一本化して借金をまとめると銀行借入はどう評価する?

銀行借入に関する評価なんですが、一本化することと複数借入をしていることと、どういうように考えるのかというのが気になります。

一本化している方が複数借入をするよりもいいというのはよく聞きますが、銀行借入にとってもプラスなのでしょうか。

銀行借入にとってもプラスになるのであれば、一本化をする必要性はあるかと思います。

しかし一本化したところで返済金額が減るわけでもないですし、借入金額が同じなら一緒なのでは?と思うのですが、どうなのでしょうか?評価は変わるのですか?

一本化した後に限度額が余っていれば借入も可能

一本化と複数借入、どちらの方がいいの?というと今ではもう一本化したほうがいいというのは常識のようになっていますね。

我々利用者からすると圧倒的に一本化したほうがメリットが大きいことはよく知られています。

なぜ一本化したほうが、複数借入の状態を放置しているよりもいいの?というと、まず一番大きのは返済日が一回だけになるということでしょう。

仮に3社の借り入れをしているとしたら、その3社分の返済を毎月行わないといけません。

しかし3社の借入をしているところから1本化してしまえば、月々支払うのは一回だけでOKということになります。

となると返済負担が全然変わってくるということになります。仮に返済金額が同じだとしてお、1回だけよりも3階に分けて支払うほうが精神的に厳しいでしょう。

そして返済していたとしても金利もつきますから、一本化している方が元金の減りも早くなるというわけです。

だからこそ一般的には利用者側からすると一本化したほうが、複数借入をした時よりも楽に返済できていいというわけです。

じゃあその一本化したほうがいいというのは利用者側からだけじゃなくて、銀行借入でも評価してもらえるの?というとそれもその通りです。

銀行借入をしている銀行側も実は複数借入をしている人よりも一本化している人のほうが評価が高いのです。

もちろんすでに借入が多すぎるという場合には返済をしなければ借り入れを新たに行うことは出来ないでしょう。

しかし、一本化をしていて枠が少し余っていたら、銀行借入の方も可能になる可能性もあります。もちろんその余っている枠内でということになりますが。

これはやはり一本化して返済が楽になるというのが大きいようです。返済が楽になるということは新たに借り入れをしたとしても、その分も返済できる可能性が上がるからです。

複数借入をしている人よりも一本化している人のほうが返済可能性が高いということになります。

なので今は一本化しておいたほうが外部からの評価も高くなるということで、自分のためにもいいというわけです。

昔は複数借入をしていたほうが審査も通るし借入枠を増やしやすかったですが、今はマイナス面も大きくなってきているのでできれば一本化してまとめるトいいでしょう。

銀行借入で複数の借金をひとつにまとめる方法

比較的少額のお金を借りられるサービスとして、消費者金融のキャッシングや銀行のカードローンはよく知られています。

これらのサービスではお金を借りる際に担保や保証人が必要なく、手続きも簡単なことから大勢の利用者がいます。

キャッシングもカードローンも最短で申し込みの手続きをしたその日のうちにお金が借りられることから、急にお金を工面しなくてはならなくなった場合にとても重宝する存在です。

しかし、この手軽にお金を借りられるといったキャッシングやカードローンのメリットが、ときにはデメリットとなってしまう場合もあります。

キャッシングやカードローンは手軽にお金を借りられる点が魅力ですが、その利用の仕方によっては知らず知らずのうちに借入金の額が膨らんでしまうことも少なくはありません。

たとえば住宅を購入しようとした場合、その購入費用のすべてを現金で一括払いできる人というのは限られてきます。

仮に一括払いをするだけの貯蓄があったとしても、不意の出来事に備えて多少のお金は残しておきたいと考えるのが人情です。

そのため、多くの人たちは住宅を購入しようとする場合、銀行で住宅ローンを組んで何十年という単位で返済を続けていく道を選択することになります。

しかし、住宅ローンでは借入れる金額が高額になるため、必然的に返済期間は長期間になってしまいます。

そのため、お金を融資する側の銀行としては、融資先の個人が住宅ローンの返済を続けられなくなってしまったときのことを考えて融資をする条件として担保や保証人を求めることになります。

担保や保証人を取っておけば、万が一、融資先の個人が返済を続けることができなくなった場合であっても融資したお金の大部分を回収することができるからです。

それに対してキャッシングやカードローンでは融資をする条件として担保や保証人を求められることはありません。

審査の過程では職業や収入についてのごく簡単な調査が行われるだけです。

そのため、キャッシングやカードローンでは手続きもごく簡単で、審査もスピーディーに行われます。

その結果、最短で手続きをしたその日のうちにお金を借入れることが可能になっているのです。

たしかにキャッシングやカードローンでは簡単な手続きのみでお金を借入れられるのが魅力です。

しかしながら、この借金をしやすいという点が人によっては大きな落とし穴となってしまうのです。

住宅ローンのように手続きが複雑で融資を受けられるまでに時間がかかってしまう借金の場合、その手間が面倒でなかなか手続きをしようと思い切れません。

しかし、キャッシングやカードローンなどのように場合によってはネット上で手続きのすべてが完結してしまうような借入れでは、誰しもお金を借りるという行為に対して非常に身近なことのように感じてしまいがちです。

