結婚資金の借入金は銀行で借りる方が良いですか?消費者金融は?

今、結婚資金の借り入れを検討しています。

式を挙げるだけなら自前で何とかなるとは思うのですが、出来れば新婚旅行もセットで行いたいと考えておりまして、そうなった場合はやはりお金を借りて用意しないと足りません。

海外じゃなくとも国内旅行でも結構かかりますので、本当に結婚式とその周りの商売って儲けているんだなぁ…とちょっと下衆な事を考えてしまいます。

再就職するとしたら、冠婚葬祭系も良いかもしれません。

では本題に入りますが、結婚資金の借入金を用意するとしたら、銀行と消費者金融のどちらで契約するべきでしょうか?

銀行をおすすめしている人が多い気がしますが、最近は消費者金融も銀行に近いサービスを展開していると言いますし、そうなると普段面白いテレビCMをしている消費者金融も個人的に気になっています。

そんな選び方で決めるのは良くないかもしれませんが、何となくイメージ的にも良い方が選びやすいかなぁ…と思ったりしています。

私は今までお金を借りた事が思い当たりませんので、どちらを選ぶべきか分かりません。どなたか結婚資金向けはどちらかを教えていただけませんか?詳しい説明希望です。

双方を比較したら今回は銀行が良いかもしれません

まずはご結婚おめでとうございます。結婚式というのは確かにお金がかかりますし、冠婚葬祭系は儲けているというのも否定できませんが、最終的には本人たちの意思にて決定しますので、出来るだけ節約したプランにしてもらったり、そもそも自分たちでささやかな式を作り上げて祝う事もできます。

もしもどうしてもお金を節約したいなら、そういう方向でも検討してみて良いと思いますよ。

そして結婚資金でどうしても借り入れが必要になった場合、銀行と消費者金融のどちらが良いか…という点ですが、基本的にどちらで借り手も挙式する事はできます。

しかし、どちらが良いのかというのは一度比較してみないと分かりかねる部分もありますので、今回は結婚資金向きの融資をしてくれるのはどちらか、こうした視点で比較検討してみましょう。

・銀行の場合
まず銀行の場合、低金利という少ない負担で借りられるのが何とも魅力です。

しかもそれだけではなく、結婚用の融資プランであるブライダルローンを用意している銀行もあり、そうした借り入れ方法だとカードローンなどの用途自由の融資よりもお得になったりします。

銀行によってブライダルローンに対する応対は異なっていますが、低金利というだけでもありがたいでしょう。ただ、審査が若干厳しいので落ちる可能性も考慮しないといけません。

・消費者金融の場合
消費者金融の場合、ほとんどが用途自由なカードローンにて貸し付けをしておりますので、必然的にそちらに頼る事になるかもしれません。

また金利も銀行よりかは高めという事もあってイマイチ頼りにくい印象が強いものの、審査が早く簡単なので、確実に用意しやすいというのは魅力と言えます。

柔軟に相談に乗ってくれるのも消費者金融なので、結婚用途を前提で最初から相談してみるのが吉ですね。

以上の点を考えて、低金利と専用プランを用意している銀行の方が今回はおすすめと言えるかもしれません。

あくまでも総合的な見方なので、消費者金融の方が良いと思える部分があればそれでも良いと思いますよ。

【参考ページはこちら】
借入をしてまで挙式をするのはダメ?

結婚資金の借入金ならば消費者金融を活用するのが便利

人生には幾つかの通過すべきポイントがあります。たとえば進学や成人などもその中のひとつですが、その後にもライフステージが上がるに連れて様々なことが舞い込んでくることとなるでしょう。

就職もありますし、結婚もあります。そして子宝を授かっての出産などもあります。

こういったひとつひとつの局面においてはかなりまとまったお金が必要となるケースが少なくありません。

とりわけ結婚の準備は大変なもの。身内だけを招待しての結婚式や食事会ならばまだしも、そこに様々な関係者が参列しての披露宴の席を設けるとなると数十万から数百万の単位でお金が必要となってきます。

有名ホテルや結婚式場で日取りの良い日に挙式や披露宴を行うとしたら三百万から五百万といった金額にのぼることもあります。

すべては結婚式の主人公である自分たちがどのようなタイプの式、そしてどのようなサイズの式を望むかによって変わってくるわけですが、そういった選択肢も含めて人生に一度きりの大切な瞬間ですので後悔のないようにお金を捻出し、これまで育ててくれた親や見守ってくれた友人や親戚、仕事上の関係者に心から感謝の意を表する場を作りたいものです。

こういった局面で大切になってくるのが結婚資金の捻出です。中には将来的な設計図を常に頭の中に思い描いて結婚資金のために貯金を欠かさない人もいるでしょう。

しかし多くの人にとって一度に数百万規模の出費は躊躇してしまいますし、また家計にとっても非常に痛手を被ってしまうもの。

そうした生活へのダメージを感じることなく必要額を的確に用意するためにも、新郎と新婦との間で費用を決められた割合で分割するのもひとつの手でしょうし、またはどうしても不足してしまった費用を結婚資金の借入金といったかたちで消費者金融に融通してもらうのも極めて有効と言えます。

消費者金融には様々な借入方法が存在しますが、特に簡単な手続きでお金を用立てしてもらえるものにカードローンやキャッシングといった手法があります。

カードローンというのは事前に契約を行って一枚の個人カードを発行しておき、お金が必要になった切迫時には近場の提携ATMへと駆けつけて、そこの現金引き出し口から融資金を受け取る借入方法のこと。

