ローン審査で借入がどのくらい影響するのかを知りたい!

よくローン審査を受けるときには収入や職業なんかを審査の対象にしているって言いますが、その中には借入をどこか他のところからしているかどうかというのも対象になっているといいますよね。

どこか他のところから借金をしているとなると、どのくらい影響しているものなのか知りたいです。

収入や職業が大きな影響を及ぼしているといいますし、それはなんとなく分かるんですが、他社からの借入というのはどの程度の影響力を持っているものなのでしょうか。

他社からの借入があることで審査に通らないことも

ローン審査にどのくらいの影響を及ぼすかですけれども、これは他社借入だけで言えば、それこそ収入や職業と同じくらいの影響を及ぼすと考えてもらって間違いないと思います。

収入が少ないことで審査に通らないということってありますよね?

職業が無職だからとか、正社員じゃないから通らないということもありますよね?それと同じで他社からの借入があるから審査に通らないということだってあるのです。

他社からの借入がそれだけローン審査に響くというのはその通りで、ローン審査に響くのが嫌だというのであれば、先に返済してしまうしか無いでしょう。

収入や職業を変えるというのは難しいですけれども、先に返済を一生懸命してしまうということはできないことはないでしょう。
(⇒どのくらい年収があれば借入できる?

多くの人が一番やりやすい審査に通りやすくするための方法、というようにも言えます。

ちなみにローン審査に影響は大きくありますけれども、それは年収とどれだけの借入をしているかというバランスによって計算されます。

年収がすごく高い、例えば年収1000万年を超えるような人が10万円程度の借入をしたところで、他のローン審査にほとんど影響をあたえることはありません。(こちらもご参考に→借入審査に落ちる理由とは?

ただ、200万円くらいしか年収がない人が10万円の借り入れをすることはインパクトが強いでしょう。

このように年収が高くなればなるほど、借入金額も高くなっていかなければ、影響は大きくなっていかないということです。

影響が全くないということはありませんが、年収が高いのに借入が少ない場合にはほとんど影響がないと考えてもらっていいでしょう。

ですので年収についても考えておかないとローン審査に通る通らないの判断は難しいということになります。

ローン審査に通る通らないについても借入の影響の大きさについても、基本的に判断するのは難しいので、とりあえず迷ったら全額完済をしてしまうというのが一番でしょう。

その方が借り入れできる確率は確実に上がりますから。

【参考ページはこちら】
借り入れをするならどこがいい?

借入れしやすいローン審査が行われるのはノーローンとアイフル

知人の結婚式や海外旅行など、まとまった資金が必要になってくるケースもあると思います。

貯金額が少なかったり、毎月の収入についても使えるお金には限度があるものだと言えますので、それ以上に出費があるときには消費者金融などのカードローンを使って融資を受けると便利です。

消費者金融のカードローンであれば申し込みのための手続きも簡単に行えるところが多いですし、融資までにかかる時間についてもその日のうちに借り入れできる業者もあります。

消費者金融から借入れをしようと考えたときには、いくつもの金融業者の中からどこのものを選択するのかについて、利用者ごとにニーズが変わってくるものと言えます。

すぐにお金が必要なときには融資を受けられるようになるまでの速度が大切になってきますし、時間的に余裕がある人の場合であれば安い金利で借り入れができるほうがお得であると言えるでしょう。

また、消費者金融のカードローンには必ず審査があるものですので、カードローン審査が通過しやすい金融業者であれば簡単に借入れができることになります。

借入れまでのカードローン審査が甘い会社としては、新生銀行グループのノーローンがおすすめです。

ノーローンは新生銀行グループの子会社として行われている消費者金融ですので、資金力のある金融業者と言えます。

ノーローンではインターネット上において借り入れに必要な手続きの全てが行えるようになっていますので、リアルタイムで借り入れや返済が行えます。

申し込み方法としては、電話や自動契約機から申し込みをすることも可能となっています。

自動契約機まで行くことで借り入れの契約を行いたいと考えている人の場合には、自動契約機の営業時間は8時45分から21時までとなっている点を確認しておく必要があると言えます。

ノーローンでは何度でも1週間以内に返済を完了させることによって、利息が付かないサービスが行われています。

ノーローンの返済では提携先のATMや口座からの自動引き落とし、振り込みによる支払い、インターネット上からのリアルタイム返済によって支払うことができます。

ペイジーというインターネット返済が可能なシステムに対応していますので、ホームページから簡単な手続きを完了させるだけで、いつでも時間の余裕のあるときに合わせて支払うことができます。

