銀行借り入れは借入限度額に迫ったら増額出来るの?

前に少し聞いた話なんですけれども、ちょっとにわかには信じられないなっていうのがあります。

それは銀行借り入れは借入限度額に迫ったら借入をするための枠を増やしてもらえる、というものです。

普通増額ってかなり難しいのにそんなに簡単に増やしてもらえるの?というイメージです。

私としては増やしてもらえる、増額してもらえるならそれは嬉しいですからどんどんやってもらいたいなと思います。

ただ、増額を銀行借り入れは借入限度額に迫るだけで本当にやってもらえるんでしょうか?これは本当のことなのかどうかを知りたいです。

借入限度額に近いと借入をしやすくなる理由もある

この話は確かに信用しにくいかと思います。それだけ枠に近いほど借入をしているんだから、もしかしたら返済されないんじゃないかと考えられる、というのもひとつの考え方かなと思います。

借入限度額近くまで借りている人なんて信用出来ないと思う人もいるでしょう。

ただ業界の考え方やルールとしてはその逆、というように言えます。実は借入限度額に近いということはそれだけその業者からたくさん借りてくれているということです。

業者にしてみるといいお客様ということになります。だから少しでも他に流したくないと考えるのです。

もしそこで総量規制までに少し枠が残っているのであれば、出来る限りの他のところに取られないようにと、枠を大きくするというわけです。

そうすれば枠を大きくして総量規制に近づけた分、総量規制があるために他の業者がその人に貸出をすることが法律上出来なくなるのです。

これは総量規制という法律のルールがあるからこそできることだ、というように言えるでしょう。

今まではそういったルールがなかったので、総量規制が出来たおかげで借入をドンドンしている人ほど有利に借りられるようになったといえるわけです。

昔ならどんなに借りていても枠を大きくしてもらえないので、他のところから借りるのが多かったと思います。

総量規制がないので、10万円くらいの少ない金額ならということで、貸出をするところは少なくありませんでした。今はそれが簡単にはできなくなっているというわけです。
(⇒借入金額に関するおすすめ記事

10万円くらいの少ない金額でも貸出ができない、それは総量規制があってどこか他の業者が全て枠をとっているからというようなこともありうるのです。

このように今の時代というのはいかにこのその人に与えられた枠を取り合うかが業者によって重要ということです。

なので枠を総量規制一杯までにしてしまうということが行われるのです。

増額申請をしなくても枠いっぱいまで借入をしているという人には枠をできるだけ大きくしていくように消費者金融や銀行系カードローンが行うというわけです。もちろん返済をしっかり遅れないようにしている事が前提ですが。

昔とはだいぶ感覚が違っているということでしょう。

総量規制以外の法律もできていることですし、どういうふうに今後変わっていくのかはわかりませんが少なくともキャッシングは借入枠いっぱいまで借りるのもひとつの手ではあります。

【参考ページはこちら】
総量規制以上の借り入れをするとどうなる?

銀行借り入れは借入限度額に制限が無いという理由

現在は、さまざまな事業形態の金融機関から、キャッシングやカードローンなど気軽にお金が借り入れられるサービスが広く提供されています。

このようなサービスを利用する際には、貸し出しを行う各金融機関の特徴を把握し、そのメリットを上手く活用する事が必要になるのです。

特に、銀行系のサービスには多種多様なメリットがあり、これらの利点を上手く活用することができれば、お得な融資条件で借入が出来ることになります。

具体的には、銀行借り入れは借入限度額に制限が無く、ノンバンク系の融資よりも高額な貸し出しが許可されているのです。

そして、キャッシングやカードローンといった個人向けの小口融資は、無担保で融資を提供してくれるので、審査が非常に簡単で、初めてお金を借りる方にも利用しやすいというポイントもあります。(こちらもご参考に→中小消費者金融は借入審査がゆるい?

しかし、このサービスを利用する前には、事前に審査を受ける必要があり、この基準は各金融機関で大きく異なるので、銀行に特有の審査基準なども把握しておく必要があります。

銀行系のサービスに申し込みを行う時には、個人情報を正確に申告する事が重要です。

万が一、申込書に記載した内容にミスがあるような場合には、個人情報の検証のためにより長い時間が必要になり、場合によってはお金が借りられなくなるケースもあります。

そのため、この個人情報の申請は、銀行からお金を借りる際には慎重に行う必要があるのです。

これは各銀行が審査で信用情報機関を使い個人情報を照会する為に、間違いや虚偽の申請は瞬時に把握出来るようになっています。

そのため、この申告ミスが原因で、他の業者からもお金を借りられなくなる可能性もありますので、申込書の記入は重要なポイントとなります。

そして、銀行系のキャッシングの審査では、身分証明書の提示が必要になります。この場合には予め評価の高くなる書類を提示する事が重要なポイントとなるのです。

銀行系の審査で評価が高くなるのが、現在保有している保険証の提示です。これは社会保険だけではなく、公務員の方の場合は共済保険などを提示する事で、より有利な条件でお金が借りられることもあります。

これは安定性に優れた勤務先で働いていることが確認できる為で、一般的な保険証は誰でも入手できるものですが、特殊な健康保険証は特定の職種の方しか保有できない為に、職業の安定性を証明するものとなり、銀行から融資を受ける際には有利なものとなるのです。

