誰も教えてくれない銀行の借入審査の中身とは?

誰も教えてくれない銀行の借入審査の中身についてお伺いしたいのですが、この中身について詳細に知っている人というのはいるものなのでしょうか。

銀行でもそうですし、消費者金融やその他のカードローンでもそうですが、借入れ審査の中身について分かる人に話を聞いてみたいです。

どうして落ちるのか、何が問題なのか、こういう変わった人がいたなどの話がなかなかネット上でも出てきていないので、難しいのかなと最近はあきらめ気味でもあります。

今はどうなっているのでしょうか、誰か教えてもらえるのでしょうか?

銀行の借入審査はブラックボックスで詳細はわからない

まず大前提としてなんですが、銀行の借入審査についてはブラックボックスでわからないという点は理解しておかないといけないでしょう。

こういう銀行の借入審査であっても消費者金融でもそうなのですが、代替情報というのははっきりとしたものが漏れてくることはほとんど無いと思っておいてください。

基本的に銀行の借入審査というのは全部が全部わかるという人はいません。
(⇒借入の審査基準ってどうなってる?

そのかわり部分的に「ここはこうなっている」というような詳細について知っている人はいます。

銀行に努めている人はたくさんいますし、融資関係の仕事をしている人はいるので、そういう人たちの話を聞けばわかります。

例えばその中でも典型的なものが他社借入についてでしょう。

他社借入をしているということは大きな影響を与えて、それが大きすぎるとあまりにも危ないということで大きくマイナスになってしまうということです。

こういうことはすでに知られていることですが、銀行によってどのくらいマイナスになるのか、何社からダメなのかということなどの詳しい事実についてはわかっていません。

銀行の借入審査の中身について教えて貰える人はあまりいませんが、実際にやっていたという人にあったら聞いてみるといいと思います。

今のところ個人向けということですけれども、業者向けのものになるとまた審査の内容も変わってくると言われています。

元々は銀行は会社向けの有志の方が得意でもありましたから、個人向けとは違ったノウハウを持っているのだと思われます。

どちらにせよ、そういった詳しい人というのはいるに入るのですが、ネット上で情報を出している人はほとんどいないということです。

銀行の借入審査の中身というのはたしかに気になりますが、業者によっても違いますし、必ずしも知らなければ審査に通らないというものでもありません。

あまり気にしすぎないようにするのがいいのかもしれませんね。

【参考ページはこちら】
どうしたら借入審査の中身が分かる?

消費者金融と銀行の借入審査の違い!互いのメリットとは!

金融機関と言えば、お金を融資し、また金融商品取引を行う期間のことで銀行や郵便局はもちろん保険会社、証券会社も含み、消費者金融や信販会社のような貸金業者も金融機関と言います。

証券会社や保険会社は、特定の個人にお金を貸すということはしておらず、企業などへの大型融資をしたり、証券会社は個人的な融資をしないにしても自社で取り扱う投資運用商品に関しては、信用取引などにおいて、お金を立て替えることがあり、利息と共に回収はしています。

また、投資信託や年金商品などの貯蓄性のある金融商品の取り扱いも行っており、金融機関は貸し借りや各種手数料収入でビジネスを行っています。

貸したお金に利息を付加して回収し、余剰資金の保有先からお金を集め、借りたお金に利息を付けて預かり、資金を必要とする先に融通して、利息を付加して元金を回収しています。(こちらもご参考に→借入の利息に関するおすすめ記事

ここで生じた金利の差が銀行員の給料として支払われています。

金融機関は何らかの理由でお金を集め、融資を行うことで貸し出しをしていますが、消費者金融に関しては融資のみで、返済金以外にお金を預かるということは一切していません。

消費者金融はお金を貸すことのみがビジネスであり、投資運用などの金融商品を一切扱っていないため、貸し出しリスクが非常に高いです。

そのため、銀行などに比べて回収する金利がもっとも高く、銀行貸し付けのおよそ10倍として、近年、銀行の普通預金金利が0.02%程度であるため、銀行貸し付けでおよそ100倍、消費者金融ではおよそ1000倍の金利を支払うことになるのです。

銀行預金は、預金者のお金1000万円とそこに付く利息は保護されています。

また、日本のメガバンクと言われるような銀行では、1000万円以上の預金をしていても、破たんの懸念が非常に低いため、安心して預けておけるので、預金は保護されていると言ってよいでしょう。

銀行は、預かったお金を保護し、管理することが必然化し、預金者から預かったお金を、必要な先に貸し出しているだけなので、大切に取り扱うという目的から、借入れる人に審査という高いハードルを設け、言わば貸す人を選んでいることになります。

銀行が選ぶ相手とは、返済金に利息を付けて中長期で貸し出しと回収が出来る人で、それなりの収入や担保を保有する人となります。

中長期返済で、金利を低くし無理のない返済計画を立て、回収するのです。

一方、消費者金融の貸し出しでは、銀行に比べて貸出金利が高く、利息制限法で上限と定められる20%で貸し出され、大抵の業者は13%程度から20%までで貸し出しを実行しています。

