借金バレることは借入の審査の段階が一番多いの?

借金がばれるということはできるだけ避けたいのは私だけじゃないはずです。

私も借金を使ったことがあるんですけれども、その時は私が借金をしているということがバレてしまって、こっぴどく奥さんに怒られてしまいました。

それ以来は自粛していたんですが、そろそろまた消費者金融を使っておきたいなというふうに考えています。

そこでバレるような使い方はできませんから、借入の仕方で借金バレるようなことが多く、審査の段階で借金バレることがあるから気をつけておいたほうがいいよと言われました。

やっぱりいちばんは審査の時に気をつけておくことでしょうか。

審査の時もそうだが借入後は日常も気をつけよう

借金バレるのがうれしいとか、全然話しても大丈夫という人は少ないでしょうね。

どうしても借金をするということが良くないというイメージを持っている人も多いですし、そういう人が奥さんであるとか家族の中にいるのも仕方ないことです。

ですから浮気と一緒でやるならちゃんとばれないように処理しなければいけないのです。消費者金融も銀行系カードローンもその点、バレにくくなっています。
(⇒借入をバレないようにするためには?

昔はバレることも多かったのかもしれませんが、今はばれない時が多くなりました。

それこそ審査の時に借金バレるということなんて、ほとんどなくなっているんじゃないでしょうか。

昔は借金バレることが審査の時にあったというのは聞いたことがあります。しかし今は審査の段階よりも日常のふとした時にバレるということが多いような印象があります。

昔は審査自体がないところもあったようですが、審査があるとなると自宅に電話がかかってくることになるというふうに聞いています。

今も電話での本人確認は行われますが、本人確認をするときに免許証のコピーや画像とあとは携帯電話の番号で済ませることができます。

となると、昔のように家の電話にかけることがないのでバレにくくなっているというわけです。

それよりも使っているところを見られるとか、ネットローンを使っていたけれども、その画面を閉じ忘れて見られてしまう、明細を郵送してもらっていて、それを見られてしまうといったような状況が多いように思います。

ですので審査の時に何とかバレずに乗り切ったから大丈夫と油断していたら、危ないのです。

ただし、最近は携帯電話にかけてきてもらえるようになったということからわかるように、基本的にはバレにくい方法というのが進化しています。

スマホでネットローンやウェブ完結での借入、また明細をメール等にして貰う方法もあります。工夫をすれば十分ばれないで借りることはできるはずですよ。

【参考ページはこちら】
どうして銀行の審査は消費者金融よりも厳しい?

借入の審査で借金バレる可能性はあまりありません

借入の審査ではいろいろな確認が行われます。最近では、職場に電話をかけてくることが多いです。これを在籍確認と呼びます。在籍確認について、まず把握しておく必要があります。

そもそも金融機関が審査を行う理由についてきちんと把握しておきましょう。審査を行うのは返済してもらえるのかどうかを判断するためです。

当たり前のことですが、金融機関は貸し付けて資金が焦げ付いてしまうと、大きな損失になります。

ですから、返済できない人に対しては貸付を行わないという、当たり前のことなのです。それを判断するのが審査です。

銀行のカードローンや消費者金融からの借入をした場合、たいていは毎月少しずつ返済をしていきます。

たとえば毎月2万円ずつ返済するというケースが多いでしょう。収入のない人は返済ができないというのは、これも当然のことだと考えられます。

ですから、収入があるかどうかを確認するために在籍確認が行われるのです。

在籍確認では会社に電話がかかってきますから、それによって借金バレる可能性があります。可能性はあるのですが、それほど可能性は高くはありません。

この点については金融機関側も配慮をしてくれていますから、あまり気にする必要はないでしょう。

具体的にどのようなものなのかを把握しておくことは大事なことですから、大まかな流れを把握しておきましょう。

申し込みをするときには、勤務先の情報を記載します。会社名や会社の住所など、会社の基本情報を記入するのが普通です。

そこには電話番号も記入することになります。そして、在籍確認の赤低でこの電話番号に電話がかかってきます。

電話がかかってくれば本人が呼び出されます。そして本人が電話口に出れば、いくつか簡単なことを確認されます。

たとえば、借りる意思があるかどうかを確認するくらいのことです。

ですから、たとえば、会社の人に根掘り葉掘りするということはありませんから、ばれることはないと考えられます。

電話がかかってくるときの配慮についてですが、たいていは個人名でかかってきます。

もしも金融機関の名前で電話がかかってきたとすると、それが原因でばれてしまう可能性はあります。

このようなことにならないような配慮をしてくれていて、個人面で電話がかかってくることが多いのです。ですから、これが原因でばれることはないと考えておいて問題はないでしょう。

