いつの間にか借入限度額が増えた、この情報は本当?

なんとも羨ましい情報ではありますが、あるところの掲示板では「何もしていないのいつの間にか借入限度額が増えた」という書き込みを見つけました。

そんなことあるのかなぁと思いながらも、その話はあまり触れられていないので、普通にあることなのかと疑問に思っています。

しかしそんなありがたいことが起こりうるものなのでしょうか。

銀行系カードローンでも消費者金融でも、いつの間にか借入限度額が増えたという話があるようです。しかし私は体験したことがありません。どういうことなのでしょうか。

いつの間にか借入限度額が増えたということはありうる

増額申請をしているのになかなか審査に通らないという人が多い中、いつの間にか借入限度額が増えたというのはありがたい話ですし、羨ましいなぁと思う人も多いでしょう。

実際、そんなに簡単に枠を大きくしてもらえることって少ないですけれども、このいつの間にか借入限度額が増えたという話については嘘か本当かというと本当です。

よくクレジットカードを使って、しっかりと返済し続けているとクレジットカード会社から「枠を増やしました」というように連絡が来たりします。

これはクレジットカード会社が勝手にショッピング枠を増やしているということです。

枠を増やしてもらえれば、ある意味でローンをたくさん組めるようなものですからありがたいものです。

これと同じようなことがキャッシングでもできる、というわけです。

同じようなことというのはキャッシングをずっと使い続けて、しっかりと返済していくのです。すると業者の側から勝手に枠を増やしたということを通知してきます。

枠を増やしてもらえるということは借金しやすくなるということでもありますから、利用者としてはありがたいですよね。

消費者金融でも銀行系カードローンでも、他のキャッシングでもこれについてはありうることです。

もちろんだれでもというわけではなく、一定以上の借入をして、一回も遅れなどが無かったりした人などという基準が業者ごとにあったりするのです。

ですので業者ごとにあるこの基準をクリアすれば、増額をこちらから言い出さなくてもしてもらえるでしょう。

限度額を上げるというのは難しいことと思いがちですけれども、こうやって考えてみると、世の中には業者の側から「借りてください」と頭を下げてくるような人もいるんだということがわかります。

うまく使っていくことで、できれば借り入れしてくださいと頭を下げてもらえるようになりたいものです。

【参考ページはこちら】
借入金額が少ないと審査も甘い?

いつの間にか借入限度額が増えたときの対策は

現代における日常の消費生活に現金は以前ほど必要がなくなってきています。

車や家などを購入する時には金融機関のマイカーローンや住宅ローンが利用できますし、高額な買い物にはクレジットカードが利用できます。

また、中には日常生活の小さな買い物にもクレジットカードを利用してポイントを貯めてショッピングに利用するなど上手にカードを活用する消費者も増えてきています。

銀行のキャッシュカードにはクレジット機能やデビットカード機能が付与できるものが多くあり、現金を持ち歩かずに消費生活を送ることが可能です。

利用するカードを一つにまとめれば、家計管理がしやすくなるなどのメリットもあるようです。

これから銀行の口座を開設する方は、キャッシュカードの機能について情報を得るようにしましょう。

何枚ものカードを管理するのはリスクが大きくなりますので、一枚のカードで銀行預金の出し入れが出来て、買い物やサービス代金の支払いに利用出来るクレジット機能がついていると便利かも知れません。

また、近年急速に利用者が増えているカードローンという金融商品がありますが、キャッシング専用のカードを持つ方法のほかに、キャッシュカードにローン機能が付いているものもあります。

また、一般的にクレジットカードにはキャッシング枠がありますので、クレジットカードで急に現金が必要になった時にキャッシングをする方法もあります。

キャッシングは、金融機関からの資金借入れですので、利息が発生します。

無担保で資金調達をするものですので金利が高いのがネックではありますが、取り急ぎ現金が必要になった時、例えば海外出張や旅行中などにはキャッシング機能が役立つことがあるでしょう。

カードローンの場合には、利用に際して金融機関及び保証会社の審査があります。

審査の結果に応じてご利用出来る上限額が決定し、金額に応じた金利が適用される仕組みになっています。

上限額は利用者の収入や借入れ履歴などの信用情報を勘案してきまりますので、誰でも希望通りの上限額で契約できるものではありません。

また、利用途中で限度額をアップしたい場合には、新たに審査が必要になります。

ただし、かつて消費者金融がサラ金などと呼ばれていた時代には、利用者が限度額アップを希望しなくても、貸金業者サイドから借入限度額の増額を申し出るケースが多くありました。

これは、利用者からの利息収入を得るための営業努力ともとれるものですが、安易に借入限度額を増額した方達の中には返済が困難になり生活が困窮する方が増えました。

必要以上に限度額をアップするのはリスクが高いので注意するようにしてください。

また、クレジットカードの付帯しているキャッシング枠が、希望していないのにいつの間にか借入限度額が増えたという方もいます。

これは、そのクレジットカードを提供している会社によって異なりますが、カードの利用状況が遅滞なく支払いが行われているような利用者に対して、自動的にキャッシング枠を増やすシステムをとっているところがあるからです。

