簡単に借入額を増額するにはどうしたらいい?

簡単というのがポイントですが、簡単に借入額を増額するにはどうしたらいいかということをいつも考えています。

簡単に借入額を増額するということは、何らかの苦労をしなくてもいいということで、私のようなあまりたくさん借りられないような人でも、もっと借りられるようにすることができるんじゃないかな?と考えています。

でもそんなものはあるのかどうか、非常に心配しています。

もしないとしたらそれは私のような信用の低い人間はずっと借入額を増額するには方法がないということになります。どうかいい方法を教えてもらえないでしょうか。

簡単に借入額を増額したいなら借り換えがいい

簡単にというのがなかなか難しいなと思います。頑張れば借入額を増額するということ自体はできると重いますけれども、増額したいけれどもそれが難しいという立ち場の人もいるでしょう。

質問者さんがまさにそういうタイプだと思いますが、質問者さんのようになかなか増額することが難しいというのであれば、借換えというのもひとつ選択肢に入れてみてはどうかと思います。

なぜ借り換えかというと、そもそも借入額を増額するには基本的に収入を上げるか信用をつけるしか無いと言われています。

収入を200万円だったのが300万円に年収がアップすれば、その分消費者金融を使える金額というのも増えるわけです。

収入アップをするというのが王道なんですが、年収がそんなに簡単に上がるものではありません。すぐに上げるのも難しいでしょう。
(⇒年収に応じた借入額って?

しかも最近は年収が上がらない不況にあるとまで言われています。そんな時に収入アップをして借入額を増額する事が出来る人がどれだけいるでしょうか。

なので一応は基本であり王道というのを抑えた上で、借換えという方法が使えると思います。

借り換えなら借金の枠が甘いところもありますので、同じ年収でも10万円20万円枠を増やしてくれるところもあるでしょう。

また消費者金融から銀行系カードローンへの借換えというのも有効です。

これなら総量規制の対象から外れるので、総量規制で目いっぱいまで借入をしていた人にとっては銀行系カードローンであるというだけで、さらにそこから借り入れすることができる枠を増やすことができるでしょう。

銀行系カードローンへの借換えのいいところは確実にあります。

同じ消費者金融同士でも増やすことはできるので、増額が難しそうだと感じたら、借換も考えてみるといいでしょう。

ただし、借換をしても増えるのは総量規制までであり、銀行系カードローンならだいたい年収の半分くらいまでです。

それ以上になると収入を増やさないとどうにもならないので気をつけてください。

借入額を増額するにはどうすればいいの?その方法とは

消費者金融や銀行など、現代では様々な金融機関から消費者向け融資が行われるようになりました。

そうした消費者向け融資はほぼ全てが「消費目的で利用する」というような制限がかかっていますが、必要なときにお金を借りることができるということは非常に価値あるものであるということは間違いありません。

利用の際には審査を受ける必要があり、誰でも利用ができるわけではないということは事前に知っておかなくてはならないことですが、それ以外にも消費者向け融資においては知っておかなくてはならないことはいくつもあります。

中でも特に重要になってくる存在が「融資限度額」です。

消費者向け融資は常に融資できる金額には上限が設定されており、そこで設定された限度額以上に借り入れをするということはできません。

上限金額が10万円に設定されているという人が10万円を超えた金額を借り入れるということはできませんし、30万円の人が30万円を超えて借り入れるということはできません。

そのため、融資限度額については常に把握をしておき、自分がどれだけのお金を借りることができるのかと言うことを理解しておく必要があるのです。

しかしこの限度額は一生変わらないのかと言われれば、そうではありません。

この限度額を引き上げるにはいくつかの方法があり、そうした方法をとれば、借入額を増額させることができるのです。

では借入額を増額するにはどのようにすれば良いのかと言うと、まず最初の方法となるのが「信用の蓄積」を行うということです。

ここで言う信用とはつまり「お金を貸してしっかりと返済してくれるかどうか」ということを判断する基準のこととなります。

信用に優れている、つまりお金を借り入れた後でもしっかりと返済をしてくれるという見込みがある人なのであれば、その人に対してはより多くの貸し付けをしても問題は無いと考えることができます。

また金融機関にとって、消費者向け融資によって獲得できる利益は常に「利息」という形で発生するものです。

そしてこの利息については、事前に決定された利率を元本にかけるかたちで産出されるものですから、より多くのお金を貸し付けることができる相手がいるのであれば、その人にはより多くのお金を貸し付けることが妥当な判断であるとされるのです。

そのため、利用の中で信用がより多く蓄積された消費者であると判断をされたのであれば、借入額を増額してもらうことができるのです。

それではこの「信用の蓄積」においては具体的にどのようにすればよいのかと言うと、最も重要になるのが「しっかりと利用をする」ということです。

お金を借りてもしっかりと返済をする消費者であるということを訴えるには、当然ながら「お金を借りて返す」ということを繰り返すのが最も効果的な方法となるのです。

ですから、消費者金融や銀行などと契約をした後で定期的にお金を借り入れ、期日にはしっかりと利息をつけたうえで返済するということを行っていけば、ゆっくりとではありますが信用は蓄積されていくこととなるのです。

