どうして銀行は借入条件が最もいいとされているの?

借入条件がいいところといえばどこでしょうか?

おそらく多くの人は消費者金融よりも銀行系カードローンを、そしてさらに借入条件がいいところとして銀行からの融資というのを答えると思います。

これは間違いではないですし、正しい答えだと思います。

しかしなぜ借入条件が銀行の融資というのはいいのでしょうか?

銀行からの借入は条件がいいというのは当たり前のようになっていますが、なぜかということがよくわかりません。

はっきりとした理由があるのかそれとも無いのか、どちらなのでしょうか。

資金調達コストが安いこと、ターゲットが違うこと

銀行と消費者金融、どうしてこんなにも条件が違うの?ということですけれども、これは一応ちゃんと理由というのがあるので、少し専門的になるかもしれません。

ですのでできるだけわかりやすい形で説明したいと思います。

理由として考えられているのは2つで、一つが資金の調達コストが安いということ、もう一つが貸出をしているターゲットが違うことの2つです。

まず一つ目の資金調達のコストですが、お金を貸すためには借入をする人にお金を渡さないといけません。

ということはそのお金をどこかから用意しないといけないのですが、一般的に消費者金融は銀行から借りるか、もしくは自己資金で行っています。

しかし銀行から借りると返済のために金利が必要なので、利益を出すにはさらに高い金利で貸出をしないといけません。

これが銀行の場合はコストがほとんどゼロのような形で借りることができる、ということです。

ほとんどゼロというのは中央銀行からの調達か預金を使うという方法で、どちらも今は低金利のためにほとんど金利ゼロのようなものです。だから消費者金融なんかに比べても金利を下げられるのです。

もう一つが優良顧客をターゲットにしているという点も大きな違いです。

優良顧客をターゲットにしているということは、返済される可能性が高いですし、ぜひともきてほしいというお客さんです。

そうなると金利を下げてでも呼びたいわけです。そもそもそれだけ厳選して貸す人を選ぶんでいるのですから、当然金利も下がるということになります。

だからこそ条件というのは借入がだいぶ楽になるというわけです。借入が楽になるということはわかっていても、銀行からの融資を使える人はやはり選ばれた人ということになります。

ですので、誰もが使えないという点は使いにくさはありますが、もし使えるなら迷わず使うというのもひとつの方法かと思います。

【参考ページはこちら】
借入した方がいい場合としない方がいい場合

銀行で借入するための条件についてのまとめ

銀行で利用が出来る借入には、従来の事業者向けの資金調達のための大口融資をはじめとして、個人の向けた融資も消費者金融並みに重質されたサービスが展開されており、現在では多くの人が利用出来る環境が出来上がりました。

申込む融資のケースはどのようなものであれ、各金融機関ごとに定められた条件を満たすことによって融資の利用が可能になります。

銀行が融資を提供する際には企業や個人に向けて審査が行われます。この際に必要とされるものが各種書類の提出であり、面談でもあります。

これらによって厳選な審査が行われて融資の可否が決定されることになります。

このような審査ではどういったところが見られているのかということですが、企業や個人が提出した書類に書かれていることに関して、嘘の情報はないかのチェックが行われます。

企業が提出する書類には決算書などがあるのですが、この内容におかしな点はないかということがチェックされるわけです。

決算書の提出は義務付けられているものではなく、提出をしない企業もあり自主的に提出をする書類となるのですが、決算書を提出しない場合は企業の信用を得ることは難しくなります。

提出した書類に不備があり、嘘の情報が書かれていたことが分かれば、その時点で信用がゼロとなってしまいます。

こうなると審査には通らなくなり融資を受けることは出来なくなってしまいます。

提出する書類は当然のことながらチェックが行われて、これであればお金を貸しても大丈夫だという判断が出来る状態にしておく必要があります。

企業が決算書を必要書類として提出する際には、他に勘定科目明細も通常合わせて提出されます。

これは決算書の科目の内訳を確認する際に必要となり、審査の際にこの内訳の中から借り入れた金額があった場合チェックを行います。借入先によっては融資が出来ないと判断されることもあります。

このように銀行では融資を申し込んできた人の人柄や提出書類の信頼性や妥当性を審査で確認します。

この審査が行われるのは申し込みがあった人物または企業についての可能性を見出すためであり、返済が出来るかどうかの判断を行うためでもあります。

そのため提出書類がちゃんとしたものでなければ融資を断られることもありますし、面談において信頼が確保できるのなら融資も可能となりえます。

事業資金として融資を利用する際にはその資金の使用目的も重要となるのです。

個人が銀行の融資を受けるための条件としては、まず安定した収入があることが挙げられます。それには収入が証明できる書類を提出する必要があります。
(⇒銀行の借入についてもっと詳しく

