銀行からの借入を拒否された、もう一度申し込んでもいい?

銀行からの借入を拒否されました。まさかとは思いましたが、銀行でも借りられると思っていたのでびっくりしました。

フリーローンって本当に審査が厳しいんですね。それでも私としてはまだ諦めきれないので銀行にもう一度借入をしたいと思っています。

一度拒否をされたわけですが、もう一度申込みをしても大丈夫なものなのでしょうか。

申込みをしてはいけないというルールは聞いたことがないんですが、何か申込みをするとマイナスなこととかがあったりしますか?銀行系カードローンだったら大丈夫でしょうか?

銀行で拒否されてすぐに再度申し込みをするのは控えよう

銀行で拒否されてからすぐに申し込みをするというのはあまり良くない、とされています。実は銀行で拒否されてすぐに申し込みをした場合、もう一度落とされやすいのです。

単純に落とされるだけならいいんですが、落とされたあとに申し込みブラックという状況になって半年は申込みをしても通らないという状況にもなりうると言われています。

ですので銀行で拒否されてすぐに申し込み、というのだけはやめておいたほうがいいでしょう。

だいたい半年くらい明けてからな大丈夫と言われていますので、銀行で拒否されたら半年くらいは明けておいたほうがいいと思います。

ちなみにこれは銀行のフリーローンで拒否されたから銀行系カードローンなら大丈夫だろうと思っても、それも同じですので注意してください。
(⇒銀行で借入したい方におすすめ記事

実は銀行で拒否されたこともすべて信用情報に載せられてしまうのです。

ですので信用情報を見て判断することが多い消費者金融や銀行系カードローンはまずそういう人には貸出をしない可能性が高いのです。

なので少なくとも半年くらいは明けておいたほうがいいでしょう。申し込みブラックになって長い間借りられなくなってもいいというのであれば、話は別ですが。

申し込みブラックにならないように気をつけて、そして銀行での借入が拒否されたのであれば、もう一度やり直すわけですが、自分の属性が変わっていないと行けません。

属性というのは自分自身の信用にかかわる情報で、収入が上がったとかより安定した仕事についたとかそういった変化がなければ、何度審査を受けても同じ結果になってしまうでしょう。

