銀行ローンで借入れる場合にこちらをだます事なんて無いですよね

銀行でのカードローン、もしくはフリーローンの利用を検討しています。

使い道なのですが、レジャーの為の費用が少しばかり足りませんので、その補填と余裕を持たせる為の余剰資金としての活用を検討しています。

銀行のローンを選んだのは、ひとえに安心だからという理由です。

今は消費者金融であっても安全だとはみんな言っていますが、過去にあった事を知っている身としては、どうしても使う気にはなれません。企業のイメージってそんなものですよね。

銀行については消費者金融みたいな話は聞かないし、金利とかも低いみたいで断然こちらって感じで選んだのですが、最近になって「銀行と言っても人を騙したりする事はあるみたいだよ…」と友人から聞きました。それって本当なのですか?

私は今まで銀行とやり取りして、そんな風に感じた事はありません。

確かに窓口担当の人によっては正直愛想が無い人も居ましたが、それは別として騙されたという気はないのですが…知らないうちに、何かされているなんて事、ありませんよね?

銀行ローンで借り入れる場合、こちらを騙すなんて事ありませんよね?

無い事を祈っていますが、真実は違うというのならそれも教えてもらえると助かります。よろしくお願いします。

銀行ローンで騙す事はまず無いですよ

銀行は預金口座として、おそらくほとんどの人がどこかしら利用をしていると思います。

そういう意味では最も私たちにとって身近な施設の一つという事となり、預金以外に今回検討されているローンも使っている方が多いです。

銀行のカードローンやフリーローンというのは、消費者金融に比べるとかなり人気なのは言うまでもありません。

何故人気なのかと言うと、低金利という事もありますが、質問者さんの言うとおり安心感が得られるからです。過去の事は早々は消せませんしね。

しかしながら、時折銀行でも倒産したり、或いは不正行為をしてしまったというニュースが散見されます。

ただ、こうした時折起こる問題というのは、もはやどんな業界でもある人為的トラブルの一つです。これを完全に無くす事は、人間の社会では難しいのです。

では、個人が悪意をもって行う行為以外で銀行が組織ぐるみで騙してくる事があるかというと、それはまず無いと言っても良いでしょう。

例えばローンに関しては、利用する前には規約を必ず読まないといけませんし、その規約にはルールの説明も含まれます。

銀行の場合は銀行法という絶対的なルールがあり、それに反して貸付けを行う事はできません。

それを行ってしまえば、営業停止を受ける事もあり得ますし、営業停止がそのまま廃業に繋がる事も多いです。ゆえに、こちらを騙すのは最終的に銀行が損をします。

損得勘定抜きにしても騙すという行為は、社会通念上間違った行為であり、合法スレスレな貸付けをしても企業としてのコンプライアンスを疑われます。

よって、銀行というお金がたくさん集まるところほど厳しくルールを厳守しているので、心配は無いでしょう。
(⇒銀行で借りるメリット・デメリット

銀行ローンからの借入でだますことはできない

銀行ローンからの借入で自分の個人情報をだますことができるのかどうか考えることがあるものです。

やはり、誰にとってもローン審査に通ることができるかどうかが重要ポイントであり、どうしてもお金を借りたい時ほど簡単に審査クリアしたいところです。審査は本当に様々なことをチェックされます。

簡単な話、収入が高い人ほどお金を借りやすく、返済能力が低い人ほどお金を借りることが難しくなります。

銀行へローンの申込をする時に申し込み用紙に自分の個人情報を記載することになりますが、この内容で審査に通りやすい内容を書いておけばお金を借りやすくなります。

銀行をだますことができると審査に簡単にクリアして、お金を手に入れることが出来ますが、これは不可能なので覚えておきましょう。

どうして銀行をだますことが不可能なのかと言いますと、銀行へ申し込みをした時に申込用紙の内容は書類からしっかりと確認されるからです。

例えば、年齢や住所などに関しては身分証明から確認されますし、年収に関しては収入証明から確認されることになります。

銀行ローンの申込で必要となる書類は基本的に身分証明と収入証明です。

身分証明に関しては運転免許証やパスポートなどが必要です。身分証明は自分の身元を確認することができる物なら何でも良いです。

ほとんどの銀行では申込時に運転免許証かパスポートが必要となっています。これは顔写真を確認できるからです。

しかし、運転免許証やパスポート以外でも保険証や住民票など、他の書類でも身分証明として利用することが出来るので覚えておくと良いです。

運転免許証もパスポートもなけれあ、保険証や準民表など他の書類を利用すればよいですが、こうした書類を用意することも難しいという人は公共料金の領収書を利用すると良いです。

