銀行の借入審査はどうして消費者金融より厳しいのですか

ちょっとした疑問が思いつきましたので、是非とも融資に付いてお詳しい方に話を聞きたいと思います。

尚、急ぎの質問というわけではございませんから、本当にお時間がある方だけ答えていただければと思います。よろしくお願いします。

私はまだカードローンを持っておらず、尚且つ今からすぐに作らないといけないわけではありません。

ただ、カードローンというのは別に欲しい時じゃなくても作っておくと、後々便利だからというわけで、最近かなり気になっています。

何でもカードさえあればいつでもコンビニのATMからお金を借りることができるらしいので、確かにお金に困る前に用意しておくのが鉄板なのかもしれません。

そこで私が作りたいのが銀行カードローンです。

消費者金融のカードローンも便利であるのは有名ですが、銀行の方がなんだか信用できるし、そもそも金利もお得だからということで、備えとしては便利そうだからなのです。

それならさっさと銀行に申し込めば解決ですが、申し込む前に一点だけ聞いておきたいことがあります。

銀行の借り入れ審査って、消費者金融よりも厳しいとみんな言っています。

これって何ででしょうか?お金を融資するという意味ではほぼ全く同じように使えるらしいですが、銀行と消費者金融の審査の差が目立つというのは理由が気になります。

まだカードローンを作ると決まったわけではないのに恐縮ですが、どなたかお答えをよろしくお願いいたします。

低金利であることがまず審査の厳しさに繋がっています

ちょっとした疑問であってもインターネットで簡単に聞ける良い時代になりましたよね。

私もいつも色んなサイトの人に教わっている身ではありますが、こうしたサイトは助け合いにて成立しておりますので、私も今回はお役に立てるように知っている知識からお答えしていきます。よろしくお願いします。

そもそも審査基準というのは公表されていないのに銀行が消費者金融よりも審査が厳しいのかどうかというと、確かに銀行の方が難しくなっています。
(⇒借入の審査基準って何

融資に実際申し込んだ人などもそう証言していることから、これは正しい知識であると言って良いでしょう。その詳しい理由ですが、いくつかありますのでそれらをお答えしていきます。

・低金利である分厳しくしている
さて、質問者さんも魅力的だと表現した銀行の低金利なのですが、それがそのまま審査の厳しさに繋がっています。

銀行というのは何故低金利で提供できているかと言いますと、きちんと返済してくれる人だけに貸し付けることで、確実に回収して利益につなげているからなのです。

消費者金融ももちろんきちんと返してくれる人にだけ貸したいですが、銀行の場合はよりシビアに貸し付ける人を選んでいる…と思えば良いです。

・利用者が多い分相手を選べる
上記と似た理由になりますが、銀行は元々顧客が多く利益も出やすい為に、そこまで返せるかどうかギリギリの人にも必死に融資をする必要がありません。

逆に言えば、利用者数も少ない金融業者の場合は一人一人の顧客に可能な限り融資をしたいので、審査も緩くなっているというわけになりますね。

大体はこんな感じでしょうか。急ぎの場合は確実性が高く早い消費者金融が良いのですが、質問者さんの場合は急ぎじゃないということもあって、銀行の審査にじっくりと申し込んでみてはいかがでしょうか?

【参考ページはこちら】
銀行借入審査基準の中身

銀行など金融機関で住宅ローンの借入審査の通り方のコツ

人生にとって大きなお金を使うときというのは、子供の教育費や生命保険、そして住宅購入になります。

子供の教育費でも一人1000万円以上かかりますし、生命保険では支払っている内容では無駄に支払っているものもあります。

しかし、夢ということではやはりマイホームを購入することによって生活に張りができてきますので、教育費や生命保険とはまた違った意味が感じられます。

それはサラリーマンではマイホームを持つことによって、ビジネスのモチベーションも上がりますし、家族が暮らすためには広い家に住んで、生活環境なども整えることが家庭円満の秘訣になります。

東京などの物価の高いところの都心ではマンションが多くなりますし、ちょっと離れた所でも庭付き一戸建てという住宅でも、数千万円はしますのでどちらにしても購入を予定するのならば、前もって生活の状況を改善しておくことが無難といえます。

もちろん高い買い物になりますので、簡単にスーパーに行って食材を買ったり車を買ったりというようにはいかないのが、住宅購入なのです。

食費を削ったりお小遣いなども減ることもあるかもしれないですが、そういったコツコツしたお金の管理こそがお金貯めるための秘訣になり、住宅を購入するという夢を手に入れることができるのです。

特に住宅ローンということになると、長期にわたり支払いをしていくことになりますので、心理的には少しでも金利の低い金融機関を探していきたいと思うものです。

しかし、長期にわたりお金を借りるということになるので、実際には銀行などの金融機関では信用などを調べるための借入審査というのがあります。

もし自身が何も考えないでお金を借りようと審査を受けてみたりしても、そう簡単には借りることができないということに驚くことがあります。

銀行から借入審査を通るには、今の自分の借入状況というのがどうなっているのか調べられます。

他にローンを組んでいたりすると、そういったことも調べられますし、働いている会社によっても大きく信用が変わってくるのと、もちろん勤続年数なども左右されます。

とにかく今まで、自分の信用というのがどれだけあるのかということは気にしなかったことが、こういった大きな買い物ではローンを組む時に必要になるのです。

そして注意をしたいのは支払いを過去に延滞していたり、督促などが届いているような人では、マイナスなイメージとして信用情報として載っていますので過去の状況を確認しておくことも大事です。

