審査の緩いカードローンなら、ブラック入りしてても使えますか?

キャッシングなど、カードローンを使いたいと思っています。でも、以前使っていたキャッシング会社のローンでブラックリストに入れられてしまいました。そんな私でも、審査の緩いカードローンなら、使えますかね?どこか、おすすめはありませんか?

ブラックリスト入りしてしまうと、数年間は利用することはできません

まず、ブラックリストの仕組みについて簡単にご説明いたしましょう。金融機関は、それぞれ「信用情報機関」というものに加盟しています。これは、利用者の信用情報を共有するもので、起こりうる事故を未然に防ぐために組織された機関です。

この信用情報機関に個人名義を登録されてしまうことを、「ブラックリストに入る」と言います。つまり、この情報を共有することができるため、ある会社でブラックリスト入りしてしまった利用者は、他の会社での審査には通らないということになってしまうのです。たとえば、滞納期間が発生したという情報の保存期間は約5年間で、自己破産したという情報については約7年~10年と言われています。

それでも、まだ可能性はあります。信用情報機関は、銀行系・消費者金融系・信販会社系との三つに大きく分類されているため、あなたがもし銀行系のカードローンでブラックリストに入ってしまっていた場合だと、消費者金融系のカードローンでは、審査に通過できる可能性があるということになります。諦めずにチャレンジするとしたら、それらの属性が違う金融機関に申し入れをしてみましょう。

自身に滞納や破産などの事故の過去がある場合、自分の自己履歴を確認することもできます。その旨を申し込みの際に尋ねてみるのも良いかもしれません。

ブラックでも借りれる審査の緩いカードローンを探す方法とは?

審査の緩いカードローンのイメージ
ブラックでも借りることのできる審査の緩いカードローンと聞くと、多くの人は少しリスクの大きいカードローンと感じることでしょう。しかし、現実を見てみると、審査が緩いということが必ずしもリスクが大きいということに直結しているわけではありません。審査が緩かったとしても、リスクがそれほど大きくないカードローンは探してみると思った以上に多く見つかります。

審査が緩いということは悪徳金融?
審査が緩いと聞いてまず思い浮かべるのは、ヤミ金融業者などの法律に従っていない金融業者です。しかし、例え審査が緩かったとしてもそこがヤミ金融であると決まっているわけではありません。特に中小の貸金業者が大手に対抗して顧客を集めようとした場合、その方法としては金利を下げるか、リスクの大きい顧客に貸し付けるか、どちらかしか選択肢はないでしょう。

中小の消費者金融業者が顧客を集めるには
金利を下げると言っても大手より数%金利を下げた程度ではたいして目立たないのが現実です。大手のカードローンが20%程度の金利を設定しているとして、それを19%にしても借り手はそれほど魅力を感じることはないでしょう。目立つほどの低金利にするのであれば、15%、10%と大幅に金利を下げる必要があります。

より確実に顧客を増やし、利益を確保するには
しかしこのように大幅に金利を下げてしまっても利益が小さくなるだけです。少ない顧客である程度の利益を確保することを考えるのであれば、金利を下げて顧客を集めるよりも審査の基準を緩めるほうが会社は大きな利益を確保することができるのです。つまり大手の消費者金融などでカードローンを申し込むよりは、中小の消費者金融で申し込みを行ったほうが審査が緩い可能性は高くなるのです。

審査は緩いが取り立ては厳しい
ところが、審査の緩いカードローンを探すときには注意しなければいけないこともあります。ヤミ金融を含めて、これら中小の消費者金融業者は支払いの遅れにとても厳しい可能性も高いということです。審査が緩いということは企業側からしてみると、リスクの高い人にお金を貸しているということになります。そのため、最初の段階から支払いが遅れるようなことがあれば、厳しい取り立てに繋がることになるのです。

リスクは支払いが遅れたとき
仮に相手が支払いに厳しい業者であったとしても、つまりは支払いが遅れていなければ全く問題ないと言うことになります。たとえ金利が高かったとしても、確実に支払いを行っていくということができるのであれば、審査の緩いカードローンを利用しても全く問題はないのです。

宣伝をしていない消費者金融は狙い目
このようなカードローン業者は大々的に宣伝を行っていることはありません。中には全く宣伝を行っていないところもあるでしょう。確かに聞いたこともないようなところでお金を借りるのは勇気もいるかもしれません。しかし、すでにブラックでお金を借りるのが難しいような状況であれば、お金を借りる先の選択肢として大手の企業を考えることはできません。

このような時には中小の消費者金融業者を検討する必要があるでしょう。そしてこれらの金融業者を回って根気よく借り入れをお願いしていれば、必ずお金を貸してくれるところはあります。ブラックでお金を借りたいのであれば、インターネットや新聞などで情報を収集するだけでなく、実際に店舗に足を運んでみるほうがより確実です。

▲ トップへ戻る
Copyright (C) 2022 《借入》今からでも間に合う!絶対安心のキャッシング選び! All Rights Reserved.