銀行での借入をする時、見たほうが良いポイントはどこ?

今度銀行での借入を考えています。銀行での借入なんて初めてのことなのでちょっと緊張しているのですが、ポイントとなるようなことがあるというように聞きました。

消費者金融などで借りるのとはわけが違うと思いますから、銀行での借入をするときに「ここだけは押さえておきたい」というようなポイントがあると思うので教えて下さい。

銀行でのフリーローン借入なら職業と収入が最も重要だ

銀行でのフリーローン借入をしたいということだと思いますが、消費者金融や銀行系カードローンとはちょっと違う点がありますので気をつけたほうがいいでしょう。

ポイントというほどのものではありませんが、一番重要になるのは職業、そして収入この2つになるかと思います。

もちろん消費者金融でも重要とされているこの2つですけれども、消費者金融でも重要とされている収入と職業とはちょっと違うと考えてもらったほうがいいでしょう。

銀行の借入の場合はその場での返済可能性というのももちろん大事にします。今返済できますか?ということにイエスで答えられなければ借り入れはできません。

しかしそれと同じくらい将来にも大きな影響を持っていると考えられています。

具体的に言えば収入が将来上がっていくかどうかという点、職業が将来的にも安定していて、将来的にはその職業で出世できるかどうかという点です。(こちらもご参考に→借入できる職業とは?

出世と収入が上がるというのは同じようなものと考えていいかと思いますが、職業が将来的にも安定していて出席できるかどうかというのは非常に重要な観点になっていて、これは消費者金融などにはないと言われています。

消費者金融では今すぐに返済できる力があるかだけが見られているのですが、銀行の借入というのは将来的にわたって続けていきたいと考えています。

特にフリーローンになると金額も大きくて、100万円や200万円くらいの借り入れをすることは当然のようなところがあります。

そうなると、消費者金融とは全く見ているところが違ってくるのも当然ということになります。

ですので銀行の借入についてのポイントとしては収入と職業、特にこの2つの今も重要ですが、今後の将来ということにも影響しているということを考えておいたほうがいいでしょう。

職業にしても収入にしても基本的にはパート・アルバイトや主婦などでは将来性が見込めないため、銀行では借り入れすることはできないでしょう。

原則正社員でなければ厳しいですが、正社員の人も将来性のある会社にいるかいないかでずいぶんフリーローンは変わると思ってください。

【参考ページはこちら】
大手銀行の事業資金はハードル高い?

銀行で借入を申し込むポイントはどういう所か

銀行での融資は審査が厳しいという評判がありますが、かつては事業者向けの大口融資に力を入れていたものが最近では個人向けの小口融資も搭乗し、消費者金融に並んでサービスの提供が幅広くなりました。

しかし小口の融資を受けられると言っても、審査に確実に通るように対策を知っておくことも安心して申し込める要素となるでしょう。

カードローンなどに関しては消費者金融での申し込みと同じく、申し込み手続きの際には身分を証明できる書類と、収入が証明できる書類などを用意します。

金融機関によっては審査から早く結果が出て早速サービスを受けることが出来るところもあります。(こちらもご参考に→即日借入したい方におすすめ記事

審査が行われてから結果が出るまでのスピードは各々の金融機関によって違います。

どれくらいの早さでサービスを受けられるかは、それぞれがインターネット上にアップしているホームページを見て比較し、サービス内容を見て検討すると良いでしょう。

またお金を借りてから返済が上手く出来るように、支払方法や利息についても合わせて知っておくと今後の利用に困ることはありません。

では、今までのように事業者向けの融資のサービスを申し込む際にポイントとなるところはどこでしょうか。

個人向けの融資に関してはそこまで審査に厳しくない部分もありますが、事業者向け融資は借入の可能額も個人のそれに比べて大きいものであり、審査もより厳しめに行われることもあります。

まず事業資金としての借入れを行うには書類作成が必要です。それには企業の成績が結果として分かる決算書はもちろん、今後の企業の数年分における未来の構想を説明する証でもある事業計画書の作成が必要になります。

事業計画書に関しては相手側が求める具体的な数字を入れた書類で、その計画に対する予算が見て納得できる資料を作成すれば良いことになります。

個人に向けた融資でも同じく、事業向けの融資に関してもその返済能力の有無は問われます。

企業でそれを示すとなれば信用力を理解してもらう資料として、融資を受けて返済を続けていく中で問題が発生した際に、どのような解決案があるかをプランとして立てておく資料が作成出来れば相手側にも信用力が理解出来るものとなります。

