銀行借入審査基準はどうやったら中身がわかるの?

ある銀行からの借入をしたいと思っています。基本的には銀行系カードローンとしての借入を考えていますが、もし出来るんだったらフリーローンのほうが条件もいいので、フリーローンで借りられるなら借りたいなぁとも思っています。

銀行系カードローンとしてでもそうですが、銀行借入審査基準というのはなんとかしてみることが出来ないんでしょうか。

中身もそうですし、その落ちたり通ったりする原因というのも知りたいのです。私が申し込みをしようとしている1社だけでいいので何とかならないでしょうか?

どの銀行借入審査基準も基本的に非公開になっている

銀行借入審査基準を知りたいという声はほんとうに多いですよね。

いろんな人が知りたいと思っているんですけれども、それだけ情報が外に出てきていないという証拠でもあるでしょう。

実際に中身をよく知っているんだ!という人はほとんどいないと思います。当然のことで、そういった情報はまず非公開になっているので出てきません。

もちろん審査に携わっていたという人もいるでしょうが、そういう人も契約で外に情報を漏らさないようにしてほしいというようにお願いされています。

その契約を違反すれば場合によっては大きな慰謝料や違約金のようなものを払わされることもあるので、匂わせるようなものを匿名でいうくらいしか出来ないのが現状ではないかと思います。

では銀行借入審査基準はなにもわからないのかというと、口コミを見ればある程度は分かるところがあります。

例えば「あ、ここなら借入をしやすいんだな」とか「ここは審査が厳しそうだ」という感覚がわかるようになります。

中身についてまではわかりませんし、どこまで見られているかというのははっきりしませんが、通りそうか落ちそうかという程度ならわかるようになるでしょう。

口コミには自分はどういう人でどういう仕事をしていて、どのくらいの借り入れが出来てということが書かれていることがあります。

はっきりとしない情報は役に立ちませんが、年収と職業、そしてそれでどれだけ借り入れが出来たかなどを書いてくれる人もいます。

そういった人の口コミを見れば「ここなら銀行借入審査基準は自分でも通るレベルではないか」という推測ができるでしょう。

もちろんあくまでも予測でしか無いので失敗することもありますし、通らないこともあるのでその点は注意しておきましょう。

通らない時にはもう一度口コミを見て自分よりも少し年収が低い人や非正規社員でも通ったというような業者を選ぶというのもひとつの方法です。

こうやって口コミを見て銀行借入審査基準を推測するのが今のところベターではないかと思います。

【参考ページはこちら】
銀行では限度額超えそうになったら増額できる?

銀行借入審査基準とは、どのようなものなのか

キャッシングやカードローンを行う際には、消費者金融か銀行を利用することとなります。

一般的に消費者金融は金利が高いが審査が甘く、銀行は審査が厳しい分、金利が安いと言われています。(こちらもご参考に→審査が甘い業者を教えて!

では銀行借入審査基準とは、どのいったものなのでしょうか見ていきましょう。まずは当然のことながら仕事の内容や年収などのチェックがあります。

銀行でも消費者金融でも返済するときには毎月分割で行っていきますので、申し込みをした時に働いていて年収が多いだけでは、その後もしっかりと返すことができるのかの判断は出来ません。

ですので会社の種類や雇用形態などと総合して判断をしていきます。まず最も評価の高いのが公的機関で働いている方になります。

市役所や警察官などの方はリストラされる心配や倒産を心配がありませんので、その2つのリスクがない分、今後もその収入が続いていくと予測ができます。

次に評価が高いのが大手企業に勤めている方になります。大手企業の場合であっても倒産のリスクが低くなりますので、安心感が強くなります。

中小企業でも借入をする上では問題ないでしょう。最も評価が低くなるのが自営業です。自営業は非正規雇用であるアルバイトやパートなどと同じ扱いをされますので、審査に通らないことが多くなってしまいます。
(⇒自営業者が借入しやすいのはどこ?

また年収が多ければ良いのではと思う方もいらっしゃるでしょうが、これは間違いで例えば年収が300万年程度の公務員の方と、年収が800万円の自営業の方であっても前者の方のほうが評価が高くなることがあり、借入可能な額が多くなることがあります。

ここで自営業などの評価が低くなってしまう方が審査に通る為に必要なことをお伝えしていきます。それは勤務期間になります。

その会社で働いている期間が長ければ長いほど、今後もそれが続いていく可能性が高まりますので、審査に通りやすくなります。

一般的には半年以上は必要だと言われていますが、もっと長い方が良く5年間働いているのであれば問題ありません。

先ほどのお伝えしたのですが、やはりアルバイトやパートといった非正規雇用の場合には審査に通ることは難しくなるようです。

やはり正規雇用であることが望ましく、この理由は会社とのつながりが強く、リストラする場合においても退職する場合においても手間が掛かりますので、簡単に起きることではありません。

しかしアルバイトなどは、その日に辞めてしまうことも簡単に出来てしまいますので、業者側にとっては安心感が低くなってしまいます。その点は自営業であっても同じなので、同じような評価がされるというわけです。

