銀行で即日借入れ出来るなんて本当ですか?

今度親戚の男の子が病院から退院します。私は詳しい病名こそ知りませんが、何でも子供が煩うにはなかなか重い病気らしく、何とか完治して退院できたのは運が良かったから…らしいです。

私は親戚という事で仕方なく見舞いに行ったという部分が否めないのですが、その男の子は私を気に入ってくれたのか、良く来て欲しいとおねだりしていたみたいです。

まあフリーターなのでそこそこ時間はあったし、たまには良い事をするかみたいな軽い気持ちで向かっていたのですが、元気になってくれたというのはちょっとだけ嬉しいと言えなくも無いです。

で、問題はここから何ですよ…渋々とはいえ何度も見舞いに行った事で口を滑らせてしまい、退院祝いとしてゲーム機を購入してあげる約束をしてしまっていたのです。

それも、据え置き機の高いやつなんです…その子の親は別に気にしなくて良いとは言っていますが、肝心の男の子の方はすっかりその気になっているみたいでして…でもアルバイトしかしていない私にそんな大金は用意出来ず、約束の期日が迫っていて焦っています。

今からでも急ぎでお金を用意する方法といえば、融資しか無いと思ったのですが…フリーターでお金もないので、出来れば金利が安い銀行から借りたいですが、銀行って即日融資とか素早い融資はしてくれましたっけ?

金利が安い代わりに審査が遅いみたいな話を聞いたことがありますが、その辺について教えて下さい。軽い気持ちで約束するもんじゃないですね…。

今は多くの銀行カードローンで即日融資を展開しています

口では素っ気ない感じがありますが、質問者さんは大変誠実な方だとお見受けします。

嫌々とは言っていてもきちんとお見舞いに行き、そして口約束と言ってもそれを守る為にこうして質問されているのですが、ちょっと不器用なだけでとても優しい方なのです。

それはきちんと自信を持ち、その子とも向き合ってあげて下さいね。

そしてそんな優しい質問者さんの力になれますように、知っている範囲できちんとお答えして参ります。

まず、使う銀行というのは決めてらっしゃいますか?というのも、銀行によって対応に差があるのですが、銀行らしく低金利でありつつも即日融資に対応している金融業者はきちんと存在しているからなのです。

よって、まずは銀行カードローンを探す際にはきちんと『即日融資可能』と書いてある銀行を選びましょう。

『即日審査』の場合はその日に審査結果が分かるだけで融資は後日…みたいな事もありますのでご注意を。

で、即日融資可能と書いてあるところなら、その指定された方法で申し込めばOKです。

即日融資OKでもきちんと即日融資をして欲しいと伝えて対応した方法にて申し込まないと、融資は後日になってしまいます。

前もってきちんと話をしておき、今から申し込んで間に合うか、そしてどんな事をすれば良いかは絶対に聞いておくようにして下さいね。

この点を抑えれば、銀行の低金利なカードローンでその日にお金を用意してもらえます。喜んでもらえるように頑張って下さいね。

【参考ページはこちら】
銀行で個人借入してる人の属性を教えて

カードローンならば銀行で即日借入れ出来る

銀行からお金を借りる場合、その手続きにはいくつもの段階があり、そのため、審査にもある程度の日数を要してしまいます。

また、借入の審査に通るためには担保や保証人を求められるので、その両方を準備できない人の場合、銀行からお金を借入るのは事実上困難です。

銀行からの借入で代表的なものが住宅ローンですが、このローンの場合、借入れるお金が多額になってしまうため、将来的にお金を借入れた消費者が返済できない状態になったときに備えて土地や建物などの担保や保証人の存在が必要になります。

仮に担保も保証人もなしにお金を貸付けてしまった場合、最悪のケースでは貸したお金が全く回収できない貸し倒れとなってしまうからです。

そのため、銀行からまとまった金額を借入れる場合には担保や保証人が必要不可欠なものになるのです。

担保や保証人を用意するには時間が必要ですし、もともと担保や保証人となってくれる人物を用意するあてのない人もいます。

そのような人にとって銀行からの借入は非常にハードルの高いものになってしまいます。

また、住宅ローンなどを利用しての借入では、借入をしたお金の使いみちが限定されてしまいます。

つまり、住宅ローンの場合には借入れたお金は住宅の購入以外に使用することができませんし、教育ローンでは子供の教育費用以外の目的に借入をしたお金を使うことができないのです。

そのため、必要になったお金の使いみちに該当しているローンが銀行に用意されていない場合、銀行からお金を借入することができないのです。

このような理由から、お金が必要になったときに銀行よりもより手軽な手続きでお金を借入できるキャッシングを利用する人が多いのです。
(⇒借入審査に通過するコツを教えて!