このポイントで押さえておきたいところとなるのが「信用の蓄積において金額はあまり影響してこない」ということです。

もちろん多くのお金を借りて、それをしっかりと返済できるということを証明し続けたのであれば、それは信用の蓄積において非常に効果的となるでしょう。

ですがだからと言って、返済できないほどのお金を借りて、無理をして返済をするというようなことをしてしまったのではリスクが大きすぎます。

ですから借り入れる金額については月々に数千円程度の少額であっても問題はありません。

数千円程度を借り入れ、それを消費目的で利用したのちにしっかりと返済するということを繰り返していけば、信用は蓄積されていくこととなるのです。

そして信用が十分に蓄積されたというような場合には、それぞれの金融機関から消費者に向けて「増額ができる」ということが連絡されることとなります。

この連絡がされる場合はそれぞれの消費者が事前に申告した携帯電話の番号に来ることとなりますので、増額をしてもらいたいという場合には、しっかりと携帯電話をチェックしておき、もし金融機関から連絡が来たのであれば必ず折り返しの連絡をするようにしましょう。

もしここまでに述べた信用の蓄積を待つことができないというのであれば、「申請を行う」ということで増額をしてもらうことができることもあります。

もちろん申請を出したところで、その人の信用がまだ少ないと判断されてしまったのであれば増額をしてもらうことはできなくなってしまうのですが、数年間などの長期にわたって利用をしている中、一度も増額ができるという連絡がこなかったのであれば、自分から申請を出してみると良いでしょう。

どのように申請をするのかというと、これはそれぞれの金融機関によって異なりますので、手続きについてはそれぞれの金融機関の窓口に電話をして確認をすることが必要になります。

ですがオペレーターが対応をできる時間については事前に定められていますから、対応をしてもらえる時間に電話をかけるなどをして確認をとるようにしましょう。

ですがこの、借入額の増額を希望するという際には少々注意しなくてはならないことがあります。

その注意点となるのが、「場合によっては詳細な再審査が行われることがある」ということです。

基本的に金融機関から増額ができるという旨の連絡がきたというような場合、詳細な再審査が行われることは殆どありません。(こちらもご参考に→審査なしで借入金額の増額してもらえない?

もちろん住所氏名、電話番号などが変わっていないかと言うような基本的な審査が行われることはありますが、契約時の審査が再度行われるというようなことは殆どないのです。

ですから、金融機関から連絡が来たために増額を申し込んだというような場合には、さほどここに注意をする必要はありません。

ですが、自分から増額を申し込んだというようなことになってしまうと、それは時として「再審査」の対象になることがあるのです。

ではどうしてこうした場合に再審査が行われるようになっているのかと言うと、「増額を申し込む」ということは「お金に困っている」として判断をされる材料になることがあるからです。

確かに金融機関にとって、消費者に対して融資できる金額が増えるということは、得られる利息が増えるということに繋がります。

ですがこの申し込みが消費者からされたというようなことになってしまうと、その消費者が増額を申し込む理由を考える必要がありません。

事前に提示された限度額で問題がないのであれば、自分から増額を申し込むというようなことは無いはずだからです。

それであるにも関わらず増額を申し込むということは、「より多くのお金を借りたい事情ができた」と判断せざるを得ません。

もしそうした人に対して増額を認めてしまったというのであれば、それは場合によっては金融機関にとってリスクを抱える原因になることがあります。

お金に困っている相手に対してより多くの融資をしてしまうと、消費者は「利用できるお金が増えた」ということで限界を超えた借り入れをしてしまい、それによって債務超過の状態に陥ってしまうことがあるのです。

そのため、消費者から増額の申し込みがされたというような場合には「本当にさらに多くのお金を貸し付けても問題がないのかどうか」ということを確認する必要が出てきてしまいます。

そのため、個人信用情報機関に対してそれぞれの人の信用情報を再度請求したり、最初の融資審査の際に作成した書類などを再作成することを求められることがあるのです。

この再審査の結果「増額をすることはできない」というような判断がされることは少なからずあることとなっていますし、また場合によっては「それまでと同様の限度額でも融資をするにはリスクが高い」と判断され、融資そのものを断られてしまうことがあるのです。

借り入れをしていく中で利用できる金額が増えるということは好ましいこととなるのですが、無暗に増額の審査を行ってしまうと、借入額を増やすどころか減ってしまうことにもなりかねないのです。

借入額の増額を希望する場合には、かならずこうした注意点を事前にチェックしておくように心がけましょう。

【参考ページはこちら】
今の借入状況で増額できる?

▲ トップへ戻る
Copyright (C) 2020 《借入》今からでも間に合う!絶対安心のキャッシング選び! All Rights Reserved.