また問題が発生しないように施策を寝る子とも重要です。今後の事業を継続していくプランが具体的なものとなっていれば、銀行は企業を信頼出来て貸付も問題なく行われます。

企業側が建てた返済計画にも納得し、月々の資金繰りが上手く出来て運営されることが、会社にとっても理想の資金調達となるでしょう。

また事業向けの融資に関しては返済に関する金利や付帯条件の設定が必要になります。

お金を借りて資金を調達することがはじめてであれば金利とはどれくらいのものかが分からない企業も多くあります。

条件に関しては金融機関側が提示するものがありますが、実際は企業側と金融機関側での交渉のもと決定されることになります。

金融機関側も交渉をすすめていく上で企業側が提出した決算書や事業計画書の内容から判断して、企業側が希望する条件や金利を設定することが出来ます。

金利は固定されたものとは限らず、付帯条件と合わせてお互いに納得できる条件に合わせて取り決めることが出来るので、金利に関しての負担も軽減させることが出来るのです。

このように交渉でスムーズに決定するにあたってはやはり事業計画書に提示された数字が判断の決め手となる重要なものとなりえます。

銀行から資金を調達するには、融資担当者を含めた面談を必要とします。この面談は実際にお金を借り入れる前だけではなく後からも重要になってきます。

借り入れが行われた後の面談に対しては企業の事業計画の進捗の報告となりますが、その進捗状況から上手くいってない場合の返済リスクを低減すべく改善案を提示する機会ともなります。

これらのポイントに関しては、実際に銀行への申し込みを行った上で必要となるものですが、交渉や面談を行う前にどこの金融機関が自社の資金調達に適しているかを事前に調べておくことで、申し込みもしやすくなります。

金融機関をあたる前に借り入れについてコンサルティングの行えるところから、自社に適した資金調達が行える金融機関を探す方法もあります。

金融機関から融資を受ける上で必ず確認される項目の中に資金使途があり、金融機関が企業に融資を行う際には資金の需要の原因を把握し、それが妥当性のあるものかを調べます。

つまり資金の使われ方が貸付を行う上で妥当なものかがチェックされます。

資金使途に関しては提出のあった決算の資料から妥当性が検証されています。

資金に関しては大きく分けて設備資金と運転資金の2つがあり設備資金に関しては設備投資の目的に応じ、経営上必要性と妥当性があるものかどうか、その資金の総額はいくらくらい必要としているものか、また設備投資された後の収支計画に対して妥当性を検証します。

収支計画を検討して、設備投資がされた後の売り上げ予測も含めて最終的に貸付を行ったものの返済が出来るかどうかが判断されます。

予測売り上げ通りとはならずに不調であっても貸付されたお金は返済出来るのかも見極められます。

不調の状況となってもある程度余裕を持った返済計画を立てていることが出来るかも判断材料とされます。

運転資金に関しては、事業を行う会社がある程度の規模の在庫を保有して、運営後に売上金を回収できるまでに一定の期間を要します。

売上金が回収できる前には在庫の支払や必要経費の支払いなどが必要となり、通常の会社運営や営業活動に必要な資金は、貸借対照表の科目残高から算出が出来ます。

事業が拡大され売上高が増加したり売上債権の回転期間が延びると運転資金が増加されます。

そのような必要資金に関しては一定の計算式のもと、その資金の妥当性が検証されます。金融機関は事業の実態と資金使途の妥当性が検証された上で実際に融資の取引を行うか否かを最終判断します。

銀行が企業に対して融資を行う際には、規模の大きい機関や小さい機関にかかわらず、申し込みのあった企業を取引先として、取引先への信用度を厳格に判断します。

これによって取引を行えるかどうかの判断を行う信用度は信用格付と称され、融資を行った取引先が契約期間中に倒産したりして融資した資金の回収が出来なくなる信用リスクを提出された決算書などからの数値によって客観的にランク付けします。

一般的な融資の取引に関しては資金使途に応じた取引方法が選択されます。その中で重要とされるのが融資を行う期間、返済方法、適用金利、担保・保障などがあります。

融資の期間や返済方法は企業の資金使途や提出された事業計画、資金繰りの予定表などから判断されますが、適用金利や担保・保証に関しては信用格付が行われた結果から判定されます。

信用格付は契約期間中における企業の信用リスクを一定のルールにもとづき決定します。

信用リスクの低い企業の場合でしたら契約通りに返済が行われる可能性が高いことから、標準の適用金利が設定されたり標準よりも低めの金利に設定されます。また担保・保証の必要もなくなります。

一方信用リスクが高く信用格付の結果も良くない場合となると、適用金利は標準よりも高いものとなり担保や保証にかんしての条件をつけることが一般的となります。

これは融資した資金が契約通り返済出来る可能性が考慮された上で適用金利や担保・保証の条件を決定することとなります。

各金融機関で企業に対する融資可否の可能性が検証されたら、融資を行う際の条件を決定します。

その時に最終的に内部で融資の審査を行うために必要な書類が作成され、融資稟議の手続きが行われます。

これは企業が面談を行ったなどの受付窓口となった支店内で稟議手続きが行われ、そこの支店長が最終判断を行い可否が決定されます。

この稟議手続では融資金額が一定金額以上の場合や特殊な条件がついた場合は、最終判断が支店ではなく本店の主要審査部署が判断を行います。

▲ トップへ戻る
Copyright (C) 2020 《借入》今からでも間に合う!絶対安心のキャッシング選び! All Rights Reserved.