結納金のような特殊なものでもローンで借入はできるの?

ちょっと普通ならこういうものはローンで借りることはない、というようなものってあると思うんです。

私の場合は今考えているのが結納金についてです。もしかしたら借りなくてもいいかもしれませんが、結納金を収めたほうがいいんじゃないかというふうに言われているのです。

あとは家同士の話し合いになるかと思いますが、一応その時には借金をローンで行いたいとも考えています。

ただ、結納金用の借金なんて聞いたことがありません。こういうものもまたローンの借入でまかなえるものなのでしょうか。

フリーローンなら原則何に使っても大丈夫

結納金にローンの借入を使うということをする人、あまりいないように思いますね。

確かに少ないですけれども、色々な使い方をしている人が多いのが消費者金融や銀行系カードローンのフリーローンなのです。

なんに使ってもいいとされていますから特に使い道を制限されていません。ですので結納金に使っても特に問題はない、というように考えられています。

フリーローンと逆に目的別ローンというのもありますが、こちらは決められたものにしか使えないという特徴があります。

目的別ローンの特徴的なものとしては銀行などが扱っている自動車ローン、もしくは住宅ローンといったものです。

たくさんのお金を借りることができますが、使うことができるのは自動車や住宅を購入するときだけというようになっています。

フリーローンの場合は何にでも使えますから、それこそ結納金以外にも使おうと思えば可能です。婚約指輪に結婚指輪、結婚式のための費用にブライダルエステのために使うということもできるでしょう。

他にも新婚旅行に使うということもできますから、フリーローンほど便利なものはないのです。だからみんな消費者金融などで借りるのです。

借金には目的別ローンとフリーローンの2つがあって、フリーローンの方は銀行系カードローンや消費者金融があり、そこではどういうものに使ってもいいのです。

ただし、ビジネスのために使うという用途だけはダメというようになっていますので、ビジネスのためならば別の銀行からの融資を受けるなど、ほかから借りなければなりません。

フリーローンを使うということはこういうことですから銀行系カードローンにしても消費者金融にしても、借りられるので何でもOKということです。

結納金以外にも何かと結婚をしようとすると入用になりがちですから、一時的にローンを借り入れして賄うという方法も悪くはないと思いますよ。

【参考ページはこちら】
借入のQ&Aはこちら

結納金の借入とローンを利用するためのアドバイス

結婚を予定しているカップルの方は、一生に一回の大切なイベントなので、妥協をせずに行いたいという方が多いです。

挙式や披露宴にお金が掛かるだけでなく、結婚指輪や婚約指輪の購入、結納金、新婚旅行の費用など様々な出費が必要になるため、預貯金だけでは予算が足りないということがよくあります。

両親にあまり負担を掛けたくないと感じている方や、独身時代に貯めた預貯金を崩したくないという方にはブライダルローンがお勧めしたいです。

ブライダルローンは、目的別ローンになっているため、結納金や挙式の費用、結婚指輪の購入などの資金に使うことができます。

キャッシングなどに比べると、お金を遣う目的がはっきりとしているため、金利は比較的安くなっています。

キャッシングに比べると、お金を借入する時は、審査基準が厳しくなっているため、審査にある程度の時間が掛かることがほとんどです。

20歳以上で安定して継続した収入があり、勤続年数が長く、持ち家を持たれている方の場合は審査に通りやすくなっています。

銀行や信用金庫などで、融資を受けることができるので、身分を証明できる運転免許証や保険証、住民票などを持参するようにして、まとまったお金が必要な場合は、給与明細書などの収入を証明できる物を持参しておくようにして下さい。

挙式や披露宴、結納金などに掛かる費用を全額融資を受けることも可能ですが、ある程度の金額を預貯金で準備をしたり、両親に援助が受けられる場合は、一部だけローンを組むことが可能になっています。

銀行や信用金庫の店頭に足を運んで、借入の審査結果が出るのを待つようにしましょう。

男性が女性にプロポーズをして、相手が承諾してくれたら、お互いの両親や親戚の人ときちんと話合うようにして、日取りの良い日を選んでホテルなどで、結納を行うことが多いで
す。