クレジットカードは、一度契約をして利用するようになると、自分の利用金額の上限や分割払いの手数料、キャッシング上限額、キャッシングした場合の利息負担、延滞した際の遅延損害金、返済方法などについて意識せずに利用してしまう傾向があります。

それは意識しなくてもクレジットカードを利用するのに支障がないからで。

しかし、近年カード社会が進む中、カードの紛失や盗難・スキミングによる不正利用など様々なトラブルが社会問題となっています。

必要のないキャッシング枠を付けたままのカードはリスクが大きいのではないでしょうか。

カード利用者は、個々に自分の保有しているカードの管理を厳重にする必要があります。そして、必要のないキャッシング枠を持たないこともリスク管理には重要です。

テレビCMで知名度の高い楽天カードがありますが、このクレジットカードは大手インターネットショッピングサイト楽天市場などの決済に利用するのに適しており多くの方が利用されているカードです。

このクレジットカードにもキャッシング枠がついており、いつの間にか借入限度額が増えたというユーザーの声があります。

ただし、利用者にはメールでその旨連絡がありますので、増額の必要がない時には元に戻すことや、キャッシング枠そのものを付けないことを選択することが出来ます。

カード提供会社がユーザーに対して利用状況などを迅速にメールで連絡しているのも不正利用などのリスク管理に非常に役立っています。

また、クレジットカードの利用状況は随時楽天カード「楽天e-NAVI」で確認することが出来ます。

現金の調達方法として、クレジットカードのキャッシング枠を利用する方法、カードローンを利用する方法などがありますが、両者を比較するとクレジットカードのキャッシング枠を利用した方が金利負担が大きくなるようです。

例えば楽天カードを例にとるとキャッシングの金利は18.0%です。この水準は三井住友VIZAカード、JCBカード、ライフカードなどと同水準で100万円未満の借入れには18.0%と採用しているところが多いようです。

一方、カードローンの金利は金融機関ごとに異なりますが、テレビCMで知られている三菱東京UFJ銀行カードローンを例にとると、借入上限金額が10万円以上50万円以下の場合14.6%、50万円超100万円以下で12.6%です。

ご利用金額が大きくなるほど金利が低くなるのがカードローンの特徴です。

キャッシングをする際に金利負担を軽減することは非常に重要なポイントですので利用する際には慎重に利用するようにしましょう。

また、キャッシング以外にも資金調達の方法があります。ゆうちょ銀行に定期貯金や定額貯金をしている方であれば、それらの貯金を担保にした貸付けを利用することが可能です。
(⇒ゆうちょ銀行はバイトだと借りられない?

金利負担は定期預金・定額貯金の利息にわずかな上乗せがされますが、カードローンやクレジットカードのキャッシング枠を利用するよりは格段に低い利息負担で現金を用意することが出来ます。

その他、保険に加入している方は、保険を担保にした貸付制度を利用する方法などもありますので、自分の加入している保険でどれくらいの貸付けが利用出来るか把握しておくと良いかも知れません。

カードローンが今のように多くの方に利用されるようになったのは、貸金業法の改正によって貸金業者が設定出来る金利の上限が明確になったことや、悪質な取り立て行為を法律で規制することが出来るようになったことが影響しています。

高い金利や強引な取り立てのイメージが強かったキャッシングが、一般消費者が利用しやすい環境に近づいてきたためだといえるでしょう。

ただし、いくら環境が整ったとはいえ、利用者の意識が変わらなければ多重債務に陥るリスクはなくなりません。

あくまでも、カードローンなどのキャッシングを利用する際には、慎重に返済計画を立てた上で利用する必要があります。

また、カードローンの中でも特に金利面でメリットがあるのが労働金庫のカードローンではないでしょうか。

労働金庫は北海道から沖縄まで全国に展開されている日本の金融機関の一つですが、一般の金融機関と大きく異なる点があります。

それは、一般の銀行などが自社の利益を追求する企業であるのに対して、労働金庫は労働者のために設立された営利を目的としていない金融機関であるという点です。

そのため、金利などの面で一般金融機関に比べて利用者にとって利益が大きいという特徴を持っています。

カードローン以外の金融商品もラインナップが豊富にそろっていますので、生活のための資金不足の対策を考える際にはこの金融機関を覚えておいてはいかがでしょうか。

自分の利用出来る労働金庫の店舗がどこにあるかは「全国労働金庫協会(ろうきん協会)」のホームページで探すことが出来ます。

▲ トップへ戻る
Copyright (C) 2020 《借入》今からでも間に合う!絶対安心のキャッシング選び! All Rights Reserved.