銀行からスムーズに借りるための方法としてはいくつかポイントがあります。

・仕事を頻繁に変えないことです。

・自動車ローンなどは完済しておくことです。

・カードの支払いの延滞をしないことです。

・頭金を多く持っておくことです。

これらのポイントを注意していると、借入審査などでは引っかかることなくスムーズに住宅ローンを組むことができるのです。

住宅ローンは簡単に組むことができないのは、いろいろな制限があることや本当に払うこ
とができるのかどうかという信用や、担保が必要なこともあります。

上記の4つを詳しく紹介していきます。

まず最初に仕事を頻繁に変えている人では、まず信用が低くなり安定した仕事をすることによって、借りることができるというのも仕事内容でも大きくローンの信用では左右されるものになるのです。

中には転職をして仕事を変えている人では、給料が上がったとしても金融機関があまりい
いことだと判断しない場合もありますし、第3者から見た判断になりますので、自分が思っているよりも信用が下がっていることがあるのです。

そうしたことを考えると、住宅をほしいと思っている人では仕事をしっかりと長く勤めあげて、自身の信用を高めておくことによって審査を通ることができます。

自動車ローンをまだ支払っている場合では、まだ完済していないということからマイナスイメージとなってしまいますので、必ず自動車ローンが残っている場合には完済して支払いは終わらせておくことです。

自動車は生活の中で必要な人では、普段の生活では絶対に使っているので、住宅を買おうと思っているならば、前もって年数の計算をして車の購入支払いをすることがいいのです。

これは車だけではなく、何にしてもちょっとしたローンを組む時には、長期のローンを組まないようにして短期で支払いが終了するように組むことが大切なことになります。

しかし、こういった車のローンのメリットには支払いがちゃんとできているのならば、金融機関からこのくらいのローンではちゃんと支払っているという信用が上がりますので、大きな買い物である住宅購入には有利に働くこともあります。

そして、気をつけたいのは普段の生活でショッピングなどを良くする人や、飲食店で食べたり飲んだりする人ではカードでの支払いが多くなってくると思いますが、こちらも住宅を購入する人では注意点があります。

通常の買い物をして毎月の支払いをちゃんとしている人ではいいですが、間違って引き落としなどの支払額が足りない時などもあります。

これは住宅ローンを考えるとカードの支払いの延滞を避けることは絶対に必要で、ちょっ
としたことでマイナスイメージにつながってしまうと、銀行などではお金を借りることができないといえます。

こちらもカードを使って支払っていると信用もつきますが反対に信用を失うことがあるので、支払いの延滞や督促は避けなくてはいけないです。

そして同じように延滞については、賃貸マンションやアパート、携帯電話料金なども気をつけないといけません。

間違って遅れたり、支払っていないいことで督促をもらっている人では、知らないうちに信用情報に載っていることがあるので、こちらも住宅ローンを組むには注意が必要です。

意外とこの賃貸の支払いや電話料金などが影響して、金融機関から聞かれることもあるので毎日の生活では常に気を使っておきたいことになります。

何気の信用に傷がつかないと思っていても、そうではない場合があるということです。

それと最後に住宅を購入するための準備金として頭金を多く持っておくことでは、これは説明の必要もなく支払うことができる金額ですから、多い方が住宅ローンも組みやすいということになります。

しかし、この頭金が無いからローンを組むという考えになりますが、こちらも少しでも頭金を入れておくことによって大きなメリットがあるからになのです。

まず金利にも影響しますので、これから長い期間の支払いということになると、毎月のローン額を減らしている方が絶対にいいということになります。

何かあっても毎月の支払いが少ない方が生活でも楽ですし、将来のための貯金なども考えると支払の減額ができるというのは大きなメリットになります。

そして頭金を用意するには、自分の貯金が一番ですが両親がいるのならば金利なしで借り
ることをしたり、少しでも生活のことを考えて用意しておく姿勢が金融機関でも評価されることがあるのです。

これらのようにひとつの住宅ローンでも、前もって気をつけておくことで、金融機関から借りやすくなりますし、お金の管理ということでは人生にとって役立つことが多いので積極的にお金の管理をしておくことです。

特に若い夫婦ではお金の管理が甘かったりすると、なかなか家計もプラスにならないで赤字になってしまいますので、早い段階でお金の管理をして計算に強くなっておくことです。

そうすることによって、銀行などの金融機関から借り入れる金額もそうですが、金利面でもどのくらい払うことになるのかがわかるようになりますので、どのくらいの金利で支払総額がどのくらいになるかを知っておくことが大切なのです。

このような借入審査の対策をとることで、うまく住宅を購入して、家族の幸せや自身のモチベーションを高めてビジネスでも成功を収めることができます。

▲ トップへ戻る
Copyright (C) 2020 《借入》今からでも間に合う!絶対安心のキャッシング選び! All Rights Reserved.