銀行借入金審査って消費者金融よりどのくらい厳しいの?

借金をする時に銀行ほど審査が厳しいところはない、と言われます。

銀行借入金審査を通るためには中小企業でも、それ相応の対策を取っていかなければならないと言われているわけですが、銀行借入金審査と消費者金融の審査、どのくらい難しい物なのでしょうか。

消費者金融のように簡単にパッと通るということはないのでしょうか?

それともなにか裏ワザのようなものがあって、それを利用するとすぐに消費者金融と同じくらい通りやすくなるというようなことはあるんでしょうか。教えてください。

銀行借入金審査としては消費者金融とは見ている場所が違う

銀行借入金審査と消費者金融、厳しいと言われている銀行の借金というのはどのくらいキャッシングよりも厳しいの?ということですけれども、これはプロの人に聞いたら一番わかり易いと思いますが、もともとこの2つは全く違うものです。

同じようにお金を借りるとしても、借り入れをすることについて審査でもかなり見ている場所が違うのです。

どういう点で違うかというと、見ている場所が違うのですが、銀行借入金審査というのは現在の状況はどうなのか、そして将来的に返済していけるのかということを見ています。

つまり1回めの返済も大事なのですが、20回目30回目の返済ができるか?というのを見ています。

なので事業の継続性であるとか、成長性なんかも大きく影響を及ぼしていると言われています。

一方の消費者金融や銀行系カードローンなど、いわゆるキャッシング借入については今の状況を気にすると言われています。
(⇒借入ができる会社の情報を教えて!

たとえかなりその人にポテンシャルがあって、すごい出世する可能性があったとしてもそんなところはどうでもいいのです。

それよりも先に今返済できるかどうか?お金を持っているかということを気にするのです。

ですからお金を今稼ぐことができない非正規社員の人たちというのが、どうしても消費者金融では厳しくなってしまうのです。

将来的にも厳しいのはわかりますが、中には社長になるという人だっているかもしれません。

そういうものは基本的にミられることはありません。逆に銀行借入金審査であれば、そういった将来が明るければ借り入れできる可能性も高いのです。

このような見ている部分が違うために、銀行借入金審査と消費者金融は根本的に違うものと考えてもらえればいいでしょう。

審査厳しいのはもちろん銀行での借入ということになりますが、消費者金融も現在の稼ぎが悪いという人に対しては、銀行並みに厳しく審査をするということは間違いありません。

個人が銀行借入金審査に通るための方法とは

お金がどうしても必要になったときには、そのお金を用意するために家族や友人に借りるという方法があります。

しかし返済の際にトラブルが発生することがあり、後で人間関係にも亀裂が入ってしまうと言うこともあるので、慎重に選ばなければいけません。

そこで多くの人が利用しているのが金融機関にお金を借りるという方法です。

この場合には自分がしっかりと返済をしなければその分負担は自分に降りかかってくると言うことで、家族や友人に迷惑をかけると言うことが比較的少なくなっています。

お金を借りるためには銀行や信販会社や消費者金融が利用されていますが、必ずしも企業だけが利用できると言うことではありません。

企業よりも最近では個人の利用の方が多くなっているのが現状です。それはなぜなのかというと、人生の中でお金が必要になる機会が多いからです。

住宅ローンや車のローン、このほかには教育ローンなどあげてみるときりがありません。

それくらい必要な機械があるということで、個人向けの融資のサービスも多くなってきています。

しかし誰でも簡単に希望をすればお金を貸してもらうことができるというわけではありません。お金を借りる際には審査が行われるようになっています。
(⇒銀行の借入審査に落ちたら他もダメ?

たとえば銀行借入金審査では、次のようなことが確認されるようになっています。それは勤務先や勤務形態、このほかに勤続年数が確認されるようになっています。

お金を借りると言うことはしっかりと返済してもらわなければ銀行側も困ってしまうので、返済能力があるかどうかを判断するために勤務先に関する項目が確認されるようになっています。

また銀行以外にお金を借りているところはないかと言うことも確認されています。この銀行以外でお金を借りているかどうかに関しては、ここでの返済に滞りがないかなどは厳しく審査されるようになっています。

銀行からお金を借りようと考えているときには、勤務先に関する項目も気にしなければいけませんが、ほかのところからの借入に関して注意するようにします。

また勤務先に関しては、会社の大きさなどによってお金を借りることができるかの判断が異なってきます。

銀行での審査は少し厳しくなっており、基本的には正社員ということが条件となっています。

現在では正社員でなくても契約社員や派遣社員でもお金を借りることができるところもありますが、この場合にも条件が設けられており、勤続年数が3年以上となっています。

したがって働き始めたからお金を借りることができると喜ぶのではなく、一定期間勤務し続けると言うことが大切になります。

車のローンを組むためにお金を借りたいと言うときや急な出費があるのでお金を借りたいと言うときには銀行などを使いますが、この際によりスムーズにお金を借りるための方法として次のようなポイントを抑えておきます。

