無収入でも借入ができるって事は返済も待ってもらえるの?

私が聞いた話によると、何でも無収入でも融資をしてくれる金融業者なるところが存在しているみたいです。

無収入って事は、お金を返せるわけがないってことですよね?これってどういう仕組みなのでしょうか?

あ、私は別に無収入というわけではありません。整体師をしているのですが、給料にちょっとだけ物足りないと感じていて、付き合っている彼女の誕生日が近くて盛大にお祝いしたいという事で、もうちょっとお金を足したいので検討しているだけです。

無収入ならそんな心配は無用…なのですが、噂を耳にしたらどうしても気になってしまう性分でして、自分では調べきれないから皆さんに聞いている次第です。

好奇心と言ったらそれまでなのですが、お暇な方だけお付き合いください。

さて、無収入でも借りられるかどうかも気になりますが、併せて気になるのが『無収入でも借りられるなら返済は待ってもらえるのか?』という事です。

先立つものが無いのに貸してくれたという事は、返済を待ってくれるのでは?…とこちらも気になりました。

無収入にはならないと思いますが、返済を待ってもらう事になる可能性は、さすがに0とは言えません。

無収入でも待ってもらえるかどうかが分かれば自分も待ってもらえるかどうかが分かると思いますので、どうか教えて下さい。

無収入だとそもそも借りられませんね

うーん、誰から聞いたか分からないのですが、重大な誤解をしてらっしゃいますね…幸い無収入ではないとの事なので、それは救いですね。これで無収入のまま借りようとしていたら大変でしたよ。

まず、無収入でもお金が借りられるというのは、ガセです。無収入という立場はおっしゃる通り、返済能力が一切ありません。

返済能力の無い人に融資をすると回収が出来ずに貸し倒れが発生し、結果的に金融業者の赤字です。これは絶対に回避しないといけません。

多分ですが、『無職でも』借りられると混同されたのでは?と思います。

無職でも何らかの収入がある人は融資を受けられますが、無職で収入が無い人は当然借りる事はできません。収入の有無こそが融資を受けられるかどうかを決める点である事は理解しておいて下さい。

また、返済を待ってもらえるかどうかですが、これは当然不可能です。銀行や消費者金融で融資の契約を交わす為の条件の中には、期日までに返済出来るかどうかも含まれます。

守れない人は延滞という事で遅延損害金を取られて、ブラックリストに掲載されます。
(⇒借入ブラックになると車を没収される?

返済を待ってもらう事はこのように不可能ではありますが、借入先によっては例外もあります。

それはどうしても生活が立ち行かない人に貸し付ける福祉系の融資…つまり役所などで手続きできる国からの融資の場合ですね。

国からの融資の場合、金利がとても低い上に収入が安定するまで返済を待ってもらう事をお願いできます。

また、無収入でも申告すれば借りられる可能性がありますので、質問内容に合致する融資はコレしか無いと言えます。

無収入の人の銀行や消費者金融からの借入について

ある程度の収入を毎月得ている人も、あるいはそうではないという人も普段の暮らしの中でどうしてもお金が足らなくなってしまったという経験を持っているはずです。

私たちの暮らしの中では、時に思いもかけない出来事が起こってしまい、全く予定していなかった出費を強いられてしまう場合があります。

車の故障、病気や怪我など人によってその予定外の出費の理由は違ってきますが、急に必要になった出費の金額によってはすぐにお金を工面できないという人も少なくはないはずです。

もしも、急に出費が必要な出来事が発生し、すぐにでもお金を工面しなければならない場合、そのようなときに備えての蓄えがある人であれば何も問題はありませんが、日常の生活を送るのが精一杯でとてもお金を蓄えるだけの余裕はないという人も少なくはありません。

しかし、実際にお金が必要になってしまった以上、どこからかそのお金を工面しなければなりませんが、そのようなときに困ってしまうのがどこからお金を借りるのかといった問題です。

親や兄弟、友人などに頭を下げてお金を借りるのが一番手っ取り早い方法ですが、借りたいと思っている金額によっては希望に添えない場合もあります。

また、たとえ親や兄弟、友人であったとしても、金銭的なトラブルが将来発生してしまうことを懸念して身近な人たちにお金を借りることは避けておきたいという人もいることでしょう。

そのような場合、銀行や消費者金融などからお金を借りることになりますが、必要としている金額がそれほど多くはないケースではカードローンやキャッシングがお金を借りる方法としての選択肢となります。

銀行ではカードローンのサービスを提供していますし、消費者金融はキャッシングのサービスを提供していますが、このふたつは手続きが非常に簡単なことでよく知られています。

銀行の通常のローンでは手続きに時間が掛かることが標準的で、実際にお金が融資されるまでには日数を要しています。

銀行のローンではより多額のお金を比較的低い金利で借りることができますが、審査の基準が厳しかったり、あるいは融資を受けたお金の使用目的が限定されてしまうなどのデメリットな面があります。

そのため、急にお金が必要になったような場面では手続きや審査に時間が掛かってしまうので、すぐにお金を工面しなければならないような場面には不向きです。

そこでできるだけすぐにお金を工面できる方法としておすすめなのが、銀行のカードローンや消費者金融のキャッシングなのですが、どちらも申し込みの手続きが簡単だというのがメリットになっています。

