事前審査で銀行借入が可能かどうかわからないもの?

いつも思うんですが、毎回申込みをしてから審査というような状況では、審査に通るかどうかっていうのがわかりません。

審査に通るかどうかわからないけれどもとりあえず申込みをしましょう、というような感じですが、あまり納得いっていません。

これでは落ちてしまう可能性もありますし、落ち続けるようなことがあれば申し込みブラックにだってなってしまいます。

そんなことになれば、借金をしにくくなってしまうので、事前審査などでわかるような仕組みというのは今はないのでしょうか。なんとか申込み前にわかるようにしておきたいのです。

銀行借入の事前審査はシミュレーションを使おう

銀行借入、まずは銀行の融資というよりも銀行系カードローンでのことだというように解釈して、銀行系カードローンの場合はどういうふうに使えばいいのか?そして事前審査でわからないのか?という点について少し説明したいと思います。

銀行系カードローン、これは消費者金融も同じだと考えていいですが、シミュレーションがある会社が多いですから、それを使いましょう。

事前審査と言うもの自体はありません。あるのは仮審査と本審査だけなので、事前審査で申込みをして借りられるとか借りられないということはわかりかねます。

ただし、事前審査というのはないにせよ、申込みする前に借金をすることができるかどうかを簡易的に判定するためのシミュレーションというのを用意しているところがあります。大手などには結構よくあります。

まずはこのシミュレーションを使ってみるといいでしょう。もちろんブラックかどうかということはありますが、そのブラックかどうかは聞かれません。

あくまでだいたい収入や職業、あとは借入が他にあるかないかくらいで聞かれることになります。

この3つで聞かれるということは、この3つが大きな影響を及ぼしているということでもあります。

ですのでまずはシミュレーションを事前審査の一環だと思って使ってみるというのがいいのではないでしょうか。

事前審査に通るようであれば、自分で隠していることがない限りは基本的には借金の審査に通ることはできると思って間違いありません。

ですので、消費者金融や銀行系カードローンでは確実にオススメできます。

もう一つの銀行融資の場合は担当者に直接尋ねることができれば、借り入れできるかどうかを教えてくれることがあります。

必ず自分の今の状況というのをはっきりといって、銀行融資可能かどうかを聞いてみてください。

意外に銀行融資可能ではない、というようにわかったらやんわり断ってきますのでわかりやすいと思いますよ。

【参考ページはこちら】
銀行の借入査定は口座を持ってないとやばい?

銀行借入には事前審査が必要なものもあります

基本的にローンというものは、返済義務を負うものです。

学校で申し込む奨学金もローンの一種であり、学費に使用した分は後日分割して何年もかけて支払っていかなければなりません。

ものによっては利子がつかずに元本だけ返済すればよいものもありますが、圧倒的に有利子の奨学金のほうが多く、何年も返済していく総額は借りた金額よりもかなり増額された金額になることが一般的です。

おそらく一番若いときに組むローンが、この奨学金によるものでしょう。

そして、さらに年齢が上がって社会人として働き始めるようになると、さまざまな種類のローンを組むことができます。

車を買うのであればマイカーローン、家を買うのであれば住宅ローン、結婚式の費用のためにブライダルローンを組む場合もあるかもしれません。
(⇒結納金もローンで組めるの?

子供が大学生になるのであれば、奨学金ではなく自らが学資ローンを借りてその学費や入学金を支払うケースもあるかもしれません。

そのように、ローンというものは通常の生活においてはあり得ないような大金を支払うイベントがあった時に、日常生活に支障が出ないように借り受けて、同じく日常生活に支障が出ない範囲で毎月返済していく義務を負うものであるのです。

その日常生活に支障が出ない範囲で、というのが大変重要なポイントです。

仮に月々の収入の大半をそのローンの返済に充てなければならない場合などは、食事や生活費などを削らないとならなくなってしまうこともあるかもしれないのです。

そうなると、もはやそれはローンで生活を便利にしているのではなく、逆にローンに縛られてしまって本来の生活を送ることができなくなってしまっています。

さらに、その状況も超えてしまってそもそもローンの返済自体ができなくなってしまうと、債務整理を行わなくてはならない状況にも陥ってしまいます。

借りたものを返済できないということは、約束を反故にしてしまったということですので、金融機関にとってもみなさんいとっても大きな損失を出してしまうことになるのです。

金融機関にとってはもちろん貸したお金が返ってこないわけですから大損です。

そして、みなさんにとってもその債務整理後の生活は大変不便なもので、確かに返済義務はなくなるかもしれません、しかし、社会的な信用はゼロになってしまううえ、資産もすべて差し押さえられてしまうために手元には何も残りません。

また、新しくローンを組みたいと考えても社会的な信用がゼロですのでもちろん組むことはできません。それどころか、クレジットカードの発行すらできなくなってしまうのです。

