無収入で車のための借入方法はどういうものがある?

これは友人とかに相談したら「その前に働くべきだ」と言われそうなものなので、できれば知らない人で詳しい人に聞いてもらえればと思って書いてみます。それが無収入での車の借入方法についての相談です。

車の借入方法というのはレンタカーではなく、車ローンの借入についてです。

無収入でも借金ができるという業者はいくつかあると思うんですが、その無収入でも借り入れができるようなところと同じように車ローンでも借入方法が何とかすれば見つかるんじゃないかと思っているんですが、こういうものはあるんでしょうか?

無収入でも借金できるのと車ローンの借入方法は違う

確かに世の中には法の抜け穴のようなことをしている業作hもいて、そういうところでは借入をすることが出無収入でも出来たりします。

専業主婦などもその一つではありますが、借入は絶対に無収入では出来ないわけではないということが間違いなく示されています。

ただ、無収入でも借金できるというのと、車ローンの借入方法が同じように無収入でも見つかるんではないかと考えるのは、少しレベルが違うと思ったほうがいいでしょう。

借金をするのと車のローンを組むのは一般的には全く違うものです。よく似ているように思うかもしれませが、全く違います。

まず車のローンを組むとなると、借金とはレベルのが違う借入金額になりかねません。例えば100万円200万円といった金額を借りることにもなるでしょう。

またそれだけの金額を借りるのに、年収が500万円とか600万円必要なかったりもします。

つまり総量規制の対象外になっているので、年収が低くても組むことが出来るのです。

でも年収が低くても組むことが出来るのは、会社で働いていたり、公務員で働いているからだからです。

不安定な仕事をしている人であれば収入が低い場合は車のローンが組めません。

車のローンは高い金額でかつ安定した収入がなければ組めないわけですが、無収入の人はそのどちらも無理ということになります。

高い金額のローンを組めるだけの収入もなければ、安定してお金が入ってくる仕組みもありません。だから借入が出来ないのです。

これと同様のことが住宅ローンでも言えるでしょう。住宅ローンでも基本的には安定していて収入がそれなりに高くなければ組むことは出来ません。

だから自動車ローンでも住宅ローンでも無収入の人には縁がないものであるというわけです。

こういう消費者金融や銀行系カードローン、クレジットのキャッシングなどとは違うローンというものが同じようにお金を借りることが出来るもの、というように考えている人は少なくありません。でも実際には借入の内容も額もぜんぜん違うものなのです。

ですから車のローンももしかしたら出来るかもしれない、と思うのは間違いということです。

友人の方が車の借入方法を探しているくらいなら働いたほうがいいというのはその通りでしょう。その方が早く車のローンを組める、最適な方法ではないかと思います。

【参考ページはこちら】
プロミスのローンと車のローン、どっちもやるには?

無収入ので車の借入方法としてのいくつかの手段について

自動車の購入を必要とする場面があります。地域によっては公共の交通機関などが充実していない場所もあり、自動車の所有が必要不可欠になっている場合や、通勤などを行う場面であっても、自動車でしか通うことのできない場所に会社があるという場合も含まれます。

また、所有していた自動車が壊れてしまうというケースもあり、この場合では買い替えを行うことを希望される方も存在しています。

そんな中、自動車を購入する立場にある方の中には、様々なライフスタイルを送っている方がいます。

一般的な会社員として勤務をしている方や、会社経営を行っている方、他には無職として仕事をしていない方も多い傾向にあります。

その中でも無収入ので車の借入方法としては、いくつかの方法に分かれることになります。

前提としては、無収入の方の場合では、各種金融機関として銀行や信用金庫などで用意しているマイカーローンに関しては、審査が通らないことが一般的になります。

低金利で利用できる環境にありますが、その一方では審査基準が高めに設定されていることもあり、仕事をしている方であっても勤続年数なども影響してしまうケースも見られます。

では、どのようにして無収入の方が自動車の購入資金を得ることができかと言えば、主婦の場合でパートなどの仕事を行っていない方の場合では、配偶者の収入が審査対象になるケースも見られます。

配偶者がしっかりとしている収入を得ていることによって、問題無くローンを利用することもでき、条件次第ではそもそもの契約を配偶者に依頼することによっても問題無く解決することが可能とされています。

この点に関しては、自動車の名義に関しては支払が終わった段階では、配偶者名義になりますが、後に名義変更を行うことによって、本人所有の自動車として利用することも可能になります。

また、主婦の場合でもパート勤務を行っており、定期的に収入を得ているならば、カードローンなどを活用することも可能になり、銀行系では無く、消費者金融などからでもお金を引き出すことが簡単にできる環境にあると言うこともできます。

完全に無収入の方であってもカードローンやキャッシングを利用できる方も存在しています。

このケースでは、前提として既にカードを所有していることになりますが、例えば以前に会社勤務を行っていた方の場合では、会社員時代に消費者金融のカード等を活用されていた方も存在しています。

