銀行に借入する条件はどうして厳しいの?

みんなが普段言っている事で気になる点について、この機会にお聞きしたいと思います。

今すぐお金を借りたいというわけではありませんが、今後の為にお答えください。

お金の借入先…カードローンやフリーローンという方法においては、銀行と消費者金融が主な候補になると思います。

それで消費者金融はみんなが審査を緩いと表現していて、銀行で借り入れるのは厳しいと言っています。今回は、銀行の方についてお尋ねしています。

銀行に借入する条件って、どうして厳しいのでしょうか?消費者金融が甘い理由についても気になりますが、やっぱり私がいざお金を借りるとしたら銀行から検討すると思いますので、銀行についてお聞きしています。

銀行が厳しいという噂はもとより、やはりその理由が一番気になります。

とりあえずあまり融資に詳しくない知人に聞いてみたら「銀行って緩かったらイメージに関わるから厳しくしてるんじゃないの?」という意見がありましたが、さすがにイメージだけで厳しくしている…なんて事は無いですよね?

これが事実だとしたら、凄いですが(笑)。

ともかく、正確で納得のいく理由を是非ともお伺いしたいと考えています。皆さんのお知恵をどうかお貸しください。

主に理由は二つとなります

銀行の融資は厳しく、消費者金融は甘い…これは融資を受ける際のテンプレートとも言えるくらい良く使われているフレーズです。

それくらいよく使われている事から分かるように、この法則は今でも間違ってはいません。つまりは事実として参考にして良いでしょう。

そしてその詳しい理由について説明せよとなると、案外答えにくい人が多かったりします。

質問者さんの知人の意見につきましてもはずれとまではいきませんが、やはりビジネスの観点で言えば弱い部分があると言えますね。

実際どんな理由があるかについて言えば、銀行の借入条件が厳しい理由については二つあるといえます。

この二つについて今回は掘り下げて説明していきますから、参考になれば幸いです。

・低金利で貸し付ける為
銀行の融資は消費者金融より簡単であるという点と同じく有名なのが、消費者金融よりも低金利で借りられるという部分です。

低金利で融資を受けられるとなると、返済総額も少なめで済むという事なのですから、銀行が人気である理由も頷けるというものです。

低金利で貸し付ける場合、より確実に返済してもらわないとその分利益になりません。

消費者金融は審査が緩く、尚且つある程度返済が滞る事も見越して高めの金利にしているのですが、銀行はその逆というわけです。確実に返せる人に低金利で融資を提供しているのです。

・顧客から預かったお金を守る為
銀行の業務は融資だけではありません。もう一つ大事な業務として、お金の預かり…つまり預金があります。

お金を預かって安全に保管しつつもそのお金で融資をしたりして利益を出しているため、私たちのお金がそもそもの融資の原資となっているわけですね。

だから銀行が貸し倒れを起こしてしまうと、私たちのお金を無駄にしたという事に繋がります。

いきなり私たちの預金に被害が出るわけでは無いものの、それが理由で破産でもしてしまえば、ブーイングは必至です。ゆえにより慎重な融資審査をして返してもらわないといけないのですね。

この二点は銀行融資の厳しさを論理的に説明していて、比較的納得もしやすいのでは無いでしょうか?

【参考ページはこちら】
ネット無しだと即日借入は無理?

銀行に借入する条件で重要になるポイントとは

銀行からお金を借りる方法には、数多くの種類があります。

これら各種のローンの中でも、キャッシングやカードローンは利用方法も分かりやすく、融資を受ける前に必要となる審査が手軽に受けられるので、多くの方が日常的に利用しているサービスです。

この銀行に借入する条件では、審査が行われる事になります。

これはそれぞれの申込者の融資における適性を確かめる審査で、通常は申込者の方が申告する個人的な内容をもとに評価が行われるのです。

この銀行側の評価により、融資が可能であるかを判断します。

銀行に借入する条件として重要になるのが、この審査で用いられるそれぞれの項目です。その中でも特に重要視されるものが、申込者の現在の仕事となっています。

これは高い給与を得ていることが重要になるのではなく、毎月の継続性が判断されることになるのです。

多くの自営業主の方の場合は、短期的に非常に高額な収入を得ている事があります。

しかし、銀行に借入する条件としては、このような不定期な高額な収入よりも、安定している会社員の方の評価のほうが高くなることが多いのです。

これは各種の銀行系のローンの審査に該当するポイントで、申込者の仕事は安定性が重要視されることを把握しておく必要があります。

また、銀行に借入する条件としては、正規雇用という形態で働いている方が高い評価を得る事になります。

それ故に、銀行系の借入ではアルバイト勤務よりも、正規雇用のほうが有利な条件となり、派遣社員や契約社員の方も幾つかの条件が付くケースもありますが、一般的なサービスを利用する上では、特に問題となるような事がありません。

