借入金の使い道に制限はありますか?クレジットキャッシングです

どうも、私の名前は花田(仮名)です。仕事は工場勤務なのですが、専務や営業の人に気に入られてしまい、よくゴルフコンペに誘われてしまいます。

接待の一環という事なので正直最初は出る気もあまり無かったのですが、お下がりの道具を貸してもらってちょっとプレイしてみたら、これが意外に楽しくて…元々結構運動は好きだったのですが、ゴルフがここまで楽しいとは思ってもいませんでした。

競い合いというよりも自己スコアと戦う、まさに自分自身との戦いという感じが性にあっています。

というわけで、今の趣味はゴルフという事になりました。いつまでもお下がりをレンタルするわけにもいかないので、一気に自分専用の道具を買いそろえようかと思っています。

しかしゴルフ用品っていうのもなかなか良いお値段であり、工場なのでさほど給料も良くないからどうしようか…そう考えていた時、クレジットカードがあった事を思い出しました。

このクレジットカードも付き合いが作ったものですが、キャッシング機能という現金融資があり、これで借りて購入すれば毎月ゆっくりと無理なく返せると聞きました。

それまでカードを使った事が無いのですが、ようやくこれで役立つ…そう思っていましたが、念のためにお聞きしたい事があります。

クレジットキャッシングにて借りたお金で、使い道が制限されたりはしませんか?

例えばどうしても必要なお金…光熱費とかにしか使っちゃダメとか、そんな事はありませんか?何か制限がありましたら教えてください。安心して借り入れたいのです。

おそらく事業用途以外なら問題なく借りられます

花田さん、いつもお仕事お疲れさまです。基本的に現場と営業が一緒にゴルフに行くとかあまり聞かないので、本当に気に入られたんだと思います。

これも花田さんの誠実さが評価されているのでは…と質問内容から勝手に推測してみたりします。

ただ、ゴルフは何となくお金持ちのスポーツという印象が拭えないくらい、お金が実際にかかるものらしいですね。

そんなお金がかかる分野にはキャッシングでの融資は確かに役立ちます。

しかし、せっかくのお金を借りる機能なのに、用途に制限があれば一気に使い道は無くなってしまいますよね。

花田さんも言っているように光熱費にしか使えないという場合、それでも役立つのは事実ですが物足りない感じは否めません。出来れば、自分で自由に考えて使いたいものですよね?

というわけで、クレジットカードのキャッシング機能というのは大抵どんな用途でも使える使い道自由な融資方法となっているはずです。

似たような使い方が出来るカードローンを見ても分かりますが、用途自由と書かれている事が大半の為に、不自由を感じる事は無いでしょう。もちろん、ゴルフ用品に使うのも全く問題ありません。

しかし、キャッシングによっては一定の用途制限があったりしますし、だいたいの一般向けカード融資というのは、事業用途には使えません。

事業用途というのは、設備投資とかそういった仕事に関わるお金の融資に使えないという意味ですね。

ゴルフは趣味なので特に問題はありませんが、万が一仕事関係で使う事になれば、慎重に用途の確認をしておくべきです。

【参考ページはこちら】
誰でも使える簡単な借入方法

借入金の使い道が限定されない融資のサービスのポイントとは

少額の現金が必要になった際には、短期で借入を行い、できるだけ早期に返すことが重要なポイントとなります。

このような借入金のサービスがキャッシングやカードローンで、お金の使い道が限定されていない融資のサービスである為に、さまざまな目的に応じて利用できるようになっています。(こちらもご参考に→借入ができる会社を教えて!

これらキャッシングやカードローンの使い道は、短期間の目的に限定される事がなく、長期間の融資にも適した場合があり、さまざまなケースで利用できる優れたサービスとなっているのです。

長期的で高額な借入金が提供される場合は、担保や保証人を必要とするケースも多く、代表的な融資としては住宅ローンなどがあります。

これは高額資金を借りる際には不可欠なもので、住宅購入の際に活用する場合は返済期間も十年単位の長期になるケースが大半なので、これらの担保が必要になるのです。

しかし、住宅ローンでの借入は、その金融商品の性質上、住宅の購入に充当しなければならず、その使途は限定されています。

キャッシングやカードローンといったサービスは、使い道が限定される事はなく、個々の目的に応じた利用が許可されているサービスである為に、このような住宅ローンとは性質が異なり、非常に便利なサービスとなっているのが特徴なのです。

住宅ローンの金利は、通常のキャッシングなどと比較し低くなっていますが、キャッシングを利用する場合でも高額な限度額が割り当てられれば、利息負担を大幅に減少して融資を受ける事が可能なのです。

また、銀行系のなどに代表される、借り換えを目的としたサービスを効率良く活用する事で、複数の業社から融資を受けている場合に大幅に金利負担を抑えることも出来るようになっています。

これは銀行系の高額な融資を受け、それぞれの借金を一つにまとめて返済する方法で、より計画的な支払いを長期に渡り継続させる事も可能になるので、非常に便利なサービスとなっているのです。

現在のキャッシングのサービスの中には、借り換えを目的とした専用のサービスも多くあり、銀行系のサービスだけではなく、消費者金融などからも借り換え専用の融資が用意されています。

