カードローンでの借入金は年齢制限なしでしょうか?今54歳です

私は今、54歳になる会社員です。仕事柄よくネットも使う為に年齢の割にはこうしたところへの質問もきちんとできますので、一部の同年代からは驚かれることもあります。

人間はやっぱり普段から新しい物に触れていれば頭も古くならずに済みますので、今後もこうした事には積極的にチャレンジしていきたいと思います。

そんな私の趣味はそのまま、新しい物に触れる事です。

最近よく聞くガジェット製品というのに興味津々でして、例えばタブレット端末とか最新のラップトップPCなど、そういった物を購入するのが楽しみだったりします。

これらは非常に楽しい趣味なのですが、一つ問題を挙げるとすれば、技術が日進月歩であるように、しばしば高額な新製品がお披露目される事です。

有名な大手企業の新製品などは、それこそ最低でも一年に一回発表があるくらいです。

それで今私が欲しいのは、スマートウォッチと呼ばれるスマホと連動する時計です。

時計なのに様々な機能が詰め込まれた夢溢れるツールですが、その分値段というのも詰まっていまして…

ちょっと一括で買うというのは厳しいので、カードローンをこの年になって初めて作って借り入れを利用してみようと思うのですが、この今の自分の年齢というのが気になっています。

カードローンでの借入金は、年齢制限なしなのでしょうか?私も若いとは言えない年齢ですので、些か心配になっています。

上限はありますが50代ならまだまだ普通に使えるものばかりですね

ガジェット製品は、どちらかと言うと若い世代のギークと呼ばれる人たちがこよなく愛している印象が強いですね。

ただ、日本は先進国で豊かな国であり、こうした高価格ながらも便利に使える物が比較的普及していると言えます。

よって、多少お年を召されていても愛好されている方も少数存在しておりますので、若々しく目立ってしまうのはしょうがないかもしれませんね。

こうした高い物を購入するのにはカードローンはかなり心強いですが、年齢制限というのは実際に存在しています。

下で言えば20歳以上でないと利用出来ない事になっており、そこからは年齢を重ねる毎に金融業者からの評価というのも変わってきます。

人間というのは高齢者となると仕事から引退する人も多く、そうした流れがある以上、いつまでもカードローンを使う事はできません。

ただ、質問者さんはまだ50代という事ですよね?それだとほとんどのカードローンにおいて制限は発生せず、金融業者からすると働き盛りだと判断される事もあるでしょう。

そのご年齢でやや厳しいのは、長期の住宅ローンくらいでしょうか?カードローンみたいに短期間借りて返してを繰り返す融資の場合、上限年齢に達していない限りは普通に使う事が出来るでしょう。

カードローンの大体の上限年齢ですが、最大でも70歳くらいとなっています。それまでにはまだ10年以上ありますから、一度作ると使う局面もまだまだあると思いますよ。

【参考ページはこちら】
借入は何歳まで可能?

借入金の利用は年齢制限なしのところはあるか

現在では借入のサービスも多岐にわたり、さまざまな金融機関で利用者にあったサービスを利用出来るようになりました。

それにはインターネットで申し込みが出来ることで、融資のサービスも認知が広がり、借入れのしやすさがどんどん発達していくことで、どんな人でも融資が受けられることで、利用者が増えていきました。

借入れというのは以前はサラリーマンが消費者金融を利用することの、俗に言うサラ金によって融資を受けるというイメージで、サラリーマン以外の人はなかなか入ってこれないところがありましたが、最近では主婦や学生でも融資を受けることが可能であり、借入れはサラリーマンだけではなく、一般の社会人のほとんどが利用者となり幅が広がっていきました。

こうして色んな人が受けることの出来る融資のサービスですが、利用する人には年齢制限があります。

学生が利用出来るローンに関しては利用資格は満20歳以上からであり、未成年の利用は出来ません。上限でよく聞くのは70歳未満の方ならどなたでも利用出来るというものです。
(⇒19歳でも社会人なら借りられる?

では年齢制限なしで借入金の利用が出来るところがあるのかと言うと、実際はほとんどない状況にあります。

融資の利用について年齢制限が設定されているのには、ちゃんとした理由があります。消費者金融で借入金の利用が出来るのは満20歳から69歳までです。

70歳以上の高齢者が融資の利用をするのが難しいのは、70歳以上ともなるとそのほとんどが年金によって生活を維持していると考えられます。

年金生活者が借り入れの利用をすることは出来ないと制限している金融業者は多くあり、年金を収入源として生活しているのであれば、お金を借りた時の返済能力に欠けると判断されてしまいがちなのです。

また高齢者ともなると病気や怪我の確率が増えることや、死亡によって返済が不可能となる確率も高く、若い人に比べたら可能であると判断される返済期間は短いものとなります。

