ブレット方式で借入を返済できるところはアリますか?

ブレット方式っていうのを聞きました。借入の返済方式だっていうのを聞いたんですが、このブレット方式での返済ができるような消費者金融というのはどこかにあるのでしょうか。

そもそも今の借入返済の方式とはどういうところが違うのでしょうか?

知人になんとなく聞いただけなので、正直どういうものかという事自体がよくわかっていません。

ブレット方式による借入の返済方法というのは一体どういうものかから説明してもらえると助かります。

ブレット方式の借入返済は消費者金融ではまずできない

ブレット方式、こういう返済方法について知っている人のほうが多分少ないと思います。

そもそもあまり使われるような方法ではありませんし、借入側にしても貸し手側にしても負担の大きい物なので、基本的に選ばれるようなものではないのです。

ではまずブレット方式とはどういう返済方法か?ですが、これは返済方法都市はかなり特殊で、最終的に一括返済をするということです。

例えば最初は返済をしませんが、最後に一度だけ返済日が設けられていて、その日に全額金利を合わせて返済をするということです。

ブレット方式での返済方法というのは事業向けに使われたりすることもある、と言われていますがほとんどこういう方法は使われていません。

なぜならこの方法は借入をする側も貸し手側もかなりリスキーだからです。

例えば100万円の借り入れをしていたとして、その100万円を一気に返済することになるわけですが、その時までに金利と一緒にお金を用意しないといけないわけです。

そんなことは借入をした人からすればかなり大変なことでしょう。

また貸し手側も一切お金が返ってこない日々を過ごさないといけないわけで、最後に一括返済が出来ないのであれば全く得をしないし、一気に損をしてしまいかねないのです。

だから消費者金融や銀行系カードローンなどの借入ではまず使われていないものです。

ですのでブレット方式と言うのは使われていないので覚えなくてもいいでしょう。

今は一般的には一ヶ月に一度、必ず返済をするというところが主流ですが、こちらのほうが借入をしている側としても返済をしやすいでしょう。

分割支払いですから。貸し手側も毎月の返済がある方が安心できます。

というように今ではこの方法を使っているところはほとんどありません。

消費者金融によってはもしかすると、交渉をしたらこういった返済方法を認めてくれるところもあるかもしれませんが、あまり期待しないほうがいいでしょう。

基本的には無理でしょうから。

ブレット方式以外にもいろいろな返済方法はありますが、今のところ消費者金融や銀行系カードローンで取り上げられている方法が最も効率的ではないかと思います。

借入も自由にできるし、自由度が高いので個人の借り入れにはぴったりだと思いますよ。

【参考ページはこちら】
その他会社で借入したい方におすすめ記事

借入の返済方法の1つ、ブレットを理解する4つの要点

借入には様々な返済方法があります。返済と言えば、一般的に毎月一定の額を返済し続ける方法をイメージしがちですが、その方法は数ある返済方法の1つに過ぎません。

融資サービスは様々な借り手の利便性を考慮して開発されていて、一般的な返済のイメージとは少し違った返済方法もあります。

実際に利用されている中でもユニークな返済方法の1つがブレットです。日本語で元本一括返済等と言われています。

住宅ローンや自動車ローン等の一般的なローンを利用している方には馴染みが薄いものですが、企業向けのコーポレートローンとしては、よく利用されている返済方法です。

横文字でも日本語でも想像しにくいので、とっつきにくい感じはあります。

しかし、一般的なローンの仕組みに近い物なので、金融関係の知識が少ない方にもわかりやすい返済方法です。

両者の特徴を比較しながら理解すれば、金融知識を深める足掛かりの1つとする事もできるでしょう。理解しやすくする要点には、概ね4つがあります。

1つ目は、一般的なローンから想像しやすい仕組みです。住宅ローンや自動車ローンは、借入金を分割して数年間に分け、毎月利息を付けて返済をします。

この為、毎月の返済は利息と元本とを合わせた金額を返済します。ブレットの場合も毎月返済をするのは同じです。

ただし、毎月返済をするのは利息のみとなっています。元本は期限日に一括して返済する方法となっています。

平たく言えば、前者は「借りたお金と利息とを、毎月きっちり返済する方法」であり、後者は「とりあえず利息だけ毎月返済して、元本は最後に一括して返済する方法」になります。

前者は最初から最後まで同じ金額を支払い続けるので、毎月の負担が大きいと言えます。

これに対し、後者は返済期日まで少額の返済をして残りは期日に一気に返済しますから、返済期日までは負担が少ないと言えます。

2つ目は、利息と元本とを分けて返済するという事です。一般的なローンは借入金を分割して、利息をつけて毎月返済をします。

しかし、利息と元本とを分けて返済する事にすれば、どちらか一方を先に返済する方法も取れますから、企業にとっては資金繰りで役立つと言えます。

企業にとって、融資を毎月返済をしなければいけない事はコストが上がるのと同じです。「まとまったお金を得る代わりにコストが増大した」のであれば、逆に生産活動が停滞しかねません。これでは融資を受けるデメリットの方が目立ちます。