これらの金融商品の限度額は、通常のキャッシングのサービスよりも高めで、返済期間も長くなる事が考慮されているので、毎月の返済が楽になるようになっているのです。

このような借り換えを目的とした融資は、銀行系のサービスだけではなく、消費者金融のローンであっても法的な規制の対象外になるので、融資総額に制限が出てしまうことが無いのです。

そのため、複数の借入が上手くまとめられるようになっています。

このサービスでは月々の支払額が低くなる事に加え、返済に関連する手続きや、複数の借入を検証する面倒な返済計画を立てることも必要なくなり、金銭的にも心理的にも有利な借り換えとなるのです。

そして、このキャッシングやカードローンの使い道としては、生活面の金銭的な不足を補う事が多くなります。

そのため、継続的に生活面の金銭を補う際には、注意が必要になるのです。

このような場合は、複数の業者から借入を行うのではなく、ある程度のまとまった金額を一つの業者から借りて、支払いの負担を適度に調節する事が効果的な方法となります。

また、生活費を工面する際にキャッシングやカードローンを利用するケースでは、住居費などの固定費を見直すことも効果的で、この固定費が占める毎月の支出の割合は大きいので、より金銭的な負担の低いところに引っ越すことも検討すべきポイントとなるのです。

キャッシングやカードローンのサービスの中には、収入を増やすことで、より大きな融資額を提供してくれるケースもあります。

それ故に、金利負担が減少する事になり、有利な状態での借入が可能です。

その結果、転職などの機会も活用して、より収入が高い職場へキャリアアップをはかる事も効果的な手段となり、有利な融資条件を効果的に活用する際には、複数の手法を組み合わせて検討する事が必要になります。

キャッシングやカードローンの場合は、住宅ローンなどとは異なり、使途が限定されない事から理想的な借入のサービスとなりますが、このような利便性に優れたサービスを効率良く活用する為には、借り換えなども検討し、上手く生活面の負担を減らせるようにサービスを利用する必要があります。

また、これらの融資のサービスでも、幾つかの融資は長期的な借り入れを前提としてサービスを提供している為に、支払いの負担を上手く抑えるために利用する事も大切です。

借入金が高額で長期で借りられるサービスは、通常のキャッシングよりも限度額が大きくなっています。

そのため、金利が低いサービスが多くなり、総合的に有利な条件での貸し出しとなっているのです。

このような理想的なサービスを探す際には、複数のサービスの融資条件を比較する事が必要です。

特に、各業者の金利を知りたい場合には、キャッシングの商品比較を行っている専門的なサービスなどを利用して、返済期間と融資総額に応じて変化する金利負担を比べてみる事が重要になるのです。

そして、個々の希望する返済方法や、返済回数などを加味し、最適なサービスを選ぶ必要があります。

この返済する期間や回数が個々の希望条件を満たし、理想的な借り入れとなるようならば、サービスに申し込みを行う事が効果的です。

通常は、消費者金融系のサービスよりも、大手銀行系のサービスの方が有利な融資条件を提示しています。

しかし、より利便性に優れたサービスという面を重視する場合は、ノンバンク系のサービスのほうが適している場合もあり、少額の借入金が必要なケースでは、積極的にノンバンク系のサービスを比べてみる事も大切なのです。

また、銀行系のサービスを利用する際には、銀行が母体となって運営している関連業者のサービスも検討してみる事が重要で、このようなサービスは比較的有利な融資条件での貸し出しに加え、消費者金融系のサービスに特有のメリットを兼ね備えたものである事も多いので、優れたサービスとなっているケースがあるのです。

この大手の提供しているキャッシングは、信頼性が高く、母体が銀行なので、資金力の面でも優れているのです。

これらの理由から、借入金が大きくなり、長期的な融資が必要な場合にも安心して利用出来るサービスとなります。

また、長期の借入が予測される場合には、できるだけ低い金利のサービスを検証する事が重要になりますが、このような金利を重視した場合は銀行系のカードローンが最適な選択肢となることが多いのです。

銀行系のカードローンのサービスは、年率が融資限度額により変化しますが、比較的低い限度額が適用された場合でも、負担が低くなるように設定されています。

また、このようなサービスのメリットとしては、融資総額にあり、手軽に申し込みが出来るサービスでも、数百万円単位の高額な融資に対応してくれる場合もあるので、様々な使い道ができます。

そのため、十年以上の借り入れにも対応でき、支払いの負担を抑えて返済することが可能になるのです。

これらのサービスに申し込みを行う際には、事前の検証が十分に行われる事で、その後の返済に大きく関係してくる為に、個々の目的を明確にして、適切な借入額を提供してくれる金利負担の少ないサービスを選ぶ事が重要になるのです。

また、長期的な返済が予測される場合には、希望条件に応じた返済方式と返済回数を兼ね備えたサービスを見つける事も重要で、十年単位の返済を見越して、支払いの計画を立てていく事も重要です。

返済が長期にわたる場合は、継続的に金利負担の支払いが必要になり、年単位では大きな金額になるので、予め限度額が高額で、金利が低いサービスを見つける事が重要です。

そして、審査に応じて適用される金利の利率を予測し、適度な利率が適用される可能性があるならば、サービスを利用する事がポイントとなります。

▲ トップへ戻る
Copyright (C) 2020 《借入》今からでも間に合う!絶対安心のキャッシング選び! All Rights Reserved.