年齢制限無しのカードローン借入は可能でしょうか?

私は両親と同居しています。私が32で両親がすでに70目前ですので、さすがに両親とも働いてはいません。

でも父はボランティアに日々精を出し、母は家庭菜園とパスルを毎日のようにしていますから、とても充実していると思います。

二人とも元気という事で私は心置きなく会社にも通えて、非常に助かっています。

とはいえ二人とも力仕事などになるとさすがに辛いから代わるようにしていますし、ネットなどにも疎い世代なので、調べものとかも私がしています。

それで今回お聞きしたいのですが…年齢制限無しのカードローン借入って可能なのでしょうか?

父も母も元気なうちに旅行とかしたいと言っていて、私に頼るのでは無くお金を借りて費用を用意したいと言っており、カードローンに興味を持っているみたいです。

しかし、二人ともいつも使っている銀行では年齢制限があって断られたらしく、カードローンには年齢制限があるのかと落胆しています。

私は年齢制限があるのも仕方ないと思うのですが、両親はなかなか諦めきれないらしく、なんとしても作りたいみたいです。

というわけでして、ネットを使って調べてほしいと言われたので、代理で質問をさせていただいております。皆さん、どうか両親の為にも知恵を貸していただけませんでしょうか?

さすがに完全に年齢制限無しは無理ですね

両親の介護があると仕事がおぼつかず、さらには介護費用として大金が必要になる事もしばしばあり、介護のせいで生活が立ち行かなくなった…なんて事例は高齢化社会の日本ではざらにあります。そんな中、両親がご健在というのは素晴らしいですね。

そして元気な方ほどアクティブな人が多く、旅行もそうですがカードローンなどの利用に関しても積極的です。

カードローンとしても使ってもらえる方が利益になるのでどんな人でも貸したい…という風に見えますが、年齢制限はどこでもつきまといます。

何故カードローンに年齢制限があるのか、これは簡単な理屈です。カードローンはお金を借りて、そして返済してもらう事が最重要です。

しかし年齢が高くなるほど仕事ができなくなり、同時に死亡リスクも高まってきます。返済途中に死亡されるのは困りますよね?

というわけで、大体のカードローンでは60歳から70歳の間で年齢制限を設けています。その理屈で言えば、70歳まで使えればマシな方と言えるでしょう。

ご両親は70前という事ですので、短期間なら使えるカードローンも存在しているかと思います。

もしもそれ以上借りたいというのでしたら、普通のカードローンでは無く年金担保融資などを検討する方が良いでしょう。

こちらはカードローンほどの手軽さは無いものの、年金を担保にして借りる為に、当然高齢者向きの内容となっています。

従って、年齢の制限に関してもかなり緩く、70以上でも借りられる場合があります。申請等も特殊にはなりますが、ご両親と一緒に検討されてみるというのも良いでしょう。
(⇒定年後はカードローンの限度額が下がる?

キャッシングの年齢制限無し借入という条件について

お金を借りると言うことをキャッシングといいますが、このキャッシングを利用しているという人が現在ではたくさんいます。

お金を借りると言うことは恥ずかしいことだというように少し前までは考えられており、返済の取り立てが厳しいのではないかと心配している人がいましたが、最近では安心して利用できる金融機関が多くなっています。

しかしまだまだ悪徳業者もたくさんあるので、利用する際には慎重に選ぶ必要があります。

このように身近に感じることができるようになったキャッシングですが、誰でも簡単にお金を借りることができると言うことではありません。

利用の際にはいくつかの条件や審査が設けられています。この審査に通ることができてはじめて利用することができるのです。

まず大きな条件としては収入があります。それはお金を借りると言うことはしっかりと返済しなければいけないと言うことなので、その返済能力が確認されます。

金融機関を利用してキャッシングを行うときには、年令制限も大きな条件となっています。

年令制限と聞くと、未成年の利用はできないと言うことがまず最初に頭に思い浮かびますが、この年令制限には上限も設けられているのです。

未成年の場合には収入がないということや学生という理由で利用することができませんが、年齢が高いと言うことでどのような理由が挙げられているのかというと、それは仕事を退職して収入がないという場合です。

