持病もちですが銀行の借入審査に通るかな…

詳細は控えますが、私はそれなりに有名な持病持ちです。一応そうした病気でも問題ない仕事をしており、年収は250万くらいはあります。

だから融資は受けられると思ったのですが、持病持ちの融資について調べてみたところ、不安な事が見つかりました。

銀行の借入審査の場合、持病があると審査にも影響すると聞いたのですが、私ではカードローンを作れないという事になるのでしょうか?

持病があるとはいえ仕事はしてますし、急な発作で死んだりするリスクが高すぎるわけでも無いのですが…。

確かに持病があれば保険に入りにくいというのは、まあしょうがないと自分で割り切っています。

けれども、融資までもが持病持ちならお金を貸せないと言ってくるのは、人生でかなりハンデが増えてしまうのでは無いでしょうか…。

単純に考えて、持病があって融資がダメなら、住宅ローンとか車ローンも難しいって事ですよね?

今は実家暮らしだし車も特に不要なのですが、どちらも必要な人だとかなり酷くないでしょうか…理不尽です。

私の場合は銀行カードローンでの借入希望ですが、これも通りませんか?ちゃんと返せるのは年収から見てもらっても分かると思います。本当にダメなのかどうか、ご存知の方はお答え下さい。

住宅ローンは厳しいですがカードローンなら大丈夫だと思います

持病持ちっすか…どんな病気か分からないっすけど、辛いっすよね。先天性のものとかだとずっと治らない事も多いみたいっすから、そんな場合は大きなハンデになっているのに、その上融資まで制限されてくるとなると尚更嫌っすよね。

持病持ちが融資の審査でシビアに判定されるかどうかで言えば、お金の借り方によってはあり得る、という感じっすね。例えば質問者さんが挙げていた住宅ローンなんて、その代表格っす。

住宅ローンっていうのは、大金を借りないといけない上に長い期間返済しないといけないっす。

なのに持病があると仕事ができなくなって債務不履行になったり、万が一死亡したりしてもかなり厳しいっす。だから大きな融資ほどきつくはなるっすね。

でもカードローンの場合は銀行が厳しいかというと、それは一概に言えないっすね。

そもそもカードローンの申し込みの時に自己申告する内容があるっすけど、その申告内容に持病について書く欄はあるっすか?無い場合が多いと思うっす。

つまるところ、それはこちらが持病持ちである事が伝わらないし、そもそも持病持ちかどうかというのが相手業者にとって重要ではないという事になるっすね。

だから、持病持ちかどうかはカードローンくらいな気にしなくても良いっす。

でも、もしも自分で申告してしまったら、やはり影響する可能性はあるっす。例えば融資額が減ったり、金利が上がったりっすね。

どちらも法律内で変わったりすると思うっすけど、やっぱり出来るならより良い条件で借りたいっすよね?

正直なのは素敵っすけど、言わなくて良い事は言わなくても大丈夫だから、申告内容だけを教えるようにして下さいっす。

【参考ページはこちら】
借入審査を受けるデメリットとは?

