銀行からの借入を借り換えできないものがあるって本当?

皆さんこんにちは、お世話になります。私は海沿いの方に住んでいる田村(仮名)というものです。

詳しい地名などは色々ありまして省かせてもらいますが、海沿いという事でいつでも海が見れる反面、台風とかが来ると怖いっていうのは有名な話です。

特に最近、台風が連続してきたという事で、海沿いの地域の被害が目立っています。もっと防波堤なども工夫してもらいたいですが、結局最終的には自衛するしかありません。

なので私も、一連の台風のせいでちょこちょこ家を直す事になり、元々すでに結構お金を借りていたのですが、別の地銀から追加でさらに修繕費を借り入れる事になりました。

幸い二社とも銀行なので金利は低いと思うのですが、二カ所に毎月返していくというのは、精神的になんだか辛いです。

一カ所でも同じかもしれないのですが、毎月返済日が二回もあるのってげんなりしませんか?私はします…。

だから借り換えというサービスを使い、一カ所にまとめつつ利息も節約するのを最近検討しています。

借り換えは色んなところが対応しているからどこにしようかと悩んでいますが、銀行からの借入を借り換え出来ない業者とかプランがあるって本当ですか?

借り換えを相談してもダメだった…なんて事になるのは嫌なので、こんな事が本当にあるのか教えてください。お願いします。

公庫系の融資は銀行や消費者金融の借り換えには使えません

田村さんは海沿いにお住まいという事で、夏とかは賑わいそうですね。

ただ、私の親戚は四国の海沿いに近いところに住んでいるのですが、毎年台風に関しては頭を悩ませているみたいです。

私は海沿いに住んでいないし比較的標高が高いところなのでそこまで被害は大きくないのですが、田村さんの場合は毎年台風の時期は頭を悩ませそうですね。お察しいたします。

さて、今回は銀行の複数融資を借り換えて一つにするという事ですよね?

借り換えというのは専用プランかカードローンを作ってのおまとめか分かりませんが、銀行や消費者金融から借りてそうするというのなら、業者側が制限していない限りは普通にできますよ。

ただ、融資の利用用途として『借り換えには使えません』という感じに書かれている場合もしばしばありますから、利用規約や条件は先に読んでおきましょう。

そして、公庫系…国民生活金融公庫や日本政策金融公庫みたいな、政府が融資を行う機関がありますよね?

こうしたところは低金利で非常に使いやすいのですが、実は借り換えには使えないのです。

低金利なので相談したいという人が多いのですが、公庫の大前提として『民間企業の圧迫をしてはならない』というルールがあります。

例えば実際に公庫で借り換えができたとしましょう。

そうなると多くの人は真っ先に公庫に頼る事になり、必然的に銀行や消費者金融の利用者は減っていきます。国が特定の企業を圧迫するというのは、形はどうあれ許されません。

建前というのはあるにせよ、とにかくこのルールに関しては絶対です。公庫というのは、あくまでも適応した使い道のみに許される特別な条件なのです。

公庫は基本的に商売をされている方向けなので、今回はおそらく特に気にする事は無いと思いますが、一応覚えておいてくださいね。

【参考ページはこちら】
借入先を複数に分けるメリットはある?

銀行借入れで借り換えできないものと融資に関する条件のポイント

借入を複数件から行う事で、各業者への毎月の返済が均一にならず、支払いの管理が非常に難しくなる事があります。

この返済時の煩わしさが理由となり、借金を長期的に引きずってしまうことも多くなります。

このような複数の債務をまとめて返済出来る方法に、融資金額の大きな銀行借入れで複数の債務を一社にまとめるものがあります。

この方法ならば、支払いにおける毎月の負担を上手く抑えるものとなり、より効率の良い返済が可能になるのです。

このような目的で銀行借り入れのサービスを利用する際には、この借り入れの大きなメリットである、金利が低いという利点を上手く活用することができます。

これはすでに所有している口座の銀行へ申し込みが出来るケースもあるので、メインバンクとして利用している金融機関に相談してみる事も効果的な方法です。

一般的な申し込みの手続きは、銀行系の融資総額が大きなローンは、審査基準も独自の項目を採用しているなど、通常のサービスとは異なるケースもある為に注意が必要になるのです。

そして、複数の債務をまとめる事が目的である場合は、借り換えできないものなどにも配慮し、審査について十分にリサーチを行っておく事も重要になります。

この融資総額の大きな銀行系の融資へ申し込みを行う際には、直接店舗の窓口で申し込みをする事が多くなります。

ここでは申込みに個人情報を提示することに加え、現職の雇用形態や年収、勤続年数など基本的な雇用に関する情報も記入して申請する必要があるのです。

また、幾つかのサービスでは、現在の借入に関連する項目を多く用意しているケースもあるので、この場合は正確な借入れの数値を記入する事が必要になります。

この債務をまとめる効果のある銀行借入れは、金利や月々の返済額が大きく低下する利点のあるサービスですが、その他にも入金作業や、効率の良い返済計画の立案など、時間的な余裕を確保するには欠かせないものであり、心理的にも返済に関する煩わしさから開放され、日々の負担が非常に楽になります。