高齢者の場合は融資を受けてもどうしても返済期間を設定する場合、期間が短くなってしまうことで、金融業者側は貸付が難しいと判断してしまうのです。

年金生活者の中でも満70歳未満の年代の中にも年金以外の収入源がとくになくても融資の申し込みを来なう人もいることでしょう。

制限された年齢でなければ利用が出来ないわけではないので、年金生活者でも融資の利用は可能です。ただ高齢者であればサービスを受けることは不利であるとされています。

融資の申し込みをした時点では満70歳未満であり、利用を計測していたにしても満70歳になったら追加融資は打ち切られてしまうといったケースもあります。

銀行系のカードローンにおいては利用出来る年齢の制限は満65歳未満としているところが多いです。

年齢制限もそれぞれの金融機関で違っており、比較をして自分の年齢に合った金融業者を探す方法が有効です。

年齢制限が設けられている金融会社においては、各社で設定されている年齢枠を一覧表にしてまとめているサイトはインターネット上にあります。

大手の消費者金融などで制限年齢が一覧として見れるのであれば比較もスムーズに行われ、自分が融資を申し込みにはどこの業者が一番であるかがすぐに判断出来ます。

サラリーマンを定年退職した人でも70歳台に入っても元気で何かしらの収入になるようなことをしている人もいるかも知れません。

世間では70歳以上の人は融資を受けるのが難しいと言われていても、収入がある場合はこの限りではないかも知れません。

そういう意味では年齢制限が70歳に設定されているのも、定年退職後の数年で何かしらの収入を得て返済能力の見込める人がいるという考えのもとで年齢が設定されているのかも知れません。

融資のサービスを受けるために行われる手続きでは審査が行われ、審査は個人信用のもとに行われますが、個人信用と言うのは返済能力が認められるための情報源であり、返済能力が見込めない場合は審査には通りません。

たとえば年金生活を送る高齢者が生活の足しとして借入金を利用して融資の申し込みをしても、実際問題利用は難しい状況にあります。

住宅ローンの場合でしたらローンの完済年齢が75歳から80歳までという条件がもうけられています。

通常の住宅ローンの返済可能期間は最長で35年間であり、返済期間は短く設定した場合は月々の返済額も大きくなり、また借入可能金額も支払機関の最長期間のものよりも少なくなります。

ですから住宅ローンを組む場合、高齢になればなるほど、支払が完済する期限が設定されている分、支払期間は年齢が上がるとともに少なくなり、借入出来る金額も少なくなる可能性もあります。

住宅を購入してローンを組むのであれば年齢が若いうちにローンを組むことで、余裕の持てた返済が出来るということになります。

学生が利用出来るローンについては利用出来る年齢は満20歳以上からと設定されている金融会社が多く、未成年の利用に関しては受け入れていないところがほとんどです。

学生でも借入が可能でローンのサービスが提供されているのは、学生であっても急な出費や必要な資金に応じてお金を借りられるように融資が提供されています。

また学生でもアルバイトをしている人が多く、安定した収入のある人と判断されて借入金の利用が出来るようになっています。

消費者金融の提供しているローンに関しては20歳以上で安定した収入のある人が対象と謳っているところが多く、これは20歳以上であれば社会人でも学生でもローンの利用は出来るということをあらわします。

このように謳っているローンを提供している金融業者では未成年の申し込みには対応していません。

しかし学生専用のローンを扱う金融業者の中で大学生・大学院生・短大生・専門学校生といった学生と呼ばれる人が対象になった専用のローンを扱うところでは、満18歳以上の安定した収入のある学生が対象としているところもあります。

これはアルバイトなどで安定した収入を得ている学生であれば満18歳以上からでも利用が可能と言うことです。

この場合高校生以下は利用不可であり、大学生・大学院生・短大生・専門学校生といった学生を対象にしているので、これらの学生にされる年齢である満18歳以上からの年齢で設定しているところもあります。

未成年が融資の申し込みを行う場合、保護者の同意が必要となります。このきまりは賃金業法で定められているものではなく未成年者の保護のため民法で定められています。

未成年者が親の同意なしに勝手に契約をすすめた場合、保護者は一方的に契約の取り消しが出来ます。

このような規定があることから多くの消費者金融では融資の利用年齢を満20歳以上に設定しています。

金融業者によっては学生の申し込みにおいて満20歳以上の申し込みの場合でも親の同意書を求められるところがあります。

また保証人が必要となるところもあるかも知れないので、学生ローンを申し込みたいのならサービスをしている各社から、条件や必要書類などを見比べて、出来るだけ負担が少なく手続きが出来るところを探した方が良いでしょう。

また未成年者が借入れの申し込みが出来る条件として、結婚している未成年者の場合は満20歳未満でも成人として扱われます。

結婚しているということは世帯を持って自立できているということから、支払い能力も持っていると判断されます。

この場合は結婚してても満20歳未満だった場合は融資の利用が可能であるとされています。

未成年者でも親の承諾があったり、親が保証人になった場合は融資を受けることが出来ます。

未成年者だと社会人に比べたら判断能力がないため、未成年者の契約は親が同意しない場合は取り消すことも出来るのです。

未成年者であっても人によって能力の違いはあるかも知れませんが、やはり相対的な信用力は融資を受ける上では弱いと考えられます。

▲ トップへ戻る
Copyright (C) 2020 《借入》今からでも間に合う!絶対安心のキャッシング選び! All Rights Reserved.