留学費用で借入るならどんな方法がありますか?

こんにちは!女子大に通う20歳です。女子大なので気軽に振る舞えるっていうメリットがあるのですが、やっぱり男性が居ないせいで彼氏が居ない人が多く、私もその一人です…

一応まだそんなに焦る年齢じゃないと思いますけど、ちょっとだけ将来が心配だったり(笑)。

私の選考は一応ファッション系なのですが、実は個人的に英語系の講義も受けています。英語が昔から好きで良く勉強していて、ファッションも好きだけどそっちがダメなら英語で進みたいなぁ…と考えていたくらいです。結局メインはファッションですけど。

英語が好きな私の夢は、海外旅行をする事です!

海外と言ってもどこに行きたいかを決めているわけじゃないのですけど、やっぱり英語が話せるから腕試し的な意味もあるし、海外ドラマとか好きなので、実際にどんなところか見てみたい…って気持ちが大きいんです。

そんな折、留学に関する資料を読んでいたら、旅行じゃなくて留学も良いかなぁ…って思ってきました。

留学すればもっと語学堪能になれるだろうし、そのまま気に入ったら海外に済む事を検討してもみたいし…。

だけど留学には色々とお金がかかっちゃいまして、お金を借りてでも用意しないと正直ちょっと厳しいかなぁ…って思います。

短期留学でも結構必要ですし。お金は借りた事ないから、皆さんに教えてもらいたい事があるんです。

留学費用でお金を借りるとしたら、どんな方法を使って借りれば良いですか?どんな方法があってどれがおすすめなのか、是非教えて下さい♪

留学なら教育ローンが無難におすすめできそうです

日本人には英語が苦手な方がとても多くて今少し問題にもなっていますが、質問者さんは英語が堪能との事で凄いですね!

私は一度海外旅行をした事がありますが、それこそガイドブック片手に話さないとどこも通じなくて…もうずっと日本で暮らします(笑)。

留学は確かに勉強としても有用性が高そうですが、問題はその費用ですよね。

で、学生向けの融資っていうのはいくつかありますし、普通のカードローンとかでも間に合わせる事はできないわけではありません。でも、留学に特におすすめとなると、限られてきます。

様々な融資を留学という一点にて考えた場合、一番良いのは教育ローン系がおすすめですね。

教育ローンというのは取り扱っている場所も様々ですが、通常の銀行から公庫までたくさんあります。中でも、公庫から借りる事ができると低金利且つマイペースに返せるので良いですね。

ただ、こちらを借りる場合はおそらく保護者の方との契約になりますから、きちんと相談してから決めないといけません。

留学する事、そして借入を使うという事の理解を得るように立ち回らないと、全てが無駄になるから気をつけて下さいね。

【参考ページはこちら】
女性が有利に借入できる方法はある?

留学費用借入を考える際に念頭に置いておくべきこと

留学費用は思った以上にかかります。そのため、留学を考える際には留学費用借入も視野に入れておかなければなりません。

一番いいのは借りないことですが、それでもあと少し足りない、とかというのであれば大いに活用をするべきものです。

これは、留学というものが人生において大きなターニングポイントとなる可能性があるからです。

留学を経験している人としていない人ではやはり大きな差があります。それくらい大きな経験になるので、留学をお金がないから諦める、ということはあってはいけません。

そういった費用の借入を行う際に注意が必要なのは多額の借入をしないことです。

消費者金融や銀行は利子をつけての返済を求めますので、放っておくとその利子が雪だるま式に増えていきます。

帰国する頃には自分一人では返済が難しくなる金額になっている可能性だって否めません。

すなわち多額を借入するのであれば留学が終了して帰国後にしっかりと返済できる収入源を確保できるかどうかが問題になります。

逆に言えば、そういった収入源を確保できないのであれば借入をするべきではないのです。

結局返済が滞ってしまうと、それだけでブラックリストに載ってしまい、以降の融資が受けられなくなる可能性だって生じてくるからです。

そのため、多額の借入は帰国後の収入源がきちんとあることが最も肝要です。

もちろん留学で身に着けた経験と知識を生かして就職活動にいそしみ、返済の目処が立つのであればそれに越したことはありません。

そうなると、留学をする前に借りるのではなく、留学後の生活を送るうえで借りることが望ましいように考えられます。

たとえ働くのが直後だったとしてもその給料が入るのは一か月後、と少し日を空けなければなりません。

そう考えると、もちろん実家暮らしであればそういった収入に関しては心配の必要がありませんが、当面の生活費を工面しなければならない状況が生じる可能性が高いので、借入はその時に行うのが最も適切だと考えられます。

それであれば、借入を行うのは当面の生活費だけですし、現在は少額でも借入が可能な消費者金融もあるので、そういったところから融資を受けることも可能になるのです。

また、自分が国内にいるということが大きなメリットです。

海外にいると、どうしても帰国後の返済の不安がよぎりますが、国内にいるのであれば、何かしら情報が手に入りますし、そして返済についても自分の足で赴くことが出来るので、そういった面に関しては安心感が違うでしょう。