返済をしっかりと行っていた方の場合では、既に一定の信用を得ていることになるために、後に退職を行った場合でも、継続してお金を借りることが可能になる場合があります。

勿論、返済能力を十分に考慮しなければならない部分とされており、十分な貯蓄を持っている方の場合では、頭金を用意した状態で、月々に支払う返済額を少なめに設定しておくことによって、問題無く対処することも可能になります。

主婦と同じように、パートやアルバイト勤務を行っている方ならば、スムーズに審査を通過させることができ、この場合では、本人の勤務状況によっては一般的なマイカーローンを活用することも不可能ではありません。

しかし、完全無職として収入がゼロの方の場合では、早期にアルバイトなどを探すという方法が用意されています。銀行系などの機関の場合では、審査基準が厳しい場面も見られますが、その他の消費者金融系の場合では、勤続年数に関係無く、現状として仕事を行っており、定期的な収入を見込むことのできるかたならば、審査を無事に通過させることも不可能ではありません。

無職の方のアルバイト探しに関しては、自動車を購入するために、一時的に仕事を行うことを希望することも間違いではありません。

もっともこの方法に関しては、返済する能力を持っていることが前提とされているために、例えば貯蓄を持っている方の場合では、不足している部分だけをキャッシングすることによって、返済時に困ることがありません。

一般的な基準としては、無職の方がお金を借り入れすることは極めて困難になります。

広く認知されているようなマイカーローンが利用できない環境にあると言うことができますが、条件によっては融資を受けることも可能な場合もあります。

その中には、不動産などの資産を持っている方が対象となる場合があり、資産を担保に入れることによって、お金を作ることも不可能ではありません。

この方法でも審査に関しては厳しいものがあり、また、返済できなかった場合では、担保に入れた資産が無くなってしまうことになるために、十分に考慮した上で決定することが望ましいことになります。

無職の方で、就職することが決まっている方も存在しています。このケースでは、例えば自動車を所有していない方であっても、就職先で自動車を必要としてしまうケースも見られます。

例えば通勤するために自動車を利用しなければならない場合や、業務上として自動車を利用することを条件として入社される方も存在しています。

この場合では、将来的な設計のためにも、自動車を購入することを目的にされている場面も見られ、逆に言えば自動車が無ければ収入を得ることができないことになります。

そのための救済方法としては、やはり、借り入れを行う際の状態として、有職者として仕事を一時的にでも行う方法が最適になります。

特に消費者金融系の場合では、元々の審査基準を簡単にクリアすることができる場合が多く見受けられるために、アルバイトであっても問題が生じる可能性が低くなります。

キャッシング等を利用して自動車を購入される方の場合では、年収の3分の1までしか借り入れすることができない仕組みになっています。

その結果としてキャッシング可能な限度額は収入に応じて適用されるために、アルバイト勤務でもある程度まとまった収入を得ていることが条件になる場合があります。

しかし、自動車を購入することを目的にしているならば、短期間であっても仕事先を探すことが何よりです。

他の手段としては、家族などで仕事をしている方に相談をすることも良い方法になります。

例えば純粋にお金を借金として借りる方法もあり、家族の場合では、人によっては十分な貯蓄を持っている場合もあるために、まずは、相談してみることもおすすめになります。

家族の方に貯蓄を持っている方が存在しない場合では、本人の代わりにキャッシングの依頼をしてみることも可能になります。

どちらにしても、返済するためのお金に関しては、本人が負担しなければならない部分でもあるために、無事に自動車の購入ができた方の場合では、就職後に毎月決まった額面を返済していくことも大切になります。

通常の状態では、マイカーローンは一定年数の勤務経験を持っている会社員などが借り入れの対象となるものですが、消費者金融の場合では、マイカーローンの設定が無いという場合であっても、キャッシングを利用することによって、結果的にお金を作るという意味では変わりがありません。

金利に関しても近年では比較的低めに設定されていることも大きなメリットとされており、返済時に金利によって困るということも以前の古い時代と比較した場合では極めて低い状態にあると言うことができます。

以前にキャッシングなどを利用された経験を持っている方の場合では、返済を済ませていることによって、信用度を既に持っている方も存在しています。

逆にいわゆるブラックリストなどに登録されてしまった経験を持っている方であっても、一部では利用できる機関も存在している状況にあり、また、一定期間が経過しているならば、既にブラックリストが解除されている場合もあります。

どちらにしても、無職の方が簡単にお金を作るための方法としては、カードローンやキャッシングを活用する方法が用意されているために、まずはインターネットなどを活用して、比較的審査基準の低い会社を探す方法が効果的になります。

▲ トップへ戻る
Copyright (C) 2020 《借入》今からでも間に合う!絶対安心のキャッシング選び! All Rights Reserved.