銀行の借入は、持病があっても大丈夫です

銀行の借入は、持病があっても大丈夫なようになっています。銀行の借入は、持病があってもそれを調べる能力はありません。

その企業の業績を調べる能力はありますが、持病まで調べることは稀です。

しかし、そうした中でもばれてしまった場合は、不利に働くことがあります。なるべく隠して審査を受けた方が無難です。

銀行の借入は、基本的に持病があっても大丈夫です。確かに持病を持っていると、体力的にも制約がかかりますし、できることの範囲も狭まってきます。

ただ、それだけで全ての業務ができないというわけではありません。

中には障害を負った方が会社を立ち上げて成功しているという例もあります。

銀行の借入は、冷酷なイメージがあるのかもしれませんが、確かにシビアな面があるのは確かですが、差別をすることはありません。きちんと収益さえ上げていれば大丈夫です。

銀行は基本的に数字を重んじる傾向があります。

どれだけ売り上げを上げたか、それだけ赤字を出したかということを細かくチェックします。それは裏返すと、病気だけで貸し渋りをすることはないということです。

どんな大きな病気を持っていても、業績さえしっかりしていれば、絶対にお金を貸すようになっているのです。

病気を持っていると、確かに引け目を感じるのは確かでしょう。こんな自分でもお金を貸してくれるのかという気持ちにもなります。

しかし、病気でブログを書いている人などを見ると、うつ病やアスペルガー障害などの精神病を抱えながら、

また、下半身不随などで動けないのに立派に社長をやっている人などが沢山見ることができます。そうしたお金を貸してくれる人を大切にしなければいけません。

例えば心臓病などを患っているとしましょう。しかし、それで業務が停滞するということは確かにあるのですが、完全にそう決まっているわけではありません。

そう考えると、どんな経営者でも、事故で仕事ができなくなることも考えられますし、病気で仕事ができなくなることも考えられます。

心臓病という病気を持っているだけで弾くというのは、利口な選択肢であるとは言えません。それは貸す側もしっかりとわかっているので、大丈夫です。

ただ、手が不自由なのに裁縫や陶芸などの仕事を就くことは、まず難しいですし、パソコン業務も難しいでしょう。

そうした意味で『仕事ができない』ということで、弾かれることはあります。

やはり不自由なりに工夫はするべきです。例えば、手が不自由ならば足でできる仕事に就くなど、やれることは沢山あるはずです。

精神疾患を持っている人は、起業をするかなりの手間が必要となります。

精神に病気を持っているのですから、怒りっぽくなったり、不安になったりして、それを乗り越えて起業をするというのは、並大抵のことではありません。

しかし、身体疾患と違うのは、身体的には拘束がないということです。つまり気力次第でどうにでもなるという側面はあります。

もちろん精神疾患を抱えている方の中にはアグレッシブに動けないという人もいるかもしれませんが、体が丈夫ならばそれで大丈夫です。

病状が安定して来れば、企業をしてお金を借入をすることも可能になってきます。

人はそれぞれ病気を持っています。健康で元気溌剌という人も中にはいるでしょうが、少子高齢化の社会の中で、どんどんと病気を持った経営者が増えてきています。

後半年でガンで死ぬという人が、起業を許してもらえるかどうかは許してもらえます。

国は個人の経営者を歓迎していますし、病気を持っていたからといってお金を借りることができないということにはなりません。

ただ、病気を持っていると企業をしてお金を借りることはできないケースもあります。

それは、銀を行うと書いて、ギンコウですので、やはりシビアな面はあります。銀は昔の日本では銀よりも価値のあるものでした。

それをしっかりと管理するということで、危ない相手にはお金を貸さないようにシステム化されています。

そのため、どうやっても仕事ができそうにないケースや、精神疾患を持っていて会話が成り立たないような人には受付で起業を弾かれる可能性もありますし、融資を受けられるかどうかもわかりません。全てはその時の対応次第です。

病気を持っていて、お金を借りるには、それなりの信用が必要です。『この人なら融資をしてもいいぞ』と思わせる何かが必要です。

病気を持っているのならば、それをネタに付属品をアピールしてもいいでしょう。

例えば耳が聞こえない人が、『聞こえるようになりました』という触れ込みで補聴器を売って行けばかなりの収益になるでしょう。

そして、『足が悪いから車椅子ようのセグエイ』を販売しています、などの触れ込みでビジネスを行えば成功する可能性はかなり高くなります。

また、借り入れの際にもそうしたことはしっかりとアピールしていってください。美味しいネタをアピールされれば、相手も必ず食いつきます。

そして、そうしたビジネスの展開というのは規模を拡大するのも早いので、お金を借りる理由にもなります。時には相手の心理状態を探ることも必要になってきます。

ただ、厳しいところは、本当に経営が厳しいので、病気を持っているだけで弾かれることもあります。

信用金庫などに融資を申し込むのは、キャッシングローンに申し込むのとはわけが違います。つかり厳正な審査を行っているということです。

厳正な審査の元、『ここは大丈夫だな』と思うところにお金を貸し付けを組み込んでいます。家族構成から、借金をしているのかしていないのか、財産はどのくらいか、などというプライバシーが完全に丸裸にされてしまいます。

お金を借りるということは、それだけ重要なものです。

その中で調査している間に病気が発見された場合、体力的や精神的に不適切であるという理由がからお金を貸すのを貸し渋りをされてしまう可能性があります。

借金をするというのは大変なことです。それだけの厳しい審査があります。その審査を乗り越えた時、しっかりした融資を受けることができます。

病気を抱えている人にアドバイスしたいのは、とにかく隠すということです。聞かれないことをわざわざ答える必要はありません。

相手の質問にだけ淡々と答えていけばいいだけの話です。厳しい審査を乗り越えた時に、しっかりとした融資が受けられるのです。

病気はしょうがないところがあります。それで審査に弾かれるというのは、かなり理不尽なように見えますが、今まで実績を積んでいったのならば大丈夫です。

ただし、その中でも最初から経験もない事業を始めようなどということになると話が違います。やはり最初の事業と言うのはギャンブルです。

そこにマイナスがあるとなると、止めたくなるのが人間の性であり、危険を察知する能力があると言えます。最初の起業でいきなりお金を貸してくれと言っても、誰も相手にしてくれません。

それは差別と言うよりも経験不足の結果なので、そうした融資を受けたいのならば、まずは小規模から初めて実績を作って、そこからお金を借り入れるようにしてください。

まずは徐々にやって、徐々にステップアップをしていければいいのです。いきなり10億貸してほしいから、起業するわ、などと言われても誰でも貸すことはないです。

お金は大切なものです。そのため、厳正な審査が行われます。その際に病気をしているというのは、かなりのペナルティーになりますが、それで絶対失敗するというものではありません。

まずは書類を書いて、起業をして、そこからお金を借りていってください。お金は有限のものです。

しっかりとした審査を通り抜けて、しっかりと胸を張って生きていけるようにしてみてください。そうすればきっといいことはあります。

まずは相手の立場を考えたお金の借り入れを行う必要があります。しっかりとしたお金の管理をして、しっかりと融資できるようにしてください。

▲ トップへ戻る
Copyright (C) 2022 《借入》今からでも間に合う!絶対安心のキャッシング選び! All Rights Reserved.