アトラスって業者は聞いた事無いけど条件が良いから借入OK?

ネットだと、それこそ自分の近くに無いところや宣伝もしていないような金融業者が見つかりますよね。

私もそこまで金融業者に詳しいわけではありませんが、ネット検索のおかげで、結構それなりに金融業者名を知っています…名前だけ(笑)。

で、今回はとある金融業者の詳細が知りたくなって、質問させていただきました。アトラスっていう金融業者なんですけど、これってどんなところですか?

今、私は近々お金を借りる金融業者も探しておりまして、最高の一社から借りておきたいのです。

有名な金融業者を使っても良いですが、案外マイナーなところに隠れた優良店があるっていうのは、昔からの定石だと思いませんか?

というわけで、今は有名どころもマイナーも関係なく調べて探しています!今回はアトラスについてです。

自分でもアトラスについて色々見てみましたが、特に有効な情報は見つからなかったんですよね…

何となく格好良い名前だから、金融業者っぽくないっていうのもちょっと素敵かなーって。パッと聞いた感じだと、アトラスって何の会社か分かりませんよね(笑)。

名前の響きだけで気になっている感じで申し訳ないのですが、アトラスって聞いた事無いけど、条件が良い場合は借入してもOKですか?名前と一緒に条件は良いみたいな事を見たような…教えて下さい!

おそらく闇金なので正規業者の方が良いですよ

ネットは情報量に制限が無いというか、新旧関わらず残っている場合が多くて便利ですよね。

でもその分古すぎて役に立たない古い情報から、悪意のある情報もあって見る人にはそれなりに見分けるスキルが必要とされます。

というわけで、それを金融業者に例えて言うと闇金の情報やすでに無くなった金融業者の情報も残っている…というわけですね。

大手金融業者は良くサイトをリニューアルしたり更新したりしますが、中小以下は更新頻度が鈍く、営業しているかどうかも分かりにくいですね。

アトラスというのもそのうちの一つです。知名度は低いもののネット検索では情報もいくつかあり、下手に情報がある分どんな業者なのか分かりにくいです。

しかし、今残っている情報を総合したところ、闇金融の可能性が高いと言わざるを得ません。

アトラスに関する注意喚起として「一度お金を借りると完済させずに利息を取り続ける」と言った、闇金に良くある手口が指摘されています。

金融業者は多いので同名のまともな業者も存在する可能性はありますが、なかなか怪しいところです。

そもそも、名前が有名じゃない金融業者よりも、大体の場合は大手消費者金融や銀行の方が金利や限度額で優れています。(こちらもご参考に→どこの会社で借り入れをすればいい?

特に金利に関しては中小消費者金融は法定金利ギリギリまで引き上げている場合も多く、苦労して探すうまみは少ないです。

その分中小消費者金融はブラックリストの人でも借りられる場合が多いですが、質問者さんはブラックじゃないのなら、大人しく大手に申し込むべきでしょう。

アトラスで借入を行う場合の注意点について

アトラスなどの消費者金融で資金を調達したいと考えてる方もおられるかもしれません。

すでに何度も消費者金融かお金を借りた経験のある方はともかく、これから初めてそれを利用される方は、いくつか注意しておかなければならないことがあります。

ひょっとしたらそうした初心者の方の中には、消費者金融の利便性の高さだけが魅力的に映ってる方もおられるかもしれません。

確かに、消費者金融の利便性がいいことは間違いありません。

しかしそうしたものだけが消費者金融の特徴となっているわけではありません。

他にもいろんな要素で構成されているものなので、そうした詳細な部分についても利用前に確認しておく必要があります。

まず何といっても消費者金融で注意しておかなければならないのは、金利です。

消費者金融でお金を借りると、銀行に比べてとても高い金利負担があります。

これはお金を借りる額に関わらずとても返済負担を重くしてしまう要素となりますが、利用者はこの点を注意しなければなりません。

借入期間が長くなる場合は特に注意が必要ですが、借入期間が短くても、どのぐらいの金利負担がのしかかってくるのか、事前に確認してから借入を行うようにしなければなりません。

金利計算も綿密に行っておく必要がありますが、ここで注意したいのは、毎月の金利負担がどのぐらいになるかを事前に確認しておくことです。

消費者金融でお金を借りる場合、金利は年利で表示されていることがほとんどですが、これが月々になるとどのぐらいの負担になるかをチェックしておく必要があります。

これについては、実際に年利を月利に引き直して計算しておくようにしましょう。

さて、消費者金融を利用する場合は、どんな方法で返済するかについても注意深く決定する必要があります。

まず、消費者金融で利用できる返済方法には次のようなものがあります。

窓口返済、ATM返済、コンビニ返済、口座自動引き落し、インターネットからの返済などです。

こうした多彩な選択肢の中から自由に選べるのはとてもメリットのあることですが、しかし、選択する返済方法を間違えると、本人にとっては不利になることもあるので注意が必要です。

例えば、普段からとても物忘れのひどい人が窓口返済を選択してしまうならどうでしょうか?