次に銀行借入審査基準として設けられている項目は、年齢になります。多くの銀行では20歳以上、60歳以下もしくは65歳以下と設定しているところが多くなります。

この理由は20歳以下の場合には学生である可能性が高いのと、20歳を境に大人という認識が強くなりますので、責任感といった意味で20歳以下は低いと判断されてしまいます。

逆に60歳以上となると定年を迎える方が多く、収入がなくなってしまいます。

近年では60歳を過ぎても会社に残る方や、再就職をする方も増えてきていますので、上限を65歳にまで引き上げている業者が多くなってきました。

それでも高齢となってくると病気などのリスクも高くなることから、低評価となってしまいます。業者にとっても最も貸しやすい年齢は30代や40代となっています。
(⇒借入の年齢制限についてもっと詳しく

大人としても責任感も強く、社会的な地位も上がってきているので、しっかりと返してくれる確率が高くなります。

高齢になると病気のリスクが高くなり、評価が低くなるという事は、当然のことながら健康面も審査の基準に含まれています。

業者にとって最も重要なことは申し込みをした時の収入が、今後も続いていくことにあります。

ですので申し込みをした際に、今後入院などをする可能性がある病気を患っていれば審査に通りにくくなってしまいます。

そのほかにチェックされる項目は、他社からの借入になります。初めに銀行は審査が厳しく、消費者金融は審査が甘いよお伝えしたのですが、実は銀行借入審査基準は消費者金融と同じものを利用しているのです。

この理由は銀行は本来お金を貸すことが業務ではありません。ですのでお金を貸すことに関しては素人同然となり、キャッシングやカードローンの業務に関してはお金を貸すプロを提携を組んで、そのノウハウを教えてもらい行っているのです。

ですので銀行借入審査基準は消費者金融とそれほど変わりません。しかし唯一違う部分があります。それは総量規制の部分になります。

総量規制とは利用者の借入額が年収の3分の1を超えてはならないという法律で、この法律によって借金で破産する人を少なくしているのです。しかしこの総量規制は銀行には適応されていません。

ですので消費者金融と比べると他社からの借入を厳しくチェックすることはありません。とはいえ、やはりすでに借金がある方には、貸しにくくなることは間違いありません。

もちろん他社からの借入があって場合でも問題ないこともあります。重要なことは返済状況になります。返済が滞っていたりすれば審査に通ることはありません。

これは携帯電話の支払いや家賃の支払いなどでも同じで、支払わなくてはならないお金や返済しなくてはならないお金を支払う事ができていない方には、貸してくれないのは当然のことです。

ですので銀行で借入を行おうと考えているのであれば、支払いなどをしっかりとしてから行うようにしてください。

また過去に返済が滞った経歴がある方や自己破産や任意整理などの債務整理を行った方は、利用できない可能性があります。このようなことが起きると、その情報が信用情報機関に事故情報として登録がされます。

信用情報機関とは名前や生年月日、住所などはもちろん勤務先の情報や借入状況、返済状況なども登録がされています。

そして返済をする上で滞ってしまったり自己破産をした場合には事故情報として登録がされます。

この事故情報のことを、通称でブラックリストと呼んでおり、ブラックリストに登録がされている場合には、その他の項目がどんなに良かったとしても、利用することができなくなります。

そしてこの事故情報は、起こした事故によって登録期間が異なり、その期間が経過するまでは、如何なることをしても削除することは出来ません。

この信用情報機関に登録がされる時とは、審査に申し込みをしたと気になります。それは銀行や消費者金融、クレジットカードを作る際にも登録がされます。

ここで注意していただきたいことは、申し込みをする業者の数になります。初めて利用する方に多いのですが、審査に落ちてしまうことを不安に感じてしまい沢山の業者に同時に申し込みをしてしまうことがあります。

しかしそれをしてしまうと、その申し込みをしたことが全国の金融機関に知れ渡ります。

そうなると業者の方は「短期間で、もう申し込み数が多いのは何かある」と怪しまれてしまい、審査に落ちることがあります。

ですので利用しようと考えている方は、1度に沢山の業者に申し込みをするのではなく、1社だけに絞って申し込みをするようにしてください。

また落ちてしまった場合にも、すぐにほかの業者に申し込みをするのではなく、ある程度の期間を空けてから、次の申し込みをするようにいたしましょう。

そのほかにも銀行借入審査基準としては住居形態や同居人、固定電話の有無なども項目に含まれております。

住居形態は持家があれば問題ありません。マンションなどの場合には長く住んでいることが重要となります。

同居人もいた方が代わりに連絡をとってもらえたり、最悪の場合には代わりに返済をしてもらうことができますので、審査に通りやすくなります。

電話は携帯電話のみは良くありません。必ず固定電話を用意して、携帯電話もあると尚良いでしょう。これらのことを総合的に判断をして、審査をしていきます。

▲ トップへ戻る
Copyright (C) 2020 《借入》今からでも間に合う!絶対安心のキャッシング選び! All Rights Reserved.