銀行カードローンの借入限度額を増やす為のアドバイスありますか

銀行員の知人が居る事もあって口座を開設し、さらにはそのままカードローンも作る事になってしまいました。

最初は口座だけと言っていたのですが、話を聞く限り銀行員だとノルマを非常に押し付けられるらしく、酒の席という事もあって結構な愚痴を言っていました。

銀行員って外からだと華やかというかリッチなイメージがありますが、お金を扱う以上神経質な内情が見え隠れしていますね…

私こと三原(仮名)は普通の警備会社勤めなので、そこまで気にする事はありませんし、可哀想だったのでカードローンも作る事にしました。

付き合いで作る事になったのが最初でしたが、実際に持ってみるとこれがなかなか便利だったりします。

仕事帰りには良くみんなで飲みにいく事が多く、特に焼き肉が好きなのでそちらのお店にもしばしば向かい、結構な額を飲み食いに使ってしまいます。

で、ちょっと足りないかな?と思うときは先にコンビニでお金を借りて用意する事が出来るので、なんだかんだで出番は多いのです。

そして出番が多いとなるともっと限度額も欲しいし、限度額が増えると利息も減ると聞いているので、そちらに関しても興味津々です。

ただ、借入限度額を増やすにしても、そのコツとか分かりませんし、銀行員の知人も今は転勤で遠くにいますので、ちょっと聞きにくいです。

だから皆さんに、この銀行カードローンの借入限度額を増やす為のアドバイスをしてほしく思っております。何かありましたら是非とも教えてください。

借りては返すの繰り返しがまずは大事ですね

三原さん、どうもこんにちは。銀行員には今も昔も注目が集まっていますが、外からの感想と中の実情というのは、今も昔も大差がないのかもしれませんね。

噂によるとしょっちゅう怒鳴られる事から体育会系じゃないとろくに勤まらない…なんて物騒な話を私も耳にした事があります。

でもそうした規律があってあそこまで便利になっているというのなら、こちらとしてはなかなか何も言えないですよね。

そんな事もあって便利な銀行カードローンをご希望の方は多く、同時に限度額がもっと欲しい…という願いをお持ちの人もいらっしゃいます。

それゆえに似たような質問にてアドバイスをご希望の方は多いのですが、基本的には銀行カードローンも消費者金融も変わらず、お金を借りては返すという繰り返しが大事です。

銀行側からすると、お金を借りてもらわない事には利益にはなりません。

しかし貸したとしてもちゃんと返さない人だと損害が出てしまうので、要は『融資を使ってもきっちり返済する人』というのが最も好ましいというわけです。

ちょくちょく融資を使っても毎回きっちり利息も付けて返してくれる人というのは、銀行にとっては大事な顧客です。

そんな顧客が増額を申し出てきたら、増額してあげてもっと借りてもらう方が金融業者にとってはありがたい…というわけなのですね。
(⇒カード情報を更新しても限度額は引き継がれる?

その他にも収入が増えたらその旨を報告したり、その銀行の預金口座にお金を預けておくなど、その銀行にとって優良顧客である事をアピールするのが一番的確です。

こうした積み重ねが融資限度額の増加に繋がっていく、というわけなのです。

【参考ページはこちら】
レイクのカードローン増額方法

知っておこう。銀行で借入の出来る限度額について

銀行で行われる融資については、所定の審査にもとづき融資の可否が決められ、その際に同時に申し込みを行ったそれぞれの人が利用するにあたっての限度額を設定します。

これは借入を利用する人が融資を受けられる上限額であり、その額がたとえば1000万円と決められたのであれば、1000万円以内なら自由にお金を借りることが出来ることになります。

限度額の設定の基準は各金融機関によって違いますが、審査が行われる際におもに借主の資産、損益状況や担保の単価、保証人、将来性などをみて判断を行います。

申込者が取引額や売上高の大きい優良企業でしたら上限額は高めに設定され、融資もゆとりのあるものを受けられるようになります。

一方売り上げや利益の少ないところや、創業して間もないところ、個人事業主に対する融資については評価が低くなってしまうので、上限額は低めに設定されます。

たとえ限度額が高めに設定されたとしても、これは貸主側が借入可能な範囲として設定しているものであり、その上限いっぱいまで融資を受けることはおすすめ出来ません。

上限額の大きさにかかわらず自己が必要である資金のみを借り入れて、その後の返済が計画的に行われて滞ることのないように心掛けることが重要です。

会社を経営する場合には設備の投資や商品の仕入れ、材料の調達などさまざまな資金が必要になってきます。

理想的なのはこれらの必要な資金をすべて自己でまかなえることですが、多くの企業ではそのようにはならずに銀行が提供する融資を利用して資金の調達が行われます。

借入を行うと利息の支払いも必要になってくることに加えて、元金の返済も行うようになります。

そう考えると資金の調達は自社の返済能力の範囲内で借りなければならず、自社がどれくらい借りられるか、またどれくらいであれば返済を行うことが出来るかも把握しておく必要があります。

これには借り入れた金額が、自社の年商の何倍になるかを計算して上限額の目安を判断する方法があります。

また長期で借り入れる場合には年間の返済額が減価償却費と税額分を差し引いた当期分の利益を足したものよりも下回っているかの計算も必要です。

これはあらたに借り入れる場合にその金額や返済条件から年間の返済額を計算して、既存の借入金額と合わせて先程の減価償却と当期の利益を足したものよりも下回っているなら、続けて借り入れることが出来す。

銀行が提供するカードローンに関しては高額な額を借り入れることに対応しており、もともとは事業融資に強いので大口融資の扱いも慣れているところがあります。
(⇒自営業でも審査に通れたという口コミはある?

