銀行で個人が借入をしている人の属性を知りたいです!

銀行のフリーローンって結構使っている人は多くないと思います。

普通借入をするならカードローンの方を使うと思うのですが、あえてフリーローンを個人で使っているという人もいると聞いています。

銀行から個人での借り入れをするのは厳しいと言われているのにです。

どうして少なくない人が銀行のフリーローンを使って、借入をする人がいるのでしょうか。

カードローンのほうが便利だと思うんですが、あえて使うという人がいるのはどうしてなのかを知りたいです。

金利や借入金額、安心感などが大きい理由のようだ

確かに銀行系カードローンや消費者金融と比べると、銀行のフリーローンというのは使いやすいとは決して言えないでしょう。

銀行系カードローンや消費者金融と比べればその特徴というのがわかります。どうしてフリーローンが使われていないかというとそれは使いにくさが挙げられます。

銀行系カードローンや消費者金融では借入をしたいときにATMを使って好きに借りることが出来ます。

またATMではなくてお金を振り込んでもらうということもネットを使えば出来ます。

そうしてそこから銀行振込で何かの支払いをする、ということも出来ます。好きなときに好きな金額を借りられるのです。

一方のフリーローンの場合は銀行が一気にお金を貸してくれます。100万円なら100万円、50万円なら50万円を一気に口座に振り込んでくるのです。

いきなりの金額なので、結構なお金になりますが、それを毎月返済で分割支払いしていくというパターンです。

いきなりそんなにお金をもらっても…という人のほうがどちらかと言うと多いんじゃないかなと思います。

普通はそんなにお金を必要としないですから、大きな金額をもらってもかえって迷惑で、使いすぎてしまう可能性もあるでしょう。だから人気はあまりないのです。

しかし使っているという人が個人でもいるのは、借入条件がいいというのが大きいようですね。

借入条件としては一気に貸出をしてくれるけれども、借りられる金額が大きいというのが一つあります。消費者金融などがくれる枠よりも大きい場合があるのです。

もう一つが金利ですが、金利は借入金額が大きい人が多いので、たいてい一桁になっています。

一桁の金利なのでかなり返済は楽になるでしょう。金利としてはそれこそかなり低いですから、それを使いたいという人は多いと思います。

もちろん使っている人の多くはたくさんのお金をもらっても、そのお金を見て「全部使ってしまおう」と考えない人がほとんどです。

収入も多い人がほとんどですし、パート・アルバイトなどが使えるようなことはありません。なので銀行系カードローンや消費者金融とはかなり違いがあります。
(⇒パート主婦でも借入はできる?

どちらのほうが優れているかというのは言えないのですが、条件面だけで言えば銀行から個人での借り入れをした方がいいでしょう。

使い方ってという点では枠だけをもらえて、コツコツと借り入れと返済を繰り返すことが出来る銀行系カードローンや消費者金融の方がいいかもしれません。

どちらも一長一短ですし、好きな方を使うのがいいんじゃないでしょうか。

銀行の個人への借入金額や色々な条件を知りたい!