それは銀行借入金審査の基準を把握すると言うこと、収入の3分の1以上でもお金を借りることができると言うことを理解するというころ、そして現在の自分の状況や使い道によって借りる金融機関を分けると言うことを頭に入れておきます。

借入の際の審査基準ですが、このときの審査の流れや目的をしっかりと把握してより早く借りることができるようにします。

基本的にはこの審査が行われる前にその仕組みについて理解をしておきます。

なぜこのような審査が行われるのかというと、お金を借りる人が返済能力があるのかどうかを判断するためになります。

貸したお金だけではなく金利に関してもしっかりと返済してもらわなければ金融機関は利益がなくなりビジネスとして成り立たないからです。

お金を借りるときには銀行やカードローン会社などでは具体的に信用情報を分析するようになっています。

この分析を行った後には一定の格付けを行い信用力があるかを判断します。これがだいたいの審査の流れとなっています。

審査基準や信用情報を自分で解析することができればお金の使い方に関しても管理ができます。

お金を借りる申し込みをする場合には、ほかのところでの借入に関しての注意が必要です。

審査に通りにくくなってしまう人は、返済のための努力をしていても、遅れがあるという情報が信用を失わせているのです。

ここで無地に審査に通ることができても、その後の返済に今以上に大きな負担がかかってくると言うことが予想されます。

すなわち両方の利子を支払わなければいけないからです。したがって返済のめどが立たないようであれば新たに申し込みをしないようにします。

またここで大切なことは、審査に通りたいと言うことで必要事項を記入するところに嘘の情報を書くと言うことです。

間違って記載してしまった場合でも嘘の情報を書いたと言うことで審査に落ちると言うことも十分にあります。

たとえ電話番号を間違えただけでも審査に落ちることがあるので、間違いがないようにしっかりと確認をするということが大切です。

ほかのところでの借入を行っていても、しっかりと返済が終わっていれば何も問題はありません。

銀行でお金を借りるときには、その審査をするときに確認するポイントがありますそれは返済することができるのかと言うことと、もし返済することができなくなったときに回収はできるのかという担保や保証能力に関してです。

審査に関する項目はたくさんありますが、ここではそれら一つ一つを確認しながら総合的に判断が行われています。

しかし最終的にはこの2つに絞って判断されています。したがってこの2つの点をクリアすれば審査に通る可能性が高くなるのです。

しかし簡単にクリアすることはできません。企業などが銀行でお金を借りるときには借入限度額の目安と借入可能な財務状況が判断されています。

借入限度額は当期利益と減価償却費に10をかけた物となっています。

また年商の2分の1となっています。このいずれかの低い方の金額が目安となっています。

借入可能な財務状態に関しては、2期連続で赤字ではないということと債務超過ではないということ、そして税の未納がないということが条件となります。

この条件を満たしていれば審査に通らないと言うことはありません。これはあくまでも新規での取引の一つの目安となっています。

すでに取引を行っているという場合には、さまざまな事情が考慮されるようになっています。

お金を借りるときの審査基準に関してですが、決算書や試算表の数値の要因が70パーセントで、返済実績や経営者の脂質などの安定的要因が30パーセントとなっています。

この数値要因には過去の実績や将来の予測が含まれるようになっています。

将来確実にお金を返すことができるというような数値を元にした事業計画書と裏付け資料を用意できれば、大きな考慮がされるようになっています。

またここで注意しなければいけないことは、自分の会社だけの努力ではどうにもならないという場合です。

会社の財務状況だけではなく、銀行自体の力によっても異なってきます。業種の景気がよいということや悪いと言うことも審査に影響することがあります。会社がお金を借りる際にはこのようなことに注意が必要です。

また銀行借入金審査で気になるのが、債務整理を行った後の利用です。

債務整理をした後には利用することができないのではないかと考えている人がいますが、それはどのような形で債務整理をしたかによっても異なってきます。

自己破産をしたのかそれとも調停が行われたのか、また弁護士による任意整理が行われたのかなどの内容です。

このような情報が残っている間は、銀行を始め金融機関からはお金を借りることが難しくなっています。しかしこの情報は一生残るという物ではないので心配ありません。

情報が記載される機関は信用情報機関によって異なっていますが、基本的には5年間は記載されるようになっています。

自己破産の場合には10年となっています。この期間を経過していれば銀行などでお金を借りることができる可能性が高くなります。

【参考ページはこちら】
借入業者を見極めるポイントを教えて!

▲ トップへ戻る
Copyright (C) 2020 《借入》今からでも間に合う!絶対安心のキャッシング選び! All Rights Reserved.