もちろん、海外に行くわけですから日本での余分なことを考えなくて済むという点ではメリットともいえるでしょう。

つまり留学費用借入を考える際には帰国後の借入を考えた上で検討するのが、もっとも無難な方法ですし、それに返済の不安が海外ではなかなか見えづらい部分から忘れがちになってしまいかねません。

行く前にある借金を行った後に返済するとなると気持ちの面でも振れが生じてしまいます。

一方で、留学前に費用を借入するとなった場合の注意点としては基本的に必ず返せる額を借入するということです。

前述のとおり、すべてを借入金で行うとなると、最低でも100万ほどかかる見込みを立てなければなりません。

もしそれを全額借入をするとなると、帰国後の返済時に非常に苦労することになります。

飛行機代、語学学校費用、外国での滞在先、旅行費、雑費など挙げるときりがない位お金がかかります。

もっと少ない額で留学をすることも可能ですがかなり質素な生活を行わなければならなくなるので、100万ほどが概ね最低金額と見積もるべきです。

もし、その全額を借りるとなると、これは金利がついて回りますので、帰国した後に支払うとなった場合に利子で膨れ上がっている可能性があります。

そうなるとその利子の返済でいっぱいになってしまい、肝心な借入した金額を返すのにも時間がかかってしまいます。

つまり、借入を行う際には少額でかつ、留学前にすべて完済できるようにすべきなのです。

その返済プランを立てる上で重要なのは、少なくとも直前まで引っ張らないということです。

その理由は、留学には準備が必要であり、その準備に少なくとも一か月ほどはかかるからです。

返済と準備を同時にしてしまうとどちらも中途半端になりかねません。特に渡航直前はその準備に余念がなくなるため、返済のためにまで頭が回らなくなるのです。

従って、たとえどれだけ少額だとしても返済は直前まで伸ばすものではなく猶予をもって行うものでなければならないのです。そう考えると、事前の借入は早めに行うのが理想的ということになります。

またたとえ引っ張るにしても少額であるべきです。大きな額は間違いなく残ってしまいますし、そして精神的なストレスになる可能性があります。

万が一、どうしてもいけなくなってしまった場合には多額の場合は返済にも困ってしまいます。

現在では少額でも融資をしてくれる消費者金融があるので、そちらを使用して返済もすぐに行うべきなのです。

少額といっても返済が可能な額であればそれは問題ありません。むしろ、お金がなくて留学を諦める方が問題なのです。

留学はお金以上の価値がありますから、自分を高めるための自己投資として借入を行うことは決して悪いことではありません。

むしろ、お金でそれが解決するのであれば、何としてでも留学して自身の経験値を増やす方を選択するべきなのです。

万が一、それでも出発前に返済が間に合わない場合は家族等の協力を得ることが大切です。

これは、返済が滞るとそれだけでリストに載ってしまい、以降の借入が難しくなる可能性があるからです。

もちろん、親への借金なわけですからいずれは返さなければなりませんが、それでも消費者金融や銀行に借りるよりかは精神的なストレスが少なくなるので、代理で支払ってもらうことに関しては良いことだと考えられます。

留学費用は非常にかかります。だからと言って、それをすべて借入で済ませようとすると、後々に困難を生じることは疑う余地もありません。

ただ、わずかな融資でその夢がかなうのであれば、消費者金融や銀行を利用してでも留学を行うべきです。

一番審査をするうえで大事なのはやはり返済能力の有無なわけですから、例えば留学をしてからのプランなどがしっかりと立てられているのであれば、これは融資をせざるを得ません。

また、万が一それが出来なかったとしてもきちんと返す当てがあるのであれば、企業や銀行としては融資をせざるを得ないでしょう。

それくらい、留学をするということは人生の経験上大きなターニングポイントとして考えられるのです。

出来ることなら、出発前にすべて完済してから行くべきです。これは人間の心理とも大きく関わってきます。

折角楽しい、そしてエキサイティングな経験をしたにも関わらず、帰国後にやらなければならないことがあるとそれだけでストレスが倍増してしまうので、やはりそういったストレスは軽減に努めなければなりません。

一方で少額の借入で夢がかなう、もしくは海外での生活を経験出来るのであれば、これは間違いなく借入をしてでも行うべきです。

語学学校に支払うお金や飛行機のお金がわずかに足りないというのであれば是が非でも少額でも借入をして留学を決行すべきです。

一番いいのは借入を行わない事なのですが、現代の社会では借入に悪いイメージを持っている人が少なくなっていますし、以前に比べて借りやすくなっているのは事実です。

そして、それに伴って少額の借入を行う人が増えているのも事実です。きちんと返済のプランが立てられているのであれば、そういった借入を利用するべきですし、ましてや留学といった大事なイベントであればなおさらです。

全ての費用を借りずに行うことが出来ればそれに越したことはありません。それが可能であれば、どちらかというと借入は帰国後に行うのがベストです。

▲ トップへ戻る
Copyright (C) 2022 《借入》今からでも間に合う!絶対安心のキャッシング選び! All Rights Reserved.