ただ、勘の働く人なら、雰囲気で気づくかもしれませんから注意が必要です。どうしてもこのような人がいる可能性は否定できません。

かつて借金をした事のある人なら、勘付いてしまうこともありえることです。どうしてもばれたくないのであれば、ほかの方法をとることも考えなければなりません。

在籍確認は働いていることを確認するためのものですから、ほかの方法で働いていることが確認できれば電話がかかってくることはありません。

たとえば、社会保険に加入している人なら、保険証を提示することによって確認できる可能性があります。実際にこのようなサービスを提供している消費者金融はいくつかあります。

スピード融資などのサービスを利用すれば、在籍確認をせずに借りることができる場合があります。

ただ、全体的に見れば小額の傾向がありますから、多くの資金を必要とする場合には、あまり適していないといえるでしょう。小額でよいのならこのようなサービスを利用するのも良い方法のひとつです。

消費者金融などの貸金業者から借りる場合、50万円を超えて借りようとすれば、収入証明を提出しなければなりません。ですから、そのための手続きはいろいろと必要となるという点に注意が必要です。

ばれずに手続きを行っていくことができればよいのですが、家族などの場合には知られてしまう可能性はあります。

どの場合でも、申し込みをするときには何も問題はなかったとしても、返済が滞るとばれてしまう可能性は高くなりますから注意が必要です。

もしも、返済が滞った場合には、もちろんですが取り立てが行われます。この取立てによってばれてしまう可能性はあるでしょう。

昔はひどい取立てが行われたこともあったのですが、法律が改正されたことによって厳しい取立てができなくなりました。

とはいっても、電話がかかってきたり、督促のはがきが届いたりしますから、それによってばれてしまう可能性はあります。ですから、ばれたくないのなら返済はきちんと行わなければなりません。

返済計画を立てるときには、少し慎重に立てておいたほうが良いです。

計画を立てる時点で踏み倒そうと思っている人はいないでしょうし、滞納しようと考えている人もいないでしょう。それにもかかわらず、つい返済が遅れてしまうこともあるでしょう。

少し遅れたくらいなら特に問題はありませんし、すぐに返済をすれば大きな問題にはなりません。何ヶ月も滞納することは内容にしましょう。

ばれるケースとして多いのが郵送物です。借入をした金融機関は、明細書を送ってきたり請求書を送ってきたりすることがあります。

郵送でいろいろなものを送ってくるサービスは、便利と思う人にとっては便利でしょう。しかし、知られたくない人にとっては不便なものです。

最近ではコスト削減のために、紙の書類を郵送しないサービスが増えています。明細などはメールやウェブ上で確認するといったサービスであれば、郵送物によってばれてしまう可能性はありません。

このようなサービスを利用することによって、ばれる可能性を低くできます。

金融機関から電話がかかってきた場合や、あるいは郵送物が届いた場合でも、それだけではわからないことも多いでしょう。

明らかに消費者金融の名前で郵送物がきたり、あるいは電話がかかってきたりするとばれてしまう可能性はあります。

しかし、銀行ならどうでしょうか。銀行から電話がかかってきても不自然ではないでしょうし、郵送物が届いても大して問題視はされないでしょう。

すでに取引のある銀行は、普通の人ならひとつか二つくらいはあるはずです。

新たに銀行口座を開設し、そしてカードローンの申し込みをするといろいろな手続き書類が送られてくることもあり、それが不自然に感じることもあると思います。

しかし、すでに取引のある銀行なら、郵送物が届いても不自然ではありません。

このようなことを考えれば、消費者金融などの貸金業者から借りるよりも、銀行から借りたほうがばれる可能性は低くなります。
(⇒銀行の審査は通りにくい?

ほかにも、クレジットカードで借入をした場合でも同じようにばれる可能性は低くなります。

クレジットカード会社から電話がかかってきても不自然なことはありませんし、郵送物はたいていは毎月届くものです。

クレジットカードのキャッシングを利用すれば、たいていは明細書が郵送されてきます。

しかし、クレジットカードでショッピングをした場合にも明細書が郵送されてきて、その明細書については同じものに記載されていることが多いのです。

ショッピングの明細書とキャッシングの明細書を別々に郵送してこられるとばれてしまうでしょうが、一緒になっていれば不自然に感じることはないでしょうから、ばれる可能性は低くなります。

最近ではクレジットカードにしても銀行にしても、インターネット上ですべての手続きが完結するサービスを提供しています。

これらを利用すると電話もかかってきませんし、あるいは郵送物もありませんから借金バレる可能性をかなり低くできます。

ネット銀行やインターネットバンキングなら、すでに利用している人なら画面上だけで手続きができる場合もあるのです。このようなサービスもうまく活用していくのが良いです。

実際のところ、会社にばれずに借りている人はたくさんいます。家族にばれずに借りている人もいます。

いろいろなサービスを活用していけば、このようなことは割と簡単にできるものですから、いろいろなサービスを検討してみてください。

▲ トップへ戻る
Copyright (C) 2020 《借入》今からでも間に合う!絶対安心のキャッシング選び! All Rights Reserved.