まずは自分自身の属性を変えること、できれば収入などを数十万円ほど増やしておきたいところです。そうすれば借金できる可能性は増えます。

それでもダメというのであれば、銀行の借り入れを諦めて、消費者金融などのより条件が緩いところで借り入れをするのがいいでしょう。

【参考ページはこちら】
銀行で借りるメリット・デメリット

銀行に借入の申し込みをしても拒否されるケース

銀行から借入をしようと思って申し込んでも拒否されるケースがあります。

その理由は審査で落とされるからなのですが、審査の基準は公開されていませんから、簡単には知ることはできません。

ただ、一定の傾向はありますから、だいたいどのようなものなのかを知っておくと申し込むときに便利です。

また、拒否された場合の対処の方法についても知っておくと良いでしょう。

まず知っておかなければならないのは、ローンの種類によって基準が異なることです。住宅ローンとカードローンとでは、もちろん基準が異なります。

たとえば、ある人が住宅ローンを組もうと思っても審査に落とされてしまったとしても、カードローンの審査なら通ると言うことはあり得ることです。

だからといってカードローンで住宅を購入することは難しいでしょうが、このような傾向はあります。

個人が借入をする場合に、最も審査の厳しいのが住宅ローンだと考えられます。

住宅ローンの場合、収入に関しての基準もありますし、ほかにもいろいろな基準があり、誰でも借りられるものではないと考えておきましょう。

これに対して、カードローンはかなり審査基準は甘く設定されています。

消費者金融並みの基準だと言っても良いでしょう。安定した収入があれば、たいていの人は借りることができるのです。

カードローンはかなり審査が甘いのですが、それでも借りられない人もいます。その理由の一つが金融事故情報の履歴のある人です。

金融事故とは、借りたお金を返さなかったり、あるいは返したとしても予定通りではなくて、何ヶ月も滞納を続けたりしたことをさします。

また、クレジットカードの支払いを滞納したとしても、それは金融事故として扱われることになります。

このことは、貸し付ける側に立ってみれば誰でも理解できることでしょう。

お金を貸して、そして返済してもらえなかった場合、貸した人に対して再び貸し付けようと思う人はいないでしょう。考えてみればこれは当然のことなのです。

ですから、ある金融機関から借りて、そして金融事故が発生した場合、その金融機関から再び借りることはできません。

それだけではなくて、別の金融機関からも借りられなくなるという点にも注意が必要です。

金融事故情報は信用情報機関という会社が管理をしています。金融事故情報を専門的に扱う会社だと考えれば分かりやすいです。

たとえば、ある銀行で借入をして滞納した場合、その情報は信用情報機関へと送られ、そこで管理されます。

ほかの金融機関に申し込みをすれば、もちろんですがその金融機関は審査を行います。

そして、その審査の中で信用情報機関への調査が行われます。この時点で履歴が登録されていれば、そこで審査に落ちるのです。

金融事故情報は、まっとうな金融機関なら必ず利用すると考えておいた方が良いです。

つまり、一度滞納などをしてしまうと、どの金融機関からも借りられなくなると考えておいた方が良いのです。

これが原因で、どの金融機関に申し込みをしても拒否されるといったケースがあります。

では、どのような場合に金融事故情報が履歴として残るのでしょうか。誰でもついうっかりとして返済を忘れてしまうと言うことはあります。

その場合、すぐに返済をすれば履歴が残ることはありません。金融機関によって異なりますが、3ヶ月くらい滞納すると履歴が残るようです。

ほかには、自己破産や任意整理などを行った場合にもその履歴は残ります。

自己破産にしても任意整理にしても、約束通りに返済しなかったのですから、やはりこれも金融事故情報の一つとして扱われるのです。

お金を借りた後の債務整理だけではなくて、クレジットカードの支払いに対する債務整理でも同じです。

クレジットカードや分割払いを利用して、そして約束通りに支払わなかった場合にも同じように履歴が残ります。

クレジットカードで滞納した場合には自分で分かりやすいのですが、分割払いの場合にはわかりにくいでしょう。

たとえば、最近では携帯電話の電話料金の滞納が原因となることもあるのです。

最近の携帯電話は高価なものが多く、そのために分割払いを利用する人が多いです。たとえば2年間で分割するといった形がとられることが多いです。

月々の携帯電話料金に含まれているのが普通ですから、電話料金を滞納すれば、分割払いを支払わなかったと見なされるのです。

これが原因で履歴が残り、そしてその後のローンの申し込みで審査落ちになることもあります。

このように履歴が登録されてしまうと借りることはできなくなってしまうのですが、その状態が永遠に続くわけではありません。

信用情報機関は情報の種類によって履歴を残す期間が決まっています。

その期間が過ぎれば新たに借りることができます。最長で10年ですから、どの場合であっても10年待てば借りることができるようになります。

信用情報機関は金融事故情報だけではなくて、申し込みの情報も扱っています。

たとえば、ある消費者金融にローンの申し込みをした場合、その情報も信用情報機関は履歴として残しています。これが原因となることもありますから注意が必要です。

ほかの金融機関に申し込みをしているというだけで審査落ちになるとは限りませんが、短期間に申し込みがいくつもあった場合には審査落ちになる可能性が高くなります。よく言われるのは直近3ヶ月の履歴です。

直近3ヶ月の間に別の金融機関へ申し込みをしていると、それが審査落ちになる原因になりやすいです。1ヶ月の間に3件以上申し込みをしていれば落ちる可能性はさらに高くなります。

これらの基準は金融機関によって異なっていますから、このような状況であっても審査に通ることはあります。

基準の甘いところなら審査に通る可能性はあるのですが、あまり進めはしません。
(⇒審査が甘い借入業者には裏がある?

これが原因だと思ったのであれば、履歴が消えるまで待つしかありません。

申し込みの情報については3ヶ月から半年くらい記録されるそうですから、最低でも3ヶ月は待つべきでしょう。3ヶ月待って申し込むと、審査に通る可能性が高くなります。

過去に借入があると借りにくくなると言われることがありますが、これは必ずしも正しいものではありません。中高年の場合、クレジットヒストリーが一切なければ、逆に審査落ちになりやすいとも言われています。

クレジットヒストリーとは、お金を借りたりクレジットカードでショッピングをしたりした履歴のことを指します。

お金を一度も借りたことがなく、クレジットカードを使ったこともない人の場合には、審査で不利になることがあるのです。

現在でも借入がある場合には、やはり借りにくくなると言われることがあります。その傾向はありますが、これもケースバイケースです。

たとえば、消費者金融のキャッシングを利用している人が銀行で住宅ローンを組もうと思った場合、審査に通る場合もありますし落ちる場合もあります。

借りている金額が大きすぎれば落ちる可能性は高くなる傾向があります。少額ならあまり影響はありません。

その理由は簡単で、返済が困難になる可能性が高いからです。キャッシングに対する返済が月々5万円あれば、返済できる能力は5万円分は減ってしまいます。

それでも住宅ローンを返済していけると判断されれば審査には通りますが、そうではない場合には審査に落ちることになるのです。

ですから、現在も返済を続けているような状態であっても、借りられる場合もあるのです。

それとは逆に、優遇されるケースもあります。ある銀行では、住宅ローンとカードローンの両方を利用している人に対する優遇があります。

カードローンを利用していれば住宅ローンの金利が少しだけ引き下げられるという制度を持っていることも多いのです。

メガバンクではこのようなサービスを提供していますから、両方を利用したい場合には同一の銀行で両方を借りた方が良いでしょう。

▲ トップへ戻る
Copyright (C) 2020 《借入》今からでも間に合う!絶対安心のキャッシング選び! All Rights Reserved.