ここで、毎月返済するのをせめて利息か元本かのどちらかにできれば、「まとまったお金を得つつコストの上昇を抑えた」と言えます。

毎月の返済金額が少なく抑えられますので、それだけ会社の資金を利用しやすくなると言えるでしょう。

期日までに全額を返済しなければいけないのは一般的なローンと同じです。

しかし、期日が来るまでは毎月のコストもこれまでと大差ありませんので、お金を使いやすい環境が得られます。

返済するお金を分けて考えて、それぞれを返済するタイミングをずらす事で、企業にとって使いやすい融資サービスとする事ができるのです。

3つ目は、利息を先に返済する事です。ブレットは利息と元本とを分けて考えて、それぞれを返済するタイミングをずらす返済方法ですが、どちらを先に返済するシステムにするかで企業にとっての使い勝手は異なります。

もし、元本を先に返済させて利息を期日に一括で返済するシステムであれば、企業が毎月返済する金額は大きなものになります。

これでは、一般的なローンとほとんど同じようなものですから、メリットは少ないと言えます。

一方、利息を先に返済して元本を期日に一括で支払うシステムにすれば、企業が毎月返済する金額は比較的少額で済みます。

これならば、企業がよりお金を使いやすくなり、企業にとって融資を受けるメリットが大きいと言えるでしょう。

企業がお金を使いやすくなれば、それだけ生産活動も活発になります。

仮に、利子も返済期限も同じであれば、企業がお金を使いやすいシステムの方が良い融資サービスと言えるでしょう。

この為、ブレットは利息を先に返済してもらい、期日に元本を一括で返済してもらう事になっています。

4つ目は、貸し手にとっても借り手にとっても利益が大きいと言える事です。

銀行等の貸し手にとっては、より多くの優良な利用者が利用してくれる方が、多くの収益を得られる事になります。

企業等の借り手にとっては、できるだけ負担の少ない融資を受けた方がお金を使いやすいと言えます。

多くのお金を融資した上で返済金額を少なくするというような、魔法の様なシステムは作りようがありません。

しかし、融資の負担を軽減したり、返済をしやすくしたりという「使いやすさ」であれば、工夫次第で十分可能であると言えるでしょう。

そこで、工夫できるポイントが返済スケジュールになります。

比較的、返済金額が少ない利息を先に、毎月返済してもらう。そして、返済の負担が大きな元本は期日を決めて一括で返済してもらう。

こうすれば企業にとって使いやすい融資となりますので、企業はお金を借りやすくなり、銀行は優良な借り手を増やしやすくなるのです。

企業がより有効にお金を活用できれば、それだけ収益も大きくなります。

これも企業にとって良いだけでなく、銀行にとっては企業が返済を滞り無く行ってくれる信用性が高まります。

また、次に融資を受けてくれる優良な貸し手が存続する事にもなるでしょう。

企業にとっては頼りになる貸し手から使いやすい融資を受けられて、銀行にとっては優良な借り手が増えて将来的にも顧客として維持できる事にもなります。

金融活動が企業活動を活発化させて両者が発展していくという、1つの理想的な関係を築きやすいと言えるでしょう。

4つの要点を把握すれば、その特徴を概ね掴んだ物と言えるでしょう。ただし、万能な融資サービスという訳ではない事に注意が必要です。

飽くまで、企業という活動形態にあった特徴を持つ融資サービスであるだけであり、問題も存在します。

その代表的なものが、返済金を一度に沢山返済しなければいけない事です。

毎月返済するのは僅かな利息だけですが、返済日が来れば借入した元本を一気に返済しなければいけません。

この為、返済日までにお金を用立てできなければ大変な事になってしまいます。

お金が無い場合、例えば他の銀行等から融資を受けて返済をする、つなぎ融資という事をしなければいけません。

企業活動の結果が思わしくない中で更に融資を受けたのであれば、企業活動の危機をより大きくなる形で先延ばしする事になりかねません。

つなぎ融資は比較的金利が高く設定される事もあり、融資を受ける方法としては必ずしも良い方法とは言えないものです。

元々、返済をしやすく資金の利用もしやすい形で借りていたお金が、会社を追い詰める金利の高い借入となってしまうからです。

もし、お金が用立てできなければ、それは企業の倒産もありえる状況です。こうした事が起きないように、銀行は定期的に融資先の企業の状況をチェックして、焦げ付きが生じないようにする取り組みを実施しています。

ブレットは、借り手である企業と貸し手である銀行との両方にメリットの大きな返済方法です。

しかし、その運用次第では優れたシステムを上手く活かす事ができず、ただ企業に大きな負担をかけるだけで、銀行にも焦げ付きの危険性が増すリスクもあります。

この形で融資を受ける事を検討している場合は、相当な計画性が必要になります。

返済の実感と実際の返済状況が一致しにくい為、まだ返済日まで数年あると呑気に構えている内に企業を持ち直せない状況へ持ち込んでしまう恐れがあるからです。

一般的なローンは返済していくに従って返済総額がどんどん減少していきます。この為、返済をしているという実感と実際の返済額が釣り合っていると言えます。

しかし、利息だけを毎月返済して返済期日に多額の返済金を一括で返済するのであれば、返済の実感は有っても実際の返済総額はほとんど変わっていない状況が続く事になります。

借りたからといって全てが好転する訳ではなく、計画的な利用によって始めて有効活用できる返済方法です。

企業が利用する場合は、企業活動のスケジュールと返済のスケジュールとの2つが上手くかみ合うかどうかを十分に判断しなければいけないものと言えます。

▲ トップへ戻る
Copyright (C) 2020 《借入》今からでも間に合う!絶対安心のキャッシング選び! All Rights Reserved.