口座からの自動引き落としの支払い方法を選択したときには、毎月の6日か26日に指定の口座から自動的に引き落とされる形で支払いができます。

自動的に引き落としてくれますので、返済日を忘れやすい人にとって簡単に手続きが行える支払い方法と言えます。

インターネットからの支払い方法と提携先のATMを使って支払いをするときには、繰り上げ返済をすることも可能です。

繰り上げ返済をすることによって、借り入れをしている元本部分の返済が早く済みますので、その分だけ利息の支払い金額を減らすことができてお得になります。

返済方式は、借り入れ金額スライドリボルビング方式となっています。

借り入れ金額スライドリボルビング方式では、借り入れを行っている残高によって毎月に支払っていく金額が決定する方式となります。

この方式で支払いを行っていくメリットとしては、毎月の支払い金額が一定になりますので返済計画が立てやすいという点が挙げられます。

利用できるATMとしては新生銀行やレイクのATM、または提携しているローソンやセブン銀行ATM、イーネットATMなど多数ありますので、不便さを感じることはないと言えるでしょう。

レイクのATMを使用するとき以外は、手数料が発生する点について気を付けておいたほうが良いでしょう。

ノーローンでは有人店舗は設置されていませんので、借り入れについての相談をしたいと感じたときにはコールセンターに電話をしてみることをおすすめします。

カードローン審査が通りやすい金融業者として、おすすめしたい会社にはアイフルもあります。

アイフルは頻繁にCMを流していることもあって、知名度の高い消費者金融業者と言えます。

アイフルの申し込み条件は、満20歳以上から69歳までとなっていて、高齢者の方でも利用できるカードローンです。

アイフルでは借入れの取引を行っている途中であっても、満70歳になってしまうと融資が受けられなくなる点について注意しておく必要があります。

勤務の形態について特別な条件が設定されているわけではありませんので、自営業者やアルバイト、パートなどを行って生活している人であっても借り入れができます。

アイフルのカードローン審査では、申し込み者についての年齢や勤続年数、健康保険の種類などの個人情報が大切になります。

これらの申し込み者の様々な個人情報によって、コンピューターがスコアリングすることで融資が受けられるかどうか決定されます。

アイフルではコンビニでのアルバイトをしている人や、年収100万円ほどのパート主婦であっても借り入れ可能です。

審査では信用情報についても大切になりますので、複数の消費者金融業者に対して同時にカードローンの申し込みを行っていたり、過去の取引履歴において踏み倒しや返済の遅滞をした経験のある人の場合には注意が必要です。

アイフルにはレディースローンも行われていますので、カードローンに興味がある女性の方が申し込みがしやすいような体制作りが行われています。

急いで融資を受けたい人の場合には、店舗か自動契約機から申し込みをすることがおすすめとなります。

審査の結果については、その場で知らせてもらうことができますので、すぐに結果がわかります。

その場で本人であることを確認できる書類を提出することができれば、借り入れ契約を素早く行えますので、忘れずに持参するようにしましょう。

借り入れ契約が完了すると、カードを受け取ってATMから現金を引き出すか、指定した銀行の口座に振り込んでもらうかを選択できます。

アイフルの自動契約機の場合にはオペレーターがいますので、電話で説明を聞きながら手続きを進めることが可能です。

店舗や自動契約機に直接行くことで借り入れの契約をしたほうが、早く手続きを完了させることができます。

電話やホームページから申し込みをしたときには、審査結果が出るまでに1時間ほどかかる場合もあります。

自動契約機を使うときには、土日を含めて営業時間が21時までである点に注意したほうが良いですし、店舗を利用するときには平日の18時までに手続きを済ませるようにしなければなりません。

自動契約機のすぐ横にATMが併設されていますので、カードが発行されるとその場でATMを使って融資を受け取ることが可能です。

アイフルのホームページには1秒診断というコーナーがあり、雇用形態や年齢、年収、他の消費者金融業者からの借り入れ金額などの質問に答えることで、借り入れができるかどうかの仮審査を受けられます。

アイフルには、おまとめMAXやかりかえMAXというサービスがあります。

おまとめMAXとかりかえMAXでは貸金業法に基づいて行われる融資サービスということになりますので、総量規制の対象とならない大きな特徴があります。

おまとめMAXやかりかえMAXであれば、年収3分の1を超える融資金額を受けることができます。

ただし、これらのサービスは返済を行うための専用のサービスとなりますので、その他の目的のために利用できないことを把握しておく必要があります。

おまとめMAXの金利は12%から15%、かりかえMAXの金利は12%から17.5%ということで、銀行のカードローンと比較してもそん色ないほど安い金利で融資が受けられます。

利用できる限度額としても、最大で500万円までとなっていますので、十分な資金を手に入れることができると言えるでしょう。

返済方法として最も利用しやすいものとして挙げられるのは、ATMからの支払いとなりますが手数料が発生します。

ローソンやファミリーマートに設置されている、マルチメディア端末を使って支払いをすることも可能です。

返済の期日としては、約定日制とサイクル制のどちらかを選べるようになっています。

▲ トップへ戻る
Copyright (C) 2020 《借入》今からでも間に合う!絶対安心のキャッシング選び! All Rights Reserved.