そこで年齢制限無し借入ができる金融機関はないのかということが気になります。多くの場合キャッシングの利用に関しては、定年退職をする年齢を基準に難しくなっています。

このときに年令制限に引っかかってしまい、新規での利用が厳しくなります。

また新規ではなくすでにローンを利用しているという場合でも、一定の年齢に達したと言うことで契約の更新ができないということもあります。

金融機関によって申し込みができる年齢が異なっています。したがって利用を希望している場合には、この条件を満たしているところに申し込みをするようにします。

多くの場合64歳以下の人では、安定した収入があればほとんどの金融機関での申し込みが可能となっています。

キャッシングやカードローンに関しては、多くの所で20歳未満の人に利用はできないようになっています。

上限に関しては消費者金融では69歳までで、銀行の場合には65歳が基準になっています。

しかし最近では65歳まで働くという人も多くなっているので、この年齢で借入を行っても、返済のことを考えると70歳を超えると少し厳しくなってしまいます。

しかしこの年齢を超えても借りることができる場合もあります。それは年金受給者です。

年金で生活をしているという人が、キャッシングやカードローンを利用すると言うことも多くなっているのです。

しかしこの場合も70歳を超えているという場合には、大手の消費者金融や銀行での借入は少し難しくなっています。

このようにキャッシングの審査基準には年齢条件があります。この場合多くの所で70歳未満や65歳未満となっています。

したがって年金という安定した収入があっても、借りたお金を返済するまでの期間が短いと言うことで、金融機関も簡単には貸せないようになっています。

年金受給者がキャッシングを利用するときのポイントは、70歳未満であるということと、年金以外の収入があるという2つになります。

この2つの条件をクリアしている場合には、審査に通る可能性が高くなります。

この他に年金受給者がお金を借りたいという場合には、次のような方法もあります。それは公的な融資制度を利用するという方法です。

年金受給者がお金を借りたいという場合には、国の融資制度を利用するという方法があります。

この場合審査が行われるようになっていますが、どのようなことにお金を使うのかというようなことが決められていません。

したがって生活費にしたり車を購入する資金に利用することができます。ここでの主な使い道は次のようになっています。

保健医療や住宅のリフォーム、また介護福祉や教育や冠婚葬祭や事業の維持、債務などの一括整理や臨時の生活資金となっています。

このようにさまざまなことに使うことができますが、ギャンブルなどに使う場合には融資の対象にはならないので注意が必要です。

このサービスの金利は年率が1.6パーセントとなっています。キャッシングやカードトーンと比べると非常に低くなっています。

また国からお金を借りると言うことで安心感があります。これは年金担保貸付制度と言われています。

また年金以外の収入がある人は借入限度額がもう少し多いところでの借入も可能です。この限度額は500万円で、年利が7パーセントから14.9パーセントとなっています。

このように年令制限があっても上手に活用するとお金を借りることができるところがあります。キャッシングに年令制限があるのは、返済能力が問われるからなのです。

社会的な信用や収入の有無などを考えると、年令制限はどうしても設けなければいけない制度となっています。

この対象は成人から定年までというのが基本となっています。お金を借りると言うことは、返済の義務が同時に発生すると言うことなので、年令制限が設けられているのです。

返済能力があるということで安定した収入が重要視されています。

したがってこの中でもとくに20歳から40歳の独身者が審査に通りやすくなっています。

しかしこれはあくまでも基準で、必ずしも年令制限にひっかかっている人がキャッシングの利用ができないと言うことではありません。

現在の収入の状況などあらゆることを考慮して審査が行われているのです。未成年の人は基本的にはキャッシングの利用ができないようになっていますが、未成年の人でも親の承諾があったり、親が保証人になる場合には、キャッシングを利用することができます。

しかし判断能力のない状態で契約を行った場合には、親が契約を無効にすることができます。

最近では学生向けのカードローンも登場しています。この場合には20歳以上であれば自分の判断で契約ができるようになっています。

学生ローンの場合には、利用限度額が低めに設定されていたりといったような制限が設けられています。

このように年齢が低くてキャッシングの利用ができない場合には、学生向けのローンに申し込むようにします。

このような業者は未成年の利用を認めているところもあります。年齢が高くて利用できないという場合には、年金やアルバイトなどを収入源として利用できることもあります。

最近ではフリーローンというものが登場しています。これは借りることができる年令制限が幅広いというのが特徴です。

20歳から79歳までの人で一定の収入がある人が対象となっています。

したがって年金生活をしている高齢者でもお金を借りることができるのです。この場合には70歳を超える人は一定の収入があるということが必要になります。

しかし心配することはありません。一定の収入と言っても会社に勤務しなければいけないと言うことはありません。

年金だけではなく家賃収入やアルバイトなどで月々の収入があるということが、一定の収入として認められるのです。

お金を貸す側は、しっかりと返済してくれるのが重要なのです。これはお金を借りるうえでの義務となっています。

このように基本的には年齢制限無し借入という条件はありませんが、各金融機関のキャッシングサービスによっては年令制限の基準がさまざまです。

したがって自分が利用しやすいところを選んで審査の申し込みをするということが大切です。

審査の際には必ずしも年齢だけが確認されると言うことではなく、住所や収入などのほかの条件もしっかりとクリアできるようにすることが大切です。

賢くキャッシングを利用することで、有効にお金を使うことができます。

【参考ページはこちら】
65歳で会社員、借入できる?

▲ トップへ戻る
Copyright (C) 2022 《借入》今からでも間に合う!絶対安心のキャッシング選び! All Rights Reserved.