その生活は何年も続きます。最長では、自己破産を行った場合の10年間という長い間、その苦しい不便な生活を行っていかなければならないのです。

ですから、そのような危険な状態に陥ってしまうことがないようにするためにも、みなさんはローンを組む金額というものをよく考えなければなりません。

身の丈にあった借入金額を申し込むことが大変重要なのですが、それと同時に金融機関側もそのような状態になってしまうことを予防するために、審査を行って本当に貸してもよいのかどうかを判断するのです。

ローンの申し込み時には、さまざまな書類を提出したのではないでしょうか。

たとえば収入の証明をするため源泉徴収票を提出したりすることはその最たる例でしょう。

さまざまな側面から申し込み人の状態を判断するために、金融機関側も厳正な審査を行って将来の金融事故のリスクを極力減らそうと頑張っているのです。

しかしながら、その申し込みに必要な書類は市役所、区役所などに足を運んで申請し、発行してもらわなければならない書類もたくさん存在します。

また、勤務先に発行してもらわなければならない書類もありますので、簡単にそろえることができるものではないのです。費用も労力もかかります。

そのため、極力その申し込み人の負担を減らすためにも、事前審査を行ってある程度の方をふるいにかけるという作業を行っています。

この事前審査においては、あまりたくさんの書類は必要ありません。

あくまでその後の本審査にかけることができそうな方であるのかということを判断するために行うものですから、基本的には申し込み人の書いた申請が判断基準ということになります。

もしその記載された年収と借入金額が突拍子もないようなものであったのであれば、その段階でその申し込みを受けることは不可能であろうと判断されますので、余計な手間を省くことができるのです。

審査部門にとって楽になるということもありますが、何よりも申し込み人本人の負担が減るという点が一番大きな利点でしょう。

銀行借入は、基本的に金額の大きなものを取り扱うものになります。消費者金融などであればあまり大きな金額を貸し出すことはありません。

また、総量規制などによって貸出金額を制限していますので、そもそも大金を貸そうとすると法律に触れてしまいます。

しかし、銀行借入の場合にはこの総量規制による年収の3分の1までの貸し出ししか行うことができないという規制の対象外になっています。

そのため、より厳密に審査を行って申し込み人の人となりを判断しなければならないのです。

それだけ、銀行という金融機関が国から信頼されているということにもなるでしょう。

また、制度として住宅ローンなどの高額借入に関しては総量規制の対象としてしまうとその存在意義がなくなってしまうという点もあるでしょう。

いずれにせよ、銀行という金融機関はそれ以外の金融機関には行うことができないオンリーワンの業務を行っている場所ということが言えるのです。

先ほどの事前審査で無事問題なくローンを貸し出せそうだと判断されたのであれば、実際に本申し込みに入ります。

ここでは、源泉徴収票や住民票、印鑑証明書といった役所や勤務先に発行を依頼しなければならない証明書類をたくさん必要とします。

しかし、それらは事前審査の際に記載された情報が本当に正しいものであるのかどうかを判断するために必ず必要になりますので、この段階ではきちんとすべての書類をそろえなければなりません。

銀行も、みなさん申し込み人の人物を紙のみで判断しなくてはなりません。古くからの友人であれば、その人の性格などをよく知っているでしょうからそれを判断基準とすることもできるでしょう。

しかし、銀行の審査部門はそうではありません。不特定多数の申し込み人を紙面上だけで判断し、なおかつきちんと返済できるかどうかを正しく判断しなければならないのです。

この審査部門にかかるプレッシャーは大きく、銀行の利益の面ももちろんありますが、申し込み人の将来も左右するような判断を下さなければならないのです。

万が一返済不可能になってしまうような金額を貸し出した場合には、申し込み人の将来は大変不便で辛いものになってしまいます。

それを防止するためにも、きちんと判断を下して、リスク回避を行う必要があるということが言えるのです。

無事、ローンの審査が下りたのであれば、その後は毎月きちんと返済を行っていく義務があります。

それはみなさんが銀行に信用してもらうことができたということを意味しますので、その信頼を裏切らないようにするためにも、必ずきちんと滞りなく返済していかなければならないのです。

生活環境は長年暮らしていくと変化していくでしょうが、それでも返済だけはきちんとつづけなければならないのです。

それがローンを組んだものの義務であり、それができるということがローンを組む権利をもらえる人物なのです。

審査を厳正に行うことはもちろんなのですが、それよりもまず一番大切なのは、不要なローンは組まないということなのではないでしょうか。

大きな金額を借りるのではなく、返済負担が軽くなるような金額のローンしか組まないように心掛けて、将来的なリスクを自ら減らしていきましょう。

▲ トップへ戻る
Copyright (C) 2020 《借入》今からでも間に合う!絶対安心のキャッシング選び! All Rights Reserved.