銀行借入で聞くセイフティネットってなんなのですか?

あんまり私が気にしても仕方が無い事かもしれませんが…セイフティネット?ってなんですか?

銀行の借入で聞くらしいのですが、どんなものかは特に分かっていません。自分でも一応検索とかして探したりしたんですけどねぇ…。

私の仕事はおもちゃ屋です。おもちゃと言っても子供向け商品以外にもジグソーパズルとかゲーム、プラモデルなど遊びに関する物なら大抵扱っております。

それにデパートの中に出展しているという事もあり客足も上々、そして一応正社員待遇です。

ただ、普通に給与とか少ないし、ノルマ達成が厳しいなら何点か自分が欲しい物を自腹を切って購入したりもしているので、本当に余分なお金というのがありません。

お金に余裕があるなら資産運用とかも考えたのですが、日々の生活で精一杯です…。

それなのに財布を落としてしまって、今月の食費が一気に無くなってしまいました…

カード類はすぐに停止できたから特に問題はありませんが、現金が無くなったのが痛すぎます…紛失届は出しましたが、この世知辛い世の中で戻ってくる可能性は低いです。

だからこうなったらお金を借りるしかない、と思って銀行から借りようとした時に、セイフティネットといういかにも困った人に役立ちそうな名前の融資があると聞いて、今気になっています。これを使えたら、とても助かる…かどうか分かりませんが、期待はあります。

しかし、質問の通りこれが何なのかはさっぱり分かりません。私にはそもそも無縁だから分からないかもしれませんが、どんな物かを一応教えてもらっても構いませんか?

公庫などからの貸付けがそう呼ばれていますね

給与が少ない上に財布紛失ですか…本当に大変でしたね。セイフティネットとは違いますが、本当に生活できないほど困っているなら、役所などに行く事で融資を受けられる事があるかもしれません。

最後の手段と言える方法かもしれませんが、一応覚えておいて下さいね。

そしてまずは気にされているセイフティネットが融資においてどんなものですか…についてですが、こちらは別名セーフティネットとも呼ばれています。

呼称は若干違いますが、意味するところは同じだと思いますので、その上でお答えしていきます。

セーフティネットというのは、金銭的な問題を抱える人を安全な状態になるまで助ける為の仕組み全般を指します。

雇用保険や生活保護もそれに該当しますね。で、融資においてのセーフティネットについてなのですが…。

銀行借入でのセーフティネットというのは、主に日本政策金融公庫が中小企業と言った規模の小さな企業を助ける為の融資制度といった感じです。

公庫とはいわば国の銀行であり、それゆえ通常の銀行に比べて低金利でお金を借りて、無理なく返す事に長けています。

なので、銀行借入のセーフティネットというのは、基本的に個人であるなら縁は無いと言えるでしょう。

先にも挙げたように、個人の場合は生活保護や雇用保険と言ったものが該当し、そちらを頼る場合も多いです。ただ、融資を受けられる程度の余裕があるなら、そちらが推奨されます。

セーフティネットは自分がどんな立場か、どんな時に使われているかで意味合いも良く変わります。今の場合、銀行の普通のカードローンに申し込む方が良いかもしれません。

【参考ページはこちら】
借入に関するおすすめQ&Aはこちら

銀行借入でセイフティネットにできるのは、楽天銀行とレイクです

一般的な企業の場合には事業を行うことで利益を出して、その得られた利益を活用する形でさらに事業を行っていく運営方法となります。

ただし、事業を行っても利益を必ず得られるとは決まっていませんので、さらに事業の内容を良くするために銀行などから借り入れをするケースもあります。

銀行としても企業が事業を行って利益を出すことができれば、利息を加えて支払ってもらえますので銀行にとっても利益になります。

銀行借入れを受けても事業について、利益が出ないということも多いです。

銀行としては自分たちの利益を上げるために貸し付けを行っているわけですので、基本的に企業の事業が利益が出なくなって貸し付けた融資の利息も支払えない状態になったときには、いつまでも企業に対して融資をし続けるということはないでしょう。

利益を上げられる見込みがなくて、融資を行っている金額の回収についても難しくなると判断されたときには、早いうちに貸し付けたお金の回収を行って手を引きてしまうかもしれません。

そのように資金に困っている企業を助ける制度として、セイフティネット融資というものがあります。

このような仕組みは銀行などの金融機関が使うべき制度ではなくて、一般的な中小企業などが使う制度となります。

セイフティネット融資を活用することによって、単純に経営が悪化している企業だけではなくて、取引先が倒産してしまったようなケースについても利用が可能です。

この融資制度を利用するためには、どのような企業であっても使えるというものではなくて、企業の業種において不況な状態になっていると政府が指定しなければ融資を受けることができません。

どの業種において不況に陥っている業種であると指定されるかどうかは、その時によって変更が行われますので、

不況のときには指定されていたものであっても、景気が回復することによって指定が解除されるので事前の確認が必要になります。

このような政府指定の融資制度などを活用できない状態の資金に困っている事業主が、セイフティネットとして融資を受けるためには事業目的に借入れができる金融機関を探す必要があると言えます。