その結果としてお金を借りることに抵抗がなくなってしまい、特に必要もないのに気軽な気分でお金を借りてしまう人が増えてしまうのです。

お金を借りるという行為は同時にお金を返済するという義務を背負うことになりますが、気軽にお金を借りてしまう人の場合、その返済する義務というものに対してどうしても意識が薄くなってしまう傾向にあります。

そのため、本来であれば返済計画をきちんと立てて借りるべきお金をその場の思いつきで無計画に借りてしまう回数が増えてしまいます。

また、病気や怪我、リストラなどによってキャッシングやカードローンの申し込み時とは自分の置かれている状況が返済途中にがらっと変わってしまうこともあります。

そのような状況になってしまった場合、当然収入面も大きく変化してしまうことになりますから、当初の予定通りに返済ができなくなってしまうこともあります。

借りたお金がまだ少額のうちは自分の稼いでいる収入で十分に返済を続けていくことができますが、知らず知らずのうちに借金の回数が増えていった場合、ときには自分の返済能力を大幅に超えた額の借金ができてしまうこともあります。

万が一、そのような状態になってしまった場合、比較的金利の高いキャッシングやカードローンでの借入れはすぐに利息が利息を生んでいき、あっという間に借入金の残高が膨らんでしまいます。

しかし、その時点で返済計画をもう一度見直し、新しく建てた返済計画に従ってきちんと返済を続けていけるのであれば多少の時間は必要ですが、着実に借入金の残高は減っていき、無事に返済を終えることができます。

しかし、当初の予定通りに返済ができず、徐々に借入金の残高が膨らんでしまった場合に、最悪の選択肢である借入れたお金を借入れたお金で返済しようという考えに至ってしまう人もいます。

ある消費者金融の借入金を返済するために新たに他の業者から新たにお金を借入れてしまうことを自転車操業といいますが、その名の通り、一度この状況に陥ってしまった場合、自転車を漕ぎ続けていかなければ自転車が倒れてしまうように、次から次へと新たに借入をし続けないかぎり返済計画が破綻してしまうことになります。

しかしながら、この自転車操業の状態はいつまでも続けられるものではなく、やがては莫大な借入金だけが残された状態で立ち止まることになります。

ひとたび自転車操業の状態に陥ってしまった場合、もともと金利の高いキャッシングやカードローンでは毎月の利息を支払っていくだけで手一杯となります。

そのころには自分の収入だけでは返済を続けていくのはかなり困難な状況となっているに違いありません。借入金の残高次第では自己破産をしなければならない場合もあります。

自己破産というものはたしかに借入金に対しての返済義務そのものはなくなりますが、この手段はあくまでも最終的なものなので安易に自己破産を考えるのは禁物です。返済義務がなくなる代償として失ってしまうものも多いからです。

自己破産をする場合、生活をするうえで必要な最小限の財産以外のすべてを売却し、その売却によって得られたお金はすべて返済に充てなくてはならないのです。

不動産を持っている人であれば不動産を失うことになりますし、車を所有している人は車を失うことになってしまいます。

ですから、お金を借入れる際には必要としている金額以上の借入はせずに、無理をしないでも現時点での収入の範囲内で余裕を持って返済できるということを念頭においておく心構えが必要です。

もしも、複数の業者などからお金を借入れてしまい、自転車操業となってしまったときの解決方法としては自己破産以外の手段として、銀行借入を利用して借金を一本にまとめる方法があります。その方法とは、銀行のおまとめローンを利用する方法です。
(⇒借入の一本化、銀行は相談に乗ってくれる?

おまとめローンとは新規に銀行からお金を借入し、すでにある複数の借入金を一括で返済してしまう方法です。

一見、借入れたお金を新たにお借入れたお金で返済することから自転車操業の状態と変わらないように思えますが、このおまとめローンを利用する方法にはメリットがあります。

銀行のおまとめローンではキャッシングよりも金利が低いため、それまでに支払い続けてきたものよりも利息が安くて済むという利点があります。

毎月支払う利息が少なければ少ないほど、着実に借入金の残高を減らしていくことができるため、返済を完了するまでの期間を短縮できることになります。

また、おまとめローンを利用することで複数の借入が一本化されるので、それまでは個々の借入によってまちまちだった返済日がひとつにまとめることができ、返済日の管理がしやすくなるといった利点もあります。

そのため、うっかりと返済日を忘れてしまうなどの返済の滞納につながる原因をなくすことができます。

銀行ではこのような複数の借入金の返済を目的としたおまとめローンを提供しているので、もしも借入金の返済に困っているような場合には資料を取り寄せたり、直接銀行に足を運んでおまとめローンについて相談するようにしましょう。

【参考ページはこちら】
借入の一本化は消費者金融でやると損?

▲ トップへ戻る
Copyright (C) 2020 《借入》今からでも間に合う!絶対安心のキャッシング選び! All Rights Reserved.