借入金は早く返済できれば利息がお得になるのですか?

金融業者から借りた借入金の返済について、お伺いします。私の名前は次郎(仮名)、京都の方に住んでいます。

地域とかはあまり関係ないかもしれませんが、どうぞよろしくお願いします。

私の仕事は飲食店でのアルバイトです。一応年齢は28なのでそろそろ定職に就かないといけないとは思いますが、この不況でどうも良い仕事先が見つかりません。

だから学生時代からお世話になっていたお店でアルバイトを継続させてもらって、何とか日々を生きています。

正直仕事自体は楽しいですが、やはりアルバイトなので給料は低いです。店側も気を使ってちょこちょこ上げてくれていますが、正社員待遇とはやっぱりほど遠いと思います。

実際に、急な出費が発生すれば、毎日どういう風に用立てしようかずっと悩んでいます。

で、その問題の時が訪れまして、結局はお金を借りてやりくりする事にしました。

ずっと使っている銀行がカードローンをおすすめしてきたから、それをそのまま申し込んで作りました。借りた金額は6万、私にとっては大金で一括返済もできません。

だから分割して返していくつもりなのですが、この返済において仮に早めに返済ができたとしたら、利息がお得になるのでしょうか?

毎月実は5000円くらいでじっくり返していくつもりでしたが…早めがお得なら、もうちょっと頑張れるかもしれません。

変わらないというのなら、じっくり無理なく返済していきます。どちらが良いのかをお答えください。

カードローンなら早めの返済がお得ですね

次郎さん、いつもお仕事お疲れ様です。京都の飲食店なら何となく雅で趣のある店を想像してしまいますが、そうでも無いのでしょうか?

そうした場所で正社員になれるのが理想かもしれませんが、飲食で正社員っていうのもなかなか難しそうですね。

でもそんな生活であってもカードローンは使えるし、何より毎月そうした小額返済でも間に合うのだから、ありがたいですよね。

生活が厳しいとつい少額返済のまま甘んじてしまいそうですが、早めの返済がお得というのなら、確かに奮起する価値はあります。

で、実際のところはどうなのかという点についてなのですが、これは事実と言っても良いでしょう。

特にカードローンみたいな日割り計算で利息が発生し、返済ペースも自由に変更出来る融資スタイルであるのなら、尚の事当てはまっていると言えます。

利息が一日毎に発生すると考えてみて下さい。仮に一日だけ早く返済してみたとしましょう。

すると一日遅く返済した場合に比べて利息が発生する元本がすでに無いのですから、その一日分だけでもお得になっているという結果になりますよね?

そしてその返済は早ければ早いほど、あなたの支払い総額を減らしていく事になります。

毎月5000円返していったとして半端に数百円くらい残高が余ってしまうなら、その分も一気に返した方がお得になるというわけです。もちろん毎月ペースで増やしても構いません。

このように早いほどお得に、遅いほど損をするのが融資の返済という事になりますが、無理だけはいけません。

あくまで毎月無理無く、それでいて最短で返済出来る金額を設定するのが一番の近道と言えるでしょう。

【参考ページはこちら】
借入の利息を最初に計算してもずれることある?

借入金はなるべく早く返済して利息の節約をしよう

キャッシングやローンにつきものなのが利息です。

キャッシングの場合、いくつかの会社では初めて借入れする人に限って無利息期間を設けていますが、この期間内に返済できれば元金のみですませることが可能です。

しかしその期間を過ぎてしまえば結局利息はかかってしまいます。毎月返済する時に必要な金額については各会社の返済シミュレーションを使って出すことができます。

返済シミュレーションはいくつかの質問に対し、回答するだけなので簡単ですし、結果自体はすぐに出るので便利です。

完済までに必要な日数、毎月の返済額、その返済額にかかってくる利息を出すことができます。

キャッシングやローンは確かに必要なお金を限度額内であれば何度でも借りることができるという点では非常に便利なのですが、借入金の返済期間が長引けば長引くほど利息がかかってくるので、なるべく早く返済するほうが良いです。

そのためには収入を増やすか、あるいは借入金自体を高額借りないようにするということが大切です。

しかももし高額な融資を受ける場合には審査もそれだけ厳しくなってしまうのだということを覚えておかなければいけません。

融資を受けるためには必ず審査があります。これはキャッシングであろうとローンであろうと同じで、きちんと返済してもらえるかということを判断するために行なわれます。

審査のメインは個人信用情報機関をチェックすることです。

この機関には個人の金融に関するあらゆる情報が載せられています。

例えば車のローンを借りていることや他社でいくら借りているのかということ、返済が遅れていたり滞っていたりしてもすぐにわかります。

それだけではなく、携帯電話の毎月の料金の支払いを滞らせてしまった場合にもここに載せられますので注意しましょう。

いずれにせよ、早期返済ということを考えれば、あまりたくさんのお金を融資してもらうのは控えたほうが良いです。借入金は必要最低限のものにしておきましょう。

返済に関しては毎月決まった日にしかできないというところもありますが、会社によっては繰上げ返済といって返済日以外の日でも臨時収入があった場合など余裕がある時に多めに返済できるというシステムがあるところもあります。前もって確認をしておくといいでしょう。