カードローンやキャッシングの申し込みの特徴としては保証人や担保が要らないというメリットがあります。

カードローンやキャッシングの申し込みの手続きをする際、基本的には身分証明書と給与明細書があればいいので、銀行のローンのように申し込みの手続きをする前に保証人や担保を用意するという手間がはぶけます。

身分証明書や給与明細書は多くの家庭では自宅に保管されているはずなので、わざわざカードローンやキャッシングの申し込みの手続きをする前に必要書類を集めるといった手間をかける必要がありません。

また、カードローンとキャッシングでの共通点として、それらのサービスの申し込みの方法がいくつか用意されていることです。

銀行のローンを利用する場合、銀行の窓口に直接出向いて必要な手続きをしなければなりませんが、銀行というところは営業時間が短いですし、休日は営業を行っていません。

そのため、ローンの申し込みの手続きをするためにはわざわざ仕事を休んだり、仕事を早退するなどのスケジュールの変更が必要になってきます。

また、居住している場所によってはローンを利用したいと思っている銀行が近隣にない場合もあり、ローンの申し込みに手続きをするために遠くの店舗まで足を運ばなくてはならないこともあります。

それに対して銀行のカードローンや消費者金融のキャッシングでは、用意されている申し込みの方法から自分に都合にあった方法を選択することができます。

初めてカードローンやキャッシングを利用する場合などは申し込みの手続きの仕方などの面で分からない部分が出てくる人も多いでしょうが、そのような人は直接銀行や消費者金融の店舗に足を運ぶようにすれば分からないことは担当者が親切に答えてくれます。

ただし、この方法では直接店舗に足を運ばなくてはならないため、スケジュールを調整しなければなりません。

また、カードローンやキャッシングでは直接店舗に足を運ばずに済む方法として、ネット上での申し込みの受付も行っています。

この方法のメリットは直接店舗に足を運ばずに自宅などの自分が都合のいい場所からカードローンやキャッシングの申し込みの手続きができるというところです。

ネット上での受け付けは24時間、いつでも行っているのでスケジュールの調整が上手にできないという人でも安心してカードローンやキャッシングを申し込むことができます。

以上のように銀行のカードローンや消費者金融のキャッシングは、消費者が手軽にお金を借りられるサービスですが、実際にお金が借りられるかは審査の結果次第です。

審査の結果次第では融資を断られてしまい、お金を借りられないケースもあるので、その点には注意が必要です。

しかし、カードローンやキャッシングでは特別の厳しい審査が行われるのではなく、一般的な社会人の生活を送っている人であれば特に問題はありません。

カードローンやキャッシングの申し込みの手続きをする場合、注意点がふたつあります。

それは職業と収入です。カードローンもキャッシングも審査では職業と収入の面に関してはきちんと調査が行われ、審査の基準をクリアしていないとみなされたときには審査に落とされてしまいます。

特にキャッシングの場合、総量規制という貸付制限のルールが法律で決められているため、キャッシングを利用してお金を借入するのであれば希望する金額の3倍の収入を得ていなくてはなりません。

なぜならば、キャッシングを利用してお金を借りる場合には年収の3分の1までしか貸付を受けることができないからです。

そのため、無収入の人が生活費に困ったときなどにキャッシングを申し込んだとしても収入面での審査基準を満たしていないので審査をクリアすることはできません。

また、前述した収入面での審査基準をクリアするためには職業というものもとても重要になってきます。

現代の社会ではさまざまな働き方をしている人が増え、正社員として働いていない人も大勢います。

そのような人たちの働き方として代表的なのがアルバイトや派遣社員ですが、このような働き方をしている人たちであっても毎月、一定の収入があるのであればキャッシングの審査基準はクリアすることは可能です。

しかし、アルバイトや派遣社員として働いている人であっても、頻繁に仕事を変えて職場を転々としているような場合には収入が不安定になってしまいがちなので、実際には無収入ではないにもかかわらず、無収入とみなされて審査に落とされてしまう可能性もあります。

もしも、必要なお金がキャッシングの総量規制に引っ掛かってしまい満額を借り入れできないようであれば、銀行のカードローンに申し込んでみるようにしましょう。

銀行のカードローンは消費者金融のキャッシングとほぼ同じサービスです。

カードローンの特徴はキャッシングよりも低い金利で借入できる点にありますが、その分だけキャッシングよりも審査が厳しいといわれています。

ただし、キャッシングと同様に職業と収入面のふたつの審査基準をクリアすればいいので、一般的な社会人であれば特に心配の必要はありません。

また、カードローンにはキャッシングのように総量規制がないという特徴もあります。

そのため、年収の3分の1を超える金額の借入であっても審査の結果次第では借入できる可能性があります。

【参考ページはこちら】
銀行のカードローンは個人事業主でも借りられる?

▲ トップへ戻る
Copyright (C) 2020 《借入》今からでも間に合う!絶対安心のキャッシング選び! All Rights Reserved.