借入限度額ってカードが更新されても引き継がれますか?

カードローンを作ってからというものの、便利に定期的に使っています。

別にギャンブルとかの無駄遣いをしているわけでは無いのですが、時々病気をして病院に行くとお金がかかりますし、一人暮らしだとなかなか金銭的にも頼れる人が居ないせいで色々と足りなくなる…

それは、一度一人暮らしをしていると分かってもらえると思います。そんな諸々に自由に使えるカードローンというのは、本当につくって良かったと思える便利アイテムの一つというわけですね。

そんなカードローンについて、この前気になる事がありましたのでお聞きします。

私の持っているカードローンはどうやら二年毎に更新されるみたいなのですが、更新って事は新しいカードを送ってくるって事で良いんですよね?

カードもある程度使っているとそれなりに痛んできますから、完全に使えなくなる前に交換してくれるという意味でも別に嫌じゃないです。だけど、限度額に関してだけは気になります。

カードが更新されるとき、そのカードの基本情報…限度額とかも引き継がれますか?

今のカードの限度額は多すぎず少なすぎずで中々良いバランスの金額なので、前年度に使いすぎていたからと引き下げをされたら困ります。

こうした事もきちんと正確に引き継がれるのかをどうか教えてください。

基本的にはそのままの引き継ぎですが注意したい事もあります

カードローンは作る前と作った後の評価が変わりやすいアイテムの一つで、作る前は「別に必要無いかも」だったのが、作って使った後に「カードローンを作っていて正解だった!」って事もあります。

つまりは実際に持ってみて、質問者さんみたいに急に必要になるタイミングまでなかなか有用性に気づけない物とも言えます。

とっさにお金に困る前に持っておきたいのですが、なかなかそうしない人が多いのがちょっと不思議かもしれませんね。

さて、カードローンの更新というのはおそらくどんなカードでも訪れる事であり、この時期が迫ると似たような質問がたくさんあります。

更新の手続きについての質問が比較的多いように思えますが、更新によって限度額が変わるかどうか…というのは割と珍しい質問かもしれません。

それだけ気にせずに更新を迎えるという事なので、大体の内容は予想できるかもしれませんがお答えいたします。

・基本的にはカードが新しくなるだけ
カードローンの更新というのは、特に問題がない人の場合は普通に更新されて終わりですね。

何故特に何もないのかと言いますと、問題が無い人の場合は大きく変化があったものではないと見なされますし、そもそもそうした審査に割く労力というのもコストが少なからず発生します。

それに問題が無い人なら持っていて利用してもらう方が利益になりますので、更新というのは簡易的なものとなっているわけです。ただし、問題があるとその様相も大きく変わります。

・延滞などあれば更新見送りも
例えば延滞を起こしていた場合、この更新も簡単には終わらない事もあります。

延滞は金融業者にとってかなりの損害を出す事になりますので、もしも長期間の遅れなどがあったりすれば更新も絶望的になってしまいます。

最も、そこまで問題がある人はその時点で契約解除もあり得るわけですから、更新までもたない事も多いのですが…。

更新は普通はそのまま終わりますが、全く何も見ないわけでは無いという事をちょっとだけ注意しておきましょう。

【参考ページはこちら】
借入に関するおすすめQ&A

キャッシングカードの借入限度額は返済能力で決まる

キャッシングカードを利用する場合、借入限度額が気になるところです。

借入限度額は自分の返済能力で決まります。返済能力が高いなら大きな限度額を持つことができます。

しかし、返済能力が低い場合はそれほど大きな限度額を持つことができません。これはキャッシングを利用する基礎知識なので覚えておきましょう。

返済能力というのは結局は年収です。年収が高いほど返済能力が高いです。

年収が低い人は返済能力が低いのでキャッシングを利用する場合でも大きな限度額は期待できません。(こちらもご参考に→10万円なら誰でも審査に通れる?

