どうやって金利なし借入を実現することができるの?

「今まで金利なし借入をしてきたから、金利なんて払ったことがない」こういうことをいう人が現れました。

私は全く信用していなかったんですけれども、その人が言うにはスピーディーに返済していけば金利なし借入はできるというのです。

私は何度も金利も支払ってきていますし、ATMでの手数料も支払ってきていますが、どうして彼はそんな金利なし借り入れができるのでしょうか。

それって本当にできるのでしょうか?もしかして嘘を付いているだけということもありませんか?

かなり早く一括返済することで金利なし借入は可能になる

金利なし借入というのは確かにできないことはないんですけれども、その人はすごい意思の強い人だと思います。

普通は金利なし借入が理論的にはできると知っても、それを毎回出来る人はほとんどいません。

やはりスピーディーに返済するということが難しくて、どうしても返済できないということで一括返済できずにいるという人がほとんどです。

やり方自体は誰でもできるもので、理論的には可能なのですが、自分の強い意志が必要です。

まずは無金利の借り入れをする必要がありますが、金利なし期間がある消費者金融や銀行系カードローンを選びましょう。それらでなければ金利なし借入と言うのはできません。

そして自分の収入が入る数日前、だいたい給料日の3日前くらいが多いと思いますが、その時に借ります。

そして給料日になったら借りた金額を一括で返済するという方法です。この方法を使えば、実質的には金利なし借入というのが実行できます。大体1週間くらいが金利のかからない期間だと思いますので、その間に返済をするということです。

理論的には簡単に思えますが、まず給料日前まで借入を我慢しないといけないというのがなかなか厳しい人が多いです。普通必要なときに借りますから。

そしてその後返済をすぐに全額してしまおうとする心が強い人じゃないと難しいでしょう。

そもそも借金をしてしまうと、普通は最低金額か少し多いくらい返済をしておいたらいいだろうと思います。

その方が手元にお金が沢山残るからです。しかしそこで手元のお金が減ってもいいので一気に返済すると考えられる人は本当に意思が強い、そう思います。

返済をすぐにしてしまってお金が手元からだいぶなくなってもいい、そして給料日前まで借入を我慢できる人じゃないと難しいというわけです。

多分その人は本当に意志の強い人で我慢が強い人なんじゃないかと思います。そうじゃないと普通はできないですからね。

【参考ページはこちら】
借入金額が増えると利率が減るのはどうして?

金利なし借入を活用すれば利息の支払いが安くなる

手軽に借りられると言うことで人気のカードローンですが、借りたのならもちろんですが返済をしなければなりませんし、利息の支払いもしなければなりません。

最近では低金利の状態が続いていますから、預金してもたくさんの利子をもらうことはできないのですが、それにもかかわらず借りたときにはたくさんの利子を支払わなければなりません。これが負担となってくることもあります。

特に、カードローンは金利が高めに設定されていることもあって、支払う利子の金額が大きくなりがちです。

多重債務に陥って借金がふくれあがってしまう人がいる理由の一つが利払いであることも、すでに多くの人が知っていることです。

借金が借金を生むという状況になり、ついには自己破産をしなければならない状況へと陥ってしまう人もいるのですから、利子がどれくらいかかるのかを把握することは必要です。

また、利子をできるだけ支払わなくて良いような借り方をするべきです。そのため、カードローンを選ぶのなら低金利のものを選べというのが基本となっています。
(⇒カードローンの利息に関するおすすめ記事

金融機関も貸付の競争を行っていますから、より多くの人に借りてもらうために低金利でサービスを提供し始めています。

最近では、4%くらいの低い金利水準で借りられることもありますから、以前に食らえるとかなり金利は低くなったと考えられるのです。

最も良いのは、金利なし借入です。つまり、利子を一切支払わなくても良いサービスで、ここ最近になっていくつかの銀行や消費者金融がこのようなサービスを提供しています。

これを利用すれば最もお得に借りられるとも考えられます。計画的に借りて行くことによって、一切利子を支払わずに借りられますから、うまく活用していきましょう。

うまく活用するためには、どのようにすれば金利なしで借りられるのかを把握しておく必要もあります。

金利なし借入と言っても、たいていは何らかの制限があります。多くの場合には金額と借入期間に制限が定められています。

たとえばある消費者金融では、1週間なら利子を支払わずに借りることができます。つまり、1週間以内に返済をすれば利子を支払わなくても良いのです。

このサービスに適した人は、月末になるとお金が少し足りなくなるという人です。

給料日まであと数日と言ったときに、何らかの理由でお金が必要になり、いつも月末は苦労するという人もいるでしょう。

このような人の場合、給料日の1週間前に借りたのなら、給料が入ってすぐに返済をすれば、それで利子を支払わずに済むのです。何度でも利用できるサービスもありますから、利子を支払わずに月末を乗り越えられます。