このような融資における特有の評価基準があることから、審査の際には勤務先の会社の規模なども評価対象となることがあります。

これは一部上場している大きな企業や、知名度の高い中堅企業で働いている方の場合は、融資において有利になるというポイントです。

これは銀行が会社の規模や経営状況を検証する際に、現在の安定性というポイントを重視しているためです。

そのため、経営状態の安定している大きな企業に勤務している方の場合は、審査において高く評価されることになるのです。

そして、アルバイトやパート勤務という非正規の形態で働いている方の場合は、各金融機関や融資のサービスの内容で審査内容が異なります。

これは一般的な審査基準が、職業の安定性が高いほど有利になるためです。通常は、融資条件に関連するルールから、非正規雇用の場合でも長期的な勤務実績が重要になります。

短期間で仕事を辞めることができてしまうアルバイトでは、勤続年数が数年単位で確認出来ることが大切になるのです。

このような勤務履歴があることで、アルバイトでも安定性があると判断され、高い評価となります。

その結果、審査基準が厳しく設定されている銀行系の融資でも、審査に通過出来る可能性が向上するのです。

この勤続年数が長くなっている方の場合は、融資を受ける上では信頼性が増し、貸し出しを行う銀行側からも安定していると評価されます。

しかし、一般的な正社員の方で年収が高くも、ここ数年で複数回の転職を繰り返している方の場合は注意が必要になります。

これは大企業に勤務していても勤続年数が短いと、安定性という面では評価が低くなり、銀行から融資を受け難くなるケースもあるためです。

これは銀行系の各種のローンに該当する条件で、転職などが多く、職に関する項目で安定性が低いとされる場合は、勤務先の評価が良い場合でも注意が必要になるのです。

そのため、この勤続年数が長い申込者の方の場合は、審査において安定性が認められるので、より簡単に借入れが出来る事が多くなります。

正社員として勤務している申込者の方で、勤続年数が数年単位で確認できる方の場合は、収入が安定していると評価され、すぐにお金が借りられることが多いのです。

一般的なサラリーマンの方の場合は、三年程度の勤務実績が高く評価されるポイントとなり、自営業主の方の場合は営業実績で五年以上の継続性が確認できれば、より有利な条件で銀行からお金が借りられる可能性があるのです。

しかし、万が一、この勤続年数が短い場合でも、既に異なる金融機関の融資のサービス利用をしていて、その返済実績が確認できる場合などは、銀行系の審査において有利になるケースがあります。

この利用実績というポイントに加え、そのほかの審査項目において評価が高くなる申込者の場合は、勤続年数が短い場合でも、審査に通過することは十分に可能です。

これは銀行系の融資が、勤続年数という評価基準のみに囚われるのではなく、そのほかの項目も重視し、総合的な評価が下されることになるためです。

また、銀行系のサービスの申し込みで重要な勤続年数というポイントに関しては、転職を行うことで、その評価基準は低下することになります。

そのため、銀行系の融資を受ける予定がある方の場合は、転職前に融資の申し込みを行い、借入れが出来る状態を確保しておくことがポイントとなるのです。

この方法を用いて、完全に借入れが出来る手段を作っておけば、その後のサービス利用はできるので、安心して銀行からお金が借りられることになります。

そして、銀行からお金を借りる際に重要なポイントとしては、借入できる可能な金額があります。

この融資限度枠の上限は、審査の評価が重要なポイントとなるのです。

通常のノンバンク系の融資では、この申込者の年収で融資が可能な金額が決まることになります。これは法的な規制により、貸し出しの金額に制限が出るためです。

しかし、銀行系のサービスの場合は、この規制が適用されない為に、より高額な借入れが出来るようになっているのです。

そのため、借入れにおける金額において、年収による制限を受けたくない方の場合は、銀行系のサービスを活用する事が重要になります。

また、借入する金額が一定の金額を超えるような場合は、幾つかの証明書の提出が必要になります。

通常は、必要書類の提示は五十万円以上の融資に当てはまるもので、この場合には収入を証明する幾つかの書類の提出が義務付けられているのです。

この収入証明に利用できるものは会社員の方の場合は源泉徴収票などがあり、個人事業主の方の場合は確定申告の書類なども利用出来ることになります。

そして、銀行系のサービスを利用して借入を行う際には、安定した収入というポイントが重要になります。

これは各銀行で定義する審査基準が異なる事から、事前に正確な評価基準を把握する事は困難になります。(こちらもご参考に→借入の審査基準について

しかし、定期的な収入を得ている事が確認できれば、融資を受ける際には問題ないケースが大半なので、過度な心配は必要の無いものとなっているのです。

キャッシングやカードローンといったサービスは、より多くの方に融資を提供する事が目的とされていますので、他の銀行系の融資とは異なり、比較的簡単にお金が借りられるようになっているのです。

そして、銀行系のサービスを利用してお金を借りる場合には、年齢についても幾つかのポイントを把握しておく事が大切です。

これはこのような手軽に利用できるサービスが、二十代の方を対象にしたものであることから、六十代以降の年齢の申込者の方の場合は、審査が難しくなる傾向があるという理由があります。

この年齢という項目の重要性は、二十歳以上ならば問題はありませんが、年齢に関する基準を超えることで、銀行からの融資が受け難くなる事もある為に、予めこの年齢という項目を把握しておく事が重要になるのです。

通常は、過去に金融機関とのトラブルの実績が無い方の場合は、問題なく評価され、短期間でお金が借りられます。

特に、これまでにクレジットカード等の利用が頻繁にあり、この良好な利用実績が確認できる方の場合は、非常に短時間でお金が借りられる可能性が高まるのです。

そのため、これらのポイントを把握しておけば、銀行から容易にお金が借りられることになります。

▲ トップへ戻る
Copyright (C) 2022 《借入》今からでも間に合う!絶対安心のキャッシング選び! All Rights Reserved.