年収を考えると大きな限度額を持ちやすいのは正規雇用の人です。正規雇用の人は毎月の収入が安定しています。

これによって返済能力が高いとされるのでキャッシングで大きな限度額を持ちやすいといえます。

しかし、非正規雇用のアルバイトやパート、派遣の人でも仕事によっては大きな収入を持つことができますが、その場合はキャッシングで大きな限度額が期待できます。

キャッシングの限度額は金融会社各社によって最大の限度額が異なります。

年収が高く返済能力に自信がある人は大きな限度額持つことができるので、もし大きな限度額を狙うなら金融会社各社の最大限度額に注目しておきましょう。

との金融会社でも大きな限度額が用意されているわけではありません。消費者金融でも銀行でもキャッシングカードの最大限度額が小さな会社もあります。

そうした会社では返済能力がどれだけ高くても大きな限度額を持つことができないので注意しなければなりません。しっかりと各社の最大限度額に注目しておきましょう。

キャッシングカードで大きな限度額を持つと大きなお金を借りるというメリットだけではなく金利が低くなるというメリットもあります。

よる金融会社でお金を借りても必ず金利があるわけですが、金利は限度額によって決まります。

小さなお金を借りる場合は金利は上限金利が適用されますが大きなお金を借りる場合は下限金利が採用されます。

つまり、大きなお金を借りる方が低金利からお金を借りることができるのでお得です。

例えば、それほど大きな金額が必要ない場合でもあえて大きな限度額を持つことで低金利からお金を借りれます。

これは一つの借り入れのテクニックなので覚えておきましょう。

キャッシングは自分が持っている限度額を最大まで使う必要はありません。自分の好きな金額だけ借り入れをすればよいです。

そう考えると、上記で説明したテクニックは非常に効果的です。

あえて大きな限度額をもっておけば小さなお金を借りる場合でも低金利からお金を借りることができるのでとてもお得です。

キャッシングカードにおいて低金利の会社とはどこなのか、これを考える場合は限度額から考えなければなりません。

大きな限度額を持つなら基本的にどんな金融会社を選ぶにしても低金利が採用されます。逆に小さな限度額を持つなら消費者金融ではなく銀行からお金を借りる方がよいです。

銀行は大きな限度額だけではなく小さな限度額でも低金利でお金を貸しています。

そのため小口融資なら銀行で借りる方が金利においてメリットがあることを知っておきましょう。

このようにキャッシングは借入限度額を考えるときに金利とセットで考えましょう。

限度額と金利というのはお互いの関係があるので限度額から各社でどのくらいの金利設定になっているのかを比較することがポイントです。

これを知っておけば上手に金利を比較して申し込み先を探すことができます。

キャッシングは限度額や金利以外にも借入方法や返済方法もしっかりと確認しておきましょう。

これは各社によって内容が結構違います。代表的な内容で言うとインターネットがあります。

今ではインターネットを使える金融会社が多いですが、キャッシングを利用するときにインターネットを利用することができると自宅からでも金を借りることができます。

基本的にはキャッシングはATMからお金を借りることが多いですが、インターネットを利用できるとパソコンやスマートフォンからウェブに接続してそのまま簡単にお金を借りることができます。

この場合は、自分の銀行口座に振り込みという形でお金が入ります。銀行口座にお金を用意しておかなければならない場合など非常に便利なので申し込み先を探すときに参考にするとよいです。

インターネットは振り込み融資だけではなく返済する時も簡単に任意返済できます。

自宅のパソコンで素早く任意返済できるので、返済するためにわざわざATMへ行く必要がなくなります。

返済方法に関しても各社でいろんな違いがあります。特に覚えておきたいのが、リボ払いです。

このリボ払いというのは毎月の返済額を一定にすることができる返済方法です。

しかし、同じリボ払いでも各社において内容が違います。しっかりとリボ払いの内容を比較しておき自分が返済しやすい金融会社を見つけましょう。

少し話しがそれますがリボ払いを活用する場合は一つの注意点がります。

それは、リボ払いは小さな金額を返済し続けることができるのでそれによってなかなか完済できないことにあります。

つまり、リボ払いは返済期間が長くなりやすいので利息を長期に支払うことが多いです。

毎月の返済額を自由に設定できるためしっかりと返済のプランを考えてリボ払いを活用しましょう。

あまり長期の返済になるとなかなか借金を返すことができないので大きな利息を支払うことになります。

キャッシングカードの借入限度額は一つの金融会社で大きな限度額を持つことは難しいです。

これはかなり高い返済能力が必要になるからです。しかし返済能力が低い人でも借入限度額を大きくする方法があります。

それは複数の金融会社を利用する方法です。一つの金融会社で小さな限度額を持つことはそれほど難しいことではないので、いくつかの金融会社で小口融資を受けるとトータル的に大きな限度額を持てます。

なかなか一つの会社で大きな限度額を持つことができない人は複数の会社を利用してみると良いです。

キャッシングでそこそこ大きな限度額を持てる上に金利が低い会社は銀行です。

銀行のキャッシングは収入証明が必要ない内容になっているところがあるので、これを利用すると簡単に審査に合格できるうえに低金利を活用できるのでとても便利です。

消費者金融の場合は貸金業者なので必ず申込時に収入証明が必要になります。

しかし、銀行では収入証明なしでもキャッシングの申し込みをすることができるところがあるので探してみましょう。

これを知っているかどうかでかなりお金の借りやすさ、または審査の通りやすさが変わってきます。

最後にキャッシング情報の調べ方についてですが、これはチラシなどで情報を調べるよりもインターネットを活用するのを一番効率的です。

インターネットからキャッシング情報検索すると本当に様々なサイトを見つけることができます。

基本的にはどんなサイトでもよいですが銀行なら銀行、消費者金融なら消費者金融という内容になっているサイトを利用する方がしっかりと金利や限度額、または借り入れ方法や返済方法について情報を比較することができるので覚えておきましょう。

インターネットからキャッシング情報を調べていくと、いくつかの良い申し込み先を見つけられます。

申し込みするときは各社によって様々な申し込み方法がありますが、インターネットから申し込むのが一番便利です。

インターネットから申し込みでは必要書類は郵送だったりスマートフォンからの写真の送付だったりと簡単に申し込みすることができるので活用してみましょう。

また、インターネットから申し込みでは即日審査を利用できる会社も多いです。

即日審査ならその日にキャッシング審査をしてもらうことができるので素早く融資を受けたい人には非常に助かるサービスです。

いろいろな金融会社の情報を調べてしっかりとメリットのある金融会社へ申し込みをしましょう。

▲ トップへ戻る
Copyright (C) 2020 《借入》今からでも間に合う!絶対安心のキャッシング選び! All Rights Reserved.