またキャッシングやローンの審査については守らなければいけないことがいくつかあります。

例えば申し込みをする時には虚偽の申告をしないということです。虚偽の申告とは年収が低いからと少し高めに書いておいたり、他社で借入れがあるのにないと書いたりということです。

申し込みの段階だからこれくらいならいいだろうと虚偽の申告をしてしまうと個人信用情報機関をチェックした時にバレてしまいます。

また記入ミスについても虚偽の申告をしたととらえられることがあるので気をつけたほうがいいです。

それで審査が通らなかったという例もあります。ですからまず申し込みの時には何度か見直しをして記入ミスがないかを確認しておきましょう。

それ以外で気をつけたほうがいいことには何社も一度に申し込みをしないことです。

何社にも申し込みをしていると、それだけ切羽詰っている状況なのかと考えられ、返済もできるかどうか怪しいのではと疑われてしまいます。

確かに一度にたくさんの会社に申し込んだほうが確率は上がるかもしれないと考えてしまいがちですが、それは逆効果なのです。

一度に申し込むのは1社、多くても2社までにしておきましょう。

もしたくさんの会社に申し込んで、ほとんどの会社の審査に落ちてしまった場合その記録が個人信用情報機関に残ってしまいます。

このような記録は消えるまで数か月かかりますので、それが残っている限りはあまり良い印象をもたれません。

債務整理をしたことがある方も個人情報機関には注意しておきましょう。

債務整理についても記録されていますが、この機関ではそれぞれの決定がされてから5年間は記載されています。

しかも個人信用情報機関は1つではなく、いくつかあります。そして記録が削除されるのはその機関によって多少のずれがあるのです。

ですから、もし債務整理の期間を完全に終えてどうしても融資を受ける必要ができた時には申し込み前に必ず個人情報機関全てにおいて自分の情報を開示して確認しておくといいです。

ただ債務整理を終えたばかりでまた借金をするとなると同じことの繰り返しになってしまう可能性があるということだけは忘れないようにしましょう。苦労してきた期間が水の泡になってしまいます。

審査に通りやすい基準というのも存在しています。ですが、あくまでそうしたほうが通りやすいというだけで、違うから審査に通らないということではありません。

通りやすい人物はアルバイトや派遣よりは正社員、住んでいる家も賃貸よりは持ち家、独身よりは家族持ち、携帯電話よりは固定電話です。

持ち家に住んでいる場合も長年住んでいる方のほうが有利だといわれています。

これはやはり返済に関係しており、借りたまま返済もしないで逃げる確率が低いと予想されることにあります。

持ち家がある場合、これは財産になりますからそれを放置して逃げるということは普通考えません。

また固定電話をひいている場合も同じです。賃貸や携帯電話は契約を解除しようと思えばできますから、そういう意味では持ち家や固定電話よりは信用度が低めなのです。

ただし、もちろん賃貸に住んでいる携帯電話持ちの方であっても条件を満たしていれば審査には通ります。

信用関係が大事な融資ではまず最初に安定した収入があること、そして信用できる人物であるということが重要視されます。

逆に信用できる人物とみなされれば、収入に見合ったぎりぎりの高額な融資をしてもらうことも可能なのです。

ここで出てくるのが総量規制の問題です。収入がいくら多くてもキャッシングの場合はこの総量規制の枠に入っている融資額しか借りることができません。

総量規制とは年収の3分の1の金額が最高限度額になるという決まりです。キャッシングでは最高でもその金額までしか借りられないのです。

年収が150万円の人であれば最高限度額は50万円です。それ以上はいくら望んでも無理なのです。

年収が低めの人であれば限度額はさらに低くなります。その場合はやはり借りるよりは一生懸命に働き、収入を少しでも増やせるようにしたほうが良いです。

総量規制の枠にあてはまらない場合もあります。それは銀行で融資を受けることです。銀行でローンを利用する場合、年収に関わらずいくらでも借りることができます。

それこそ審査で高額な限度額がOKと出れば、それを借りることはできます。銀行の場合は最高限度額500万円というところも少なくありません。

ただ審査が厳しいので結果が出るまでに数日かかるというだけです。どうしても高額な融資が必要な方は銀行のほうに申し込んでみるのが良いでしょう。

申し込みをして審査に通るかどうか不安な方は申し込み前に借入診断をしておくといいです。

この診断はあくまで仮の結果ではありますが、数秒で審査に通るかどうかの結果を出すことができます。

申し込んだことは機関に記録されてしまうのですから、事前に審査に通るかを調べておくことは決して悪くはありません。

また申しこんで審査に通ったとしても必ずしも融資を受けなければいけないということでもありません。

あくまでいざという時のために頼れる場所を作っておくということもできます。

もし限度額を上げたいということであれば、逆にまめに利用して信用度を上げておくのがオススメです。

こまめに利用していると、その会社のほうから限度額をあげませんかというお誘いがくることがあります。自分から申し込んでみることもできます。

限度額アップをするには改めて審査が行なわれますから、年収が下がってしまった時などには限度額アップは申し込まないほうが無難です。

▲ トップへ戻る
Copyright (C) 2022 《借入》今からでも間に合う!絶対安心のキャッシング選び! All Rights Reserved.