結納は、結婚が決まった男女にとって大切な儀式になっているので、きちんと行うようにしたいものです。

挙式の費用や新婚旅行、結納に掛ける費用はご家庭によって、違いがありますが、ある程度のまとまったお金は必要になります。

独身時代に結婚資金をこつこつ貯めたいという方が多いですが、急な出費が必要になることが多く、思うようにお金が貯められなかったという経験のある方が多くなっています。

銀行や信用金庫、JAなどの信頼できる金融機関から、借入を行うことで、自分達の希望に合った挙式を行うことが可能になります。

まずは、複数の金融機関を比較するようにして、なるべく低金利で利用できる金融機関を選ぶことが大切です。

金利が1パーセント違うと、毎月の返済額や返済総額に違いが出てくるので、じっくりと比較するようにしましょう。

パソコンなどを利用すると、希望の融資額や金利、返済期間などを入力することで、返済シミレーションが出来るので、毎月の金利や返済額を把握することができます。

金融機関の借入の審査にパスできたら、窓口で手続きをしておくと、指定の銀行口座から、返済日に自動で引き落としがされるので、払い忘れなどを防ぐことができます。

ボーナスなどの臨時収入が入ったり、家計に余裕のある時は繰り上げ返済をすることも可能になっているので、事前に金融機関でアドバイスを受けておくと良いでしょう。

結婚をして新生活が始まると、新居に引っ越しをしたり、生活費にお金が掛かったり、赤ちゃんを妊娠する場合があるため、無理なく返済できる金額を借りることが大切です。

銀行や信用金庫などの金融機関は、消費者金融や信販会社とは違って、総量規制の対象外になっているため、年収の3分の1を超える融資を受けることが可能になっています。

年収や勤続年数、持ち家の有無などでも融資の金額が違ってきますが、ある程度のまとまったお金を借りることができるので、上手に活用することが大切です。

消費者金融などのキャッシングは、使用用途は自由になっていますが、金利が高いため、まとまったお金を借りたり、長期的な融資を受ける場合は不利になることが多いです。

結婚に必要な資金を準備したい場合は、審査基準が厳しくても、信頼できる金融機関を選んだほうが安心できます。

最近は、結婚後も仕事を続ける女性が増えているので、二人で協力してお金を稼ぐことで、短期間で返済をすることが可能になっています。

結婚資金にお金が必要な場合は、3年から5年以内で完済をしたいという方がほとんどです。

安定して継続した収入のある方は、ほとんどの場合は審査に受かることができますが、複数の金融機関に債務があったり、3ヶ月以上支払いを滞納した経験のある方は、審査に受かるのが難しくなるので注意をするようにして下さい。

数多くの金融機関があるので、自宅から近く、地元でも信頼の厚い金融機関を選ぶようにすると、安心して利用ができます。

結納の儀式を行った後は、女性の側がお金を受け取ることが多いですが、婿養子を希望しているご家庭では、男性にお金を渡すことがほとんどです。

結納金を受け取った方は、相手の女性や男性に結納返しをする必要があるため、費用が足りない場合は融資を受けるようにしましょう。

結婚は大変おめでたいことなので、多くのゲストを招待するとある程度の費用が必要になりますし、計画していたときよりも予算がオーバーしてしまうことが多いものです。

いざという時に慌てることがないように、計画的にお金を準備しておく必要があります。

最近は、低予算で挙式をしたいという方が増えており、結納を省略するご家庭も増加傾向にありますが、計画していたときよりも思いがけずお金が必要になってしまうことが多い
ので、注意をするようにして下さい。

結婚をする時は、両家できちんとお金のことについて話合うようにして、どれぐらいの予算をどちらが負担をするか決めておくようにすると、必要以上にもめることはないので、安心です。

最近は結納を省略するご家庭も増えていますが、きちんとけじめをつけるために行いたいという方も多いです。

料亭やホテルなどを借りる時に費用や、着用していくスーツやワンピースを揃えたり、美容院代なども必要になるので、余裕を持ってお金を準備しておくと安心です。

ブライダルなどの目的別ローンを利用することで、まとまったお金を準備できますし、低金利なので返済も比較的楽なので、利用を検討するようにして下さい。

女性も、ウェディングドレスやカラードレス、白無垢などの衣裳を揃えたり、ブライダルエステなどに通院をしたり、ある程度のお金が必要になるので、融資を受けたいという方は金融機関に相談してみると良いでしょう。

最近は、結婚をする前に会社で勤務をしている女性がほとんどなので、多額の債務や支払い遅延などがない場合はほとんどの場合は、借入の審査に受かることができます。

金融機関の店頭に足を運ぶ時間がないという場合は、パソコンやスマートフォンを利用してインターネットから審査も受けられる所が増えているので、ちょっとした合間を利用すると良いでしょう。

結納金の金額は、地方によっても多少の違いがあるため、平均的な相場を知っておくようにすると安心できます。

どれぐらいの費用が必要なのかわからない場合は、両親や祖父母、親戚の人にアドバイスを受けるようにして下さい。

まとまったお金の融資が受けられたら、結納などの結婚に必要な資金にお金を遣うことができるので、安心することができます。

信頼できる金融機関を選ぶようにすると、金利が低いので、計画的に返済ができますし、新居の引っ越しに掛かる費用などにもお金を遣うことができます。

結婚をする二人にとって、結納は大切な儀式になっているため、きちんとお金を準備しておくことが大切です。

両家できちんとお金の支払いについて話合うようにして、計画的に準備をするようにすると、自分達の希望に合った結婚式を行うことができます。

▲ トップへ戻る
Copyright (C) 2020 《借入》今からでも間に合う!絶対安心のキャッシング選び! All Rights Reserved.