次に収入証明についても説明しておきますと、収入証明は基本的に会社の給与明細や源泉徴収票を利用することになります。

会社の給与明細については直近数か月分の明細が必要となることがあるので覚えておきましょう。

会社に勤めていない人の場合は給与明細も源泉徴収票も用意することが出来ませんが、確定申告書を用意することで申し込むことが出来ます。

個人事業として自分で稼いでいる人の場合は確定申告を用意して銀行へ申し込みましょう。

このように身分証明や収入証明の書類からしっかりと自分の個人情報をチェックされるので、それによって銀行をだまそうと思っても必ずばれてしまいます。

銀行をだますというのは非常に大きなリスクがあることで、下手をすると訴訟になることがあるので注意をしておきましょう。

まず、だましたことがバレてしまった場合に自分の信用は非常に大きく低下することになります。

信用が大きく低下してしまうと、ローン審査に合格するのが厳しくなります。

ローン審査に合格するためには個人情報の確認と収入のチェック、そして信用があるかどうかも大きなポイントになります。

銀行をだまそうとして失敗してしまい、それによって自分の信用が著しく低下してしまうと、他の銀行や消費者金融へお金を借りるために申し込みをしても、信用が無いことで審査に落ちやすくなります。

信用というのはしっかりと記録として残り、その記録はどの金融機関も審査においてチェックすることが出来ます。

一つの銀行で審査に落ちても、他の銀行なら信用が無いことがバレないと思いがちですが、それほど審査は甘くありません。

信用記録は共有されているので、他の銀行でも信用が低下していることが見抜かれることになります。

銀行からお金を借りる場合に一部の銀行では収入証明が不要のケースがあります。

これは一定の金額ならば申込時に身分証明だけで申し込むことができるという内容ですが、この場合は自分の年収をチェックされることがありません。

年収をチェックされないので、通常よりもお金は借りやすくなります。しかし、そのデメリットとして借入できる金額が小さいということが言えます。

カードローンの限度額として大体100万ほどまでなら収入証明が不要になっている銀行が多いです。

そのため、このくらいの金額を借りることが出来ると満足できるという人なら、収入証明不要でも申し込むことができる銀行を探して申し込みをするほうが審査に合格しやすいのである意味お得です。

銀行は預金のために口座を開設することが出来ます。自分がすでに銀行で口座を開設している場合は上記の収入証明不要の内容で申し込む際に身分証明も必要ないことがあります。

銀行で口座を開設するためには身分証明が必要ですが、こうしてすでに自分の個人情報が登録されているため、そうした銀行で収入証明不要の内容で申し込みをするなら一切何も書類が必要ないことになります。

こうしたケースもあるので、どこの銀行へ申し込みをするのか迷った場合は一度自分が口座を開設している銀行のローン内容を確認してみると良いです。

銀行ローンへ申し込む場合は申込条件をクリアしていること、そして必要書類を提出することが前提です。

そして審査において自分が提出した情報が正しいかどうかを入念にチェックされて、その上でローンできるかどうかが決まります。

どうしても銀行からお金を借りたいからと言って銀行をだまそうと考えても、それはうまくいかないものです。

そうした行為をすることによって自分の信用が低下してしまうデメリット、また訴訟に発展する可能性があるリスクをしっかりと頭に入れておきましょう。

ローンの審査に通ることが出来るかどうかを考えると、やはり不安に感じることもあります。

そもそも審査に通ることが出来なければお金を借りることが出来ないので、嘘をついてお金を借りようと考えることもあるものです。

しかし、その行為は上記で説明したように不可能です。お金の借り先とは銀行か消費者金融から選ぶことが多いですが、審査に通りやすいということを考えると、上記で少し説明した収入証明不要のローンがおすすめです。

貸金業者の場合は必ず収入証明が必要となるので、審査でも自分の年収次第では審査に通ることが難しくなります。

しかし、銀行の場合は収入証明が必要ないケースもあり、その場合は書類として収入証明を提出していないので、収入がネックとなり審査に落ちることはありません。

書類がなければ自分の収入は正確に判断することが出来ないので、審査で重要になってくる部分は信用や借金の有無です。

このように銀行ローンでも収入証明が必要ないローンならば、比較的簡単に審査に合格しやすくなることを覚えておきましょう。

嘘をつかなくても収入証明不要で収入を問われることがないので、個人情報に間違いがなく信用を得ることが出来る人なら簡単にローンを組むことが出来ます。

もし、嘘をついてバレてしまった時のデメリットを考えると、一度収入証明不要の内容で申し込みをしてみる方がメリットは高いと言えます。

銀行ローンは審査に通ることができるかどうかが一番重要な部分になります。

ここで審査に通ることが出来なければお金を借りることが出来ないので、人によっては嘘の申告から申し込みを行い銀行からお金を借りようとすることがありますが、それは非常に大きなデメリットがあり、絶対に嘘の申告は見破られてしまうことを覚えておくことが大事です。

上記では書類からの個人情報のチェックを説明しましたが、ローン審査において電話で個人情報を確認されたり、会社に電話がかかってきて在籍確認されることもあります。

書類以外でも電話からこのように申し込み情報をチェックされることがあるので、本当に銀行をだますことは不可能だと言えます。

お金を借入したいが為に嘘をつくという行為は避けるようにしましょう。正しい情報から申込をして審査を受けることが大事です。

自分の信用を落とすような事になると、今後はお金をかなり借りにくい状況となります。

【参考ページはこちら】
銀行で即日融資を受ける事はできる?

▲ トップへ戻る
Copyright (C) 2022 《借入》今からでも間に合う!絶対安心のキャッシング選び! All Rights Reserved.