ほかにも、3ヶ月なら借入金額に制限なく無利子になるサービスもあります。これはある銀行が提供しているサービスで、初めて利用した人のみを対象としています。

新規入会キャンペーンのようなものです。3ヶ月間も利子を支払わなくて良いのですから、いろいろな使い方ができるでしょう。

たとえば、欲しいものがあって分割払いに使用かどうかと考えている人の場合、この銀行で借入をして、そして3ヶ月間で完済してしまえば良いのです。

分割払いをすれば金利手数料を支払わなければならないのですが、金利なし借入を利用すれば金利を支払わなくて良いのですから、こちらの方が有利です。

金利なしの期間はそれぞれのサービスごとに異なっています。最長のものでは180日間です。

180日というと約半年ですから、かなりの長期にわたって借りることができるのですが、このサービスでは借入金額が5万円までとなっています。5万円だけ利子を支払わなくて良いと言うことです。

ですから、必要な金額が5万円であれば、このサービスを利用するのは良い方法だと言えるでしょう。

毎月1万円ずつ返済をすれば、180日の間には完済できるでしょうから、利子を一切支払わずに借りることができます。

10万円借りたいと言ったときにはどうなるのかと申しますと、5万円分に対して利子が発生せず、残りの5万円に対して利子が発生します。

ですから、金利が半分になっているのと同じ効果を持ちます。15万円なら3分の2です。

借入金額と金利なしの期間にはたいてい制限がありますから、これをきちんと理解しておかなければなりません。

おおまかに言えば、借入金額は少額で、金利なしの期間は短いと考えられます。一時的に少額だけ借りたいと言ったときに便利なサービスだと考えておけば良いでしょう。

大きな資金を長期間にわたって借りるのには、あまり適していません。数万円くらいを1週間から10日間くらい借りるためのものだと考えておいた方が良いです。

このようなサービスを利用することによって、利子を支払わなくても良いのですから、借りる人にとっては非常に便利なサービスだと言えるでしょう。

しかし、良いことの裏には必ず悪いこともあります。

金融機関は利子によって収入を得ているのですから、それを受け取らないのなら利益を得ることができません。どこかでそれをカバーしなければ経営は成り立たなくなってしまいます。

どこでカバーをしているのかと申しますと、金利なしの期間が過ぎた後の利子収入です。

一般的な傾向として知っておかなければならないのは、金利なし借入では、その期間が過ぎると金利が高めに設定されることです。

一般的な金融機関で借りるよりも高い利子を支払っていかなければならないのです。

たとえば3ヶ月間は金利なしで借りられるサービスを利用する人の場合、3ヶ月で完済しようという予想の元で借入をするでしょう。

そして3ヶ月で完済できれば良いのですが、実際にはそれができない場合もあります。

急に出費があって返済が遅れてしまうと言うこともあり得ることです。もともとお金を借りなければならない状態になる人ですから、資金計画をきちんと立てられない人だとも考えられます。

このようなケースがすべてとは言いませんが、一定の割合は存在し、それによって金融機関は利子収入をカバーしているのです。

これが基本的な金融機関の姿勢ですから、特徴をきちんと理解しておかないとかなりの利子を支払わなければならなくなるのです。

このようにすることによって金融機関は金利なしのサービスを提供しているという点に注意が必要です。

ですから、期間が定められているものの場合には、その期間の内に返済をしてしまわないと、その後は多くの利子を支払ってしまうことになります。

結果として損をすることも考えられますから、良く注意して利用するようにしましょう。

注意するポイントは、金利なしの期間が過ぎたときにどれくらいの金利が設定されるのかです。

金利なしの期間が過ぎたときに、利息制限法の上限金利に近いような高金利に設定されるものは、その後も使い続けるべきではありません。あくまでも一時的に使うものだと考えておくべきです。

新規入会キャンペーンとしてサービスが提供されている場合、新規に申し込みをした1回しか利用できません。

ですから、1回だけの利用だという点に注意しなければなりません。これをうまく使っていくためには、いくつもの金融機関を利用する方法が挙げられます。

新規入会キャンペーンで利息を支払わずに借入を行い、そしてその返済のために別の金融機関の新規入会キャンペーンを利用すれば、金利なしの期間を延ばすこともできます。

最近ではいくつもの金融機関が同じようなサービスを提供していますから、これらをうまく使い分けていくことによって、かなりの長期間にわたって利子を支払わずに借りることができます。

いくつかの注意点や使いこなすポイントはありますが、利子を支払わなくて良いのですから、それに勝るものはありません。

うまく活用をしていけば、かなり有利な借入ができます。有利に借入をするためには工夫も必要ですから、商品内容を良く把握した上で活用していきましょう。

▲ トップへ戻る
Copyright (C) 2020 《借入》今からでも間に合う!絶対安心のキャッシング選び! All Rights Reserved.