このような銀行借入れによるローンの一本化は、これまで手間取っていた複数の金利計算に長い時間を費やす事もなくなり、毎月のお金の管理も楽になります。

特に、複数への支払いを長期に渡り行っていると、どの程度返済して、金利がどの程度の負担になっているのか分からなくなってしまうことも多くなり、効率良く支払いを行っていく事が非常に難しくなるのです。

しかし、銀行借入れで債務をまとめてしまえば、金利を大幅に低くすることに加え、信頼度の高い大手銀行からお金借りることで安心感へもつながり、返済の手間からも開放されるのです。

この月々の返済をまとめることで、完済までの期間も大幅に短くなることがあります。

このような銀行借入れの使途は自由に設定されている事が多いので、通常の銀行系ローンのように住宅資金としては利用できないケースや、子供の学資のためにはお金が利用できないなどの制限も無く、自由に返済が出来るようになっているのです。

また、事前に割り当てられた限度額の範囲内ならば、追加で新たな借入れをする事も出来るケースがあり、臨時でお金が必要になった場合などで、大変役立つものとなるのです。

このようなサービスへの申し込みでは、申込みから実質的に借入を行うまでに、契約書の確認などの時間を含め、数日から一週間程度の時間を要する事が多くなります。

しかし、この融資総額の大きな銀行系の融資は、借入限度額が大きくなる事から、金利負担を大きく低下させ、返済回数なども計画に合わせて選ぶことができ、 返済方式も幾つかの選択肢からら最適な方法が選べるようになっています。

そのため、効率良く返済を継続出来るようになるのです。

また、銀行系の融資には繰上げ返済などが活用出来る場合も多くあり、定期的なボーナスが支給されるときに上手く活用するなどして、返済期間を短くすることも出来るようになっているのです。

そのため、これらの計画を組み込むことで、より経済的な負担を柔らげての支払いとなります。

大手の銀行は複数の債務を抱えている方に対して、融資総額の大きなローンを複数提供している事もあるので、個々のニーズにあった最適な金融商品が選べるようになっています。

しかし、銀行の提供しているローンは、低金利で多くのメリットを持つものですが、審査には長い時間が必要となることから、予め余裕を持って申し込みを行う必要があるのです。

また、この銀行系のサービスでは、借り換えできないものがあり、審査が厳しくなる事もある為に、事前に典型的な審査項目を把握しておくことも重要になります。

銀行系のローンは、複数の債務をまとめる事が目的ではなくても、融資総額が大きく使途が自由なローンであるならば、利用限度額の範囲を把握しておけば、この目的のために利用できます。

しかし、注意が必要なのは、借り換えできないもので、他社からの借入件数など、借入に関連する項目には詳細な審査が行われるケースもあるので、予めこれらのポイントについて把握しておく必要があります。

一般的な銀行系のサービスでは、他社からの借り入れ件数が三件程度でとどまっていれば、このようなサービスを利用できる可能性が非常に高くなります。

しかし、これ以上多くの金融機関から借入を行っている場合は、年収が多い方でもサービス申し込みが無理になるケースもあるので、注意が必要なのです。

そのため、事前に他社からの借り入れ件数を減らすなどの処置を講じておくことで、銀行系のサービスに申し込みが出来るようになるケースもあります。

また、他社からの借入額は、年収の半分程度の借り入れを希望する場合も対応してもらえる事が多くなります。

これは返済の余裕があるかどうかは、審査項目で確認されるので、審査に通れば融資限度額の大きなサービスを利用する事が出来るようになるのです。

また、持ち家などの資産があり、担保が提供できる状態であれば、より高額な融資を提供してくれるサービスに申し込みができる可能性が高くなります。

特に、高齢者の方で、年収は低いけれども個人名義の資産が多い場合には、有利な融資条件で借入れが出来るケースが多くなるのです。

そのため、現在の年収が低い方の場合は、担保などの必要性も考慮して申し込みを行うと、選択出来るローンの幅も広がり、有利な条件で借入れが出来るサービスを選ぶ事も出来るようになるのです。

また、現在の複数のローンの全額の借り換えを行う事が条件となっているサービスは多く、他社からの借り入れが複数ある方の場合は、正確な借り入れ総額に加え、借入を件数を申告して申し込みを行う必要があります。

万が一、正確な借入に関する数字を報告せずに申し込みを行うと、契約できないことがあるために、事前に現在の借入残高なども調べておく必要があるのです。

そして、このようなサービスへ申し込みを行う際には、これまでに返済で遅延がないことが条件となるケースがあります。

これは三ヶ月以上の延滞の履歴が個人信用情報機関に残っている場合に問題となるケースです。

これは返済遅延の記録が、この専門的な機関に登録される事で、長期的に履歴が残るので、予めこれまでの借入れの経験での延滞の有無を検証しておく必要があるのです。

また、この複数の債務をまとめる効果のあるローンへ申込みを行う際には、申し込み件数についても注意が必要になります。

これは過度な申し込みが審査で不利になる条件となるもので、短期間で四社以上の申し込みがある場合には、融資を受ける事が難しくなるケースもある為に注意が必要なのです。

特に、銀行系の融資で審査を受ける際には、ローンの融資限度額や融資が可能になる条件を詳しく検証し、申し込みが難しくなるようなケースでは、他の融資条件の緩い銀行ローンを検討することも有効な手段となるのです。

▲ トップへ戻る
Copyright (C) 2020 《借入》今からでも間に合う!絶対安心のキャッシング選び! All Rights Reserved.