銀行借入金のメリットだけじゃなくデメリットも知りたいです

消費者金融と比較すると、銀行からの借入って評判が良いですよね。借入金を用意する為の術はたくさんあるわけですが、大多数の人は銀行を推している気がします。

それだけ実際に銀行が使いやすく魅力的であるんでしょうが、何事にもメリットデメリットがありますよね?

そこで今回私が聞きたいのは、銀行からの借入金にもデメリットがあるのかどうか…です。

もちろんメリットについても教えていただけるのはありがたいのですが、やっぱり知りたいのはデメリットです。企業側も基本的にデメリットについては記載してくれませんし。

何でそんな事を気にするかというと、今妻が妊娠中なのです。

それで今後子供が生まれてきた場合に備えて、銀行のカードローンを用意しておいていつでもお金を借り入れられるようにしたいのですが、もうすぐ一児の父になるので、出来るだけ危険な事を見過ごしたくないのです。

特に、借入はお金を借りてきちんと返せるようになっておかないと、妻だけじゃなくて子供にまで辛い思いをさせてしまいます。

それだけは何としても避けたいです。私だけならまだしも、家族にまで辛い思いはさせられません。

こうした事情がありますから、銀行からお金を借りる場合のデメリットというのをしっかりと勉強しておきたいのです。何卒ご協力、ご指導をお願いいたします。

デメリットは審査周りにあると言えるかもしれません

家族への危険を回避したいだなんて、もうすでに立派なお父さんですね!

最近は子供も育てられないような家庭が多い中、質問者さんみたいに責任感がある方というのはとても貴重です。どうかこれからもご家族と一緒に色んな事を乗り越えていってください!

さて、問題の銀行借入のメリットデメリットですね。銀行からの借入というのは、評判通りに考えればメリットばかりです。

しかし、デメリットについてもよく見てみると、見つける事は難しくありません。そうじゃないと、消費者金融が存在している意味が怪しいですからね。

ここで、そんな銀行借入…特にカードローンで借りた場合について解説をしていきましょう。

・メリットについて
まずメリットですが、とても有名なところから触れていくとしたら、やっぱりその金利の低さですね。

低金利で融資を受けられる場合、返済総額が小さくなります。これはひいては自分のお金が減りにくいという意味なのですから、非常にありがたいですね。

他にも銀行ならではの安定感、口座を持っていると審査にも通りやすくなるなどありますが、銀行借入はご家族の為に使う場合でも、低金利のおかげで家計に負担がかかりにくいのは重要なポイントです。

・デメリットについて
そんな銀行借入のデメリットについて挙げていくとしたら、やっぱり審査が厳しい事でしょうか。

審査が厳しいという事は、それだけ審査に通過しにくく借りにくいという事です。特に急ぎの融資を希望しているのなら、上手くお金が借りられず焦る事もありますね。

また、地方銀行から借りる場合、営業区域に注意しましょう。

地銀は基本的に営業区域内に住む方の融資をしてくれるのですが、区域外に住む事があると使えなくなる事もあります。子供が出来るという事は引っ越しの可能性もあるのが懸念かもしれませんね。

以上の点がメリットデメリットと言えます。基本的にはメリットが多いと言えますが、注意すべき事が自分に不都合かどうかは絶対に注意しておきましょう。

【参考ページはこちら】
借入審査に通りやすくするためには?

低金利が魅力の銀行借入金のメリットデメリット

融資を受けるには銀行や貸金業者を利用することになりますが、それぞれにメリットデメリットがありますので、メリットを取るかデメリットを回避するかの選択をする必要があります。

金利や限度額の高さも重要ですから、目的をしっかりと持つことがデメリットを少なくして借り入れすることに繋がります。

銀行と貸金業者では関係する法律が異なるため一概に比較はできませんが、安心感を重視するか借りやすさを重視するかの選択も必要です。

メリットやデメリットは利用者によって異なる部分ですから、利用方法や使途を考慮して選ぶことが大切です。

目的のない借り入れは借金を増やすだけですから計画的に利用することが基本となりますが、融資には必ず利息がかかることを忘れないようにすることが大切です。

金利の計算方法によっては利息の負担が大きくなってしまいますので、金利の高さだけが選択基準ではないのです。借金で多重債務にならないようにするには、計画的な利用が大切なのです。

どんな融資にもメリットはありますが、銀行融資には長期低金利融資が可能な点がメリットになります。

銀行融資には様々な種類がありますが、長期低金利といえば住宅ローンがあります。

住宅ローンは担保物件を設定することで担保に見合った金額が借り入れできる融資ですが、担保物件は失う可能性もある仕組みとなっているため、無理をしないように資金計画を立てて利用することが大切です。

また誰もが利用できる融資ではないことが貸金業者との最大の違いになります。

銀行融資ではマイカーローンや教育ローンなど比較的少額からも利用できる融資がありますが、使途に制限がある銀行借入金には契約者には直接現金が渡らない特徴があります。
(⇒無収入でも車のために借入できる?

