銀行からの借入は個人でも利用できるの?

銀行からの借入を受けたいです。使い道なのですが、家のリフォーム用の資金の一部です。

最初はトイレだけにしようと思っていたのですが、ついでに調べた結果、結構水回り全体が痛んでいたみたいで…予定していた予算をオーバーしました。

最初は預金を切り崩そうかと思いましたが、もう少しで車検の支払や保険料とか色々重なっていますので、温存しておきたいです。

となるとお金を借りてじっくり返済していくのが一番賢いと思ったのですが、銀行の借入について疑問があります。

銀行からの借入は、個人でも利用ができるんですか?私は別に会社経営者というわけではなく、普通の会社員です。

銀行というと経営者や個人事業主と主にやり取りしていて、個人向けには貸し付けてないんじゃないの?と親戚が言っていました。

いくらなんでもそれは無いだろう…と思ったのですが、私もそっち方面の知識が特にありませんから、一応確認しておくべきと判断し、皆さんにお尋ねしています。

融資にあまり詳しくなくて申し訳ありません。

銀行からの借入は個人でも利用できるかどうか、そしてどんな風に借りれば良いのかまで教えてもらえると助かります。

皆さん、どうかよろしくお願いします。

もちろん可能でとても使いやすいです

銀行=企業とのやり取りっていうのは、良くある構図ですよね。

たまに経済ニュースとかにもなるメガバンクの大手企業への貸付けを見ていると、確かに銀行は個人に対して融資を行わないという風にも見えてしまうでしょう。

しかし、それはむしろ銀行の業務の一部です。銀行は企業相手だけに商売をしていて成り立つほど余裕があるわけではありません。

むしろ大多数の個人の顧客とのやり取りが、企業との大きなやり取りに繋がっています。これは揺るぎない事実です。

なので銀行は、個人相手に口座開設だけでは無く、借入に関しても請け負っています。

むしろ個人の方が使いやすい融資方法もあるくらいなので、代表的な個人向けの融資方法についてチェックしてみると良いでしょう。

【カードローン】
さて、まずは最も使いやすく有名なカードローンです。カードローンは、融資をいつでも可能とするカードを一枚発行する貸付け方法です。

この方法を分かりやすく説明すると、銀行の口座操作と同じ感覚でATMからお金を借り入れる事が出来るという感じです。

ゆえにカードローンの場合、いつでも欲しい時に、限度額が許す限り融資を受ける事ができます。

限度額が少ないとその分自由に使える金額も減りますが、それでもいくらか自由に使える枠があるだけで心強く、急な出費の備えとなるでしょう。

【フリーローン】
フリーローンをまず分かりやすく表現すると「カードが無いカードローン」です。カードが無いという事は、つまり限度額を自由に操作できない…

一度きりの借り切りタイプの融資というわけです。まずは希望額を全額借りて、後は返済するのみ、という感じです。

つまりは出し入れが出来ないカードローンという感じで、カードローンがあれば不要に思われがちです。

でも使い切りという事で今後の不正利用の心配が無く、自制心が弱い方の使い過ぎも回避できます。フリーローンにも十分な強みがあるというわけです。

以上の二つが個人向けの現金借入方法です。どちらも用途は自由なので、自分の肌に合った融資方法をチョイスして使ってみましょう。

【参考ページはこちら】
銀行で即日融資は無理?

個人で銀行から借入を行う際に必要な一連の流れ

個人で銀行からお金を借りる際には、どのようなサービスでも審査を受ける必要があります。

この審査を受ける際には、予め基本的な手続きや手順を把握しておく事で、よりスムーズにサービスの利用を開始することができます。

また、事前に注意事項などを把握しておけば、簡単に審査に通過出来る可能性も高まる為に、銀行から借り入れを行う際には、必要となる一連の流れを把握しておくことが重要になるのです。

近年では、融資の申し込みを行う際には、複数の方法から利用しやすいものが選択できます。

一般的に普及している申し込み方法としては、店舗窓口での申し込み方法があり、その他にも専用の契約機での申込みや、インターネット経由での申し込み方法など、さまざまな方法があります。

その中でも、来店での申し込みは、手続きも分かりやすく、多くの方が利用している方法です。

この店舗での申し込みは、申込者が氏名や職業に加え、年収などの情報を申込書に記入する事からはじまります。

これらの情報は担当者により確認されることになり、申込者の氏名と住所が適合しているかどうかがコンピューターで確認される事になるのです。

この本人確認の際には、健康保険証や運転免許証などで本人を確認する事が必要になるために、予め指定された必要書類を準備しておく必要があります。

また、申込書に申請した勤務先に実際に在籍しているかを確認するために、銀行からお金を借りる際には、電話での在籍確認が行われる事が一般的です。

これらの個人情報が確認され、融資の可否を決める審査が行われる事になるのです。

この審査は、各金融機関で査定する項目が異なり、本社で情報を照会して正式に融資の可否が決まる事になります。

一般的な銀行系の融資で重視される個人情報としては、住所、氏名、生年月日などの基本情報に加え、居住形態や年数、住宅ローンの有無、勤務形態、勤務先の会社の規模や経営状態、年収などがあります。

また、非常に重要な審査項目としては、他社からの借入している件数や、現在の借り入れの総額などがあり、これらの金額が審査で検証され、最終的に融資が行われるかどうかが決まるのです。