銀行では住宅ローンや教育ローンなど色々な融資の商品があります。

その融資の商品や年齢、勤務年数、年収などによって、借入出来るかや借入金額などが決まってきます。

個人が銀行に融資を受けるケースでは、住宅ローンや教育ローン、カードローン、車のローンなどがあります。

これから、銀行にローンの申込みをする方も多い事でしょう。

色々と知りたい事があると思いますので、ご紹介します。

まず、銀行で個人が借入する際には、申込みをします。

申込みには、所得証明や運転免許証などの身分証明書など色々な書類が必要です。

実際に融資担当者と話をし、融資するかどうか判断するのです。

その際には、所得や勤務年数などを考慮し、返済期間や返済額が決められます。

個人が借入する際に一番高額な金額になるのは、やはり住宅ローンでしょう。

一生の買い物である一戸建ては、土地代と建物代がかかるので、かなりの費用になります。

ですから、ローンを組まないで一括で支払える方は中々いないでしょう。

余程、裕福な経済状況の方でなければ、無理です。

そこで、銀行などに融資をお願いする事になります。

住宅ローンを組む時に注意しなくてはいけないのが、年齢です。

収入にもよりますが、通常返済期間は20年~30年などの長期間返済する事になります。

月10万円の返済ですと30年返済で3,600万円です。

家の建てるとなると少なくとも、これ位の費用がかかります。

ですから、返済期間を考えると住宅ローンを借りるには、30代など早い内に借入する事が望ましいでしょう。

これが、定年退職間近の50代の方が住宅ローンを組もうとすると断る金融機関も多いそうです。

何故なら、数年後には無職になってしまうからです。

もし、50代になって住宅ローンを組む事になったら、方法としては頭金を多く払い、借りる金額を少なくする事か月の返済金額を多くする事でしょう。

50才で3,600万円のお金を借りようとすると月の返済は30万円になります。

給料の殆どが消えると思って良いでしょう。

月30万円の返済をするなら、妻も夫同様の収入がある事です。

それでしたら、夫の給料を返済に充てて、妻の給料で暮らす事が出来ます。

返済を考えると妻も正社員で働いている方がかなり良い印象を与える事が出来ますし、実際に返済時は楽に暮らす事が出来ます。

将来的に家を建てようと考えている方は、妻には仕事を辞めない様にお願いしましょう。

高額な金額になる住宅ローンを考えている方は、年齢の若い内に借りましょう。

住宅ローンの次に多いのが、子供の教育ローンでしょう。

子供を大学に進学させると4年間で1,000万円以上かかるそうです。

ただし、大学によって必要なお金は違いますし、この金額は大学に入学金や授業料のみです。

この他に一人暮らしをするなら生活費や家賃など色々とかかってしまうのです。

子供が大学に入学し、一人暮らしをする際に係る費用は1ヶ月少なく見積もって、10万円だとすると4年間で480万円です。

しかし、最近、消費税の増税や物価の高騰、光熱費の値上げなど含めると10万円では足りないかもしれません。

そこで、学資保険の他に教育ローンを借りる方が多いのです。

教育ローンは金融機関の他に国から借りる事も出来ますが、競争率が大変激しいそうです。

また、教育ローンの他に奨学金もあります。

奨学金と教育ローンの違いは、返済を子供自身がするか両親がするかです。

奨学金は、子供が大学を卒業してから返済して行く事になりますが、教育ローンはお金を借りた翌月に返済が始まります。

本当に貧困な家庭だと奨学金の方をおススメします。

奨学金は審査の際に所得制限もありますので、あまりにも裕福な家庭の方は審査に落ちる可能性が高いです。

奨学金にも、色々な条件がありますので、事前に調べて置きましょう。

また、今は地方地自体でも様々な貸付金制度を行っています。

5年間など一定に期間を住所を有する事で、返済しなくても良い貸付金制度もありますので、調べてみる価値があるでしょう。

人口が減少しているので、色々な貸付金などで人口を増やそうとする取り組みを各自治体で行っています。

ですから、これらの貸付金を利用する事をおススメします。

中には、地方から来た方に一戸建てを建てると助成をしてくれる助成金制度を行っている町もあります。

この助成金で、定住して欲しいと考えているからです。

一戸建てを建てる際には、これらの助成金制度が無いかどうか調べてみましょう。

教育ローンも住宅ローンも各種ローンは、金融機関によって金利や手数料が違いますので、お金を借りる際には、十分調べてから申込みしましょう。

そして、家庭持ちだけでなく、独身の方も利用する事があるカードローンもあります。

カードローンは収入によって借りれる金額が決まってきます。

また、カードローンの中には、返済期日の無いものもあります。

返済出来る時に返済する制度です。

ただし、決まった月に利息が引かれますので、注意しましょう。

とにかく、金融機関によって、融資の商品の内容は違います。

自分に合った融資の方法を見つけましょう。

お金は本当は借りない事が一番良いです。

ただし、今の日本は消費税の増税や円安による物価の高騰、ガソリン代や電気代などが値上げされています。

ですから、日本の家庭はかなり経済的に厳しい事が予想されます。

ですから、万が一の場合はローンを組むのは仕方ないのです。

特に住宅ローンや教育ローンは、金額が高額になるので、借りるケースが殆どです。

住宅ローンについては、とにかく早めが良いので、直ぐに決断する必要があります。

月の返済額を楽にするなら、とにかく返済期間が長い方が良いです。

返済期間を長くするなら、早い年齢の内に申込みをする必要性があるのです。

家を建てるかどうかの決断は早い方が良いでしょう。

家を建てても、そこで終わりではありません。

家は5年に一度はメンテナンスが必要だと言われています。

家の年数が経つ程、メンテナンスまでの期間は短くなります。

家のメンテナンスにも、500万円前後が必要だと言われています。

修繕すべき箇所によって、大きく金額は違ってくると思います。

ですから年齢の早い内に住宅ローンを組んで家を建て、その後、返済と同時にメンテナン
ス費の貯蓄をして行く必要性があるでしょう。

メンテナンス費用を借りる事も考えられます。

そうなるとやはり、働いている内が審査に通り易いのです。

家を持つ事を決断するには、時間がかかるかと思いますが、家については早い内に決断しましょう。

教育ローンも住宅ローンも金額が高額ですが、家や子供にとっては必要不可欠なのがお金です。

ですから、審査に通る為に条件を満たす事も重要でしょう。

消費者金融や他の金融機関に借金があり、返済が滞っていると審査に通らない可能性が高くなります。

借金は必要性のある物以外しない様に心がけましょう。

そして、ローンを組むなら出来るだけ奥様にも働いてもらう事です。

出来れば、正社員で働いてもらうのがベストですが、ある程度の年齢ですと中々正社員での雇用は難しいケースもあります。

パートや派遣社員などでも十分ですので、子育てがひと段落したら是非働いていてもらう様にしましょう。

そして、ローンで注意しなくてはいけなのが個人向けのカードローンです。

最近のカードローンは、自宅に居ながら申し込み出来る商品が多くなってきています。

勿論、審査もキチンと行われますが、ある程度の収入があると審査に通り、簡単に利用し易い状況にあります。

ですから、必要性が無くても簡単にギャンブルや買い物に利用してしまうのです。

簡単に申込み出来るので、大変便利ですが、利用方法には十分に注意し、返済期日までにしっかりと返済しましょう。

そして、急な入院や生活費が足りない!などの本当の緊急時に利用できる状況にして置きましょう。

【参考ページはこちら】
銀行と消費者金融・銀行系の審査に違いはある?

▲ トップへ戻る
Copyright (C) 2020 《借入》今からでも間に合う!絶対安心のキャッシング選び! All Rights Reserved.