消費者金融の提供するローンでも借り入れが出来る上限額は500万円と設定されているところも多いですが、実際には数百万円まで上限を上げることは難しいのです。

しかし個人でもある程度の収入があり、返済実績を持っていたら数百万円借りることも難しくありません。

大手の金融機関が提供するローンの上限は500万円から1000万円借り入れることも可能であり、それには年収が400万円以上であるという条件がついていたり、収入証明書の必要書類の提出もあります。(こちらもご参考に→年収はいくらあれば借入できるの?

金利が低めで安心して利用出来るところも特徴で、申し込みはインターネットからも可能、店舗を持たないネットバンクでも融資の提供は行われておりコンビニなどで提携しているATMを利用して融資を受けることが出来ます。

最高限度額が1000万円だったとしても、誰でも契約時に1000万円までお金を借りられるわけではなく、申込者の状況によって上限額が決まります。

融資の申し込みをする際には審査が行われますが申込者の年収や勤務先、勤続年数や他社から受けている融資の額や件数などの情報をもとに総合的に判断されます。

これらの情報の内容に寄ってそれぞれの申込者の信用度は違ってきます。消費者金融では初めの上限額は50万円に設定されます。これが銀行の場合でしたら新規契約だと100万円と設定されます。

この後に上限額を増額することが手続きによって出来るのですが、増額に対しても融通は消費者金融よりも利くようになっています。

下限額については10万円と設定されることが多く、これが消費者金融の場合は1万円が下限となります。

このことから融資を受ける場合でも小口の場合なら消費者金融でも良いを判断し、大口の場合でしたら各金融機関のサービスをあたってみるといった使い分けで融資を受けることが効率の良い方法です。

その分、審査に関しては消費者金融よりも厳しく行われるということがあります。

審査の基準は各金融機関によって違うので不明であり、なかなか審査に対する対策を練ることも難しいですが、審査が行われるということは融資を受けたら返済がきちんと出来るかどうかを確かめるために行われ、自己に十分な返済能力があると分かっていれば融資の上限もいくらでも増やすことが可能になります。

最初に設定された上限額はずっと固定されたものではなく、上限額を変更することも出来ます。借り入れの可能上限額の引き上げの申し込みは各金融機関で扱っております。

まずは相談をしてみて申し込みが行われたら、再度審査が行われ上限の引き上げが可能か否かが判断され、通知を受けることが出来ます。

一度低めに設定された上限であっても、自分の収入が増えたり、それまでの利用額の返済が出来ていたら上限を上げることが出来ます。

またしばらく利用していると金融機関側から上限額の増額の案内が来ることもあります。このような状況になるには健全な利用実績を作り上げることで、将来の利用額のアップにもつながっていきます。

消費者金融で融資を受けるとなると、賃金業法の施行によって総量規制という決まりが出来たため、借主は年収の3分の1までなら融資を受けられることになっています。

これは消費者金融が賃金業者とみなされているからであり、銀行の場合は賃金業者とみなされないため総量規制の対象にはなりません。このことから借り入れられる金額は年収の3分の1以上でも可能となります。

ですからカードローンでも年収の額に制限されることなく、融資を受けることが出来ます。

しかし審査が厳しいと言われて、融資可能までの結果が出るまでに長い時間がかかるイメージがありますが、最近の金融機関のカードローンでは消費者金融などの賃金業者が保証会社になり、個人向けの融資も積極的に展開されるようになりました。

総量規制の対象がないということは年収額にも影響がないことから、専業主婦でもカードローンの申し込みが出来るところもあります。

専業主婦の場合は消費者金融のカードローンに申し込むよりは、借り入れられる可能性が高くなると言えます。

しかしすべての金融機関で主婦を対象にした融資が行われるわけではありませんので、こういった融資が可能なところはじっくり検討して探すようにしましょう。

審査時間に関しても以前よりもスムーズに行われてすぐに利用が出来るようになりました。

金融機関が提供するカードローンでも最短融資や即日融資が可能なところが増えてきました。

総量規制の対象外となるため、消費者金融が行う年収を調査する細かな規定がないため審査がスムーズに行われます。

消費者金融の場合、限度額が50万円を超える融資を申し込む場合は、申込者が必ず収入証明の書類を提出することとなっています。

しかし金融機関で行われる融資でしたら上限額が100万円以下でしたら収入証明の書類提出は不要で徹続きが行なえて、審査も早く行われます。

この上限額は金融機関によってさらに大きな額での借入を行う場合でも収入証明が不要な場合もあります。

総量規制の制限がないため年収の状況を判断する必要がないことから、収入のない主婦の申込者でも対応が可能なローンとして提供できるわけです。

提出書類が少ないということは申込む上でのメリットでもあるので、審査の時間を早く済ませたい人には有力であります。

▲ トップへ戻る
Copyright (C) 2020 《借入》今からでも間に合う!絶対安心のキャッシング選び! All Rights Reserved.