審査も消費者金融に比べたら厳しいと言われていますが、提出を求められる書類に不備がなければ審査に通る可能性は決して低くはありません。

各金融機関によって提出を求められる書類の種類には違いはありますが、まず身分証明の出来る書類として運転免許証やパスポート、健康保険証があります。

これに加えて収入が証明できる書類には給料明細書や源泉徴収票があります。

また申込者が自営業の場合でしたら確定申告書や納税証明書なども必要書類として有効になります。

審査が行われる際に、必ず調べられる項目として過去の借入状況や債務状況のチェックがあります。

これに関しては申込者本人が詳しく把握していなくても、各金融機関では個人情報信用機関からの情報をもとにクレジットカードやキャッシングなどの融資の利用状況を調べて把握することが出来ます。

ここで注意するべきことは、融資の申し込みの欄に過去の借り入れ状況を記入する欄があった場合に、嘘の申告をしないことです。

現在他社からお金を借り入れていないという申告をしても、各金融機関では個人情報信用機関を通じて実際の状況はすべて分かることになるので、ここでうその申告をしていると分かった場合、信頼がなくなり審査にも通りません。

多少の誤差があったとしても、他社から借り入れている経歴があれば出来るだけ正直に申告をしましょう。

あらたに融資を申し込もうとして現在別なところからお金を借りていることは決して悪いことではないし、必ず問題になることはありません。

しかし融資を受けられる条件はここにもあり、債務が多い場合は新しい融資が受けられなくなることがあるので注意をする必要があります。

過去に融資を受けて借金の返済が滞ったことがある場合は要注意です。

1度や2度ばかり返済が滞ることがあれば支払いを忘れていたということとして誰しもあることですが、3か月以上返済が滞ることがあれば遅滞として履歴が残ります。

これは金融事故として過去に返済が遅滞したことが個人情報信用の記録に残されます。

このような金融事故があればその記録は5年ほど残り、借金の返済が完済していたにしても、この期間はあらたに融資を受けることが出来ません。

金融事故の記録は5年経てば消えますので、時間が経過すれば新たな融資の申し込みをすることが出来ます。

また現在の債務の状況についても状況によっては新しく融資を受けることが難しくなってくる場合があります。

過去に借金をして現在でも毎月定期的に返済が行われていることは問題ないのですが、あたらしい融資を申し込む時に現在の借金の残額が大きいとあたらしい融資を受けることが難しいことがあります。

これは借金を多く抱えているわけですからあらたに借金をして返済していくことは難しいと判断されることになるのでやむを得ないことです。

また現在借り入れている件数が多い場合も新規で融資を受けることが難しくなります。

最低でも3社ほどの借り入れ先を利用している場合なら問題ないですが、それ以上の借り入れ先からお金を借りているとなると融資を受けるのが難しくなります。

それぞれの限度額を合わせるとお金を借りられる額も巨大なものとなり、多重債務者として判断されることとなり返済は難しいと判断されるためです。

現在多重債務となっていたら、借り入れ先を一本にまとめることも出来ます。そうした方が現在お金を借りている先々に返済を行う際にかかる金利の負担も少なくなります。

あたらしく融資を受けることを考えているのなら現在利用している融資について整理できるものは検討すると良いでしょう。

銀行が行う融資の審査には二段階あり、仮審査と本審査が行われる場合があります。仮審査では申込者本人の基本的な情報を見て融資が出来るか判断されます。

この段階では比較的審査も厳しくないですが、本審査の段階に入ると審査も厳しくなり、仮審査では通っても本審査には通らないといったケースもあります。

仮審査に通る段階では仮にOKが出されただけにすぎず、本審査において必要書類の提出を求められ最も見極めたい返済能力の確認が厳しく行われることになります。

企業の融資の申し込みにおいては申込者本人との面談で見極めが行われます。

返済能力の有無はもちろん、万が一返済が出来なくなった場合に担保や保証能力があるかどうかもチェックされます。

一番見極めたい重要な項目としては、確実に返済をしてもらえるかどうかがあります。

その基準は申込むプランによって違いがありますが、法人による申し込みの場合は過去の実績とその数字で的確な判断がなされます。

これによって企業が融資を受けるにはある程度の実績が認められない限り、融資を受けることは難しいこともあります。

本審査のハードルは高いものですが、提出する必要書類がしっかりしたものであれば融資が難しいとも限りません。

事業計画書においては将来の売り上げや利益の見込みが具体的な数字として算出され、その根拠がはっきりしたものであれば審査する側も信頼のもと、融資の判断がしやすくなります。

個人による申し込みの融資の場合は年収の額がどれくらいであるかによって、融資の可否やローンの種類、融資額が決定されます。

これは希望する融資額が高額な場合、証明できる年収などの収入も平均以上の額でなければ融資が否決されるケースもあるので、念頭においておくとよいでしょう。

▲ トップへ戻る
Copyright (C) 2020 《借入》今からでも間に合う!絶対安心のキャッシング選び! All Rights Reserved.