今月金欠なんだけど、車のローンちょっと待ってもらえないかな?

自動車ローンを組んでいます。しかし、いろんな事情がかさなってしまい、今月は金欠で支払いができそうにないんです。ちょっと待ってもらえないかな?ほうっておいても大丈夫?

支払いが遅れそうな時は、遅延の連絡を必ずしましょう

自動車ローンを利用している際でも、返済の遅れが出そうな場合は、必ずローン会社に連絡をするようにしましょう。相手は会社といっても、お金の貸し借りである以上、人間対人間の、信用で成り立っているものです。遅れそうな場合は、「遅れます」との事情を説明する必要があります。そうしないと、相手は「返済してくれないのではないか」と不安になり、「延滞」の情報を信用情報機関に登録することになります。

自動車ローンの滞納を続け、放置していた場合、一括返済をしなければならない状態になることがあります。滞納した場合、ローン会社からの連絡がきます。電話、そして通知と払込書が郵送で届きます。それでも無視を続けた場合、裁判所からの訴訟状が届きます。

訴訟の内容は、近くの簡易裁判所に○○の日に出廷してくださいとの通知です。その指定された日に裁判所に行かなかった場合、ローン会社側が申し出る言い分が全て通ることになります。そうなると、いつ、どんな差し押さえをされても文句の言えない状態に陥ります。

そんな最悪の状態にはならないにしろ、返済が遅れてしまうようであれば、連絡はしておいたほうが良いでしょう。残念ながら連絡をすれば大丈夫かというとそういうわけではなく、同じことを繰り返していると、「延滞」の烙印は押されてしまい、ブラックリストには登録されてしまうので、きちんと返済することは基本です。

ブラックリストに入ってしまうと、クレジットは利用できなくなるし、キャッシングの枠はなくなるし、上記のようにローンの一括返済を求められることだってありますので、注意しましょう。

金欠でも車を維持したままお金を借りることができる方法とは?

車を売れば資金は調達できるが…
金欠になったとしても車を持っていればそれだけでお金を調達する方法はあります。当然、車を売ってしまうというのも方法のひとつかもしれませんが、車を売ってしまえばある程度のまとまったお金は手にできるものの、車はなくなってしまいます。特に公共の交通機関が発達していない環境で生活をしている場合には、車が無くなるのは非常に困るということになるでしょう。

車に乗ったまま資金を調達する
しかしそんな状況でも心配する必要はありません。車に乗ったままお金を調達する方法があります。支払えなくなった時には車を取られることになりますが、支払いさえ問題なく行えていれば、そのように車を取られてしまうようなこともありません。お金がすぐに必要で車が手元にあるのであれば、何よりも効率の良い方法と言えるのです。

車を担保にしてお金を借りるための方法
車に乗ったままお金を調達する方法には様々なものがありますが、一般的には車を担保にお金を借りるという方法があります。この場合には金利などは法定利息の中で加算されるので、金利が低いということが特徴であり、メリットです。しかし、審査も厳しいことが多く、手続きなども面倒なことが少なくありません。

形式上一旦車を売却するという方法も
また、このような形式だけでなく、一旦車を売却した上でその資金を受け取り、その車を買い戻す資金を支払う形式で資金を調達する方法もあります。先ほどの車を担保にしてお金を借りる方法では支払いをしっかりと行っている限り車の名義は自分のものになりますが、形式上とは言え売却する形式をとるこの方法では、車の名義は一旦買い取った側の名義に書き換えられることになります。

どちらも車に乗ったままお金を借りれるが…
一見するとこの二つの方法はどちらもあまり変わりがないように思えますが、前者が金融業者しか取り扱えないのに対し、後者は車の買い取りが可能であれば金融業者でなくても取り扱うことが可能です。また、売却と言う形式を取ることもあり、事実上、法律の範囲を超える金利を取ることが可能なのも後者です。

借りるお金の金額によって利用する方法を変える
実際に資金を調達したいと思うのであれば、どちらの方法を使っても資金を調達することは可能です。しかし、自分の借り入れたい金額を借りることができるのであれば、やはり金融業者からお金を借りるほうが良いでしょう。車に乗ったままお金を借りたいと思うのであれば、それぞれにどのくらい借りることができるのかを問い合わせ、その価格を見て決めることが重要でしょう。

必ず車金融でお金を借りる必要があるのか考える
信用状態が悪化しているのでなければ、銀行やカードローンなどで資金を調達する方法も有効です。お金が必要になった時に重要なのは、できるだけ多くの方法の中から今の自分の状況にできるだけ合った方法を探すことが重要でしょう。信用情報からは調達することができないような大きな金額が必要になった時に初めて検討するのが車を担保にした借り入れです。

▲ トップへ戻る
Copyright (C) 2022 《借入》今からでも間に合う!絶対安心のキャッシング選び! All Rights Reserved.