マイカーローンであれば購入した自動車会社に直接振り込まれますので、契約者は借入金に手を付けられない形態となります。

目的は車の購入ですから現金が手に入らなくても困りませんが、現金融資を利用したい人にはデメリットに感じてしまいます。

銀行借入金は長期低金利で利用できるものが多いですが、融資とつくもののほとんどは契約者に現金が渡らないシステムとなっているのです。

貸金業者は少額現金融資を基本としているため、使途に制限がある銀行融資とは全く異なるものだと言えます。

一方で銀行融資にも少額現金融資に対応した金融商品もありますが、貸金業者と比較すれば金利が抑えられている点にメリットがあります。

現金融資は金利が高くなりますが、銀行の場合は貸金業者よりも利用しやすい環境があります。

銀行の現金融資にはカードローンがありますが、カードローンには銀行が直接提供しているものと提携する信販会社が提供している場合もあります。

それほど違いはありませんので利用者が気にすることは少ないですが、契約者は内容をしっかりと把握して利用することが基本となります。

銀行のカードローンのメリットは金利が低く設定されていることや、借入限度額が高い点にあります。

最大800万円まで融資が可能な銀行カードローンもありますので、限度額の高さが魅力になります。

銀行カードローンには低金利で利用できるメリットがありますが、審査が厳しいためだれでも利用できるわけではないと言うデメリットもあります。

銀行の審査に通る人しか利用できませんので、最低でも正社員として企業に勤務している必要がありますし、年収では300万円以上必要となるケースが多いと言えます。

その一方で主婦や学生でも利用できるカードローンも提供されています。

50万円までの少額融資となりますが、貸金業者では利用できないケースが多いためメリットの一つと言えます。

銀行融資のメリットは長期低金利で利用できる点にありますが、融資額の高さにもメリットはあります。

カードローンでも最大800万円まで利用できるところもありますので、様々な活用により利用できるのです。

複数社から借り入れをしてしまうと返済が苦しくなりますが、高額融資が可能なためにおまとめローンに利用すれば効率よく借金の返済ができるようになります。

貸金業者でもおまとめローンの取り扱いがありますが、金利が高いためにメリットを感じられない場合があるのです。

銀行融資は信頼度の高さにも定評がありますが、確実な返済が見込まれる人にしか融資を行わないため、貸金業者のように借入金と利息を回収できない損失が少ないのです。

その分低金利で融資が可能となりますので、信頼度の高さと安心感があるのです。

貸金業者の中には法律の改正によって経営が悪化したところも多く、中には経営破綻をしている貸金業者もあります。銀行はそのようなことが比較的少ないため、安心して利用できるメリットがあるのです。

貸金業法の改正により、経営の思わしくない貸金業者は銀行グループに入ったり合併によって経営を続けている現状があります。

それだけ銀行は経営の健全度が高いことを意味していますので、融資審査にも厳しさが現れてくるのです。

貸金業者が銀行傘下に入ったことで、以前とは違う金融商品を提供するようになった銀行もあります。

貸金業者の代名詞的なサービスに即日融資やインターネットからのWEB申し込みがありますが、傘下に入った貸金業者のノウハウを利用し銀行カードローンでも同じようなスタイルを採用するところが増えています。

これまでであれば審査に時間がかかり融資が行われるまでに時間がかかっていたわけですが、これにより融資までの時間が短縮されスピーディーに利用できるようになっているのです。

もちろん即日融資は困難なところが多いですが、以前と比べれば確実に素早い対応ができるようになっているのです。

銀行と貸金業者には関係する法律が異なる点にも特徴がありますが、銀行は銀行法ですし貸金業者は貸金業法により運営されています。

利用者にとっては関係法律が変わってもそれほど支障はありませんが、貸金業法には総量規制による借り入れ限度額の設定があります。

年収によって利用できる上限額を設定したものですが、利用件数や利用額が多い人ほど新規の借り入れができなくなってしまいます。

多重債務者を出さないための方法となっていますが、貸金業者の審査が緩すぎたことが背景にありますので、このことからも銀行融資の審査が厳しいことが分かるのです。

銀行融資のメリットは金融商品が豊富に揃っていることもありますが、おまとめローンやフリーローンも提供されていますので、貸金業者に近い感覚で利用できるものが多くなっているのです。

さらに低金利で貸付が行われるため、人によっては貸金業者よりもメリットが多いと言えます。

人によるというのは審査に通るかどうかが関係していますが、メガバンクと呼ばれるように規模の大きな銀行ほど審査が厳しくなります。

メリットの多い銀行融資ですが、デメリットには審査の厳しさがあります。

審査基準に関しては一般に公開されているわけではないため部外者が判断できるものではないですが、カードローンでも金融属性をしっかりと確認し審査が行われています。

返済能力のない人には1円も貸さないのが銀行融資の特徴ですから、利用できる人が限定されてしまう点がデメリットになります。

収入があってもアルバイトや派遣社員では厳しい審査により利用できないこともあるのです。

最近では貸金業者並みにスピーディーな融資が行われるようになった銀行ですが、即日融資に対応している銀行はほとんどないのが現状です。

長期低金利で融資を行うには、契約者に返済能力が有るかしっかりと調査が行われますので、ある程度の時間はかかってしまうのです。

カードローンであれば即日審査が可能な銀行もありますが、貸金業者のように振込による融資は行われていませんので、カードの発行を待って利用するのが一般的です。

ですからカードが手元に届くまではカードローンの利用はできないのです。

▲ トップへ戻る
Copyright (C) 2020 《借入》今からでも間に合う!絶対安心のキャッシング選び! All Rights Reserved.