続していれば何の問題も発生しない
他人名義のカードローンでお金を借りて、支払いを問題なく継続していれば何のデメリットもないでしょう。もし自分がお金を借りることができないブラックだったとしても、お金を借りることができる。しかも返済をしっかりと行っていれば信用を失うこともありません。友人や知人にとっても支払いがしっかりと行えているこの段階ではデメリットもありません。

支払いが遅れれば、当然どこかで問題が発生する
問題が発生するのは支払いが遅れたり、支払が困難になった場合です。確かにこの場合には友人や知人に連絡が行くことになり、相手に迷惑はかけるだけでなく自分の信用もなくなってしまうでしょう。しかし、相手の信用が無くなるということを最初から想定してさえいれば、このほかには実は大きなデメリットはないのです。

実は他人名義のカードローンを利用すると…
仮に支払いを行わなかったとしても、請求は自分に来るのではなくそのカードローンの名義人です。名義人が「他人に貸していた」といくら訴えても、それが盗難などでない限り支払は行う必要があるのです。つまり、絶対に自分名義のカードローンを他人に貸してはいけませんが、他人名義のカードローンを利用する場合にはメリットしかないのです。

それでも注意しなければいけないポイント
ただ、注意しなければいけないのは何らかの形式で書面を作成していた場合です。カードローンを貸すけれども、支払いは借りた本人が行うことを明記した書類を交わしていれば、確かにカードローンの借入先からの請求が自分に来ることはありませんが、カードローンの名義人から別途請求される可能性はあります。

▲ トップへ戻る
Copyright (C) 2022 《借入》今からでも間に合う!絶対安心のキャッシング選び! All Rights Reserved.