資金に困っている事業主でも銀行借入れができる金融機関としては、楽天銀行があります。

楽天銀行のカードローンであれば、年齢が20歳以上から60歳までの一定の収入を得ている人が借り入れ可能なカードローンとなっています。

楽天銀行カードローンの金利は4.9%から14.5%という低金利で融資を受けることができますので、他の一般的な消費者金融業者などと比較するとかなり低い金利で借入れができてお得です。

楽天銀行はインターネット銀行として営業を行っていますので、カードローンの申し込みをするときもネット上において手続きを行うことになります。

インターネットに接続できる環境がある人であれば借り入れの申し込みができますので、パソコン以外であってもスマートフォンや携帯電話からでもホームページにアクセスできれば申し込みが可能です。

ホームページ上の申し込み画面において、情報の入力を行うことで申し込みを行います。

審査の結果についてはメールで届きますし、本人であることを証明するための身分証明書の手続きはスマートフォンのカメラで写真の撮影を行ったものをアプリを使って提出をします。

ホームページ上からログインを行って、借り入れの申し込みをして指定した銀行の口座に振り込み融資をしてもらうことができます。

楽天銀行の口座を持っている人であれば、24時間いつでも振り込み融資をしてもらうことが可能で、ホームページまたは電話によって申し込みをすることで、手数料無料で融資をしてもらうことができます。

個人であれば融資を受けるときに借り入れの限度額が200万円以下の場合には、運転免許証などの身分証明書の提出のみで借り入れの契約を締結させることが可能で、200万円の限度額を超えなければ収入証明書の提出は必要とはされていませんので、手間をかけることなく借り入れの手続きが行えると言えるでしょう。

事業目的に利用する経営者の方が銀行借入れをするときについては、収入証明書の提出が必要になりますので、事前に用意しておくことをおすすめします。

楽天銀行スーパーローンの審査はとても速く行われますので、最短であれば申し込みを行った当日のうちに結果が出ます。

即日融資にも対応してくれる銀行ですが、当日中に融資を受けるためには平日の14時30分までに申し込みから審査や、借入れに必要な手続きを済ませておく必要がありますので、早い時間帯から申し込み手続きを行っておくようにしましょう。

借り入れ方法としては、インターネット上の他には提携先のATMを使って融資を受けることができます。

銀行からの融資ということで年収の3分の1までしか借り入れができないという、総量規制の適用を受けることはありません。

低金利で利用できる限度額が最大で500万円までと設定されていますので、他の金融業者からの借り入れ金額が大きくなっている場合であっても、借り換え目的やおまとめローンとしてもおすすめできます。

返済のときもインターネット上から支払いを行うと、手数料がかからなくてお得です。

その他にも、ATMからの支払いや口座引き落としの方法で返済することができます。

繰り上げ返済をすることも可能で、繰り上げ返済を行うことで元金部分を減らすことができますので、利息の支払いを少なくすることが可能です。

提携先のATMは豊富に用意されていますし、三井住友銀行やセブン銀行、イオン銀行などのATMを使えば手数料が無料で利用できます。

事業主などがセイフティネットとして利用できる銀行借入れには、新生銀行カードローンのレイクもあります。

レイクのカードローンは新生銀行グループのサービスとなっていますので、貸金業法で規定されている総量規制の適用とはなりませんので、年収の金額を気にすることなく融資が受けられます。

借り入れ条件としても職業についての規制はありませんので、自営業者などの事業主であっても融資を受けることが可能です。

申し込みができる年齢条件としては、20歳以上から70歳以下となっていますので、若い人からお年寄りまで幅広い年齢層に貸し付けを行っていることで高い人気を得ています。

新生銀行カードローンのレイクでは、即日融資についても対応していて、申し込みからカードが発行されるまでに必要な時間は40分ほどとなっています。

少しでも素早く融資を受けたい時には、自動契約機まで行ってカードを受け取ることがおすすめです。

レイクではホームページ上で借り入れに必要な手続きが済ませられるようになっていますので、店舗や自動契約機まで行くことができないほど忙しい人であっても使いやすいサービスが行われています。

レイクのホームページからログインすることで、即日振り込みのメニューを選択すると、指定の銀行口座に融資を振り込んでもらうことができます。

平日の14時45分までに手続きを済ませることができれば、当日中に振り込んでもらうことも可能で手数料がかからないのでお得に利用可能です。

女性の利用者の場合で、男性のスタッフには借り入れの相談がしにくい人には、レディースレイクという専用のフリーダイヤルから問い合わせを行うサービスがありますので、女性の方でも安心して融資の相談をすることができる体制が整っています。

ホームページや自動契約機、電話から申し込みを行うことで、その場で審査の結果を教えてもらえます。

レイクでは、いくつかのお試し審査のサービスが行われています。

ホームページにあるお借り入れ診断では年収や生年月日などを入力することで、仮審査の結果を知ることが可能です。

電話でも3分相談という名のサービスが行われていますので、フリーダイヤルに電話をかけることで勤務先や年齢、希望の借り入れ金額などの質問に答えることで、融資が可能かどうかについてと利用できる限度額の目安について知らせてもらうことができます。

▲ トップへ戻る
Copyright (C) 2020 《借入》今からでも間に合う!絶対安心のキャッシング選び! All Rights Reserved.