返済期日が来てもそれを忘れて返済できないということがあるかもしれません。

それが一度だけならまだしも、二度、三度と繰り返されるなら、信用を失って増額審査などに落ちてしまうことにもなるかもしれません。

したがってこのような場合には、返済期日を忘れても大丈夫な自動口座引き落としを選択することができます。

自動引き落しにしておけば、忘れっぽい人でも口座にお金を振り込んでおけば借金返済を行うことができます。

このように、自分に合った返済方法というものがあるので、自由に方法を選ぶというよりは、自分に合ったものを選ぶようにしなければなりません。

ぜひこうした点に注意しておいてください。

さて、消費者金融といえばとても金を借りやすいイメージもありますが、消費者金融でもちゃんと審査に通過しなければお金を借りることはできません。

したがって、審査に通過できるように属性を備えておく必要があります。

消費者金融の場合、基本的には、安定した収入があることと、返済能力が十分であること、そして過去に金融事故を起こした履歴がないこと、こうしたポイントが審査で重視されます。

安定した収入については、文字通り収入が定期的に入る立場にあることが確認されれば、特別に雇用形態が問われるということはありません。

もちろん正社員として働いているなら、パートやバイトなど非正規よりは有利になる可能性もありますが、しかし消費者金融の場合は、銀行のように厳しく雇用形態が問われることはありません。

それよりも、安定した収入があること、それが定期的かつ継続的であること、そして返済能力が十分であることが認められること、このことが重要であるとお考えください。

さて、他社から必要以上にお金を借りている人もいますが、そのような人は利用審査に落ちる場合があります。

これは収入の安定性があっても同様であり、他社からの借入が許容範囲を超える場合は、それによって収入が相殺されてしまうので、当該金融機関での借金について返済能力があるとは認められないからです。

この点、すでに他社から多くの借金をしている場合は、まずそれらを返済してから新規に融資を申込む必要があります。

そして、過去に金融事故を起こした履歴をもつ方も同様です。

金融事故といえば、債務整理や強制解約などを指していますが、こうした金融事故の履歴を持っている方は、非常にリスクの高い融資先とみなされ、現在どれだけ安定した収入があっても、利用を断られる可能性があります。

なお、過去の金融事故の履歴については、ばれないと思ってる人もいますが、必ずばれてしまいます。

なぜなら、金融事故を一度でも起こしたしまうと、その情報は個人信用情報機関に記録されてしまうからです。

そこに納められた信用情報については金融業者なら閲覧することができますので、利用審査の際にその履歴は明らかにされてしまいます。

ですから、他社借入の場合と同様、金融事故履歴についても、利用を難しくさせる大きな要因であるとお考えください。

また、消費者金融の利用で注意しておきたいのは、申込が手軽なことです。

今ならインターネットを通じて携帯やスマートフォンからでも申込を行うことができ、昔に比べてとても気軽にお金を借りることができるようになりました。

このことは消費者金融における大きなメリットでもあるのですが、同時に注意点ともなるのです。

どういうことかといえば、申込が気軽に行えることから気持ちがルーズになってしまい、結果としてお金を余分に多く借り過ぎてしまう危険があるということです。

必要以上に、また無計画にお金を借り過ぎてしまえば、それだけ負担を重くしてしまうことはいうまでもありません。

計画的に範囲でお金を借りる分には構いませんが、無計画にお金を借りてしまえば、自らを破産へ追い込んでしまう可能性もあるので、この点は注意しなければなりません。

ところで、人によっては消費者金融で高額融資を受けたいと思ってる方もおられるかもしれません。

消費者金融なら審査が緩いから、どんどん必要な分だけ借りてしまおうというわけです。
しかし残念ながら、消費者金融で高額融資を期待することはできません。

なぜなら、総量規制の対象になるからです。

貸金業法に基づく総量規制と呼ばれるものがあり、これは銀行以外の貸金業者に向けられた規制なのですが、申込者の年収の3分の1までしか貸し手はならないという規制があるのです。

例えば、300万の年収がある人は、消費者金融で一度に受けられる融資額は100万円までとなります。

その限度を超える融資額を得ることはできませんから、高額融資を期待する方にとっては、消費者金融は不向きであるといわなければなりません。

この点では、銀行のほうに分があるといわなければなりません。

銀行の場合は総量規制の対象とならないので、法律で規制された融資限度額というものがありません。

したがって銀行でなら高額融資を期待することができます。

もし消費者金融で利用限度額を増やしたいと考えるなら、自らの属性を高めるしかありません。

収入を今よりアップさせたり、他社からの借金を減らしたり、勤務先の規模が大きくなることも有効です。

そのようにして属性を高めることができれば、融資限度額を上げてもらうことができます。

さてこのように、消費者金融を利用することにはさまざまなリスクや注意点もあります。

これから消費者金融でお金を借りたいと思ってる方は、そうした点をしっかり調べて確認しておかなければなりません。

事前に行う計画性が十分であれば、それだけ安全に利用することができます。

【参考ページはこちら】
その他会社で借入したい方におすすめ記事

▲ トップへ戻る
Copyright (C) 2020 《借入》今からでも間に合う!絶対安心のキャッシング選び! All Rights Reserved.