この中でも、本人確認で重要な項目が、申込書に記入した住所と連絡先で確認がとれるかどうかです。

これは申込み書に申請した基本的な個人情報ですが、これらの情報の確認をとるために、銀行の担当者が自宅や勤務先へ電話連絡を行う事になります。

この電話連絡で記入した内容に間違いがなければ、この査定項目を通過し、次の審査項目の確認が行われる事になるのです。

そして、融資の際の審査では本人確認を行う為に、書類確認が行われます。

現在は、本人を確認するための書類として、運転免許証などが利用できますが、より審査の評価を高くする書類としては健康保険証や会社の組合保険証などを持参する事も効果的です。

これら複数の必要書類を申し込みの際に提示する事で、より円滑に審査に通過出来る事もあります。

特に、健康保険証の中でも、社会保険証などが準備できれば、審査に有利な条件として作用する事が多くなり、短時間で融資を提供してもらうことも可能になります。

社会保険証という身分証明書は、勤務先の会社の規模を確証する事が出来る有益な書類となることから、安定性のある収入の証明となり、返済を滞りなく行ってもらえる可能性が高まる為に、審査の評価においては有利なものとなるのです。

また、各金融機関の融資のサービス申し込みでは、収入を証明するために幾つかの書類の準備が必要になります。

具体的には、収入証明書の提出などで、この証明書で給料が一定の基準を満たしている事が確認できれば、より短時間で融資を提供してもらうことも可能になります。

さらに、この収入が審査基準を満たしている方の場合は、初回の利用でも、より大きな限度額が適用される事もあり、高額な融資が行われることに加え、有利な金利での借り入れが可能になるのです。

そして、この融資のサービスを利用する上で不可欠な要素が、勤務先への電話連絡です。

これは申請した通りの会社で仕事をしているかどうかを確認するためのもので、担当者が個人名で勤務先に電話連絡を行います。

この在籍確認は、勤務先に在籍しているかどうかを確かめる為のもので、金融機関の名前や電話連絡の目的などは告げられずに完了するものです。

そのため、融資の申し込みの確認が目的である事は伝えられず、その職場での在籍の確認ができれば終了します。

この電話での在籍確認は、審査の最終段階で、この項目を通過する事ができれば、短時間のうちにお金の借りいれができるようになります。

そして、この融資の際の審査項目で注意が必要なケースとしては、勤務先が明確でない場合です。

特に、自営業主の方の場合や、専業主婦で仕事をしていない方、学生でアルバイト勤務で生計を立てているような場合には、この勤務先への在籍確認が困難になる事がある為に注意が必要になるのです。
(⇒学生で借入をしたい方におすすめ記事

このような勤務先への在籍確認が困難になるケースでは、自宅に電話連絡がいく事が大半で、この電話で確認できれば、融資を提供してもらえる事が多くなります。

そして、自営業主の方の場合は、自宅への電話連絡に加え、従業員が在籍している場合には、他のスタッフなどに電話に出てもらい確認が行われます。

そして、この融資の審査で注意が必要な属性としては、派遣という雇用形態があります。この形態で働いている方の場合は、勤務境が定期的に変わる事が多い為に、現在働いている勤務先に連絡するのではなく、派遣登録をしている本社に連絡がいくことが一般的です。ここで在籍の確認がとれ、審査基準が満たされていれば、問題なく融資が提供される事になります。

そして、融資が行われる際に重要なポイントとしては、信用情報があります。これは各申込者のこれまでの借り入れの履歴を、専門的な機関で確認するものです。

これは申込者の過去の情報を基本として、金融機関からの借入履歴を検証します。この審査では過去に借りたお金の金額や、これまでの融資における返済、現在の借り入れ総額などが調べられる事になります。

また、返済状況は最も重要な項目の一つで、これまでの返済において三ヶ月以上の滞りが無い事が重要になるのです。

この信用情報の検証で、許容範囲を超える金額の借入れがある場合や、金融事故などの情報が登録されている場合は、より厳格な審査が行われる事になりますが、問題が無い場合はスムーズに審査が完了し、指定した口座へお金が振り込まれることになるのです。

さらに、この融資の申し込みで注意が必要なポイントとしては、申込書への記入ミスです。

これは間違って申込書に情報を記載してしまうことで、審査に不利な条件として扱われてしまう事がある為で、申込用紙に記入した内容に間違いが無い事が重要になります。

特に、他社からの借り入れ件数や、現在の借りいれの総額は重要な要素で、この金額に間違いがある場合にはより長く審査時間が必要になる事もある為に、注意が必要になるのです。

これら自己申告した内容と、信用情報機関で照会したデータが一致していれば、信頼できる申込者であることの証明にもなるので、これらの借り入れに関する情報は正確に申告することが必要になります。

これら融資を提供する各金融機関が重視している項目としては、これまでの滞納履歴や任意整理などに関連する金融事故の情報があります。

これらの履歴がある申込者の場合でも、一定の期間が経過していれば融資を受けられる可能性がありますので、何らかの履歴がある場合は、予めその事実を担当者に申告しておき、審査に影響を及ぼす事があるかどうかを相談してみる事も大切なのです。

そのため、事前にこれらの審査に関連する一連の手順を把握しておくことで、よりスムーズに融資を受ける事が出来るようになります。

▲ トップへ戻る
Copyright (C) 2022 《借入》今からでも間に合う!絶対安心のキャッシング選び! All Rights Reserved.