100万円の元金に対して1年間で20万円の利息付加をして回収するのです。

以前は、出資法の上限金利である29.2%で貸し出し実行をしており、年間30万円弱の利息を回収しており、また借入審査の甘さや貸し出し限度額が大きくなることへの規制が甘かった側面から多重債務者が増加する傾向にあり、借金を苦に自殺を図る人や自己破産をする人が多く社会問題化していました。

しかし、2012年に施行された改正貸金業法が、消費者金融への無理な取り立てや無理な貸し出しによる規制を厳しくし、また、多重債務者への問題を解消することを目的として制定されると、貸出しを利用者に有意義に行い、金融事業を金融経済の滑車となるような取り組みが行われました。

貸金業法改正前はというと、利息制限法を大幅に超える、出資法の上限金利である29.2%で貸し出しが行われると、借金はたちまち雪だるま式に膨れ上がり、その返済引当金に他社で29.2%で借入、結果多重債務者を作っていたのですが、現在では、利息制限法を超過した金利を過払い請求として返還を求めることが出来るようになると、多くの貸金業者が過払い請求により経営危機となったことで、現在では、銀行グループとして融資事業展開をしています。

消費者金融での融資事業を傘下に収めた銀行は、銀行による融資と消費者金融による融資の両方を行うこととなったのです。

銀行の借入審査を厳しくし、貸し出す相手を選び、また、銀行で借入が出来ない人には消費者金融での貸し出しを行い、審査のハードルを下げ、高い金利で貸出しをするという隙間のない融資を実現しました。

消費者金融の性質は、短期で返済できる貸出先に融資を行い、枠を設けることで、枠が空き次第何回でも利用可能として、繰り返し融資を行います。

また、銀行に比べて工期で利息回収をすることが目的であるため、金利を高くし、さらに担保を取らないことへのリスクを借りる人に添加して貸し出しを行うことになります。

金利のみを見てみると、2%と20%では10倍であるため高いとしか言えないのですが、貸出しに対して担保を付け、保証人の設定を義務化し、最悪は差し押さえや、肩代わりを要求する権利をもった上で、しっかりと調査を行い、貸出しをする銀行が金利面のみを考えて果たしてお得な資金運用になるのか、しかも長期での返済となると、借入期間に負担する金利が元金の20%以上となることもあり、年率換算で金利計算をして長期で多くの利息を回収していることが良いのか、借りている人も詳しく分かっていないことが多いです。

銀行の借入審査に比べて消費者金融の審査がスピーディーな理由に、利用者獲得を目論むことが狙いとしてあり、20%という高い金利であることで借りにくい感覚を早期貸し出しというメリットを付けているのです。

ただ、誰でも高いことを理解して喜んでいる人はいないでしょう。

出来れば、低い金利で借りれたらうれしいと考えるのですが、消費者金融を利用する人は、お金の使い道に急ぐ人が多いでしょう。

自身の銀行預金や十分な収入があれば、消費者金融であえて高い金利でお金を借りる必要がありません。

生活の中には、思わぬお金が掛かります。

冠婚葬祭費や急な飲み会、友人へのお祝いや、不慮の事故での入院医療費など、直接お金が必要となるシーンは多く、毎月のお給料のみでは家計のやりくりが大変という場合に消費者金融での借入が便利となります。

すぐに必要なお金を融通してもらうためには、審査が早い方が便利であり、問題は金利の負担を少なくお金が利用できるということを考えなければいけません。

消費者金融の特徴をしっかりと理解し、メリットを最大限に利用すれば、高利というデメリットを克服してメリットのみを利用して、お金を上手く利用することが出来ます。

消費者金融のメリットは審査の早さと貸し出し実行までの早さです。

また、銀行管理下であることで、監視体制を強化し高いコンプライアンスを設けることでクリーン貸し出しをしているのと、融資先への貸出金利のサービスをメリットに加えています。

金利のサービスは業者間で異なり、それを自社の強みとして貸し出しをしているため、ある業者では1週間無利息で、枠内であれば何回利用しても1週間で返済すれば無利息とし、ある会社では、30日間無利息など、他にも無利息ではなく、利用実績に応じてポイントを付け、キャッシュバック制度を用いる業者もあり、それらを上手く利用し、返済を無利息期間に済ませれば、金利負担なしで資金を運用することが可能です。

給料が入れば返済が可能、でも、今すぐに必要なお金を貸してほしいというような人や、仕入れ先への支払いをしなければ経営が回らず、翌月入金があれば、返済が出来るというような短期での運転資金が必要という事業者であれば、早期で貸し出し可能な消費者金融のメリットを最大限に利用すれば担保、保証人、金利ゼロで審査のハードルが低いという多くのメリットが得られる融資が可能となるでしょう。

銀行で借りることが出来る人であれば、事業者資金の場合、自治体の制度融資を利用することや、金利の低い銀行での借り換えなど、もっともメリットの高い利用方法で借入を行うことが良いでしょう。

▲ トップへ戻る
Copyright (C) 2020 《借入》今からでも間に合う!絶対安心のキャッシング選び! All Rights Reserved.