また、銀行から融資を受ける場合に保険証の評価が高くなる理由としてじは、定期的に保険料を納付していることが明確になるというポイントもあります。

これは融資を受ける際の審査には有効に働き、融資を提供する側としては返済においてのトラブルを回避できる要点ともなるために、銀行側は慎重に確認を行うのです。

この理由から、銀行系のキャッシングの審査には、パスポートや免許証よりも、保険証の提示が効果的な手段となるのです。

そして、銀行系の融資の審査を受ける際には、年齢というポイントも重視して審査を受ける必要があります。

これは成人していれば可能であるというだけではなく、年齢的には二十代後半の独身者が有利な条件として採用される事があるのです。

既婚者で子供がいる申込者の方の場合は、キャッシングの返済の支払いに費やせるお金が少なくなるケースもある為に、この年齢的な条件が重視される事があります。

貸し出しを行う業者としては、滞りなく円滑に毎月の返済をしてくれる優良な顧客を見抜く事が重要になるために、さまざまな側面から申込者を評価することが必要になるのです。

そのため、銀行系のキャッシングの審査では、年齢や年収というポイントに加え、勤務形態も重視される事があるのです。

これはアルバイトなどの不安定な雇用形態で働いている方の場合は、より慎重な審査が必要になるためです。

そのため、しっかりとアルバイトで収入を得ている方の場合は、審査基準が適度に緩和されたサービスに申し込みを行う事が重要です。

銀行系のサービスは雇用形態を重視してお金を貸し出す傾向がある為に、アルバイトでも長期的な勤務や安定した収入があれば問題なく融資を受ける事ができますが、万が一に備え、雇用形態という審査基準をあまり重視しないサービスを選んでおく事も重要で、雇用形態に関する審査基準というポイントを把握して、適切なサービスに申し込みを行うことも必要なのです。

さらに、銀行から融資を受ける際には、一定の金額以上の融資を受ける際に、収入証明が必要になります。

これはノンバンク系のサービスでは、この証明書を元に融資総額を決める事がありますが、銀行借り入れは借入限度額に上限が設けられていないので、この年収の制限を超えた借入れができます。

しかし、この必要書類の提出は融資金額の程度により不可欠な要素となるために、予め把握しておく必要があるのです。

さらに、銀行系のサービスの審査においては、規制が重要なポイントとなります。

これは銀行以外の金融機関から融資を受ける際には、利用限度額に係わってくるために重要なポイントとなりますが、銀行系の融資の場合も審査の合否に影響を与える基準である為に、その内容を理解しておく必要があるのです。

この公的な機関が定める規制により、ノンバンク系の貸し出しの上限額は、年収の三分のまでに制限されています。

しかし、銀行が提供する各種の金融商品は、担保や保証人が必要なローンではなくても、この規制の対象外となります。

そのため、年収の制限無しにカードローンなどで借入が出来るようになっているのです。

この銀行系のサービスは、総量規制の対象外となることから、より高額な資金提供が必要な場合や、複数の債務をまとめたりすることにも利用できます。

ノンバンク系の貸金業者の無担保ローンは、年収の三分の一以下の金額になるように、借入金額を抑えなければいけません。

そのため、この上限を越えた融資は受けられず、個々の希望を満たす事が出来ないケースもあります。

このような理由から、より高額な資金提供が必要な場合には、銀行借り入れは借入限度額に制限がない為に、理想的なサービスとなります。

しかし、融資条件の優れた銀行系の融資を受ける為には、銀行が独自に設定する幾つかの審査基準を満たす事も必要になります。

これは一定の金額を超える借入を行う場合には、各種の証明書の提出が必要になるというものだけではなく、信用情報機関により借入情報が検証されるために、銀行の設定する過去の借入に関連する履歴や返済状況などの基準を満たしている必要があるのです。

銀行が貸し出しを行う際には、これらの複数の要因が慎重に検証されることになるので、金融事故の履歴などが確認される場合には、一定期間は融資を受けられなくなるケースもあります。

そのため、銀行系のサービスへ申し込みを行う際には、予めこの信用情報機関に登録されている個人情報を個々で検証しておき、融資が許可される確率が高いかどうかを調べておく事も重要になります。

そして、銀行系の融資でポイントとなるのが審査内容です。

各申込者の個人情報は、どこの金融機関から、どの程度の借金をしているかが重要な審査対象となり、これらの情報に加え、既に返済を終えた場合は正確な日時も重要になります。

そのため、未だ借入の返済途中である方の場合は、審査基準の厳しい特定のサービスの審査を受ける際には注意が必要になります。

この専門的な機関には、個人の融資に関する様々な情報が登録されており、銀行はこの登録情報をコンピューターで即座に検証する事が出来ます。

そして、この個人情報が審査に活用され、融資の可否の判断基準となるために重要なものとなります。

このような個人情報を集積している機関では、申込者の氏名と生年月日が分かれば、容易に個人を特定する事ができ、これまでの融資に関連する個人情報を検証することが出来ます。

これらの個人情報は各金融機関が情報を共有する事ができるようになっているもので、他の業者からの高額な融資を受けている方などは、履歴を確認する事で容易に把握する事ができるようになっています。

そのため、この個人情報が融資の回収が不能になる危険性を回避するものともなるために、審査では重要な規準となるのです。

▲ トップへ戻る
Copyright (C) 2020 《借入》今からでも間に合う!絶対安心のキャッシング選び! All Rights Reserved.