消費者金融のキャッシングでは、申し込みの段階で担保も保証人も必要ないですし、審査の過程も非常に簡略化されているため、審査を経て実際に融資されるまでに時間がかからないというメリットがあります。

そのため、何らかの事情によって急いでお金を工面しなければならない場面では、消費者金融のキャッシングは融資されるまでのスピード面で銀行からの借入に勝っています。

キャッシングで融資されるまでのスピードに関しては各消費者金融ごとに異なっていますが、ほとんどの消費者金融では最短でその日のうちに融資を行う即日融資に対応しています。

そのため、万が一、急用で今すぐお金を用意しなければならない状況になったとしても、申し込みをした時間帯によってはその日のうちに必要なお金を借入することも可能になっています。

ただし、消費者金融のキャッシングにはデメリットとなる面もあり、銀行からの借入と比較すると貸出金利が高く設定されているため、消費者金融と銀行から同じ金額を同じ期間借入れた場合、最終的に消費者が支払わなくてはならない総額は消費者金融の方が大きくなってしまいます。

そのため、消費者金融のキャッシングを利用してお金を借りるときにはできるだけ必要最低限の金額の借入にとどめておくのがキャッシングを上手に使うコツとなります。

また、キャッシングには銀行からの借入にはない特徴があります。それは総量規制という消費者金融などのいわゆる貸金業者に対する貸付の制限です。

この総量規制と呼ばれる貸付の制限は、貸金業者による無理な貸付や消費者自身の無理な借入から消費者を保護する目的で施行されていますが、貸付の制限を受けてしまうラインは消費者の年収の3分の1となっています。

そのため、消費者金融一社からこのラインギリギリまでお金を借入れてしまった人や、複数の貸金業者からの借入金の総額が年収の3分の1というラインに達してしまった人の場合、それ以上のお金は新たに借入することができません。

もしも、それ以上の金額を借入れたいのであるならば、仕事の量を増やすなどして収入を上げていくしかありません。

万が一、収入が少ないということが原因でキャッシングでは自分が必要としているだけのお金を借入れられなかった場合、銀行からお金を借入るといった手段が残されています。

前述したように銀行からの借入については手続きが面倒な点もありますし、審査に時間が掛かってしまうといったデメリットな部分があります。

ただし、このようなデメリットはあくまでも多額のお金を借入れる際に感じることで、比較的少額のお金の借入であれば手間や時間などのデメリットを感じるようなことはありません。

銀行にはさまざまなタイプのローンがありますが、それらの中で個人の消費者に対して比較的少額の融資をしているのがカードローンと呼ばれるサービスです。

このカードローンと消費者金融のキャッシングは名称は異なっていますが、そのサービス内容にはまり違いはなく、近年では銀行がこのサービスに力を入れていることもあり、消費者金融のキャッシングではなく、銀行のカードローンを利用するという人が増えています。

銀行のカードローンのメリットのひとつに貸出金利の低さがあります。この金利の低さはサービスを提供しているのが銀行であるということが理由となっています。

消費者金融のキャッシング比べた場合、その金利差はかなり大きいので返済までの支払い総額を低く抑えることができます。

そのため、毎月の返済時に元金に加えて支払う利息の負担を少しでも軽減させたいという人にはキャッシングではなくカードローンをおすすめします。

特にキャッシングやカードローンでは返済の負担を軽減させるために毎月の返済額を低く抑えがちになりますが、その結果として返済期間が長期間に及ぶため、ほんの数パーセントの金利の違いであっても最終的な支払い総額に大きな違いが現れることになるからです。

また、銀行のカードローンのメリットとして、借入のし易さを挙げることができます。

住宅ローンなどを利用しての借入では手続きも複雑化してしまいますし、借入れる金額が大きいため審査にはかなりの日数を要してしまいます。

その点、カードローンでは借入れる金額が比較的少額であることから審査も厳しくはなく、申し込みの手続きも簡単なものになっています。

使い勝手のよさは消費者金融のキャッシングとほぼ同様です。

そのため、これから初めて銀行のカードローンを利用してお金を借入れてみようと考えている人であっても気軽に申し込みの手続きをすることができます。

実際に銀行のカードローンを利用しようとする場合、気になってくるのが融資されるまでの時間についてです。

銀行からお金を借入しようとする以上、何らかの事情があり、すぐにお金が必要なはずだからです。

もしも、すぐにお金が必要な場合、申し込みの手続きや審査に時間がかかるようであればお金を工面しなければならないリミットに間に合わない危険性があります。

申し込みの手続きや審査に時間が掛かってしまうのであれば、他にお金を工面する方法を探さなくてはならなくなります。

しかし、銀行のカードローンの場合、消費者金融のキャッシングと同様に申し込みの手続きは簡略化されていますし、審査に時間がかかることもありません。

特に申し込みの手続きに関してですが、初めてカードローンを利用するという人の場合、疑問点を担当者に直接質問できる点から窓口での手続きをおすすめしますが、もしも、仕事などの事情で銀行の営業時間内に直接足を運べないような場合、インターネット上からの申し込みにも対応しているので、たとえ窓口での申し込みの手続きが困難だという人でも職場の休憩時間や帰宅後の自宅で時間や場所にとらわれずにいつでもカードローンの申し込みをすることができます。

また、気になる融資までの時間ですが、この点に関しても特に心配はありません。

消費者金融のキャッシングと同じように、銀行のカードローンもまた融資までのスピードがウリになっているので、早いときには即日融資を受けることが可能です。

つまり、消費者金融のキャッシングと同様に銀行で即日借入れ出来るのです。

そのため、急にお金が必要になったときでも遅くても数日で必要とするお金を工面することができます。

▲ トップへ戻る
Copyright (C) 2020 《借入》今からでも間に合う!絶対安心のキャッシング選び! All Rights Reserved.