一度のみならず定期的にお金の不足を抱えている人に最適の手法と言えるでしょう。

一方のキャッシングはその都度、消費者金融に借入申請を行って、融資が許可されると希望金額が銀行の預金口座に一括振り込みされることとなります。

これは継続的な利用ではなく、一回、一回を独立した借入にて契約したい人に打ってつけの手法と言えるでしょう。

カードローンとキャッシング、いずれの借入方法にしても申し込みや手続きはとても簡単で、なおかつ融資スピードも素早く、もしも結婚資金の支払いが本日中や明日に差し迫っている切羽詰まった状況であっても、ある程度の精神的なゆとりをもって手続きを進めることが可能です。

それではこういった結婚資金の借入金を得るにあたってはどのような手順を踏めば良いのでしょうか。

まずは全ての過程は申し込みからスタートします。カードローン、キャッシングともにネットや電話、店舗窓口、郵送などの方法で申し込むことができて、またカードローン独自の手法として自動契約機を活用するというやり方もあります。

こういった各申し込み窓口において申請フォームに必要事項を記載していくわけですが、その内容は主に氏名、生年月日、住所、職業、勤務先、年収などに及びます。

これに付随して任意で家族構成や、賃貸や持ち家などの自宅の種類、他社からの借入の有無などを書き込む欄もあります。

もしも融資金の使い道などを記載する欄があったなら、そこには結婚資金と書き込むことによって借金返済のための借金などではないことを示すことができますので、与信の上でいくらか効果的に働くこともあるでしょう。

最近ではスマートフォンの普及もあってインターネット経由で申し込みを行う人も増えています。

結婚式前というものは仕事もしながら夜に結婚式の準備を行ったりでいろいろとスケジュールのやりくりが大変なもの。

もしも夜中にお金の不足や必要性に気付いた場合でも、ネット申し込みであればいつでも自分のタイミングで手軽に申し込むことができます。

それに借金申請では身分証や年収証明書の提示が求められることもしばしばありますが、スマートフォンからの申請であれば、それらの証明書のコピーを郵送したりファックスしたりすることなく、写真機能で撮影した画像データを送信するだけで受け付けてもらえるので手がかからず大変便利です。

さて、このようにして申し込みが完了すると、その瞬間から消費者金融側による審査がスタートします。

まずは申請者の申し込み情報を精査して、希望融資額が年収や職業に見合っているかなどの基準をチェックしていきます。

この判断基準に関しては金融会社それぞれの経営方針によって異なりますが、もしもこの時点で基準にそぐわなければ早くも審査落ちしてしまうことも少なくありません。

これを突破すると、続いて訪れるのが信用機関への照会です。

信用機関とは各消費者金融がそれぞれの顧客情報を持ち寄って過去の借入状況のデータを共有しているもので、もしも過去に借金返済が滞ったことがあったり、あるいは返済不能に陥って法的手続きをとった経験があるとブラック情報として記録されます。

そうなるとブラック情報が消えるまでの10年あまり、新たな借入ができなくなる恐れがありますので注意が必要です。

他にも短期間のうちに複数の消費者金融に対して借入申請を行って審査落ちを繰り返していたりすると、それは申し込みブラックとして処理され、これまた借入が難しくなってしまいます。

さらに信用機関には現在の他社からの借入金額も全て記録されていますので、万が一にも総量規制が定める年収の3分の1という融資上限を超えるようであればその融資は不可能ということになってしまいます。

以上の信用機関への照会が完了して何も問題がないことが分かると、審査は次の段階へと進みます。これが最終審査とも言える勤務先への在籍確認です。

これは審査担当者が申請者の勤務先に直接電話し、その人が本当に該当する企業に在籍していて、なおかつ勤務実態があるかどうかを確認するものです。

もしもこの時にうまく確認が取れなかったり、または電話を取り次いでもらえなかったりすると確認が取れないとして審査落ちしてしまう可能性があります。

もしも電話が取れないような特殊な環境での仕事に従事していたり、会社に確認の電話がかかると困るといった場合にはその旨を事前に消費者金融側へと伝えて、対応策について充分な相談しておくとよいでしょう。

これらの審査手続きを終えて問題がないようであれば、晴れて融資が受けられることとなります。

これだけのチェック内容がありながらも、実際の審査時間は平日昼間であれば40分から60分ほどで完了します。

それゆえ申込から融資まですべてが当日中に行えるケースも少なくありません。

もしも結婚式のドレスや貴金属、装飾品などで思わぬトラブルが生じてしまったり、支払金に大きな不足が生じてしまった際にも柔軟に対応することができるはずです。

それにカードローンやキャッシングであれば、借金返済もとても簡単です。

口座振り込みや自動引き落とし、あるいはコンビニのATMなどを使っていつでも好きなタイミングで現金出し入れ口から返済することもできるので、まさに自分のライフスタイルに最も都合の良い形で手続きを進めることが可能なのです。

何かと面倒なことも多く、お金もかかる結婚準備ですが、これを新郎新婦が共に力を合わせて乗り越えることできっと幸せな花が咲くことでしょう。

そのためにも、もしもお金に困った際には気軽に借入サービスを活用することでピンチを難なく克服できることはまず間違いありません。

▲ トップへ戻る
Copyright (C) 2020 《借入》今からでも間に合う!絶対安心のキャッシング選び! All Rights Reserved.